<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ミッシング 消された記憶/ The girl in the park. '07(米)

劇場未公開だったのがもったいない佳作

c0008209_1472274.jpg

セントラルパークで3歳の娘マギーを遊ばせるジュリア。
そろそろ帰ろうと娘に声をかけ荷物をまとめながら
ほんの一瞬目を離した隙に娘は忽然と消えていた。
警察に届けるも娘は見つからず
直後に起きた幼時誘拐殺人事件の犠牲者の一人と考えられた。
16年後、離婚してカナダで暮らしていたジュリアは転勤でN.Yへ戻り、
カフェで見かけた若い女ルイーズに娘マギーの面影を見る・・・

ディープエンド・オブ・オーシャン」は子供が突然行方不明になったことで
幸せな家族が崩壊⇒意外な展開での再会⇒再生という佳作だった。
この作品も同じくミステリーよりはヒューマンドラマ。

ジュリアには息子もいるのに、娘がいなくなった日から
息子は二の次どころか入学式や卒業式にも欠席するなど
いないも同然なのが不思議!

「スタンド・バイ・ミー」をはじめ
子供の一人が死んだり行方不明になると
残された子供はなぜか親にないがしろにされ
「自分がいなくなった方がよかったのでは」と
一種の罪悪感を抱える・・・という物語を観るたびに思うのだが

いなくなった子供の分も、残った子供に愛を注げないものだろうか?

それに母親って一般的に娘より息子のほうが無条件に可愛いのでは?
息子を演じるアレッサンドロ・ニヴォラがいい。
母親の愛に飢えながらもどこか諦念・達観したような表情。
彼が父親のもとで健全に育ったのが救いだ。
ジュリアの別れた夫、息子、その婚約者一家などの
キャラクター設定・描写もていねいでドラマ部分の見ごたえもあり。

ジュリアはルイーズが娘のマギーに違いないと思い込み、
宿無しで盗癖のある彼女を家に泊め、なんと初日に合鍵を渡す。
実の母娘ならではの理屈を超えた直感に導かれて?と考えたとしても
お人好し&無防備すぎて感情移入できず。
しかもN.Yでっせ!

その後は服を買い与え、料理を作ってかいがいしく世話を焼き
一緒に外出したり、ほんとの親子以上に仲良く暮らす。
ま、失くした娘の身代わりで代償行為なのだとはわかるのだが
彼女の心理・行動にはまったく共感できず呆れっぱなし・・・
ルイーズが夜中に男を連れ込んだ時はさすがにキレるかと思いきや
それに触発されたように、自分に気がある同僚の部屋に
突然押しかけて熱い一夜を過ごす。
同僚役のイライアス・コティーズって
怖い役が多いと思うのだが、普通の役が意外にいい味。

で、ルイーズはマギーなのか否かで引っ張るのだが
果たしてその答えは・・・・
ラストは肩透かし感否めず、すっきりしないのが残念!


'11 7 DVD ★★★★☆
監督:ディヴィッド・オーヴァーン
出演:シガニー・ウィーバー、ケイト・ボスワース、アレッサンドロ・ニヴォラ
    イライアス・コティーズ
[PR]

by gloria-x | 2011-07-30 14:41 | 映画レビュー

チェイシング 追跡/ Tenderness '09(米)

世間の評判は悪いしアラはあるけど、わたしはけっこう好きでしたね

c0008209_20264789.jpg

日本版DVDのパッケージの印象は「単純なサスペンスアクション」
ところが、その予想は始まってすぐに裏切られる。
「え?え?ちょっと待って!どういう話?」
しばらくは頭の軌道修正&話についていくのに必死。

c0008209_012091.jpg


静かで抑えた演出と、ちりばめられる詩的ともいえる映像
そして今にも恐ろしいことが起きそうな不穏な空気・・・
気がつけばすっかり引き込まれてしまっていた。

両親を殺害して少年院に入っていた少年と
密かに彼を監視する刑事。
そして、一方的に少年につきまとう少女。


c0008209_20275413.jpg


ソフィー・トラウヴ、すごい顔!
最初「なんじゃこりゃ?」となるが
演技もうまいし目が離せなくなる。
ある種の珍味みたいな女優になるのか?


