<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

儒教と負け犬/酒井順子

東京、ソウル、上海。東アジア三都市「負け犬」たちの実態

c0008209_12354546.jpg

大ベストセラー負け犬の遠吠えが出版されたのは2003年。
2009年、著者・酒井順子氏はふと気づく。
近頃の女性は負け犬ブームの頃より早く結婚するようになったのでは?と。

「負け犬」という言葉が社会現象となった当時、10代、20代だった若い女性たちが
「30歳を過ぎて独身の女は負け犬」と言われる先輩たちを見て
「わたしはああはなりくない!」と早めに結婚するようになったというのだ。

背景には時代の変化もある。
右肩上がりの成長や無限の可能性を信じられたバブル世代とは違い
バブル崩壊、世界的大不況の時代を生きる若い女性たちには
「早く身を固めて安心したい」という考えが強いらしい。

先進国の出生率を比較すると
「男は仕事、女は家事と子育て」という男尊女卑傾向や
「成長した子供が親と同居するのも当たり前」という
伝統的家族観が根強い国ほど出生率が低いことに注目した著者は
「儒教」というキーワードを手がかりに韓国と中国の独身事情を探る旅に出る。

ロマンチストでけっこう身持ちが固いソウル負け犬
合理的でプライド高く、女尊男卑が当たり前の上海負け犬


ソウル、上海の負け犬・勝ち犬それぞれの座談会がおもしろい。
負け犬は「一流大卒で高収入な職に就き、海外留学経験やMBAなどの資格取得も普通」
勝ち犬は「実家は裕福で自身も一流大卒。夫の職業は医師、弁護士、会社経営」
と両都市ともにかなりハイレベル。

ソウル負け犬で意外だったのは
日本のように女性同士で性体験の話などしないという事実!
ソウルでもヒットした「SATC」だが、ファンとして楽しんでいても
「海の向こうのお話」と捉えているらしい。
一方、上海では同じ「SATC」を観ても
「わたしたちの生活のほうがもっとおもしろいのにねー」という感覚らしい。

とにかく上海女性の女王様っぷりに驚愕!
上海では「女尊男卑」が当たり前で、男性がひたすら女性につくし
ほとんどの家庭では伝統的に夫が料理や家事をするのだとか。
それに対する上海女性のコメントもすごすぎー!

「男って基本的にマゾだから女に管理されると嬉しいのよ」
「優しくすると男って女を舐めてくるじゃない。キツく言うほうがいいのよ」
「日本人とつきあったことあるけど、すごく偉そうでムカついた!」
「上海の女はいかに一円でも多く夫から毟り取るか常に考えている。
結婚するなら最低でもマンションくらい持ってないと」

「夫が待ち合わせに遅れたら、10分いくらという風に必ず罰金を取ります」
「頭にきた時はヒールで夫の頭を殴ったりするわね」etc・・・

たまにバラエティ番組で見かける「鬼嫁」みたいだけど
「敵味方」じゃなく「夫婦」なのに愛はないのだろうか?
こんなに高圧的な態度で夫に接して
はたして女性本人の心中は幸福なのかしらん?
って不思議に思うわたしなんか上海女性から見ると
ロマンチスト幻想を抱いた甘ちゃんなんでしょうかねー。

'11 6 ★★★★☆
[PR]

by gloria-x | 2011-06-28 13:41 | ブックレビュー

わたしと運動

1日平均5~6kmと思ってたら実は7~8km歩いてた!

c0008209_13402039.jpg

ウォーキングを始めて早や2年。
その前は水泳にハマり、週3~4回、毎回1km程度泳いでいた。
さらにその前はスポーツクラブにほぼ毎日通い
スタジオエクササイズや筋トレに燃えていた。

こう書くとすごいスポーツウーマンみたいだけど
子供の頃は大の運動嫌いで
家で本を読んだり絵を描いたりしたいのに
母親に「外で遊べ」とガミガミ言われるのが心底イヤだった。
学生時代は体育の授業はお金を払ってでもサボりたかった。
というわけで20代半ばまで運動の「う」の字も無縁な生活。

