<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「氷の華」 「目線」 /天野節子

62歳の大型新人!しかも自費出版からベストセラー?凄すぎー!

c0008209_2235293.jpg
最初に「目線」を手に取り、著者紹介を見てびっくり!
初めて執筆した「氷の華」が自費出版(2006年)からスタートして
単行本、文庫本化され35万部を超えるベストセラー。
ドラマ化もされ、62歳の大型新人として注目を浴びた。だって!

もちろんデビュー作「氷の華」から読んでみた。

誰もがうらやむ生活を送るセレブマダム恭子のもとに、
ある日、夫の愛人と名乗る女が電話をかけてくる。
愛人は下品で頭の悪そうな喋り方をする女だった。
そして、その内容が恭子に殺意を抱かせる。
完璧なアリバイを作り、証拠を残さず冷静に犯行に及んだ恭子だったが
自分が殺したのは本当に夫の愛人だったのか疑念が湧いてくる。


おもしろかった!長編だけど一気読み。
美人で、頭も切れて弁も立ち、プライドが高い恭子のキャラクターがいい。
正直イヤな女になりがちなのに、なぜか恭子に感情移入・応援してしまう。
ベテラン刑事との心理戦のような戦いも読み応え満点!

'10 6 ★★★★★

c0008209_22352569.jpg
同族会社、大邸宅で行われる社長であり家長の誕生祝い。
家族や親しい者だけが集まった華やかな宴が
一転して次々に人が死ぬ惨劇の場に変わっていく・・・・

裕福な一家が抱える暗い秘密、
複雑な人間関係を描く個性的な登場人物たち、
なんとなく70~80年代の角川映画を思い出させるような設定。
松坂慶子とか、片岡孝夫とか出てきそう(笑)

一軒の家でそんなにバタバタ殺人事件が起きるって・・・
しかもいつも同じメンバーが居合わせるって・・・
ますます角川映画!(笑)

犯人はすぐわかるし、犯人の秘密(特性?)もすぐわかるので
動機と人間関係の謎だけで引っ張るのだが、
現実離れした舞台設定はおもしろいものの
関係者への事情聴取、刑事たちの推理などが
長々と続き、説明っぽすぎて退屈で期待ハズレ感は否めない。

そのシーンにはいないはずの人物の名前が出て
「〇〇が頷いた」という記述の明らかな間違いを発見。
ミステリーでこれはまずいでしょ。(編集者の責任だけど)
あと、同じ飲食シーンで「グラス」と書いたり「コップ」と書いたりも要チェック。

個人的には「氷の華」が好み。

'10 6 ★★★☆☆
[PR]

by gloria-x | 2010-06-30 00:06 | ブックレビュー

狼の死刑宣告/Death Sentence '07(米)

鬼気迫るケヴィン・ベーコンが時々イーストウッドに見えた・・・

c0008209_19151710.jpg
C・ブロンソン主演「狼よさらば」と同じ原作者。
司法や警察に頼らず、自らの手で自身や家族を守る一般市民が主人公のアクション映画。
こういうジャンルをヴィジランテ映画というらしい。

同じように理不尽な事件は日本でも珍しくないけど
いつも「目には目を。わたしなら捨て身で復讐したい」と思う。

c0008209_1915366.jpg
ニック・ヒュームは投資会社の副社長で良き家庭人。
高校アイスホッケー選手の長男の試合を観戦した帰途、
深夜のガソリンスタンドでギャングの襲撃に遭遇し、長男を殺害される。
それは強盗ではなく、ギャングが新入りメンバーに課した度胸試しだった。
加害者はすぐに逮捕されたが、裁判で有罪になる可能性は低いと知り
ニックは自らの手で復讐を果たす。
しかし、それがギャングとの戦争を招くことになる。


c0008209_19155545.jpg
こんなに鬼気迫るケヴィン・ベーコンは「告発」以来かも?
己の信念に従って正義を貫くというテーマだし、
痩せ型の筋張ったドライスキン系の顔が時々イーストウッドに見えた。

ごく普通のホワイトカラーの主人公が
ギャングとあそこまで対等以上にわたりあえるかー?
というのは置いといて、期待以上の作品だった。
オフィス街での逃走シーンなどムダなくスリリングな展開で見ごたえ満点。

