<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl '08(英・米)

c0008209_21154066.jpg
見ごたえあった~!なんといっても主演女優2人が素晴らしい。
脇役陣も「これ誰だっけ?」なんてことなく(歴史モノにはよくある)
きっちり造られたキャラクターを手堅くわかりやすく演じていて◎。
映像も美しいし、変に凝った演出をせず、
時系列に沿ってサクサク進行するのもいい。
こういう歴史モノで過去と現在を交錯させたり、
現実なのか登場人物の幻想なのかわかりにくい描き方をされると
ただでさえ忙しい頭の中がパンクしそうになるからねー。

アン・ブーリンの物語は小学生頃TVの洋画劇場で観た
「1000日のアン」という映画が強烈に印象に残っている。
(アン・ブーリン=ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、ヘンリー8世=リチャード・バートン)
ヘンリー8世がカトリック教会と縁を切り、法律を変えて
王妃を離婚するという暴挙に出てまで
手に入れたアン・ブーリンにもすぐに飽き、
今度はアンに無茶苦茶な罪を着せて断頭台に送る・・・・

史実に基づいたとはいえ子供心にも「そんな無茶な」と呆れたし、
アンとの不倫の濡れ衣を着せられた若い音楽教師が
頭を万力で締め付けられる拷問シーンや、茶番劇の裁判シーン、
アンが断頭台の露と消えた後、後にエリザベス一世になる
幼い娘がお城の庭をヨチヨチ歩いているシーンを鮮明に覚えている。
アンが王妃として君臨してから斬首されるまでが
きっちり1000日だったというのも印象深い。

物語としてはとても興味深いのだが、
映画はそれほど完成度高い作品ではなかったような気がする。
その同じ話を〇十年ぶりにこの作品で観ることができてよかった。

c0008209_211687.jpg
↑中国服風の姉妹お揃いのガウン(?)が可愛い!
わたしの好みはスカーレット着用のブルーをアクセントにした方。


ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン、
役柄が逆でも成立した気もするが、今回はスカーレットが儲け役だと思う。
金髪、うるんだ瞳と半開きの唇、ラファエル前派の絵画みたいに
ほわ~んとやわらかなトーンが心優しく控えめなメアリーにぴったり。
片やナタリーはダークな髪と瞳、肉の薄いすっきり引き締まった顔が
勝気で頭の切れるアンにぴったり。
どっちの顔になりたいかと言うとわたしはナタリーのすっきり顔。
でも、男好きするのは断然スカーレットなんでしょうね。
わたしは昔から自分のぽってり唇がコンプレックスなのだけど、
スカーレットの堂々とエロい唇を見てると、これも悪くないかーと思える。
(比べ物にはなりませんけど)

ヘンリー8世を演じたエリック・バナは「ミュンヘン」
「なんかうっとうしい顔した男だなー」と気に入らなかった。
映画の内容&役柄のせいかと思ったけど
「ラッキー・ユー」でも作品は軽妙なタッチなのに辛気臭くて浮いていた。
今回も印象は変わらず。見ていて気持ちいい顔じゃない。

クリスティン・スコット・トーマスは好きな女優の一人。
体型・体質的に自分とは真逆なタイプだけど、なんかいつも好きだわー。

政略結婚が常識の時代とはいえ、
家族全員で会議みたいに娘を使って王に取り入る作戦を立てたり、
首尾よく王と夜を共にしたと思ったら、朝起きぬけに呼ばれて
「で、昨夜は王とやったのか?」「一回以上?」「王は満足してたか?」
なんて生々しく根掘り葉掘り聞かれたりすごすぎ・・・

いやはや、こんな時代に生まれなくてほんとによかったわ。

'08 10 29 劇場 ★★★★★
監督:ジャスティン・チャドウィック
出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン
    エリック・バナ、クリスティン・スコット・トーマス
[PR]

by gloria-x | 2008-10-29 21:16 | 映画レビュー

竹内まりやの歌詞の「高飛車感覚」

徳永英明が女性アーティストの楽曲をカバーしたアルバム
VOCALIST 2を聴きながら料理していて、
竹内まりやオリジナル『シングル・アゲイン』に
しっとりと聞き惚れながら、ふと「ん?」と思った・・・

夫or恋人を他の女に奪われた女性が
その男性がまたシングルに戻ったことを風の噂で聞き、
忘れかけていた想いで胸がざわめく心情を綴った歌詞なのだが、
じっくり歌詞を聞くと、この歌の主人公の女性って
ずいぶん「上から目線」なのだ。