c0008209_20272596.jpg

ジョン・フォスターも独特の存在感。
一歩間違えば失笑モノの不気味な演技。
この2人の存在感と演技にどんどん引き込まれ
どんな展開になるのかハラハラしつつ一気に鑑賞。


アラはサスペンス部分と
若者2人の物語部分のバランスが悪いこと
純文学とエンターテイメントが同居してるみたい


少年の犯した事件と、起こすかもしれない罪の
ハラハラ・ドキドキ感は重要だし
回想の犯罪シーンはある意味美しいのに惜しい。
潔くサスペンス色を消したほうが作品の質も上がったのでは?
いや、それはそれで退屈になるか・・・

c0008209_20281836.jpg



'11 7 DVD ★★★☆☆
監督:ジョン・ポルソン
出演:ラッセル・クロウ、ジョン・フォスター、ソフィ・トラウヴ、ローラ・ダーン
[PR]

by gloria-x | 2011-07-28 20:32 | 映画レビュー

最近サラッと読んだ本

最近、半日ほどでサラッと読んだ本をまとめてご紹介

c0008209_14184498.jpg
阪急電車/有川浩
映画化されて人気の小説。
映画予告は「気持ちよく泣けて心温まるちょっといい話」
的なイメージでまったく興味をそそられなかったが
妹のリコメンドで読んでみたら
意外にサバサバした内容でよかった。
映画で中谷美紀がやった役、最適のキャスティングだ。

著者のことは「ありかわひろし」という男性作家だと思い込んでいた。
★★★★☆





c0008209_14192375.jpg
花桃実桃/中島京子
前作「エルニーニョ」は期待ハズレだった。これはまあまあかな。

40代シングルOLがリストラされ、
父親が遺した古いアパートを相続して管理人になる。
そこには個性的な住人たちが住んでいた・・・

舞台となるアパート同様、昭和の香り漂う作品。
「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」の世界を彷彿とさせる。
中島京子の描くヒロイン像は
女のいやらしさやナルシシズムがなくて気持ちいい。

★★★★☆


c0008209_14195164.jpg勝手にふるえてろ/綿矢りさ
表紙のイラスト&装丁が悪い!
前作「夢を与える」的なセンスで売ればいいのに・・・

ヒロインは26歳でバージンのOL。
中学時代の同級生に未だに片思いを続けているが
同じ会社の営業マンに告白され
2人の男に対する感情に揺れ動く・・・

こう書くと、おもしろくもなんともなさそうだし
実際、どうということのない作品だが
ダレそうになってくると、その頃合をみはからったように
「う~んさすが上手いな」と思わせる内面描写やフレーズが出てくる。
それも計算か?
★★★☆☆


c0008209_1420782.jpg
鬼畜の家/深木章子
著者は東大法学部卒の元弁護士で60歳を機にリタイアし作家に。
名前は「ふかきしょうこ」と思ったら「みきあきこ」だそうです。

「おとうさんはおかあさんが殺しました。
おねえさんもおかあさんが殺しました。
おにいさんはおかあさんと死にました。
わたしはおかあさんに殺されるところでした」
保険金目当てで家族に手をかけてゆく母親による巧妙な殺人計画、
娘への殺人教唆、資産の収奪・・・信じがたい鬼畜の家の実体が
生き残った娘の口から明らかにされていく。



各章を違う人物の語りで主要人物のキャラクターや事件の背景を描写するという
有吉佐和子悪女についてスタイルの構成。
このスタイルは好きで、前半はかなり興味をそそられたが
後半急速に都合のいい展開になって失速する感あり。

