<   2010年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

プレシャス/Precious '09(米)

期待以上!観てよかった。
c0008209_13505912.jpg

16歳のプレシャスは悲惨で過酷な日々に生きていた。
実の父親にレイプされ続け、妊娠(しかも2人目!)
一人目の時は病院にも行かせてもらえず、
キッチンで出産して母親にボコボコにされる。
母親は助けてくれるどころか
「あたしの亭主の子供を産んだケダモノ」呼ばわり。
生まれた子はダウン症で、福祉手当は母親が横取り。
さらに「勉強する必要なんかない、生活保護受けてりゃいいんだ」
これが地獄じゃなくてなんだろうか?

c0008209_1338319.jpg
プレシャスを殴っただけでは興奮が治まらず、
階段の下からギャーギャー怒鳴りつける母親。
理不尽極まりない暴言を浴びせられ、
胸に渦巻く怒りや悲しみを言葉にすることもできず
途方にくれて立ち尽くすプレシャス。

毎日のように母親とバトルを繰り広げていた日々を思い出し、
プレシャスに感情移入・・・(T_T)


背景とキャラこそ違えど、母親との間に渦巻いていた
どす黒い空気はまさにあんな感じだったもの。

それにしても、母親って生き物は
親だからというだけで、娘を高圧的かつ一方的に支配して当然、
感情の赴くままに怒鳴りつけて当然と、
なぜなんの疑いもなく信じられるんでしょうかねー?


c0008209_13374750.jpg
母親役のモニーク。(たまにサミュエル・L・ジャクソンに見える)
怖い!素じゃないかと思うほど迫真の演技。
終盤、彼女が自身の心情を吐露するシーンは泣けた。

c0008209_13373098.jpg
やっぱり痩せなきゃ!

ガボレイ・シディベを見て理屈抜きに痛感!
濁音満載の名前も「名は体を現す」の見本みたい(日本人感覚で)
「ミザリー」のキャシー・ベイツ、「顔」の藤山直美なんか
メじゃない危機感を覚えましたね・・・

もしヒロインがスレンダーな体型のコだったら
この作品が伝えるメッセージや、観客の受け取り方も
まったく異質のものになっていたと思う。

プレシャスのあの体型は、彼女を閉じ込めている檻の実体化なのだ。
彼女が真の意味で解放されたとき、きっと痩せていくのだろう。



c0008209_13452312.jpg
ソーシャルワーカー役、マライア・キャリー。
スッピンのまっすぐなまなざしが印象的。
彼女がもらい泣きするシーンでわたしももらい泣き。
c0008209_13455614.jpg
フリースクールの教師役、ポーラ・パットン。
美人ですな~。
c0008209_13461821.jpg
看護師役、レニー・クラヴィッツ。
黒一点(紅一点の逆)、リアルな存在感がよかった♪

'10 4 28 劇場 ★★★★★
監督:リー・ダニエルズ
出演:ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン
    マライア・キャリー、レニー・クラヴィッツ
[PR]

by gloria-x | 2010-04-30 13:39 | 映画レビュー

あなたの四股名は?

liliaさんのところでおもしろいモノに遭遇!

あなたにぴったりの

四股名を命名してくれるその名も「四股ったー」

さっそくわたしも本名を入力してみる。出ました!

光天空

おお~!なんか輝かしくて開放感あってよいではないの♪

ライター時代のペンネーム(本名の漢字一文字違い)では朝王

Gloriaでは雲王  グロリアでは安美王

なぜか本名以外すべて「王」が!
そういえば昔沖縄のユタ(巫女さん)の末裔という人に

「あなたは前世で
中国の皇帝だったことがある」

と言われたことがあったっけ・・・・と強引に関連づける(;^_^A

ちなみにダーリンは北の赤龍

おお~強そう!