ただ、最初に「家族も皆殺しだ」と宣戦布告された時、
パニックになって帰宅し、邸宅中の窓や扉をロック。
野球バットを抱えて寝ずの番するのはどう考えても変!
パトカーが見張ってくれてるとはいえ一台だし、
こういう場合、見張りの警官は殺されると相場が決まってる。

わたしなら即刻家族を一流ホテルに避難させるし、
夫から事情を聞いた時点で、わたしが妻なら
事件終結までホテル暮らしするけどなぁ。
アメリカ人って西部開拓時代から自分の家や家族は銃一丁で守る
という感覚が根強いから自然にあんな対応になるんだろうか?

c0008209_19161776.jpg
映画の冒頭、この家族のファミリービデオが流れるんだけど、
夫婦がまだ若くて子供達も幼い時代から始まり、
家族の歴史の何年もの記録で、本物みたいにリアル!

私の中のあなたグッドナイト・ムーンもそうだったけど
アメリカ映画はアルバムやビデオという小道具に手を抜かず、
完成度が高いのにいつも感心する。
それがお粗末だとすべて台無しだもんね。

'10 6 DVD ★★★★☆
監督:ジエームズ・ワン
出演:ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン
[PR]

by gloria-x | 2010-06-27 12:27 | 映画レビュー

抽象的な会話

くだらない話です。読み飛ばしてください。

c0008209_14263230.jpg

わたしは自称「妻バカ」(親バカの妻バージョン)で「夫フェチ」だ。
この2つの世界選手権があったらきっと優勝するだろう。

どうしてこんなに彼のことが好きなのかなぁと
性懲りもなく考えてたら、またひとつ思い当たった。

抽象的な会話ができる男だからだ。

世の中には具体的な会話しかできない男性もいる。
いや、そっちの方が多数派かも?

特に結婚して子供ができたりしたら
現実的・具体的な会話のみになったり
会話そのものがなくなる夫婦も多いらしい。

うちは子供がいないし、彼はわたし以上にロマンチストで
抽象的な会話を好み、自分の心情を言葉で表現するのも上手。
(最後の項目は結婚後わたしが鍛えてあげたのだが)

いいことを思いついたら、すぐ相手に伝えたくなるわたし。
さっそく彼の部屋に行き、その話を始めたのに

なぜかダーリンは生返事。

仕事の調べ物をしているらしく、PC画面に釘付けだ。

そうそう、忘れてました。
男って同時に2つのことに
神経を集中できないんですよね。


最初はそれが理解できなかったけど、
最近やっと学習しました(-_-;
こんな時に無理に話を聞かせるのは愚の骨頂。
なので速やかに部屋を辞去。

今夜、あらためて伝えようっと♪
[PR]

by gloria-x | 2010-06-25 15:06 | 夫婦の日常・おでかけ

ある日、突然・・・

c0008209_19123677.jpg
ずっと納豆が苦手だった。

関西人の多くがそうだと思うけれど、
子供の頃に食べる習慣がなく現在に至る、という感じ。

ダーリンは子供の頃から納豆が大好物で(両親が九州の人だから?)
もし夕食が納豆とご飯だけ、という事態になってもご機嫌という便利な人である。

苦手といえば、たとえば青魚の類は
罰ゲームでも絶対に食べられない!


同じ食卓で誰かが食べるのも、食器を触るのも、
隣家から料理のニオイが漂ってくるのもご勘弁・・・

でも納豆は隣で彼が食べていても平気だし
食器を洗うのもちょっとイヤだけど、まあ許せるという程度。

ところが、ある日突然、
納豆が食べられるようになったのです。


TVでどこかの小学校給食メニューで
納豆とチーズを混ぜたものが大人気というのを観ていて
ふと「これならイケるかも」
で、作ってみたのが写真の一品。

納豆+チーズ+オリーブオイル+バジル

あれ?全然イケるじゃん!
うわ、わたし納豆食べてるよー!って感じ。
でもTVでも言ってたようにチーズの存在感がすごく希薄・・・
チーズ好きのわたしとしては混ぜるメリットは?(?_?)

