<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

楽園/宮部みゆき

c0008209_22194875.jpgc0008209_2220679.jpgいったん読み始めたら、内容の重さに圧倒されて小休止したくなった時と
睡魔に襲われて本を落としそうになった時以外ストップできず一気に読了。

「模倣犯」事件から9年、未だあの事件を引きずるライター・前畑滋子のもとに
萩谷敏子という中年女性が不思議な依頼を持ち込む。
それは、最近交通事故で死んだ敏子の12歳の息子が描いていた絵のことだった。
16年前に両親に殺され、自宅の床下に埋められた少女の絵。
火事をきっかけに両親が自首した時には殺人の時効は成立、
両親が罪に問われなかったことで世間を騒がせた事件の絵である。
しかし、その事件が発覚したときには少年は既にこの世を去っていた・・・。

ミステリー作家の中には、
ストーリーテリングやアイデアは確かなのに、
人物の描き方が浅いというか、ステレオタイプなために
イマイチ物語に入り込めない人がけっこういる。
その点、宮部みゆきはパーフェクトだと思う。
ミステリー的要素はもちろん、時代を作品に反映する感性、
そして何よりも登場人物の完成度が高い!
まるで実在しているかのような存在感とリアリティがある。
(名前のセンスだけはちょっと?だけど・・・)

両親に殺され、16年間自宅の床下に埋められていた少女・茜は
誰もが認める美少女で、札付きの不良少女だった。
茜が心に抱えていた不満、孤独、葛藤と、
サブストーリーで登場する小学生の少女のキャラクターが重なる。
素直な妹と比べられ、親からは事あるごとに叱られ、
「可愛いげがない」「あんたはどうしていつもふて腐れてるの」と
言われ続けて傷つき、怒り、どんどんひねくれていく悪循環。

この2人はまるで子供時代のわたしだ。
たとえ子供を愛していても、親が子供の心をねじ曲げ壊してしまうことがある。
もしかしたらわたしも茜になっていたかもしれない・・・
でも、不良少女になるのは意外と勇気がいるのである。
美少女でもなく勇気もなかったわたしは茜にはならずにすんだが、
小学生・佐藤昌子の独白に強烈なシンパシーを感じた。

また、フリーライターという職業の描き方にもリアリティがあった。
「取材」という名目があれば、たいていの場所には
あっけないほど簡単に入ることができ、いろんな話が聞けること、
「仕事柄、赤の他人と話すことに慣れていて、
そこからの感触で人を見ることもそれなりにできるつもり」に共感。


'09 5 ★★★★★
[PR]

by gloria-x | 2009-05-30 22:23 | ブックレビュー

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

c0008209_18164423.jpg
子供の頃の記憶に鮮烈に残っている「あさま山荘事件」。
「よど号ハイジャック事件」も同時代の記憶としてセットになっているが、
実際どういう事件だったのかまったく知らなかった。
大学紛争や学生運動が盛んだったことは
ぼんやりとだが時代の空気として感じていて、子供心にも
「わたしも大学生になったらデモとかしなきゃいけないのかなぁ、イヤだなー」と
納得いかないものを感じていた。

テーマ的に苦手だし、なんと191分!
それなのに不思議とダレることなく一気に観てしまった。
本筋に入る前に当時の時代背景や、連合赤軍の成り立ち、
メンバーの背景などをていねいにレクチャーしてくれるので
今まで漠然としか知らなかった諸々が初めて頭に入った感じ。
c0008209_18353528.jpg
日本に革命を起こすことを目的に、信州の山中で訓練をする連合赤軍。
山小屋に男女十数人が雑魚寝で、風呂なし、着替えなし。
たぶん顔も洗わず歯も磨いてないはず・・・
途中、ドラム缶の入浴シーンがあるけど、
野外でシャワーや水道もなく、全員使い回しのお湯。