小一時間、家族や友人の名前でたっぷり楽しんだ(^_^)

さあさあ、みなさんもどうぞ♪
[PR]

by gloria-x | 2010-04-28 12:43 | 出来事・世間・雑感

イラつくCM

以前から「金麦」のCMについて書きたかったのだが

このCMが女性に嫌われているのは
もはや世間の常識として定着しているらしい。

(金麦で検索すると真っ先に出てくるほど)

なのでもっと前からイラついていた別のCMについて書く。
「三菱東京UFJ銀行」だ。

阿部寛と戸田恵梨香でシリーズ化されているので
一度くらいはご覧になっているのでは?

c0008209_12382580.jpg
シリーズ3弾「スマートに注文する計画」篇

設定は合コン。一人の男性が立ち上がり、
「ビールの人!」と注文をまとめようとする。
と、阿部寛が「こういう時はこうするんだよ、ビールじゃない人!」
すると、隣に座る戸田恵梨香がすかさず「はい!」と手を挙げ
「あたし、赤ワインいいですか?」

戸田恵梨香扮するOLの
手練れ感ったら・・・


「はい!」とハキハキした態度ながら
立ち上がった阿部寛を仰ぎ見て、媚びた視線を送る。
しかも赤ワインですと?

とりあえず乾杯は
ビールでいいだろ、ビールで!


合コン開始時からしっかりと個性を主張し、
狙い定めた男に自分を印象付ける小賢しさ!
「飲めないのでウーロン茶で」なんてヤボじゃないところもポイント。

c0008209_12371997.jpg
シリーズ第4弾「次につなげる計画」篇

一次会の店を出て、二軒目に向かう。
阿部寛が既に店を予約しているのだ。
そんなデキる男に小走りに追いすがり
戸田恵梨香扮するOLは言う。
「あたしも予約していいですか?」
「え?」と振り返る男。
その顔を再び仰ぎ見て
「次の約束」
もちろんしっかりと意味をこめた視線を送りながら・・・

ぎゃ~っ!イヤだイヤだ!この女!


わたしが戸田恵梨香の後ろに立ってる女子だったとしたら
戦意消失もいいところだ・・・(-_-;

もしかして「え?こんなの当たり前じゃん」なの?
[PR]

by gloria-x | 2010-04-27 15:37 | 出来事・世間・雑感

犬なら普通のこと/矢作俊彦+司城志朗

c0008209_2128191.jpg
人を殺すのは疲れる、犬のような人生を変えるためでも。
行き詰ったヤクザ者が2億円を賭けて灼熱の沖縄を這い回る。


矢作俊彦といえば日本人離れしたスタイリッシュな
ハードボイルド作家のイメージ。
大昔、FMでやってた「マンハッタン・オプ」が好きだった。
とはいうものの、小説を読むのはなんと
「さまよう薔薇のように」「ブロードウェイの自転車」時代以来。

主人公のヨシミは米兵と沖縄女性の間に生まれ、
沖縄を心から嫌っているヤクザ。
舎弟の彬は東京生まれの中国残留孤児二世。
沖縄が舞台のノワール物って新鮮だ。
作中、主人公自身が言ってるけれど
沖縄の方言ってのんびりしていて
「斬った張った」の世界には似合わないが、
読むうちにそれがなんともいえない味になってくる。

登場人物すべてキャラが立っていて映像的。
(肝心の主人公ヨシミだけ、わたしには漠然としていたのが残念だが)
ラストはシビアすぎてちょっと哀しい・・・

ヨシミと彬が沖縄のクソ暑さを唾棄し、
「2億手に入れたら、カナダかニュージーランドか、
とにかく年中涼しくて乾燥した土地で暮らしたい」
というのには心の底から共感!