私と同じ痛みをあなたも感じてるなら
電話ぐらいくれてもいいのに


わたしが男ならこう返したくなる。
「いやいや、今さら電話してシングルアゲインどころか
泥沼アゲインなんかイヤやで俺」

手放した恋を今
あなたも悔やんでるなら
やっと本当のさよならできる


「え?さっき電話せぇ言うたんちゃうん?なんやねん思わせぶりしやがって」

よく聴くと竹内まりやの歌詞に登場する女性って
けっこう高飛車なのである。


わたしのカラオケ愛唱歌のひとつ、『駅』もそう。
2年前に別れた男性を駅で見かけ、
隣の車両からそっと観察する主人公。
心は一気に過去にタイムスリップし、様々な感情に心が乱れる。

今になってあなたの気持ち
初めてわかるの痛いほど
私だけ愛してたことも


「う~ん、君だけっちゅうこともなかったけど、
ま、そういうことにしとこか・・・(苦笑)」

ラッシュの人波にのまれ
消えてゆく後ろ姿が
やけに哀しく心に残る


「単に残業で疲れただけやねんけど、
俺も背中で哀愁出せるようになったんかな~」

かの有名な『けんかをやめて』に至っては「参りました!」と言うしかない。
タイプの違う男に二股かけて、うまくやれると過信していた主人公。
自分をめぐって2人の男が争うことに
心を痛めているように見せかけて、
実はどっぷりとヒロイン気分に浸っているとんでもない女の歌である。

けんかをやめて
ふたりを止めて
わたしのために争わないで、もうこれ以上


女性が100人いたら間違いなく100人から反感買うタイプ。
それを洗練されたメロディに乗せ、カモフラージュしてしまうところがすごい!

中島みゆきの世界とは真逆ですな。
あのユーミンでさえ、強気な女を装っていても
素顔は傷つきやすくて自信のない少女なのだもの。

竹内まりや自身は特に意識して
高飛車な女の歌を書いているつもりはないだろう。
きっと彼女自身の恋愛とか男性に対する
立ち位置の基本形がこうなのだと思う。


これってすごいことですよ。
たぶん竹内まりやって思春期から現在に至るまで、
恋愛という舞台では常に勝者の人生を送ってきたのだろうなぁ・・・
なんてことをつい考えてしまった。
やっぱり秋ですね。
[PR]

by gloria-x | 2008-10-26 19:30 | 美術・芸術・音楽

「SATC」アゲインandアゲイン

c0008209_22124153.jpg

会社には「SEX AND THE CITY」の熱烈なファンがけっこういることが判明。
そのうちの4人で食事に行った。(SATCを意識したわけじゃないけどね)
おいしいお酒と料理を楽しみながら
「男性キャストの中で誰が好き?」などキャッキャと盛り上がる。

わたしも含め4人は断然エイダン派!
カラダもココロも大きくて包容力バツグンのエイダン、
実はダーリンとカブるところが多いのです。
Season4で再びキャリーとつきあい始めた時の↓より髪の短いエイダンが好き♪
エイダン、キャリーと別れて正解だったよ!ていうかなんでキャリーに惹かれたの?
c0008209_22133946.jpg

わたしは苦手だけどビッグ派もけっこう多い。
そういえばSeason6で出会う芸術家のペトロフスキーって
ビッグと基本的には同じ種類の男だと思う。
お金や社会的地位があって、恐ろしく自己中で、女を傷つけ振り回す。
こういう男性と恋愛関係になるなんて想像もできないなー。
キャリーって自覚してるように精神的にMなんでしょうね。
c0008209_2214102.jpg

年下男好きのわたしはサマンサの恋人スミスも好き。
Season6、パーティーでリチャードと消えたサマンサを
エレベーターの前でじっと待っていた時のスミスの表情が最高!
こんなイケメンに忠実な犬のように誠心誠意尽くされながら
どうしてサマンサは別れたのか理解不能。
映画版ではスミスの輝きが失せていてショックだったけど・・・
c0008209_22163687.jpg

キャリーの歴代の恋人以外で人気が高いのはミランダの夫スティーブ
バーテン時代、ミランダに月を見せるために電話してきたエピソードとか好き。
映画版のブルックリン・ブリッジのシーンもよかった!
c0008209_22142862.jpg

シャーロットの二度目の夫ハリーも高感度高い。
弁護士だし、愛情深くて男気もあるし、SEXの相性もバツグン(シャーロットと)で理想的。
ルックスはアレだけど、自分が美人だったらこういう夫もいいと思う。
c0008209_22152923.jpg


DVDボックスを貸してくれたコがいて、現在何度目かの再鑑賞中。
(実はわたし映画も2回観にいきました)
ドラマは各エピソードのタイトルだけで内容を諳んじるほどだけど、
やっぱり観る度に感情移入の仕方が違う。

