<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

俺のアリス?

近所のスーパーでボトルに水を入れていると
(専用ボトル購入客に無料で純水を提供してくれるラ〇フです)

後ろでこんなダミ声が。
「俺のアリス、どこにあるー?」

アリス・・・?

c0008209_13351279.jpg
アリス?
c0008209_13333949.jpg


c0008209_13204033.jpg
アリスという単語と声質のミスマッチに
思わずふりむくと、そこにいたのは
横山やすしが生きて60~70代になったらこんな風では?
と思う風貌の男性。







「えー?なにー?」
そこへカートを押しながら女性が登場。
「大家族モノ」の奥さんによくいるような
いわゆる↓のアルファベット3文字タイプ。


c0008209_1331177.jpg
服のサイズは軽く17号超え、
根元2cmくらい黒くなったパサパサの茶髪
いやほとんど金髪を無造作にゴムでしばり、
もちろんスッピンにジャージ上下・・・
やっさん似おっちゃんの奥さんらしい(たぶん)





やっさん似は奥さんに向かって再び言う。
アリス・イン・ワンダーランド、どこへやったかな~?」
「あーダンボール箱の中やわ」と奥さん。

アリス・イン・ワンダーランド!
ダンボール箱の中?
なんとシュールな会話!



「あ、ちゃうわ。アリスはパソコンの中に入れたやん」
「あーそうか、そうか」とおっちゃん。

「それはええけど、プリズンブレイク全巻誰かが借りてんねん、腹立つ~」と奥さん。
「それやったら俺、Dr.パルナサスの鏡借りるわ」とやっさん似。
パブリック・エネミーズのほうがええのんちゃう?」と奥さん。



c0008209_1421847.jpgc0008209_1424649.jpgc0008209_143488.jpg












そこで映画DVDの話なのだと気づく。
気づくがシュールな感覚は続く。
大阪の街頭インタビュー常連風コテコテな高齢男女の口から
スラスラと洋画の正確なタイトルが飛び出てくることに・・・

2人の口から出る映画名が
釣りバカ日誌」や「男はつらいよ」なら
わたしはいちいち聞き耳を立てなかったはず。

人は見かけで判断しちゃいけないってことですねー。

どうやらやっさん似はジョニー・デップファンで
ファンタジー好きらしい。
わたしはファンタジー苦手だけど、映画話でけっこう気が合うかも?(笑)
[PR]

by gloria-x | 2010-12-26 14:16 | 出来事・世間・雑感

ジュリー&ジュリア/Julie&Julia '09(米)

再現した料理写真をブログに載せてないみたいだけど、そこ肝心でしょ!

c0008209_21202831.jpg
期待ハズレだったなー(いや、別に期待してたわけじゃないけど)
1960年代に人気料理研究家として活躍したジュリア・チャイルドと
彼女の全レシピを一年で再現してブログで紹介したジュリー・パウエル。
2人の人生を交互に見せながらストーリーが進行するのだが
2つのドラマがまったく共鳴してない印象。

2人の間に何かしら接点というか、
交流らしきものが生まれるのかと思いながら観ていたのだけれど
まったく何も起こらない。
実話だからそれは仕方ないとしても
ジュリーのブログが人気を博したことについて
ある記者が電話で「ジュリアが快く思っていないらしい」。
それを聞いて激しく落ち込むジュリー。
当然、勇気を出して憧れのジュリアにコンタクト取るのかと思いきや
真偽を確かめることすらせずうやむやのまま・・・・
この終わり方がほんとにすっきりしなかった!

ジュリアに心酔しきって続けたブログにメディアの取材が殺到し
ライターへの道が開けたヒロインにしては消極的すぎない?
しかもアメリカ人なのにさー。

腑に落ちないことはもっとある。
ジュリアのフランス料理の全レシピ500いくつかを
一年間で全制覇するといってスタートしたブログ。
料理に奮闘するシーン、失敗して凹むシーン、
成功して狂喜乱舞し、夫や友人と一緒に味わうシーンはあるけれど
完成した料理の写真を撮るシーンは一度もなかった!
(完成してすぐ食べてるし・・・)
心底不思議ー!