'10 4 ★★★☆☆
[PR]

by gloria-x | 2010-04-24 22:20 | ブックレビュー

FUTON /中島京子

c0008209_12152179.jpg
田山花袋の「蒲団」を見事に打ち直した中島京子のデビュー作。

おもしろかった!斬新なアイデアと知的な笑いのセンスが絶品。

オリジナルは教科書の文学史年表で存在を知るのみだが、
「変態の先生が女弟子のフトンに顔をうずめて泣く話」だとか。

アメリカ人花袋研究家で大学教授のデイブ・マッコリーは
「蒲団」を主人公の妻の視点に移した「蒲団の打ち直し」を執筆中。
彼は恋人である日系人女子大生エミに翻弄されている。
彼とエミの関係にデイブの作品を交差させながら、
東京に住むエミの曽祖父ウメキチと、ウメキチのヘルパーで
アーティストのイズミのエピソードもシンクロさせた長編。

中島京子ってほんとに頭のいい人なんですねぇー。

'10 4 ★★★★★
[PR]

by gloria-x | 2010-04-22 13:07 | ブックレビュー

マルセイユの決着(おとしまえ)LE DEUXIEME SOUFFLE/'07(仏)

ジョゼ・ジョヴァンニ原作か、そりゃ渋いはずだわー。
たまには本格派フィルム・ノワールもいいもんです。
c0008209_16491066.jpg
1960年代フランス。大物ギャングのギュが脱獄すると、
暗黒街は新興勢力が幅を利かせていた。
仁義のない世界に見切りをつけたギュは、
元相棒の未亡人マヌーシュの助けを借りてマルセイユへ。
国外逃亡の資金を作るために最後の大仕事に挑むが、
そこには警察の巧妙な罠が・・・

c0008209_16493374.jpg
昔、TVの洋画劇場で観た暗黒街モノの数々を思い出しつつ、
2時間36分、まったく退屈せずどっぷりハマった。

冒頭ツカミが上手い!
能書き少なくテンポがいい。
変にノスタルジーに浸らないのも◎
一転、エンドロールは情緒があってよし。

モニカ・ベルッチの衣装、メイク、髪型が目の保養♪
あまり好きな女優じゃないけど、この役はよかった。
というのも、あくまでも「男の映画」なので、
ベルッチ演じるマヌーシュにはステレオタイプな「いい女」という以外、
さしたる個性もアイデンティティも感じられないから。
なのでこういう美女が視覚的に華を添えるのだ。
(ジョニー・トー監督に女優の使い方見習ってほしいかも・・・)
c0008209_16512273.jpg
アイラインの入れ方、必見!
ちょっと高島礼子に似てない?
美人というのはざっくり分類すると似てるのかも?

だけどさー、未亡人になってバーを経営していて、
片腕みたいな男(↑の濃い~顔の男)とデキてたんだよ。
なのに、亡き夫の相棒が脱獄してきたら、あっという間に
その男ともデキちゃって、すっごく尽くして、
一緒に外国へ逃げようっていうんだよー、なんじゃこの女?
しかもラストはまた新しい男に拾われて・・・
ま、でも実際にこういう、男が途切れない女性っていますからねー。
c0008209_1649511.jpg
ジャック・デュトロン。
初めて見る役者だけど、長身痩躯で物静かな紳士、好きなタイプ~♪
彼のおかげで長時間退屈しなかったともいえる。
c0008209_16503780.jpg
ダニエル・オートゥイユ。
仁義に生きる男の哀愁はわかるけど、異性としてはまったく色気を感じない。
途中、頭に血が上って空回りしたりして、なんであの未亡人が
こんな初老の小男にそこまで尽くすかなぁ?って正直不思議だった。


'10 4 WOWOW ★★★★☆
監督:アラン・コルノー
出演:ダニエル・オートゥイユ、モニカ・ベルッチ、
    ミシェル・ブラン、ジャック・デュトロン
[PR]