★★★☆☆
[PR]

by gloria-x | 2011-07-24 15:17 | ブックレビュー

夏の定番食

トッピングを変えて毎日食べてます♪

c0008209_16145574.jpg

夏の定番、冷奴。
最近「食べるラー油」の各種バリエーションにハマり
トッピングをいろいろ変えて毎日食べてます。

右:のせタレ!ラー油おろし(S&B)
左は普通の高菜漬け+胡麻油

c0008209_16311495.jpg


今のところ特にお気に入りは
★S&B「のせタレ!ラー油おろし」
  ラー油と大根おろしのコンビネーションが絶妙!
★イケショク「食べるオリーブオイルトマト」
 じっくり煮込んだトマトの甘さと味わい深さ、やみつき!
[PR]

by gloria-x | 2011-07-17 16:25 | 食べる・飲む

フローズン・リバー/ Frozen River '08(米)

苦手なタイプの話だけど、女優2人のタフ&ドライな存在感が救い

c0008209_15571730.jpg

日々の食費やガソリン代もギリギリの生活
ギャンブル中毒の夫
働けど働けど我が暮らし楽にならざり、な現実に
さらに追い討ちをかける出来事。
悩み追い詰められる主人公・・・

わたしが最も苦手とするタイプの話である。

が、意外にもそれほどドヨ~ンとせずに観られた。
メリッサ・レオとミスティ・アップハム
主演女優2人のどこか開き直ったようなタフさ
メソメソしたり取り乱したりしないドライな存在感のおかげだろう。

カナダ国境に面し、モホーク族保留地があるニューヨーク州最北部の町。
トレーラーハウスに住み、1ドルショップで働くレイ・エディは
必死で貯めた新居購入費用をギャンブル中毒の夫に持ち逃げされる。
このままでは手付け金もムダになり、
2人の息子にクリスマスプレゼントも買えない。
夫を探して訪れたビンゴ会場でレイは
モホーク族の女が夫の車を運転しているのを発見し
女が住むトレーラーハウスまで追跡して問い詰める。
しかし、ライラというその女は
「車は『盗んだ』のではなく『拾った』のだ」と主張する。
ライラはアジアからの密入国者を車のトランクに入れて
凍った川を渡り、カナダからアメリカへ運ぶ裏家業をしていた。


c0008209_15575676.jpg

メリッサ・レオ
最初に幼い息子が出てきた時、彼女の孫かと思った・・・
素材は悪くないのに辛い生活で女として傷み、枯れてしまったけれど
人間性や知性まで蝕まれていないし、繊細な心も持っている。

観ている間ずっと、ある知人のことを思い出していた。
その人に初めて会った時、ものすごく失礼だけど
アメリカ映画でよく見る人物像のイメージがパーッと頭に浮かんだのだ。

「トレーラーハウスに住み、離婚したか夫は勝手に出て行ったか。
年齢にそぐわない若作りメイク&ファッション。
長続きしない恋愛相手はダメ男で
(ロン毛&ヒゲで素肌に皮ベスト、大型バイクに乗っている)
しょっちゅう激しいケンカを繰り返している。
バーボンとタバコが手放せない」


「僕の美しい人だから」でスーザン・サランドンが演じたヒロインみたいな女性。

人が他人に対して抱く勝手なイメージって不思議ですね。
(実際のその人はまったくそんなタイプではなかった)

c0008209_15582035.jpg

ミスティ・アップハム
不思議な存在感。何があってもたくましく生きていけそう・・・

2人の女、共通点などまったくないのに
ドン底生活からなんとか抜け出そうと必死な部分で
接点ができ、やがて絆が生まれる。
この2人に色恋沙汰がチラッとも出てこないところが気持ちよかった。

'11 7 WOWOW ★★★★☆
監督:コートニー・ハント
出演:メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダモット
[PR]

by gloria-x | 2011-07-12 22:40 | 映画レビュー

アナ・ウィンター ファッション界に君臨する女王の記録/Front Row ジェリー・オッペンハイマー

「プラダを着た悪魔」のM・ストリープがいい人に見えるほどの強烈キャラ!

c0008209_1114258.jpg

VOGUE編集長アナ・ウィンターという人物については
ドキュメンタリー映画「ファッションが教えてくれること」を観た時も
「氷の女王」と評される冷酷な性格や
人を人とも思わない傲慢な態度に呆れたがこれを読んでさらに仰天!