「キャリーがワガママで毎回イライラする。こんな女ともだち絶対イヤ!」
というコがいるのだが、わたしも今回観直してけっこう同感。
特にエイダンとつきあってる時のキャリーは最悪だ。

自分の部屋をリフォームしてもらってるのに、作業音がうるさいと八つ当たりし、
ホテルに逃げ出して挙句にビッグと浮気。
PCが壊れてエイダンがMacを買ってくれた時も勝手なこだわりでそれを拒否。
エイダンの山小屋ではリスに過剰反応するわ、
アップルパイ焼こうとして火傷して大騒ぎするわ、
エイダンがプロポーズしそうだと察すると吐くし、婚約指輪は指にはめないし・・・
ああ、書き出すとキリがない!

そういえばキャリーは女ともだちとの関係においてもけっこう身勝手だ。
ミランダとの約束を平気ですっぽかしてビッグに会いに行ったり、
(そのおかげでミランダはスティーブと出会うんだけど)
ミランダが倒れた時も「編集者と打ち合わせがある」とか言って
エイダンを代わりに行かせるなんて信じられない!
アパートを買う頭金がないと悩むエピソードでも、シャーロットに
「なんでお金を貸すって言わなかったの?」と筋違いの怒りをぶつける。
結果、シャーロットに思い出の婚約指輪を手放させるのだから恐ろしい・・・
しかもしゃあしゃあとビッグにお金の相談に行ってるしなぁ。

で、今回観直してみてサマンサの人間的魅力を再確認した。
一見過激なようだけど、ゲイ、包茎、フェチ、男の職業やルックスなど
どんなことに対しても偏見がないのもいい。

シャーロットは初心でカタいお嬢様と思いきや、
たまに驚くほど軽い時があってびっくり!
ギャラリーに来たスターとか、ユダヤ人芸術家とか、
家のメンテナンスに便利というだけでセックスフレンドにしていた売れない俳優とか・・・
あと、職業や階級、人種的偏見が強いのもちょっとね。

ミランダはいちばん信頼できるというかバランスが取れてるというか
友人にほしいタイプの女性。他の3人と違ってヒロイン願望がないところもいい。

なんだかキャリーの悪口ばかり書いてしまったが、
視点をちょっと変えて観ると当初は気づかなかった面が
オセロのように反転して見えたり、観る時の自分自身の状況や心境で変化するのも
このドラマの大きな魅力でもあるのだ。
[PR]

by gloria-x | 2008-10-19 21:36 | 出来事・世間・雑感

佐伯祐三展

c0008209_11354694.jpg

大阪に生まれ、パリで夭逝した画家、
佐伯祐三の没後80年記念展を鑑賞。
作品は知ってても本人の顔は知らなかったので
謝辞の隣に飾られていたアップの顔写真を観てびっくり!

男前~!!!
彫り深くてちょっとラテン系というか・・・
髪型や服装のセンスも◎で
現代の日本にこのまま現れても違和感ゼロ。

これならパリでもそれほど劣等感なかったのでは?(と勝手に推測)

作品より画家の容姿に感動するなんて不埒だけど、
作者がパッとしないより、グッドルッキングのほうが
鑑賞姿勢にも気持ちの入りようが違うというもの・・・

作品的には第二次パリ時代、1927年頃の作品、
特にカフェ・レストランシリーズが好き。


c0008209_12401028.jpg
会場はわたしとダーリンの朝のウォーキングコースでもある近所の美術館。
近代建築好きのわたしには昔から興奮モノの場所である。

c0008209_12352399.jpg
総大理石、高い吹き抜けの堂々たるロビー。

c0008209_12374723.jpg
こういう柱の曲線とかレリーフにそそられる!

c0008209_12445310.jpg
階段のてすり。大理石&ゴールドのシックな組み合わせ。

c0008209_12462898.jpg
アールデコ調のステンドグラス。

c0008209_138311.jpg
わたしの写真がイマイチで残念だが、
現場ではハッと息をのむほどのシンメトリーな美しい構図。

ほんとにもう何時間いても飽きないのである。
鑑賞後、館内をウロウロ撮影してけっこう疲れたので
二階の常設展会場へ行き、
伊藤若冲の屏風画前のソファで一休み。
ガラ空きのシーンとした空間、
これまた侘び寂びというか、なんともいえない風情でいいのです・・・
[PR]

by gloria-x | 2008-10-14 11:41 | 美術・芸術・音楽

林檎とカマンベールと胡桃のサラダ

c0008209_19203868.jpg

ふと思いつきで作ってみた一品。

りんごの爽やかさな甘さ、カマンベールチーズの塩味、
胡桃の香ばしいコクがベストマッチ!
ワインにも合うし、朝食にもおすすめ♪

りんごはタテ8等分のくし形に切り、いちょう切りに。
りんごとプレーンヨーグルトを和えたところに
一口大に切ったカマンベールチーズと胡桃を投入。

分量はりんご大1個、ヨーグルト90g、
カマンベールチーズ(円形の半分)、胡桃適量。

*************************

大阪って熱帯?亜熱帯?
10月も半ばにさしかかったというのに
今日も夏みたいな暑さです。
太陽はギラギラとほんとに痛いほど肌を刺し、
ちょっと動くだけで汗ばむ気温。