で、上記の一品をオーブントースターで焼いてみました。
焼いたほうが断然おいしい!
香ばしいし、ちゃんとチーズの味がするし(^_^)v


納豆ご飯はまだハードル高いけど、OKになる日も近い気がします。
[PR]

by gloria-x | 2010-06-21 19:47 | 食べる・飲む

舞妓Haaaan!!! '07(日)

あ~しんどかった・・・笑いすぎて
c0008209_10575933.jpg
涙を流すほど笑える映画って意外と少ない。
久々に苦しくなるほど笑いました。
でも、好き嫌いが激しく分かれる作品だろうなー。

c0008209_11212795.jpg

阿部サダヲ、おもしろすぎ!
小動物みたいに小刻みで、時に憎たらし~い動きと
表情の変化は一瞬たりとも見逃すべからず。
そしてセリフも一言も聴き逃すべからず。

ずっと観てると、子供が興奮しすぎてキーッとなって
熱が出るみたいにしんどくなるので、小休止が必要です(笑)


c0008209_1126578.jpg
堤真一も意外なほどよかった!
恋愛ドラマに出てるときはどこがいいのかさっぱりわからなかったけど
コメディのほうが魅力が発揮される役者なのかも。

生瀬勝久、北村一輝も◎!!!

笑いのツボや好みは人それぞれだけど
目安として、今までわたしが涙を流して笑った↓が好みの人ならイケるのでは?

「ウェインズ・ワールド」「踊るマハラジャ」「ショーン・オブ・ザ・デッド」
「ズーランダー」「ゲット・スマート」


'10 6 WOWOW ★★★★★
監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎
出演:阿部サダヲ、柴咲コウ、堤真一
[PR]

by gloria-x | 2010-06-19 10:52 | 映画レビュー

サガン~悲しみよこんにちは~/SAGAN '08(仏)


「日本のサガンになる!」と心に誓った中学生のわたしが懐かしい・・・(-_-;

c0008209_11301279.jpg
サガンを初めて読んだのは12歳頃。
小説家か漫画家になりたかったわたしは強烈な影響を受け、
「18歳で作家デビューして日本のサガンになる!」と
壮大で身の程知らずな野望を抱いたものでした・・
c0008209_11303979.jpg
デビュー作「悲しみよこんにちは」の印税が日本円(当時)約364億円。
その印税で買ったのがミンク以上に高価な豹のコート(約1000万円)
他にも家、車、ギャンブル、麻薬etc・・・に浪費を重ねながら
口癖は「お金に興味はないの」
ああ、一度はこんなセリフ言ってみたい!

c0008209_11311533.jpg
シルヴィー・テステュー。アンニュイな表情がいい。
神経質そうに髪を撫で付ける癖、
前髪越しに上目使いで人を見つめたり、
猫背でせかせか歩いたり、実年齢より老けて見えるし
はっきり言ってエレガントじゃない仕草・挙動。
かなり研究したんだろうなぁ~。

c0008209_11313563.jpg

年齢不詳であまり「女」を感じさせないタイプという
サガンの人物像はわたしにはかなり意外だった!

作品や、たまに伝わってくるスキャンダルなどから
わたしが想像していたサガン像は、もっと女度の高い恋愛体質な人物


当時好きだった一条ゆかりの漫画のヒロインとか、
日本の女性作家なら森瑤子とか、わかりやす~い「女王様タイプ」
見た目ならむしろ、サガンと15年暮らした元モデルで「ELLE」編集長の
ペギー・ロッシュ(↓左)みたいな女性を漠然と思い描いてたのだ。
一人息子との関係が異常なほど淡白なのも意外だった。

c0008209_11321339.jpg
豹柄好きだったというサガン。
上の写真のコートも、このブラウスもよかった!

そこそこお嬢様で、たった18歳で巨万の富を得て、
小説を書くことしか興味がなけりゃ経済観念が皆無なのも当然。
それで浪費して破産状態になるのも納得だけど、
常に周囲に「取り巻き」なる人間が複数いて
家族でもないのに当然みたいにいっしょに暮らして豪遊して、
その経費はすべてサガン持ち・・・・この感覚がすっごく不思議!
桁外れなリッチになったら理解できるのかしらん?

