アナライズ・ユー/ANALYZE THAT '02(米)

c0008209_15393848.jpg

マフィアのドン、ポール・ヴィッティと精神分析医、ベンの間に 治療を通じて一風変わった友情が生まれていく様子を描いたコメディ「アナライズ・ミー」の続編。

前作では「ゴッドファーザー」のパロディが最高に笑えた。
今回は食堂で殺し屋を撃退したヴィッティ(デニーロ)が突然テーブルの上に乗って
「ウエストサイド物語」の歌を歌い、踊り出すミュージカルシーンが意外性があっておもしろいけど笑いの量・質としては前作の方が上かも・・・
ストーリーはあってないようなものだが監督も役者もいいし、
安心してくつろいで楽しめる一本だ。
こういう映画を観ると英語が堪能だったらもっと楽しめるんだろうな~と悔しい思いをする。
ビリー・クリスタルはルックス的に全然タイプじゃないのになぜか好き。
つきあっても結婚しても楽しそうだから。それに歳を取って目元がやさしくなり、
無精髭なんか生やして渋さも出てきてますますいい感じだ。
リサ・クドローもリアリティのある女優で好きだし、
ベンの息子役がいい味出してて笑わせてくれる。
N.Y市がロケに全面協力したらしいが、
ブルックリン・ブリッジのシーンではついWTCを目で探してしまった・・・

'03 3/29 劇場 5段階評価★★★
監督:ハロルド・ラミス、出演:ロバート・デ・ニーロ、ビリー・クリスタル、リサ・クドロー
[PR]

by Gloria-x | 2004-12-07 22:48 | 映画レビュー