<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

チェンジリング/CHANGELING '08(米)

c0008209_11273843.jpg
イーストウッド監督はやっぱりすごい!
行方不明になった子供が5ケ月後に発見されるが、まったくの別人だった。
産みの母親が「わたしの息子じゃない」と繰り返し主張するのを、
警察や医者が揃って強引にねじ伏せる。
まず一目見るなり「人違いよ」と否定しているのに、
「あなたは動揺してるんですよ、記憶の中の息子さんと違うから」
「身長が7cmも低い」と言えば「過酷な環境で背骨が縮んだ。よくあること」
「割礼されている」と言えば「行方不明の間に誰かにされたんでしょう」

c0008209_11281431.jpg
実話と知らなければあまりにも荒唐無稽で
「ほんとにアメリカの話?どこかの独裁国みたい」とびっくりの連続。
この話をどう引っ張って着地させるの?と心配になったが、
さすがイーストウッドである。
当時のL.A警察の呆れるような陰謀をダーッと見せきっておいてから、
一転、思いもよらないサスペンスフルな展開を用意。
(こっちメインでもう一本映画できそう)
ラストまで緊張感をキープしたまま、ちゃんとカタルシスのある結末に導く手腕は見事。

c0008209_112813.jpg
アンジェリーナのメイク、全編通じて今すぐビオレパーフェクトオイルで洗い流したくなる。
当時の女性って肌負担大きかったのではなかろうか・・・
アンジーってグラマラスな印象があるけど意外に細く筋っぽいのねー。
驚いたのが手!年齢をごまかせないというけど、実年齢より老けすぎでは?
正直言ってこの役、アンジーじゃなくても全然OKって気がする。
ケイト・ウインスレットでもジュリアン・ムーアでも
同じレベルの作品に仕上がったようにわたしは思うんだけど・・・・

マルコヴィッチは今回引きの演技。でも、存在感は十分。
主人公を陥れる警部(ジェフリー・ドノヴァン)、
生理的になんともいえず気持ち悪~い感じ(オードリー春日似)。
殺人犯(ジェイソン・バトラー・ハーナー)はちょっと三浦和義を思い出した。

個人的には刑事(マイケル・ケリー)とカナダ少年のサブストーリーが心に沁みた。

'09 2 25 劇場 ★★★★★
監督:クリント・イーストウッド
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ
    
[PR]

by gloria-x | 2009-02-26 11:28 | 映画レビュー

贅沢すぎるキャスティング

c0008209_22154542.jpg
c0008209_22155975.jpg
佐藤浩市と豊川悦司
親友であり、腐れ縁の悪友でもある2人は
揃って定職には就かず、
競馬、競輪、競艇をはじめ賭け事全般で生計を立てている。
どう見ても堅気ではない、いい歳のおっさん2人である。

豊川は天性の勘やひらめきで一発勝負するタイプで、
佐藤はデータを研究しつくしてリスクを回避するタイプ。

ある日、豊川が強引に佐藤を巻き込んだ勝負で大負けし、
全財産をスってしまう。
佐藤は豊川に絶縁状をたたきつけるが、
豊川は「もう一度だけ俺に賭けろ」と言う。

無精ヒゲをはやし、落ちぶれて貧乏神みたいな豊川が
目だけ異様に爛々と光らせ、ネイティブな大阪弁で
「なぁ、もう一回だけチャンスくれや」と言えば

佐藤は脂ぎった髪をかきむしり、
そのへんのモノを蹴飛ばしながら
「てめぇ、ぶっ殺してやる!」と豊川を罵倒。

そんな2人の間に入り、
「浩ちゃん、もう一回だけ
つきあったげたらええやん。
それで悦司の気もすむねんから」

というわたし・・・



そう、これは今朝目覚める直前まで見ていた夢なのである!

すっごい贅沢でしょー♪ 

興奮して、まだ寝ぼけているダーリンにベラベラ喋ったほど・・・

日本の俳優として大好物の2人と共演とはいえ、
わたしと彼らの間に色恋的な空気は一切ない設定なのが悲しいけど・・・

キャスティングするなら藤山直美しかないでしょうな。
てことは当然メガホン取るのは阪本順二監督ってことで。

ああ、また新・仁義なき戦い」が観たくなった~
[PR]

by gloria-x | 2009-02-17 22:43 | 出来事・世間・雑感

ジャージはお嫌い?

パリの女性はジャージ姿でスーパーに買い物になんか行かないそうだ。
きっとパリジェンヌの美意識が許さないのだろう。
ひゃーご苦労様なことで・・・と思う。

わたしは愛用してます、ジャージ。
Pumaのグレーにピンクのトリミングが入ったのと、
Championのグレーのベロアっぽい生地でフードが付いたの。
あと、ウォーキング時にはLe COQの撥水素材の黒。

近所のスーパーへ買い物くらいなら、夏以外はジャージ着用。
特に冬はジャージの上にダウンコート着るだけで万全なのですっごく便利!