アナの少女時代から現在('04年)までを
彼女を知る様々な人物の証言で構成しているのだが
オブラートにくるんでいてさえ、すべて悪口なのがすごい!

才能があるとはいえ
こんなに人に嫌われる人柄で
よくここまで成功できたよねぇ・・・


プラダを着た悪魔でメリル・ストリープが演じた
ファッション誌「ランウェイ」の編集長はアナ・ウィンターがモデルと言われている。
あの編集長の強烈なキャラクターやエピソードは
コメディ映画的に誇張して描いているのだと思っていたら・・・
実は本物のほうが百倍も強烈!

★大物男性には徹底的に媚びを売って昇進・出世する
★ライバルを蹴落とすためには汚い手も平気で使う
★自分の部下や売り込みにきたクリエイターのアイデアを堂々と盗用する
★長年尽くしてくれた部下が好条件でヘッドハンティングされると
  「昇進させる」と嘘をついてチャンスを潰す


ほぼ全員がアナのことを悪く言いながら、共通するのは
「とにかく男は全員アナにメロメロになる」と言うのが不思議ー!
ルックスは悪くないと思うけど、男ウケするタイプには見えないんだけどなぁ~?

仕事面だけではなくプライベートでもかなり歪んだ性格で
特に、幼なじみヴィヴィアンに対する長年にわたる非常識な仕打ちには
驚きや呆れを通り越して病的なものさえ感じる。

とはいえ、アナの少女時代~若い頃のエピソードは羨ましさ満載。

★14歳からロンドンで最も高級なエステに毎週通ってフェイストリートメント
★14歳からセレブ顧客を多数抱える毛髪学者のサロンに通って
  マッサージや自分専用に特別配合された製品でスペシャルなヘアケア
★15歳で両親から専用のフラットを与えられる(しかも両親は放任主義!)
★10代から高級ブランドの服しか着ない
★高校中退なのに、雑誌の仕事がしたくなり
 大物編集者である父親のコネで一流出版社に入る
★巨額の信託財産があるので給料なんかどうでもいい
★ロンドン~N.Y間の週末移動にコンコルドをタクシー感覚で使える


来世はこんな身分に生まれ変わりたい~!

世界中に名を知られるほど成功し
欲しいものはすべて手に入れ、やりたいことはやりつくしても
アナ本人が幸せで満たされているようには思えないのが
せめてもの溜飲下げポイントかも?


'11 7 ★★★☆☆
[PR]

by gloria-x | 2011-07-09 11:15 | ブックレビュー

ベスト・キッド/ The Karate Kid '10(米)

ジェイデン可愛すぎ!多才すぎ!パパも好きだけど彼の将来がめっちゃ楽しみ♪

c0008209_2021278.jpg

「カラテじゃないカンフーだ!」劇中でも言ってるのになぜこのタイトル!?
大ヒット作のリメイクだから仕方ないのね。
ちなみに前作主演のラルフ・マッチオにはまったく魅力感じず・・・(-_-;