「昔の子供は子供らしかった。日が暮れて
親が呼びに来るまで外で泥だらけで遊んだものだ」などと
郷愁をこめて誇らしげに語る人がいるけど
「子供は子供らしく」って何?
わたしはそれを強制されるのが苦痛だったのよ!
おっと話がそれてしまった・・・(;^_^A

スポクラには10年以上通い、完全に生活の一部だったので
このまま一生通い続けるだろうと思っていた。
ところが、仕事を変えて生活パターンが変化した時期に
持病のヘルニア腰痛が再発。
さらに会員だったスポクラが経営不振になり
大手に吸収合併されるなどが重なって退会。
落ち着いたら再入会するか
別のスポクラに入会するだろうと思っていたけれど

ウォーキングを始めてみると
思い立ったタイミングでパッと着替えて
運動してサッサと帰れる気楽さ&速効感!


これを味わうとスポクラ生活には戻れないかも・・・
反面、スポクラはサウナやお風呂でリラックスしたり
顔なじみさんたちと他愛ないおしゃべりするのが楽しかったんだけどねー。

もともとわたしは単独行動好きなので性に合ってるのかも?
ご夫婦やおともだち同志連れ立ってウォーキングしている人もいるけど
わたしには向かないなー。
スポーツ科学的に一人で歩かないと運動効果が激減するらしいし。

で、今ではすっかり運動なしではやっていけない体質になった。
タニタの歩数系で歩行数・距離・消費カロリーなどを記録しているのだが
一日約1万~1万3000歩で距離は5~6kmとなっていた。
でも、地図を見ると確実にもっと長距離歩いてるはず。
(地図を眺めるのが大好き。特に市街地図)
おかしいな~?と思ってグラウンドのランニングトラックで
正確な距離&歩数をカウントして歩幅を計測してみた。

すると約1万歩で7km強歩いていることが判明!
あくまで気分だけどちょっと得した感覚(笑)

歩幅の測り方
[PR]

by gloria-x | 2011-06-25 15:13 | おしゃれ・美容・運動

3Dが我が家にやってきた♪

地デジ化まであと1ヶ月、駆け込みでやっとTVを買い替えました!

c0008209_15281967.jpg

ついにムダに厚みのある重量100kg以上のブラウン管TVとサヨナラできた!

panasonic ビエラの46インチです。
ブルーレイレコーダーもセットで購入。
あと、映画のジャンル別に音声をグレードアップして
360度方向から音を体感できるとかいうサウンドシステムも。

ダーリンはさっそく「トロン」「バイオハザード」
そして海底の生物モノのブルーレイを買ってきて
3Dメガネをかけて嬉々として楽しんでおります。

3Dねー、わたしは特に興味ないんだけど
(映画のジャンル的にさほど惹かれないから)
「マッハ!」や「孫文の義士団」など格闘モノが3Dになったらいいかも~♪

うちのダーリンはハイテク機器などに強いタイプなので
男子ならそれが当たり前だと思っていたけれど
PC苦手、TVやビデオの配線もできないとかいう
メカ音痴な男性もいるんですよね・・・
もしそんな夫だったら困るわー!
[PR]

by gloria-x | 2011-06-21 16:58 | 出来事・世間・雑感

イップ・マン2/ 葉問2 '10(香港)

今度の敵は白人だ!「序章」より感動薄いがエンターテイメント色強し

c0008209_11385961.jpg

イップ・マン序章」に続いて続編を鑑賞。
やはり「序章」⇒「続編」の順に観て正解。
「続編」は「序章」に比べエンターテイメントとしての完成度は高いが、
ドラマ部分の描写はあっさりなので感動は薄い。
人物像や人間関係を把握せず、いきなり続編を観ると
「なんのことやら?」って感じだろう。

日本統治下の広東省から香港へ逃げてきたイップ・マン一家。
貧しい暮らしの中、イップ・マンは武道場を開く。
やがて香港武道界のドンと友情を結んだイップ・マンは
中国人のプライドをかけて英国人ボクサー・ツイスターと闘うことになる。


c0008209_11475077.jpg

「序章」の日本人と同じく、英国人は絵に描いたように傲慢で卑劣。
線香を焚く習慣を馬鹿にした英国人にイップ・マンはこう言う。
「常に謙虚であるという中国人の精神の表現だ」
え?!現代の中国人には全然あてはまりませんよね~?

