<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

美しすぎる母/SAVAGE GRACE '07(西・仏・米)

c0008209_22224278.jpg

貧しい家庭に生まれ、母親から「金持ちの男をつかまえるのよ」と言われて育ち、
大富豪と結婚したものの、溺愛した一人息子に殺されたバーバラ・ベークランド。
実際の事件を元に書かれた小説の映画化。

現実的でサスペンスタッチの映画かと思っていたら
なんだか純文学的な雰囲気映画だった。
冒頭から説明不足すぎて設定を把握するのがやっとだし、
ちょっと気を抜くと展開を見失いそうになるのが難。
しかし、ストーリーに引き込む緊迫感は十分だし、何より映像が美しい。

N.Y、パリ、スペインのカダケス、マヨルカ島、ロンドンと
舞台がコロコロ変わるのだが、
インテリアやバーバラのファッション、映像の色や光、空気感の変化が見事。
c0008209_222351.jpg
バーバラが幼い息子に話す。
「世の中のほとんどの人は働かなければいけないけど、
わたしたちは好きなことだけしてればいい立場なのよ」
あーうらやましい・・・そんなセリフ言ってみたいなー。

ところで、主人公がなんであんなにイラついてるのか理解不可能。
貧しい境遇から這い上がることが人生の目標で、
めでたく桁外れのお金持ちと結婚できたし、
社交界でのポジションも獲得したのに、何が不満?
たとえ夫と心が離れようが彼女の信条的には痛くも痒くもないはず。
富と名声を手に入れてみたものの、
今度は真の愛情と精神的な安定が欲しいというわけ?

「お金はあるけどブス」ってわけじゃなし、
貧しい出自を理由にイジメる姑や親戚がいるわけでもなし、
大富豪の妻の座をもっとエンジョイすればいいのにねー。

ジュリアン・ムーアはスタローンと共演してた頃は
安っぽい薄っぺらなネエちゃんだなーと思ってたが、
めきめきと実力派になってびっくり。
しかし、いつも思うんだけどあのソバカス!(主に肩や背中)
今やメイク技術的にもごまかせるだろうし、
映像処理でもなんとかできそうなのに、なぜいつもそのまま?
c0008209_23532453.jpg
息子役、パリ時代の少年期は可愛いのに成長してがっかり・・・
彼、「グッドシェパード」でも不幸な息子役だったっけ。
あの時は影の薄さというか華のなさに「誰か他にいなかったの?」と思ったけど、
今回の役は神経質そうでちょっとアブなそうなルックスがぴったり。
でも、わたしはパスだなぁ、特に口元がイヤ。

あの母と息子に実際何があってこうなったのかはわからないけど、
「えーっ!?そこまでいくかー?」って正直ドン引きでした・・・

'08 12 DVD ★★★★☆

監督:トム・ケイリン
出演:ジュリアン・ムーア、スティーヴン・ディレイン、エディ・レッドメイン
[PR]

by Gloria-x | 2008-12-28 22:34 | 映画レビュー

年末恒例

c0008209_21493726.jpg

ここ数年、年末の恒例行事となりました。

たらば蟹を食べながらM-1を観る

今さらなんだけど、去年はトータルテンボスに獲ってほしかったなー。
無名のサンドウィッチマンが敗者復活⇒チャンピオンというドラマは悪くなかったけどね。

今年はNON STYLE優勝で納得。
やっぱり当日の出来が群を抜いてたもの。
オードリーは勢いだけで上滑りな印象だったので2票も入ったのが意外。
票が割れるならナイツと思ってたのに。

それより、わたしは島田紳介と同じ視点だったことに妙に満足でしたの(笑)
[PR]

by gloria-x | 2008-12-26 21:59 | 出来事・世間・雑感

ポルトガル料理

c0008209_2112096.jpg
このお店、ポルトガル人の家族でやっていて(たぶん)
お客さんもポルトガルの人が多く、夜遅くまでワイワイ賑やか。

以前来たときは隣のテーブルに大家族がいて、
(友人曰く)わたしの隣に座っていたお兄さんがずーっとわたしを見つめていたとか・・・
デザートを頼む頃、ついにという感じで話しかけてきて
お菓子の名前の由来を教えてくれたりしちゃって
ふと海外のレストランにいるのかと錯覚したほど。
今回はテンション高い日本人グループ(忘年会?)がお隣でちょっと残念(笑)

料理もおいしくて雰囲気も◎のレストランです。
c0008209_21135749.jpg
自家製チーズのサラダとオリーブ
c0008209_21125449.jpg
子羊のワイン煮込み。まったく臭みがなく牛ほほ肉のようにトロトロ。
わたし的には羊はグリルかソテーのほうが好きだけど・・・
c0008209_21132037.jpg
海老のガーリック焼き。これ絶品!
c0008209_21133127.jpg
デザートとポートワイン。

香港で常宿にしていたワンチャイのホテルの近所にも
ポルトガルレストランがあり、よく行った。
その店も家族経営ぽくて、夜遅くには常連さんなのか友人なのか
ポルトガル人が集まってお店の人も一緒にダラダラ飲んでいた。
その店の、やることはちゃんとやりつつ、、
適度にほったらかしてくれる雰囲気がすごく寛げて好きだったな。