ああ、いつまで続くの?この無間地獄・・・・(-_-;
[PR]

by gloria-x | 2008-10-09 19:24 | 食べる・飲む

デスペラード/DESPERADO '95(米)

c0008209_21485310.jpg大好き!オールタイムベストの一本♪
何回観ても毎度同じ興奮&笑い&満足が味わえ、
10年以上経てもまったく古臭くない。
一見おバカ映画に見せてかなり完成度の高い作品だと思う。
サントラCDも愛聴盤です。ロス・ロボスよ永遠なれ!


バンデラスみたいに濃い~男は苦手なんだけど、
ここまで劇画タッチで演じてくれると許せる。
(彼の顔ってよく見ると日本の俳優、田中賢と似てません?
そういえば田中賢はケーナ奏者だしラテンつながりが・・・)

冒頭「西部劇が似合わない男ベスト10」に殿堂入りしそうな
スティーブ・ブシェミが狂言回しで登場してツカミはOK!
見るからに怪しげなバーテンダーや、ゴロツキみたいな常連客が
チラチラ目配せする中、ブシェミは独特の話術で場を制す。

この「場違いな奴が強引にその場を制す」シーンはその後2回あって、
都会からやってきた観光客のおネエちゃんが高飛車に
バーのサービスの悪さにクレームをつけるシーンと、
集金人に扮したタランティーノ登場シーン。(あのトークは必見!)
毎回、悪人ヅラのバーテンダーと用心棒は彼らのトークに半ば辟易し、
「うっとうしいから殺っちまうか」的に殺気立つものの、
あまりの空気の読めなさに呆れてしまうという設定。

この映画、バンデラス一人舞台のアクション物かと思いがちだけど、
実はバーテンダーとか、凶悪なツラ構えの殺し屋とか、
ギャングの手下のゴロツキ共とか、
エル・マリアッチの仲間たちの楽器を隠れ蓑にした武器とか、
強烈すぎる個性を放つ脇役たちあってこそ、
スルメみたいに噛むほどに味わいを増す映画なのだと思う。

サルマ・ハエックの絵に描いたようなセクシーネエちゃんっぷりも◎!
当時、彼女が映画界で本格的に生き残るとは想像もしなかった。

これの元である「エル・マリアッチ」も観たが
やはり低予算らしく役者のルックスも垢抜けてないし
全体的にモタついた感じのくせに、
妙なこだわりがある印象でわたし的には退屈だった。

'08 10 WOWOW(再鑑賞)★★★★★
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:アントニオ・バンデラス、サルマ・ハエック
[PR]

by gloria-x | 2008-10-04 21:57 | 映画レビュー

三涼四暑

やっと涼しくなってブーツが履ける!
と喜んだのもつかの間、
翌日はまたもや汗ばむほど・・・
この時期、地下鉄やお店も冷房オフにしてたりするのでやたら暑くて困る。

もう10月なのに「三涼四暑」って感じ・・・(-_-;

家の中ではあいかわらずブラスリ一枚で過ごしてます。

秋冬でも気温が高かったり蒸し暑い日、
街中でタンクトップやTシャツ姿の欧米系の人々を見ると
わたしはいつも「いいなぁ」と羨望を覚える。
季節感にしばられることなく、
自分の体感に忠実な格好をする自由な精神!(おおげさ?)

アメリカ在住の妹がよく
「アメリカ人は皮膚感覚が鈍感」と言っていたが
熱帯並みの気温&湿度なのにスーツで働いたり、
暦が秋になると暑くてもムリしてブーツ履く日本の方がおかしくない?

ところで日本の女性ってほんとに寒がりですねー。
夏はオフィスで冷房が寒いとひざ掛けやブランケットを巻きつけ、
最近はもう「朝晩寒いねー」ですと!?
女性が100人いれば70人は寒がりなのではないだろうか?

ま、女性は寒がりで低血圧の方が
かっこいいもんね。


わたしも生まれ変わったらぜひとも寒がりになってみたい。
[PR]

by gloria-x | 2008-10-02 11:27 | 出来事・世間・雑感