c0008209_11483352.jpg

サモ・ハン・キンポーってこんなに濃い顔だっけ?
香港武道界のドンで子沢山という設定。
娘6人はスレンダーで可愛いのに
唯一男児の末っ子がすっごいデブ&ブサイクなのが笑える!

c0008209_11485724.jpg

イップ・マンが道場を開く雑居ビルの屋上が
レトロで風情があってすご~く好み♪


ところでイップ・マンの奥さんに同情するわー。
佛山時代は何不自由ない奥様だったのに戦後は爪に火をともす生活。
命からがら香港へ逃げてきても貧乏は変わらず・・・
二人目の出産なんて夫の知らぬ間に他人の家で産んでるし・・・
いくら高潔な精神を持つ武道の達人でも
生活力のない夫ってねぇ~。(-_-;

c0008209_11492431.jpg

「序章」では道場荒らし⇒山賊という悪役ながら
なぜか憎めないキャラで強烈な印象を残したルイス・ファン。
「続編」ではすっかりいい奴になって登場。

サイモン・ヤムはこのシリーズでは「笑っているのに怖い」凄みを封印。
流転の人生が哀れだがやはり存在感は強い。



'11 6 DVD ★★★★☆
監督:ウィルソン・イップ
出演:ドニー・イェン、サモ・ハン・キンポー、ルイス・ファン、サイモン・ヤム
[PR]

by gloria-x | 2011-06-17 16:13 | 映画レビュー

イップ・マン 序章/ 葉問 '08(香港)

武術モノって理屈抜きで好き!ということを再確認させてくれる一本

c0008209_12134540.jpg

ブルース・リーの師であるイップマンの伝記の体裁をとったカンフーアクション。

公開は2010年製作「イップ・マン」が先だが、製作年もストーリーの時系列もこちらが先。
ということで年代順に鑑賞することにした。

余談だが、DVD店で「イップ・マン('10年製作)」だけ買おうとしたダーリンに
「あ、これ連作なんですよ。ぜひ「序章」も観られたほうがいいですよ」と
店員さんが勧めてくれたのだとか。
大型店なのにマニュアル通りじゃない接客!
それがなければ出会ってなかったこの作品!素晴らしいです♪

1930年代、中国・佛山はカンフーの盛んな地で
様々な流派の武道場が開かれていた。
「詠春拳」の達人であるイップ・マンは人格者として尊敬されていたが
道場を開いて弟子を取ることをせず、黙々と自らの技を鍛錬していた。
やがて日中戦争勃発。
イップ・マン一家は邸宅を日本軍に接収され極貧生活に。
そんな中、空手の達人でもある日本軍将校・三浦は
日本人に中国拳法を教えろとイップ・マンに命令する。


c0008209_12142564.jpg
ドニー・イェン
孫文の義士団」の時は勝手に「勝俣似」と呼んじゃって失礼しました(;^_^A
超人的な強さを持つと同時に、常に穏やかな笑みをたたえる人格者。
「孫文・・・」とはガラリと違うタイプの役柄だ。

スタイリッシュな映像もなく、思わせぶりや予想を裏切る展開もなく、
時間軸に沿ってわかりやすく丁寧にストーリーが進む。
こういう映画ってけっこう好きかも・・・
あくまでも「格闘シーン」という見せ場があるからだけどね。

たとえれば格闘シーンは肉。
それも神戸牛A5ランクなど極上の品。
だったらあれこれよけいな手を加えないほうが
肉そのものの美味しさが際立つ。そんな感じかしら?

c0008209_1215768.jpg

池内博之にはインタビューしたことがあるけど
画面で見るより何倍もかっこよくて、真摯で礼儀正しくてほんとに好印象だった。
実際に空手の黒帯らしい。

空手の達人でもある将校・三浦は中国人を人狩りのように集めて
日々ファイトクラブ的イベントを開催。
空手が中国拳法に劣るわけがないという信念のもと、
飢えた中国人を日本兵と闘わせたり
時には自らの練習台として叩きのめしている。
ただの残虐趣味者かと思いきや、
勝った中国人にはちゃんと褒美の米をやるし、行き過ぎた部下の行為は諌める。
その人物像の描き方がちょっと中途半端で残念だった。