母の転職で米・デトロイトから中国・北京へ引越したドレ。
言葉も文化も違う環境になじめない彼は
同じ中学のカンフー少年たちに目をつけられいじめられる。
ある日、アパートの管理人・ハンに助けられたドレは
身を守るためにカンフーの達人であるハンに弟子入りする。


c0008209_2026279.jpg

ジェイデン・スミスの表情、動きのひとつひとつに釘付け!
実際、ハンパじゃないトレーニングをしたそうだけど、
スリムだけど筋肉質なカラダの完成度、アクションの才能、
演技力もあるしダンスも上手い!
そして持って生まれたチャーム♪
パパ(言うまでもないウィル・スミス)も好きだけど
ジェイデンはほんとに将来が楽しみな逸材だと思うわ~
(ドラッグや女関係のスキャンダルに気をつけてね!)

c0008209_20271091.jpg

今まで観た中でいちばん魅力的だったジャッキー・チェン
好きでも嫌いでもなかったし(人柄の良さは評判なので好感は持っている)
作品もきちんと観た記憶はないけど、本作でいちばん魅力を感じた。

話はそれるが、先日「八つ墓村」を鑑賞。
「たたりじゃー!八つ墓のたたりじゃー!」という強烈な予告編CMのせいで
本編も観たと思い込んでいたらなんと初見だった!
豪華キャスト陣の中、金田一耕介役の渥美清の演技に
「こんなに上手な役者だったとは!」と目からウロコ。
それと同じようなものをジャッキーに感じた。
歳を取らないとわからない真価ってあるのねぇ・・・。

ジェイデンの母親役・タラジ・P・ヘンソンも上手いし
主人公の初恋の相手である中国人少女も魅力的。
もちろん敵役の少年、その師匠も悪役として存在感たっぷり。
アクションシーンは当然だけど、笑いあり感動あり、
ラストはすっきり爽やかな後味で期待以上の観ごたえでした♪



'11 7 ブルーレイ ★★★★★
監督:ハラルド・ズワルト
出演:ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン、タラジ・P・ヘンソン
[PR]

by gloria-x | 2011-07-04 20:40 | 映画レビュー

わかっちゃいるけど・・・

明けても暮れても、朝から晩まで国をあげて節電、節電!

わかっちゃいるけど辛いです。

うちの会社も6月末から突然

「尻馬に乗る感じ」で節電を実施しだした。

とりあえず世の流れに乗っとけ+経費削減という実質的メリット

という「うわべだけ感」がプンプン臭う・・・

オフィスの設定温度は26度

はい、わかってます。

首都圏に比べれば贅沢だってこと。

でもね、OA機器や人間が熱を発する都会のビルで仕事するとなると

26度ってほんとにクソ暑いんですよねー!

息苦しいし、頭はボーッとするし、汗ばんで不快だし・・・・

わたし、寒さを我慢するための節電なら大賛成です!

オフィス、駅、電車、デパートetc・・・

指がかじかんで吐く息が白くても平気です!


たくさん着込めばいいし、毛布やひざ掛けや使い捨てカイロもある。

それでも寒けりゃ体を動かせばいい。

逆に暖房ガンガンより頭がすっきり冴えて仕事もはかどるよ♪

でも、はっきり言います!

暑さは我慢じゃ乗り切れない!

TVのニュースでは、社員が汗だくでPCに向かう冷房完全オフの企業や

スーツを脱ぎ捨てTシャツ・短パン・サンダルで出社する企業を紹介してる。

だけど、将来的&長期的に電力消費量削減が日本の重要課題なら

こんな付け焼刃的&パフォーマンス的なことじゃダメですよね。

じゃあどうするんだ?って言われても困るんだけど・・・

たとえば「冷房は手放せないけどエレベーター使うの控えます」とか

「冷房オフはOKだけど暖房はつけさせて」とか

「照明を暗くするからエレベーター使わせて」とか

人それぞれの総保有ポイント制みたいな感じで節電してもいいのでは?


※あ、これに対して真面目なバッシングのコメントとかはやめてくださいね。
  暑さに異常に弱い体質ゆえのボヤきですので・・・m(_ _"m
[PR]

by gloria-x | 2011-07-01 22:45 | 出来事・世間・雑感