夜は夜で革命だの共産化だの難しい話をツバ飛ばして語り合う。
もう画面からプンプン「臭そうー!」だし
生まれつき集団行動が苦手なわたしは頭クラクラ・・・

しょせん戦う対象が不明な訓練なので煮詰まってきて、
指導者の森恒夫と永田洋子による
「総括」という名目の凄惨なリンチが繰り広げられる。
延々繰り返される「総括」シーンはほんとにヘビー。
c0008209_18283577.jpg
永田洋子を演じる並木愛枝がすごい存在感。
底意地の悪そうなキツネ目で他人のアラ探しをしては糾弾するのだ。
頭は良くて完全に理論武装できるものだから誰も反論できない。
坂井真紀演じる可愛いコちゃんタイプの遠山が目の敵にされ、
化粧してる、髪を伸ばしてる、服を着替えた、指輪してる、から始まり、
男に媚びている、革命家の意識が皆無だと責められて
「総括しろ!」と自分の顔をボコボコに殴ることを強制される。

この永田、他人の恋愛関係や同性が女っぽくあることに
いちいち過剰に反応するので
「男に縁のない欲求不満ブスのひがみ」かと思いきや
坂口から森に乗り換え、ヤルことはちゃんとヤッてるからびっくり!
「革命を達成するためにはわたしが森クンと一緒になるのが必然」とか言いつつ
突然「女」の顔になって、坂口に
「あなたのことは好きなのよ」とか言うのである。あーやだやだ!

森恒夫は当初デモから脱走したヘタレのくせに、
四六時中怒鳴りちらし、他人を攻撃することで
指導者としての座にしがみついているだけ。
吠える犬は弱い、の見本みたいな男である。
セックスも下手そう(勝手なイメージだけど)

そんな2人でも変なカリスマ性はあったのだろうか?
全員が心の中で「エラそうに言う自分たちはどうなんだよ?」
「自己批判とか総括とか責められてもどうすりゃいいんだよ」
「完全に方向性間違ってるよなー」と思ってるのが明白なのに、
誰もブレーキかけられなかったのが怖い。
c0008209_18282044.jpg
で、あさま山荘事件。
この映画を観るまで、この山荘占拠こそがメインで
全員が立てこもってリンチもここで行われたと思っていたけど、
実際、あさま山荘占拠は終焉で偶然の産物だったのね。

主要メンバーのその後もテロップで紹介されるけど、
山小屋にいた赤ちゃんがその後どうなったのか気になる。

3億円強奪事件を描いた「初恋」にも感じたけど
昔の大学生ってほんとにこんな難しいこと
考えたり議論したりしてたんですかねぇ。

c0008209_18183984.jpg正直しんどい映画だし、後味もよくないけど、
大きな収穫あり!
坂口を演じたARATAの顔、すっごく好み♪
「ピンポン」でちょっと気にはなってたけど、
あの時はまだ様子見状態だった。
こんなに本格的な役者になっていたなんて!
今後要チェックである。



同じ事件を警察サイドから描いた「突入せよ!あさま山荘」も見ごたえあったが、
連合赤軍サイドから描いた、似た映画を観たことある規視感が・・・
「光の雨」だったのかな?


'09 5 23 WOWOW ★★★★☆
監督:若松孝二
出演:坂井真紀、ARATA、並木愛枝、伴杏里
[PR]

by gloria-x | 2009-05-26 18:15 | 映画レビュー

今年のサングラス

c0008209_16554838.jpg
今年はラルフ・ローレンです。
サングラスが好きなのでほぼ毎年~2年に1個買います。

去年のコーチは大き目の「女優サングラス」だったけど
これに思わぬ誤算があったのです・・・

わたしは人一倍暑がりで体温も高いので、
ちょっと汗ばんだりすると曇ってくるのでした・・・
なんかマヌケですよねー(-_-;