一方、三浦の部下・佐藤は「絵に描いたように卑劣な日本兵」!
昔のアメリカの風刺漫画に登場するような容姿で
お約束どおりの卑怯で残虐な行動。
元警察署長で日本軍の通訳になったラム・カートンが
これでもかと虐げられるたび、自分も日本人なのに
「やり返せ!」と思ったのはわたしだけじゃないはず。

サイモン・ヤムが経営する紡績工場の従業員たちが
老若男女揃ってイップマンに詠春拳を習うシーンが楽しかった!
道場荒らし⇒山賊になる金のキャラクターも◎




'11 6 DVD ★★★★★
監督:ウィルソン・イップ
出演:ドニー・イェン、サイモン・ヤム、ラム・カートン、池内博之
[PR]

by gloria-x | 2011-06-14 12:16 | 映画レビュー

八日目の蝉 NHKドラマ版

薄っぺらで陳腐、映画とは大違い・・・もうちょっと期待してたのにな~

c0008209_1319231.jpg

「八日目の蝉」NHKドラマ版をやっと鑑賞。映画版レビューはココ

金麦って大根だったのね!
これ観て決定的に「キライな女優」になったわ


同じ原作を映像化してもここまで違うものになるとは・・・
とにかく全体的に薄っぺらで陳腐!
演出も、役者の演技も再現ドラマ並みで失笑もしばしば。

ヒロイン希和子が社内不倫相手の秋山にお茶を持って行くシーン。
同僚OLが「秋山さん、奥さんおめでたなんですって」と耳打ち。
凍りつく希和子。そして・・・
まさかの「湯飲みを載せたお盆を床に落とす」ショット!(爆)

衣装がおろしたての新品丸出しなのも興ざめ。
子供誘拐して逃亡、宗教団体から着の身着のまま脱走して
やっとたどりついた小豆島。母娘2人貧しい暮らしなのに
ヒロインの髪は常に一筋の乱れもなくブロウされ、若妻風メイクをきっちり施し、
服もパジャマもすべて折り目ついたまんまの新品って・・・(-_-;


予算が限られたドラマとはいえ、もうちょっとなんとかできるでしょ。
話はそれるが昨夜「人志松本の〇〇な話」で
フット後藤が言ってた「粗いでー!」だ。
こういう細部が全体像に影響するのにね。


子役も下手!(ACのリサイクルCMの子)
最近、日本の芸能界も上手な子役が頻出してるというのに
昔ながらの取ってつけたような子役演技で感情移入できず。

金麦も子役も大根なので、希和子と薫のシーンがすべて白々しい。
ここがこの物語の肝なのにね。

そして陳腐なドラマに成り下がった最大の要素が
岸谷五郎演じる漁師とヒロインの関係。

これ、いらないでしょー!

連続ドラマだし、ほのかな恋愛要素も必要と思ったのか?
「わたしには薫だけ」とか言ってるヒロインなのに
結局男なしじゃ生きていけないのかよ、って感じ。
しかも岸谷とからむ全シーンの金麦の演技がクサくってイラつく~!
母娘の物語というしっかりした芯がこれでブレた感あり。

その点、映画版の永作博美は清々しかった!
男なんか寄せつけず(というか男の存在など目に入ってない)
金麦みたいに「男を意識するがゆえにわざとそっけない態度を取る」というウザい女でもなく
素のままひたむきに薫との生活だけを味わっている感じがした。

マロンちゃんの存在感も2時間サスペンスの脇役風でなんだかなぁ~
ま、すべての人物とエピソードをふくらませるわけにもいかないので仕方ないけど
映画版の小池栄子がよかっただけに
あまりにもあっけらかん&堂々としすぎなマロンちゃんに不満。

唯一、ドラマ版でよかったのは
小豆島で希和子が身を寄せる素麺屋の女将と娘・久美の関係の描き方。
お互いに心では相手を大事に思っているのに
近くにいたり、長くいっしょにいるとうまくいかない母と娘。
わたしもそうなので、吉行和子と酒井真紀の会話や一触即発の空気感に共感。

ああ、もう一回映画版観たくなってきた!