才能にも富にも恵まれたけど、総合的に見るとそんなに幸せじゃなかったサガン。
成功から破滅に向かってずるずる滑り落ちたような印象だ。
しかも「やりたいことやって好きなように生きただけ」的な
開き直り感やパッションが本人になく、
気だるさとぼんやりした哀しみだけを感じるのがサガンらしいといえるのかも・・・


'10 6 WOWOW ★★★★☆
監督:ディアーヌ・キュリス
出演:シルヴィー・テステュー、ジャンヌ・バリバール、ピエール・バルマード
    リヨネル・アベランスキ
[PR]

by gloria-x | 2010-06-16 15:15 | 映画レビュー

チェイサー/The Chaser '08(韓)

残虐シーンのえげつなさ!血の気の多い民族性ゆえ?
デカプリオがリメイクするらしいけど、この味は出せないでしょ

c0008209_1440326.jpg
韓国映画はあまり観ないけど、クライム・サスペンス系はわりと好き。
そして毎回唖然とするのが、暴力シーン、残虐シーンのえげつなさ、執拗さ!
香港映画の黒社会モノなんか様式美に感じるほどだ。

韓国には一度だけ行ったが、ソウル市内で
タクシーの運ちゃん同士のケンカに遭遇して驚いた。
日本のように「なんやコラ!」「やるんか?」と
因縁つけたり威嚇したりのウォームアップタイムがなく、
突如つかみ合い、無言のまま馬乗りになり
ネクタイで首を絞めるという瞬間真剣勝負!
ほんとに血の気の多い民族性なんだな~としみじみ思った。

だから韓国の人にとってはこれくらいの残虐シーンはどうってことないのかも?

c0008209_14362389.jpg
元刑事ジュンホが経営するデリヘルで働く女たちが相次いで失踪し、
ジュンホは何者かに売り飛ばされたに違いないと考える。
そして子持ちのデリヘル嬢、ミジンも客と会ってから連絡が途絶えた。
ジュンホは携帯番号から客を探し当て、
追い詰めて格闘の末、警察に突き出す。
男は淡々とした表情で殺人を自白するが・・・


ジュンホを演じるキム・ヨンソク。(桑田圭祐似)
中年男のやさぐれ感と可愛げが同居。
本物の悪人にはなりきれない人情味がよかった!

犯人役のハ・ジョンウも上手い。
一見、無害な青年に見える冷たい無表情と薄ら笑いが怖い!
個人的にこのテの顔は苦手~
実際の大量殺人をモデルにしてるらしいが、
結局犯人の動機などは明かされないまま・・・
c0008209_14364071.jpg
暴力描写が執拗にヘビーなのに加え、
犯行現場の家や凶器に対する生理的・本能的な嫌悪感が強烈!
(日本映画「黒い家」に匹敵する雰囲気)

ものすごく緊迫感のある演出でツカミがうまい反面、
途中でコメディ映画かと思うほどユル~イ場面が長々続くのは「?」
もっと少なければ緩急つけるためと思えるけど・・・
あと、警察での容疑者取調べや捜査がどうも手ぬるい印象。
大量猟奇殺人の容疑者を留置場にも入れず、
普通に刑事がデスクワークしてるオフィスで取り調べするかー?
女性刑事とのシーンなんかヒヤヒヤした。

これは韓国が実際そうなのか?
ハリウッド映画や「CSI:」など観慣れてるから違和感あるのか?
c0008209_1438527.jpg
ミジン役のソ・ヨンヒ。
最悪の恐怖体験ヒロインランキングがあったら上位に入るはず!
(「テキサス・チェーンソー」と同格か?)

シングルマザーの風俗嬢、20歳で産んでも27歳。
別のデリヘル嬢も客に年齢を聞かれて堂々と「30歳」と答えてた。
日本の感覚とはかなり違うんですね。
そういえばデリヘルのセキュリティ面がユルすぎ!
現場に着いたら店に連絡は必須だし、送迎車が近くで待機してたりするはず。
(やけに詳しいのは馳星周等の小説情報です・・・(;^_^A)
あれじゃあんな事件起きても当然でしょー。


'10 6 WOWOW ★★★★☆
監督:ナ・ホンジン
出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ
[PR]

by gloria-x | 2010-06-13 22:35 | 映画レビュー

こんな人間?