by gloria-x | 2010-04-20 16:51 | 映画レビュー

父とデート

父と2人きりで出かけるなんて何十年ぶり?
間が持たなかったらどうしようとちょっと心配だったけど、
すごく楽しい一日でした♪
c0008209_19505753.jpg
大阪には路面電車が走っています。
阪堺電車(通称:チンチン電車)で住吉大社へ。
ふだんの生活で利用することはないけれど、
わたしはレトロでのんびりしたこの電車が大好き。
c0008209_19541532.jpg
チンチン電車に乗る日は不思議といつもいいお天気。
一番前の席に座って進行方向ののどかな景色を眺めるのが楽しみ。
(↑これは父ではありません。
父はイーストウッド似、長身痩躯のハンサム♪)
c0008209_19573587.jpg
住吉大社
弟が5月にここで結婚式を挙げます。
今日は父の礼服の衣装合わせのお供。
c0008209_2005668.jpg
初詣にも行くけど、ふだんに行くほうが◎
いつ行っても、良い「気」を感じます。
c0008209_20214671.jpg
川端康成が小説にしたという「反橋」(そりばし)
通称「太鼓橋」のほうがポピュラーかも。
実際目の前にするとかなりの急勾配です。
c0008209_205090.jpg
「パワースポット」後付け(笑)
神社仏閣も時流に乗った商いが求められるんですねー。

玉砂利の中から「五」「大」「力」と書かれた石を探し、
3つ一組でお守りとして持つと願いが叶うというもの。


父と一緒に石探しをしていると、老婦人が話しかけてきた。
わたしは見知らぬ人からよく話しかけられるのです。

ご近所に住むというその方が教えてくれた
パワースポットにも行ってみた。
c0008209_20164518.jpg

おもかる石
願い事を唱えて石を持ち上げる。
軽く感じたら願いは叶い、重く感じたらNGとか。
う~ん、ビミョー?
c0008209_2011155.jpg
こういうフォルムと色使いに惹かれる。
c0008209_2324362.jpg
電車とブルーの車の間の黄色い段が停留所。
ほんとに体スレスレに発着します。

再びチンチン電車でのんびり帰り
わたしの家で久しぶりに父と呑む。

「黄昏どきのビールはいいねー」
「飲む相手がいると美味しいなぁ」
母が完全な下戸ゆえ、家では淋しく一人酒の父がとっても嬉しそう。

酒呑み同士、ペースの塩梅がぴったり!
楽しく美味しいお酒でした。

[PR]

by gloria-x | 2010-04-17 23:29 | 出来事・世間・雑感

真昼なのに昏い部屋/江國香織

c0008209_12201495.jpg
江國香織の描くヒロインはいつもわたしに
「絶対に親しくなれないタイプ」と思わせる。
何を話せばいいかわからなくて、
それこそお天気レベルのうわべだけの会話で終わりそう。
しかも別れた時はどっと疲れて・・・

でも、いざ腹を割ったら言葉にせずとも共感しあえるような気もする。

今までにない文体が斬新な最新作。

谷崎の「陰影礼賛」を愛し、昼でも薄暗い木造アパートに住む
アメリカ人のジョーンズさんは母国での結婚生活に破れ、
東南アジア放浪の果て日本に住み着いて15年。
あちこちの大学で教えている。

会社を経営する夫と、軍艦のような邸宅に住む美弥子さんは
「いつ誰に見られてもいいように、自分がきちんとしていると
思えることが好き」な主婦。
そんなふたりが惹かれ合い、おずおずと距離を縮めていく・・・

言葉に出さないのに、同じことを感じている確信とか、
みなまで言わなくともわかりあえるとか

おそらく誰にでも経験のある、男女間の不思議な電磁波みたいなもの。
そういう感覚がスーッと自然に沁み込むように表現されている。


美弥子さんの夫・浩さんは、江國作品によく登場する夫の典型。
上記のような電磁波の存在など知らず、理解することもできない
浩さんのような人種も世の中にはたくさんいる。
そういう人をパートナーに選んでしまったら不幸だ。

ジョーンズさんの友人・イタリア人陶芸家ナタリーが
「やだ、この人たちやりたがってる」とピンとくるシーンが笑える。
そういう独特の濃い~空気って、
いわゆる「ちょんバレ」ってやつですもんねぇ(笑)