そういうわたしも数年前までジャージとは無縁。どうも苦手だったのだ。
(パリジェンヌに近かったのかしら?ほほほ・・・)
なので、いわゆるワンマイルの外出には毎回困っていた。
いちいち部屋着から着替えるのもめんどうだし、
近所だからといっててとんでもない格好で出かけたくない。
じゃあ何を着ればいいのかと毎度毎度悩んでいたのだが、
ワードローブにジャージを取り入れたとたん、その悩みが一気に解消!

だってジャージって免罪符だもの。

たとえスッピンでも、ジャージ姿なら
「今、わたしは完全オフ状態なんです。
いつもはちゃんとおしゃれしてますけど、
今はほんとのわたしじゃないんです。悪しからず」

とサインを出してるようなものだもの。

と思って安心してるのはわたしだけ?
[PR]

by gloria-x | 2009-02-13 21:01 | おしゃれ・美容・運動

旅する力 深夜特急ノート/沢木耕太郎

c0008209_2081751.jpg著者がジャーナリストとしてデビューするまでの秘話や「深夜特急」の旅に出るまでの経緯、
本編には書かれていない裏話など、
旅に関する文章の集大成。

「深夜特急」にはわたしもハマった。
沢木氏の講演は一度聞いたことがあり、
かなり間近でお姿を拝見したが、
やはりとても魅力的だった。
かっこいいのに、それを意識していないように見えるところがさらに素敵だった。


「深夜特急」が熱狂的なファンを獲得し、
多くの若者が影響されて似たような旅に出たのには
作品そのものの魅力はもちろんだけど、
作品世界のイメージを裏切らない著者のルックスが
大きな要素になっていることは否定できないと思う。

大学卒業後、就職した会社を一日で辞めると、
ゼミの教官が「じゃあ何か書いてみないか」と
一流の出版社や評論家を紹介してくれた、という
夢物語のようなエピソードには思わず脱力・・・
そんなのアリ?


安いギャラで情報誌やPR誌の取材して、クレジット無しの記事書いて、
などという下積みライター時代は送ってらっしゃらないのだ!
いきなり取材費たっぷりで取材期間も記事枚数も自由の連載をもらい、
それを読んだ編集者や新聞社のエライ人が仕事をくれ、
TVやラジオにも出してもらって、と嘘みたいにントン拍子!
「ライターとして駆け出しではあったが、やりたくないことはやらないという方針」
だったとか・・・いやはや言葉もございません。
運の強さも才能のうちなんですね。

女性有名人がインタビューに答えて
「知らないうちにお仕事がきて、気がついたらこうなってたの」的な
浮世離れした発言をすることがあるが、
それを見聞きしたときとちょっと似たような気分になった。
まあ、ひがみなんですけどね。
それはさておき、

人は、深く身を浸したことのある経験から自由になるのに、
ある程度の時間を必要とするものらしい。


この一文には理屈抜きで共感。

'09 2 ★★★★☆
[PR]

by gloria-x | 2009-02-09 20:08 | ブックレビュー

着る服がない!症候群

女性なら誰もがおなじみのあれに陥って
出かける前に小一時間もムダにしてしまった・・・

「服はいっぱいあるのに、
今日着る服がない」症候群。


今日、大阪は春みたいにうららかな太陽の光が降りそそぎ、
気温も3月中旬だとか。
自転車で数分のショッピングモールに
The BODY SHOPのボディローションを買いに行き、
ついでに高島屋にでも寄るかと思っていたわたしは
衣裳部屋で軽いパニックに襲われた。

「えーっ!?何を着たらいいの?」
昨日はファー付きコートにブーツでちょうどよかったけど、
そういうわけにもいかない感じ。

近所だから別におしゃれしたくない。
でも、わたしには近所でも都会のショッピングモールだから
とんでもない格好で行きたくない。

そんな葛藤が渦巻いて、
手持ちの服をとっかえひっかえすればするほど
どんどん「着るものがない」のスパイラルにはまって
いたずらに時間が過ぎるだけ・・・


なんとかスプリングコートを羽織って外に出れば
けっこう風が冷たくて
「これなら昨日のコートもでよかったやん!」

ああ、冬はコートとブーツで身軽に外出できるけど
春めいてくるとこれだからイヤ・・・・

それにしても、日々何の問題も無く
クローゼットから取り出した服を着て出かけているのに、
どうして突然この症候群に襲われるのだろう?
ま、季節の変わり目はご用心ってことですね。

ところで、一部のファッショナブルな人種を除いて
男性がこの症候群に陥るという話は聞いたことがないなぁ・・・
[PR]

by gloria-x | 2009-02-05 21:00 | おしゃれ・美容・運動