これも大きめだけど、店員さん曰く
「サングラスがちゃんと鼻梁で支えられているので
下の部分が頬に触れず、上は眉のカーブときれいに合っている」

のでわたしの顔にぴったりだそう。

そういえばラルフのデザインはいつも顔にしっくり馴染む気がする。

「サングラスの下が頬に触れない」という見立てポイントは目からウロコでした。
[PR]

by gloria-x | 2009-05-24 17:23 | おしゃれ・美容・運動

一夜にして厳戒態勢

新型インフルエンザの感染者が大阪と兵庫で130人超えとか。
大阪のド真ん中に住んでてお恥ずかしいけど
そこまで大変なことになってるとは・・・

通勤の地下鉄や街中でもマスク姿の人が多いなぁと思いつつ
会社に行ったら全員マスクしてるので
「みんな予防意識高っ!」と驚いたら

昨日から社員全員マスク着用のお達しが出たらしい。
わたしもさっそくマスクを配布された。
(昨日会社ズル休みしたので知らなかったよー)

全員マスク姿でPCに向かう図ってちょっとすごいものがあります。

さらにオフィスの入口に「手ピカジェル」が用意されていて
出入りの度に手を消毒。

危機管理対策課(そんな課あったのか、急遽作ったのか?)からは
健康状態に関する問診表が配られる。

一人でも感染者が出たら会社閉鎖なので
上層部はピリピリしてました。

早く無事に沈静化してほしいです。

でも、これからこういうのどんどん増えそうな気がする。

接触感染を防ぐために宇宙服っぽい格好したり
エアカプセルみたいなもので移動したりとか
近未来モノ映画によくあるようなシチュエーションが日常になるのかも・・・
[PR]

by gloria-x | 2009-05-19 22:05 | 出来事・世間・雑感

古道具 中野商店/川上弘美

c0008209_12365596.jpg
久々にキャスティング意欲をそそられた小説。
キャラクター造形が緻密で奥深いので、読み進むうちに
登場人物が勝手に動き出して自然と映像が目に浮かぶ。

派手な事件もドラマもないのに、人物の魅力で引き込んで読ませる。
しかも、力技で引き寄せるのではなく、淡々と流れるように。
こういう小説が書ける人はほんとにすごい才能だなぁと思う。

古道具屋中野商店の店主ハルオは
女癖が悪い中年ダメ男なのに、どこか飄々として憎めない人物。
この役は小林薫ですな。
いや、それだと色気がありすぎるので古田新がいいかも。

ハルオの姉で自称芸術家、50代独身のマサヨは大竹しのぶかな。

中野商店アルバイターで人との関わりが苦手なタケオ。
これはオダギリ・ジョー、ただし暗くてイケてない時の。
もしくは松山ケンイチでもいいな。あ、むしろそのほうがいいかも。

同じくアルバイトで、小説の語り手であるヒトミ。
このキャスティングがいちばん難しいけど柴咲コウ
「女」の生々しさや湿度を感じさせない役づくりができ、
ベタな設定の感情表現でも彼女がやると嫌味がないから。

最近、川上弘美の小説を初めて数冊読んだ。
「蛇を踏む」で芥川賞を獲った時から気になっていたのに、
勝手な先入観でもっと難解で理屈っぽいと思い込んでいたのだ。
著者が美人なだけに、ヒロイン像も「女」度が高くて
ナルシスト系かと思っていたら意外や意外・・・
けっこう好きな作風であることが判明。

酔った勢いで夜道でキスをしてしまうヒトミとタケオ。
ヒトミが先に舌を少し入れると、タケオはちょっと引く気配を見せる。
するとヒトミは「あ、ごめん」と言うのだ。
部屋にやってきたタケオに
「おれ、ちょっとセックスとか苦手なんす。すいません」と
逃げるように帰られると、
~腹をたてるのがいいんだか、悲しむべきなのか、笑えばいいのか
全然わからなかった~とヒトミ。