料理ブログなら写真アップは鉄則、
いや、まず写真ありきでしょ!


c0008209_2121059.jpg
メリル・ストリープがやけにデカいけどカメラワークのせい?
と思いつつ観てたら大女の設定だったのね(笑)
ああいう高い大声で歌うように話す女性って苦手なんです・・・

c0008209_21211983.jpg
エイミー・アダムスがあまり好きじゃないんだよねー。
なんか肩に力が入って遊びがない感じで・・・
これが他の女優だったらもっと楽しかったかも?
たとえばエミリー・ブラントとか・・・

女優2人はイマイチだったけど、夫役2人はどちらもよかった♪

'10 12 WOWOW ★★★☆☆
監督:ノラ・エフロン
出演:メリル・ストリープ、エイミー・アダムス
    スタンリー・トゥッチ、クリス・メッシーナ
[PR]

by gloria-x | 2010-12-21 22:10 | 映画レビュー

わたしの一年はジェットコースター

あっという間にもう年末!終わりよければすべて良し♪

c0008209_2115468.jpg

最近いろいろ新展開があり
慌しくも楽しく過ごしているうち気づけばもう年末!
今年始め、いろんな意味で今の状況は想像もしなかったな~

わたしの一年はいつもジェットコースター。
前半ゆるやかなペースで粛々と上昇。
大嫌いな夏はてっぺんで「停止」という感じ。
精神的にも肉体的にも完全に閉店状態。

うんざりする長~い夏が終わると一転してすべてが動き出す。
今年もそのとおりでした。
夏の間ストップしていた社交も10月後半から加速度的に活発に。

不思議だけど、そろそろ会いたいな~と思った人とは以心伝心
相手も同じように思ってくれていて
タイミングよくサクサクとスケジュールが埋まる♪


夫婦の記念日ディナーをはじめ、
親しい人々と楽しい時間を過ごしたうえに
思いがけないサプライズサービスを受けたお店もあり
フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、和食etc・・・
ディナーで行ったお店すべてハズレなしの好成績(^_-)v

一時閉店していた馴染みのバーも復活!
マスターからハガキをもらった週末、
さっそく立ち寄って午前3時まで呑んでしまった・・・(;^_^A
ご祝儀だからいいよね(笑)

この後も年末まで楽しい予定がFIX♪
年明けにはイケメンBFとデートの予定まで~\(^0^)/

人生って本人が機嫌よく過ごしてると
どんどんいい方向に転がっていくのかも?

楽しいひとときを共有してくださったみなさん
今年もありがとうございました!
ちょっと早いけど来年もどうぞよろしく~♪

[PR]

by gloria-x | 2010-12-12 01:19 | 出来事・世間・雑感

陽はまた昇る '02(日本)

今じゃ懐かしいVHS対ベータの闘いの裏にはこんなドラマが!予想外の拾い物です。

c0008209_20193131.jpg
ビデオデッキの世界規格となったVHS開発の裏で活躍した
日本ビクター技術者たちの姿を描いたヒューマン・ドラマ。


そういえば、いち早くSONYのベータを買った友人が激しく後悔してたっけ。
初期のビデオデッキって2時間しか録画できなかったし
予約録画機能もなかったから、撮りたい番組を待ち構えていて
開始と同時に録画ボタンを押したっけetc・・・
今思えば石器時代のような昔のことが次々思い出されて感慨深い・・・。

日本ビクター、SONY、松下電器など
実在のメーカー名をそのまま使っているのが
日本映画にしては新鮮だった。
実話ベースでもたいてい毎朝新聞とかになるもんね。

あんな大企業の時代を変える画期的発明なのに
まるで東大阪の町工場みたいな環境の
炭鉱労働か蟹工船みたいなシチュエーションで
生まれていたなんて、驚きのあまり笑っちゃうシーンも満載。


西田敏行、うまい役者だとは思うけど正直あまり好きじゃなかった。
この作品で初めて見直したというか、好感持った。
渡辺謙はいつになく控え目な役どころだがさすがにうまい!
そしてこの2人のコンビネーションがいい味わいを出している。
脇を固めるのも演技派の名優ぞろいで安心して観ていられる。

欲を言えば、登場人物たちのモデルご本人の写真とその後を
エンドロールの時に紹介してほしかったな。

西田敏行演じる主人公は高卒で叩き上げの技術部長という人物なのだが
住んでいる家が広い敷地に立派な門構え、お蔵まであるお屋敷。
あれは奥さんの実家なのだろうか?(素朴な疑問)

展開もサクサク早いし、必要以上に感動を押し付けない演出も◎!
とにかく予想外に素直に感動でき、観てトクした気分になる秀作。


'10 12 WOWOW ★★★★★
監督:佐々部清
出演:西田敏行、渡辺謙、真野響子、緒形直人、仲代達也
    夏八木勲、井川比佐志、江守徹、田山涼成、石橋蓮司
[PR]

by gloria-x | 2010-12-06 21:27 | 映画レビュー