一度、体調が悪く、まったく食欲がなかったときに
そこの野菜スープで魔法のように元気になったことがあったっけ。
[PR]

by gloria-x | 2008-12-22 21:48 | 食べる・飲む

母親という魔女

わたしは母という魔女にず~っと呪いをかけられてきた。

「可愛げがない」「ひねくれてる」「子供らしくない」
本、映画、音楽や男性の好みについては
「変わってる」とバッサリ一刀両断。
物心ついた頃から事あるごとに傷つけられてきたが、

思春期の頃には
「モテるタイプじゃないわね」と、とどめを刺された。


母の呪文によって、長い間、
自分は醜く誰からも愛されないと思い込まされてきたし、
母の価値観や判断基準にも洗脳されてきた。

今となっては割り切って考えられるようになった。
母とわたしは体質も趣味・嗜好もかけ離れたタイプであり、
はっきり言って相性が悪いだけだと。

母も高齢になった最近は、親孝行のつもりで
できるだけ友好的な関係でいようと努めているけれど、
ちょっと油断すると魔女はすぐ毒剣でわたしを刺す。
母といっしょに過ごすのは数時間が限界だな。

先日、実家に行った際、母が
真ん中の妹が暮らすN.Yに一緒に行かないかと提案してきた。

「えっ?お母さんと2人で?イヤ~!」とわたし。
条件反射のように出た本音である。

「イヤってなんで?」
「なんでって・・・すっごいストレスたまりそう」
言わずもがなのことを、と思いつつ答えると
母は心底意外そうだった。

はあ~まったくわかってないんだなぁ

母のことを天敵と感じて育ってきたから、
大人になってまた同じようなしんどい関係を繰り返すのはごめんだと思い、
わたしは10歳の時に子供を産むのはやめようと決心したのだ。

今は、相性の合わない娘を持った母の
「こんなはずじゃなかった」的な
イライラなんかも少しは想像できるし、

当時の母の年齢を超える頃になって、
やっと少しずつ呪いも解けてきたように思う。

ダーリンという王子様が助けにきてくれたからかもしれないけど・・・

もしできるなら、子供の頃のわたしに会いに行って
「あなたは大丈夫」と言ってあげたい。
[PR]

by gloria-x | 2008-12-13 22:38 | 出来事・世間・雑感

ガーリック・クリーム

c0008209_17222784.jpg
また美味しいモノ発見!
「Crema di Aglio」
イタリア産ガーリック・クリームです。

素材はガーリック、オリーブオイル、塩だけ。
ガーリックバターのように濃くなく、
ふんわり、ムースみたいな初めての食感!

バゲットに塗って食べるとクセになりそうです。

後ろのはピエモンテ風パセリソース
[PR]

by gloria-x | 2008-12-07 17:33 | 食べる・飲む

左岸/江國香織

c0008209_16364261.jpg「冷静と情熱の間」に続いて辻仁成とコラボした長編小説。とにかく長い!
一人の女の半生を描くのだから長くなるのは当然とはいえ、途中かなり中だるみも感じた。

主人公・茉莉のキャラクターが一貫しているようでどうも掴みどころがない。
幼い頃のエピソード的にはエキセントリックな「不思議ちゃん」系と思いきや、
高校中退⇒駆け落ち⇒同棲⇒破綻⇒故郷に戻って大家族の嫁になるあたりは刹那的なようで根は純な「ヤンキー」系にも思えたり・・・


一転、パリで画家のサロンに集う人間たちとの享楽的な生活に浸り、
東京のバーで働き、娘を育てながらいろんな男と寝てソムリエ資格をめざすなど、
女としてのタイプがバラバラに感じるのはわたしだけ?

現実の人間というのは学習し、成長するものだから
こんな風に同じ人とは思えないほど激変することもあろうが、
小説としてそれをやられると感情移入しにくい。
波乱万丈系のストーリーは好きだけど、主人公のキャラは一貫してないとなぁ。

父親が大学教授、母親も英国留学後ガーデニングの一人者になるような家の娘なのに、
両親が駆け落ちを黙認、挫折して別の男を連れて帰ってきても温かく迎えるというのは、
いくら両親が変わり者とはいえ都合よすぎる気がする。
都合よすぎるといえば、茉莉と関わった男たちが、関係が終わったとたん
ほんとにきれいさっぱり消えてしまうのもねぇ・・・

あと、茉莉の人生に常に影のようにチラつく幼馴染の少年・九のキャラがさらに不可解。
ま、抱き合わせの辻人成「右岸」を読めってことなんだろうけど、
こっちだけでお腹いっぱい・・・
コラボ小説ってどうなんでしょうねー?

文句ばかり並べたが、茉莉が故郷で開くバーの描写はとても魅力的。

'08 12 ★★★☆☆
[PR]

by gloria-x | 2008-12-04 16:36 | ブックレビュー