こういうヒロインを書ける女性作家って
なんとなく信用できるというか、理屈抜きで好感が持てる。

'09 5 ★★★★★

※古道具屋が舞台でアルバイトの若者が語り手という別の小説を最近読んだ記憶が・・・
  男性作家だったような気がするけど思い出せない。
  レビュー書かなくても記録しとくべきですね。
[PR]

by gloria-x | 2009-05-17 12:37 | ブックレビュー

広告放浪記/浅暮三文

c0008209_1145748.jpg
図書館でふと目について読んでみたら、
まるでタイムマシーンに乗った気分!
舞台は20数年前の大阪。
なんと著者はわたしも通ったコピーライター養成講座の先輩だったようで、
わたしも実際に知っている会社や人物が続々登場するので
びっくりするやら懐かしいやら・・・

大新聞社系の広告代理店に新卒入社した著者が
三行広告の飛び込み営業マンとして奮闘しつつ
コピーライターを目指して努力する日々を描いた私小説。
もっとユーモア小説要素が濃いかと思いきや、意外に真面目な内容だった。

大阪駅前、西梅田、中ノ島界隈など当時の大阪の描写はもちろん、
広告業界の実情や、養成講座の講師陣や毎回出される課題など
なんだか昨日のことのように思い出されて感慨深かった。

著者は'98年にメフィスト賞を受賞して作家デビュー、'03年には日本推理作家協会賞受賞。
今も本業はコピーライターで、数々の広告賞も受賞されているとか。


'09 5 ★★★★☆
[PR]

by gloria-x | 2009-05-14 11:45 | ブックレビュー

グラン・トリノ/GRAN TORINO '09(米)

c0008209_1138255.jpg
まったく記憶がないけれど、洋画ファンだった両親談によると
わたしの初めての映画館体験はイーストウッドの西部劇らしい。
赤ん坊のわたしを連れて両親が観たのは「奴らを高く吊るせ」だとか。
その洗礼か、小学生の頃からイーストウッドの大ファンである。

ルックス的には「ダーティハリー」の頃がかっこよさのピークだと思うけど、
晩年の枯れて飄々とした風情もいい。
顔の造作とか遠目の全身像が我が父に似ているのだ。
(父がイーストウッドに似てきたというべきか)

チェンジリング」に続きイーストウッド監督、老いてますます冴えてる感じ。
味わい深く、長く心に残るであろう素晴らしい作品だった。
ラストにちょっとだけ流れる彼の歌声も◎
c0008209_13513160.jpg
イーストウッド演じるのはポーランド系がんこ親父コワルスキー。
人種的偏見も強く、苦虫噛み潰した顔で絶えず毒を吐いている。
実の息子2人とは長年の確執があり、嫁や孫たちにも疎まれ、
愛犬相手にビールを飲むだけの孤独な毎日。
映画は彼の妻の葬儀から始まり、妻の存在感はほとんどないのだが
そんなコワルスキーがラスト近くで言う
「わたしは地球上で最高の女性と結婚した」に意表をつかれた。

「息子たちにはどう接すればいいかわからなかった」と後悔をこめて話す彼が
妻を愛し、しあわせな結婚生活を送った男だとわかってホッとする。
やっぱり基本は夫婦の絆ですね。
子供は血が繋がってるというだけで、人間として合うとは限らないもの。

実の息子と縁の薄いコワルスキーは
隣家のモン族移民の少年(父親がいない)と擬似父子関係を築いていく。
これって「パーフェクトワールド」でも描かれた関係だけど、
血のつながりよりも人間としての相性が大事ってことでしょう。

c0008209_11413319.jpg
c0008209_11414792.jpg
映画初出演という2人。どっちもいい味出してた。
異人種ギャングの抗争に否応なく巻き込まれ犠牲になる若者、というテーマは
他の映画でもいろいろ観たけど、モン族という存在は初耳で新鮮だった。
c0008209_11384260.jpg
モン族のギャングたち。彼らもオーディションで選ばれた素人らしいけど、
どいつもこいつも生理的嫌悪感満点!
よくぞここまでリアルにキモ悪いキャスティングできたなぁと感心。
c0008209_1138532.jpg
コワルスキーを教会に誘い、妻の遺志である懺悔を勧める若い神父。
最初は「世間知らずの27歳の童貞のくせに!」と
罵倒されても仕方ないヘタレな印象だが、
後半、宗教的しがらみに囚われず個人としての意見をはっきり言って見直した。