'10 4 ★★★★☆
[PR]

by gloria-X | 2010-04-15 12:20 | ブックレビュー

「人見知り」なひと

深夜番組「アメトーーク!」が好き。
長いこと、たまたま深夜に遭遇して「おもしろい!」と思っていたが、
やっと曜日と時間を覚え、意識的に観るようになった。
(同じく「アメトーーク」好きのKちゃんに「遅すぎ!」と言われた(;^_^A)
c0008209_14331386.jpg
最近では、観られない日は録画するようになり、
過去放映分もDVDレンタルして制覇しようともくろんでいるほど。

先日、ゴールデンタイムにスペシャルがあったけど、
深夜番組の例に漏れずふだんの枠のほうがおもしろい。
c0008209_14353671.jpg
「人見知り芸人」では
各人どれほど人見知りなのか、そのせいで人とのコミュニケーションが
どんなにぎくしゃくするかを発表していた。

わたしも自称「人見知り」なのに、
そう言うと、わたしを知る誰もが
冗談と取って本気にしてくれない。


その理由がなんとなくわかった。

人見知りを自認する彼らは、
さほど親しくない誰かと同席するハメになったとき、
動揺してほとんどパニック状態になり、
相手と視線を合わせることも、満足に喋ることもできず、
結果「無愛想」「挙動不審」な人物となってしまうのだ。
わたしの周囲にもそういう人は思い当たるが、

わたしはそんな気まずい空気に耐えられない。
「無愛想」「挙動不審」な奴と思われるのもイヤだ。

だから親しくない人とでも、
当たり障りのない会話で空気を和ませる努力をしてしまう。

気まずい空気をそのまま放置できるなんて、
彼らはよっぽど精神的にタフなのではないかと思うのだけど・・・


[PR]

by gloria-x | 2010-04-12 15:50 | 出来事・世間・雑感

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。/辻村深月

c0008209_11482445.jpg
「グロリアさんなら主人公の気持ちに共感されるのでは」と
まりりんさんがお勧めしてくださった一冊。

いろんな意味で、
まさにわたしのための小説だった。


まりりんさん鋭い!ありがとうございました!

都会でフリーライターをしながら幸せな結婚も手に入れたみずほと、
地元で契約社員として働き、両親と同居する未婚のチエミ。
幼なじみ2人の人生は少しずつ隔たって30歳という岐路を迎え、
共通の話題もなくなっていた。
そして、あの殺人事件が起きる。


酒井順子著「負け犬の遠吠え」を読んだ時に覚えた違和感が
著者がこの小説を書いたきっかけだという。
その「違和感」はわたしが同書を読んで抱いたものと同じで、
それが見事に小説として昇華されている。
(参考文献の小倉千加子著「結婚の条件」もドンピシャ!)

みずほの地元の友人たちのキャラクターと、
彼女たちの置かれた環境、ライフスタイルが
どうしようもなく息苦しくて、読みながらしんどくなるほどだった。
地方の独身30代ってほんとうにあんな感じなのだろうか・・・?

著者自身が「みずほとチエミはどちらがわたしでもおかしくなかった」と
語っているように、わたしも読んでいて辛くなるほど両者に共感した。

~結婚、仕事、家族、恋人、学歴、出産。
 社会の呪縛は、娘たちを捕らえて放さない~

帯のコピーにすべてが集約されている。
そして、母親と娘のどうしようもなく不幸でねじれた関係。

どんな風に振る舞っても、娘は許されず、
母の望む正解は出せないのだと思っていた。
だけど、正解を与えないのは私も一緒だ。
私は母を許してはいない。
それでも、彼女は一生、私の母だ。
逃げられないし、逃げるつもりもない。
一生、いい思い出も悪感情も、引きずりながら
向き合わせて生きていく。



みずほのこの独白は、まさしく現在の年齢になったわたしの心境。

ラストでわかるタイトルの意味が重い。

'10 4 ★★★★★
[PR]

by gloria-x | 2010-04-10 11:49 | ブックレビュー