'11 6 NHK ★★☆☆☆
[PR]

by gloria-x | 2011-06-04 13:25 | 映画レビュー

「婚活」現象の社会学 日本の配偶者選択のいま/ 山田昌弘・編著

結婚できた、しかも恋愛で。まるで奇跡ですやん!と思えてくる一冊

c0008209_15544321.jpg

「結婚したいのにできない」
未婚者が増えているのはなぜか?


ただ待っていても結婚相手は現れない。
就職したければ就職活動(就活)するように
結婚したければ自分から積極的に活動しなければならない。

それを「婚活」とネーミングした著者は
「パラサイト・シングル」「格差社会」という言葉を浸透させた社会学者。

先日、会社の20代半ばの男子が嘆いてた。
「こんな年収じゃ絶対に結婚なんかムリっすよねー」
それに対して同じく20代半ばの女子が
「しっかり稼いでくれるカノジョ見つければいいやん」
こういう本を読まずとも、若い人たちは現実を認識してるし
打開策もちゃんとわかってるんですね・・・

著者曰く社会学とは人が見たいと思わない現実をあえて明らかにすること
「何もしなくてもいつか自動的に結婚できるはず」という
依存体質から抜け出さないと結婚は無理。
厳しい日本の現実をわかってもらうために「婚活」という言葉を作ったが
著者の意図を超えてブームになり、一人歩きして
「数少ない高収入男性をつかまえるための活動」と転じてしまった。

世間一般の認識と現実のギャップ指摘、
生まれた年代別による結婚観なども具体的でわかりやすい。
日本の未婚率・少子化上昇の原因は
「仕事を続けたい女性が増えた」からとまことしやかに言われてきたが
現実の女性の本音は「仕事を続けようが続けまいが、
そんなことに左右されない経済力を持った男性と結婚したい」
しかし、近年の経済・雇用状況の変化によって
低収入男性が増えたことが結婚の減少につながっているという指摘。

男性は「経済力+外見+コミュニケーション能力」が揃っていないと
見合いという土俵にすら乗せてもらえないというが
「バンドが売れてビッグになったら結婚する」(ロックスター志望の30代男性)
「俺のことを好きになったら一緒に苦労してくれる女性がどこかにいるはず」
(月収6万円程度の40代男性)
「高収入になる」「低収入の自分を好きになる女性と出会える」という
ありえない夢を見ている男性も実在する。

一方、リーマン・ショック以降、女性の「婚活」意識は
「この不況下でも安定した収入を稼ぐ男性を勝ち取る」ことへ変化した。
「AERA」記事の抜粋は例の如く「いかにも」な極端例でウンザリ・・・

恋愛を基礎とする結婚こそ
唯一の正統な男女関係である

これはロマンティック・ラブ・イデオロギーという思想。

わたしは生まれつきそれが当然と思い込んでいたタイプ。
しかし世の中には真逆の考え方を持つ人もいて(そっちの方が多い?(?_?))
「一流企業勤務で経済力があり、なおかつ恋愛経験がないため
すべて自分の意のままに操れる」男性と見合い結婚した知人もいる。

いい悪いではなく、わたしには絶対できないマネなので
驚嘆と同時にある意味尊敬の念すら覚えてしまう。

アメリカの結婚活動や、アメリカから見た現代日本の婚活、
現代中国の激変しつつある婚活(日本に似ている)などの項もおもしろかった。

だけど、もしわたしが現在未婚者だったら
本書を読んで「行動しなきゃ!」と思うより
現実の厳しさに打ちのめされてしまいそう・・・(-_-;
愛する人と偶然出会って恋愛⇒結婚に至り
それが継続してるなんてまるで奇跡に近い?

何も考えず歩いてきた道が有名な心霊スポットだったとか
野生の熊がウロウロするデンジャラス地帯だと後で知り、
今さらゾーッとして無事に感謝するような感覚というか
それが冒頭の感想になったわけです。

'11 6 ★★★★☆
[PR]

by gloria-x | 2011-06-01 19:12 | ブックレビュー