この横顔いいわー。枯淡の境地って感じ。
これが俳優としての見納めだなんて悲しすぎる・・・
c0008209_1139446.jpg


'09 5 6 劇場 ★★★★★
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー
[PR]

by gloria-x | 2009-05-07 11:33 | 映画レビュー

レッドクリフPartⅡ/赤壁 '08(中・日・米・台)

c0008209_13541788.jpg
PartⅠから間が空きすぎたため「DVDでいいかー」になってたけど劇場へ。

予想の域を超えない仕上がりというか、
PartⅠに比べると戦闘シーンなど長すぎてやや中だるみする部分もあり。
ギュッと凝縮して1本にしたほうがよかったというのが本音。
ともあれ、いろいろツッコミどころも満載。

後編もやっぱりいちばんかっこよかったのはこの人!趙雲(フー・ジュン)
c0008209_13555085.jpg
前編では赤ん坊を抱えて敵をなぎたおしたが、今回は「棒高飛び」の妙技で大活躍。
トニーや金城クンに比べて生身の人間感があってよかったー。

トニー・レオン、チャン・チェン、金城武が揃うなんて
わたしにとってはフォアグラ、伊勢海老、鴨みたいな夢の競演のはずが・・・

c0008209_13571527.jpg
トニー・レオン、本作ではフェロモン噴出孔をぴったり閉ざしたと見える・・・
役によって溢れんばかりに色気を出したり引っ込めたりできるのはすごいけどね。

c0008209_13574473.jpgチャン・チェン、お約束のように要所要所で
「キメ顔」してくれるんだけど、
精彩欠いてたのは否めない。残念!

c0008209_13564459.jpg
金城武、役作りしたのか?て感じ。「金城武」以外の何者にも見えず、薄っぺら感が・・・

それより、PartⅠに続いて印象に残ったのはこちらの3人。
c0008209_13582647.jpg
c0008209_1359050.jpg
この2人はとにかくキャラクターが強烈。
ダレ気味なシーンでも、彼らが出てくると空気が変わって◎!
c0008209_1583476.jpg
この人の存在感も貴重。
特に表情演技でいい味出してた。


出ました、エロ親父!曹操(チャン・フォンイー)
このギラギラ感、苦手だわー。
c0008209_1432641.jpg
なんちゅーかそこそこ儲かってる個人経営の社長って雰囲気。
自分はモテる中年だと思い込んでて、スケベ心旺盛。
頭も性格も悪そうな若い愛人(愛玩犬に服着せて抱いてるような)囲ってそう・・・
(あくまでも妄想イメージですけどね)

奪おうと思っていた小喬(リン・チーリン)が単身やってきたときの
よだれを垂らさんばかりのニヤケっぷりったら・・・
リン・チーリンはPartⅠほど鼻につかなかったが(慣れた?)個人的に苦手なタイプ。
こういう女のことを「煮ても焼いても食えない」っていうのでは?
c0008209_1425750.jpg
で、エロ親父、こうなる↓ププッ(失笑)

c0008209_1433818.jpg


曹操軍の下っ端で蹴鞠がうまい兵士↓(左)は好感持てた。
c0008209_1435537.jpg
男勝りなお姫様の尚香(ヴィッキー・チャオ)が敵軍にスパイとしてもぐりこみ、
(この無茶な設定はどうかと思うけど)お互い好意を抱く。
尚香が軍を脱走するとき「故郷の母が病気」と嘘をつくんだけど、
ホステスやキャバ嬢の下手な言い訳じゃあるまいし(笑)
それをまっすぐ信じて「親孝行だな」なんて、いい奴!

もう一回観たいほどの映画じゃないけど、TV付けてやってたら
何かしながらダラダラ観てしまいそう。(集中しなくていいからね)
あら、辛口すぎ?

'09 5 1 劇場 ★★★☆☆
監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・チェン
[PR]

by gloria-x | 2009-05-02 14:01 | 映画レビュー