こういうの流行ってますね。チコさんのところで発見!

あなたを漢字75文字で表現します  

本名で診断すると

女女女女女女女女女女女女女女女
女女女女女女女女女女女女女女女
女女女女女女女女女女女女女女女
女女女女女女女女女女女女女女女
女女女女女女女女女女女女
好天使

ひゃ~!わたしってっぽくて天使のようにかれる人間なのね(笑)

↑強引に都合よく解釈 (;^_^A
[PR]

by gloria-x | 2010-06-12 14:52 | 出来事・世間・雑感

SATCのトリビアゲーム


日本語版も発売してほしい❤

c0008209_1359456.jpg
Sex and The City Trivia Game
アマゾンで約20$⇒約15$にプライスダウン!

アメリカの妹から「買っとく?」とメール。
以前、ボストンにいたわたしたちの従姉妹が持っていて、
妹と夜を徹して盛り上がったとか・・・わかる~!

大の「SATC」ファンである我が三姉妹で
ワイン片手に「SATCトリビア大会」プランが出ています。


徹夜必至です(笑)

[PR]

by gloria-x | 2010-06-11 14:07 | 出来事・世間・雑感

SEX AND THE CITY 2 '10(米)

永遠に観続けていたい!わたしの桃源郷 ♪

c0008209_1891662.jpg
(ネタバレなし)
オールタイムベストというか、もはやバイブルのような存在ですね。
観ている間、大げさじゃなく魔法にかかったようで多幸感に包まれてます。
もうず~っと観終わりたくない!って感じ・・・

c0008209_1818338.jpg

単なるパート2じゃないのはさすが!
ただのファッショナブルムービーに終わらず、
すべての女性に贈られた深いメッセージが伝わってきました。

4人と共に「SATC」自体もいい意味で年齢を重ねて
味わいを深めているのが長年のファンには嬉しい・・・


c0008209_18111355.jpg
キャリーとビッグは結婚2年目。
結婚生活が落ち着いてくると、日常生活の些細なことや
習慣、嗜好の違いがクローズアップされてくるもの。
それがエスカレートすると勝手に「こんなはずじゃなかった・・・」の被害妄想に。
わたしも思い当たりましたねぇ・・・
でも、そこでお互い意地を張り通すのか、歩み寄るのかがポイント。
自分にとって何がいちばん大切かってことですね。

c0008209_18113424.jpg

きゃ~!エイダン再び❤❤❤❤

スミスもかっこよく復活して登場します。あ~よかった・・・・

c0008209_18551150.jpg

あらためてサマンサ姐さんに惚れ直した!

ドラマ版は1~2年に1回は見直して暗記するほど。
自分自身の変化に伴ってその都度感じ方も変わるけれど
最初はただ大胆で奔放だと思っていたサマンサが、
最も人間味あふれ、偏見も少なく、4人の中でいちばん好きな存在に。
今回も全開でいい味出してます!
c0008209_18115478.jpg
子供を持つ身同士のミランダとシャーロットが腹を割って話すシーンもよかった。
わたしはミランダの息子ブレディが好き♪

お宝映像!4人の80年代

ドラマでは出てこなかった過去の職業や知り合ったきっかけも・・・

c0008209_18182422.jpg
最後にひとつ。キャリーたちの新居ですが、
前作でわたしをうっとりさせたウォークインクロゼットは実現していたけれど
インテリア全体は好みじゃなかったなぁ・・・
ゴージャスではあるものの、トーンが暗く統一感がない印象でがっかり。

ま、なんだかんだ言っても「SATC」大好き!
おなじみのあの人もこの人も出てきてくれるし・・・
あ、もしかしてこれって「寅さん」ファン的な心境なのかしら?

さあ、もう一回観に行こうっと!ドラマも久々に観なおそうっと!

’10 6 9 劇場 ★★★★★
監督:マイケル・パトリック・キング
出演:サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、
    シンシア・ニクソン、クリスティン・デイビス、クリス・ノース
[PR]

by gloria-x | 2010-06-09 18:13 | 映画レビュー