<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

SEX AND THE CITY '08(米)

c0008209_22103540.jpg
ドラマ「SEX AND THE CITY」はわたしのオールタイムベスト!
こんなにリアルで共感できるドラマは後にも先にもないと断言する。
ライターという職業柄もあり、最初は全面的にキャリー視点で観ていたが、
「誰もが少しずつキャリー、サマンサ、ミランダ、シャーロットの部分を持っている。
だから人は彼女たちに共感できるのよ」とサラ・ジェシカ・パーカーが語るように
何度も観ていると、自分自身の状況や心境に応じて共感する人物も変化。
その時々の自分にぴったりフィットするシチュエーションやセリフに出会えるのだ。

c0008209_2353852.jpg
映画化は楽しみな反面、一抹の不安もあった。
ドラマシリーズのテイスト&エッセンスだけをサラッとなぞった
単なる「ファッション映画」になっていたらどうしようと。
しかし、それはまったくの杞憂だった。
6シーズン全94話の集大成にふさわしい完成度に大満足♪
オープニング、聞くたびに無条件にワクワクするおなじみのあのテーマ曲
(ゴージャスにアレンジされていて◎!)が流れてきた瞬間、
慣れ親しんだ大好きな世界に浸れる喜びに脳内快感物質が噴出!
この感覚、寅さんとか韓流ドラマが好きな人も味わっているんだろうなぁ。

c0008209_2325775.jpg
映画はドラマの最終回から5年後という設定で、キャリーとビッグはついに結婚!
しかし、すんなりハッピーウェディングに至るはずがなく・・・というのが映画版の見どころ。

5年の年月を経て4人の経済力もグレードアップしていてためいき・・・
パトリシア・フィールドによるファッションの数々はもちろん、
「ヴォーグ」の撮影風景、メキシコのリゾートなど、
観ているだけでなんでこんなに快感なの?麻薬みたいな映画だわー。
そして、ビッグが新居として購入するペントハウスのなんて素敵なことか!
特にあのウォークイン・クローゼットはすべての女性の理想郷では?
ああ、わたしもあそこに靴を並べたいー!

c0008209_234083.jpg
わたしはビッグには男として魅力を感じたことがまったくなく、
キャリーの歴代の恋人の中では断然エイダン派!
それとサマンサの恋人スミス!
スミスはこの映画版でも健在だけど、
ドラマ時のピュアで新鮮なオーラが褪せているようでショックだったにゃー

あと、ミランダの夫スティーブ、シャーロットの夫ハリーも好き。
(この2人は他の映画で発見したとき嬉しかった)
ミランダの息子ブレディも可愛かった!

余談:ジェニファー・ハドソンがキャリーのアシスタント役で出ているのだが、
わたしはこれを観る前に「スマスマ」のパロディー版を観ていて、
草薙の役は無理くり作ったのかと思ってたらほんとだったのね。


'08 8 27 劇場 ★★★★★
監督:マイケル・パトリック・キング
出演:サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル
    シンシア・ニクソン、クリスティン・ディヴィス、クリス・ノース
[PR]

by gloria-x | 2008-08-27 22:16 | 映画レビュー

耳に残るは君の歌声/The Man who cried '00(英・仏)

c0008209_182326100.jpg

ずいぶん前にTVをつけたらこの映画の途中だった。
暗くて重くて退屈そうな映画だなと思いつつ、
不思議と引き込まれて、いつかちゃんと観ようと心に残っていたのだ。

壮大で感動的な大作にしようと思えばできる題材を
そっけないくらい淡々と描いているところが◎

激動の時代を描いているくせにあまりにも説明不足だし
展開があっけなくセリフも極端に少ない。
美しい映像と音楽に身を委ねていつしか引き込まれていくが、
ユダヤ人やロマに対する人種差別など
ある程度予備知識がないとチンプンカンプンだろう。

1920年代のロシアから物語は始まる。
貧しい村の男が、年老いた母と幼い娘を残してアメリカへ出稼ぎに行く。
(妻がいない理由など一切説明はなし。
男が娘の父親にしては老けているので最初は祖父かと思った)

ほどなくして村は何者かの襲撃を受け、祖母は幼い孫娘だけをなんとか脱出させる。
(ここも一切説明なし。娘と一緒に村を出た若者2人がどうなったのかも不明)
娘は船でイギリスに着き、英国名を与えられて英国人家庭の養女になる。
養父母にも心を開かず、学校では英語も喋れないロマの娘だといじめられ、
唯一、美しい歌声だけを心の拠り所とする娘。

この娘がクリスティーナ・リッチ。暗く悲しい運命を背負った表情がすごくいい!
歌声自慢の彼女はオーディションを受け、ショーガールとしてパリに行く。
野心満々の華やかな美人、ケイト・ブランシェットとルームメイトになり、
オペラ劇団の一員でロマのジョニー・デップと恋仲になる。
ここから時代は第二次世界大戦に突入。
ユダヤ人である娘はパリと恋人を捨ててアメリカへ。
そこで成功した父親と再会する。(この父の成功っぷりにびっくり!)
ものすごい激動の波に飲まれた波乱万丈の人生だが、
主人公であるクリスティーナ・リッチの表情も映画もあくまでも淡々としたまま終わる。

個人的には再会後、父娘関係がどうなるのか
(法的に親子関係の証明とか財産の相続権とか問題山積みみたいだし)
彼女がアメリカでどんな人生を送るのかすごく気になった。


クリスティーナ・リッチはそんなに好きな女優じゃないが、
この作品では彼女の冴え冴えとした陶器の人形みたいな顔にくぎづけ。
暗い宿命を受け入れ、悟りきったような表情がすばらしい。
そして、対照的なケイト・ブランシェットの美しさ&存在感もいい。
ケイトは現代物もいいが、クラシックなメイクや衣装が映えると思う。
ジョニー・デップはまさにハマり役で、彼以外にこの役は考えられない。
特に新鮮味は感じないものの安心して観ていられた。


'08 8 WOWOW ★★★★☆
監督:サリー・ポッター
出演:クリスティーナ・リッチ、ケイト・ブランシェット
    ジョニー・デップ、ジョン・タトゥーロ
[PR]

by gloria-x | 2008-08-24 17:11 | 映画レビュー

カフェオーレな気持ちなの♪

c0008209_1734030.jpg
密かにハマっているCM、グリコのカフェオーレ

色黒マッチョな「ゴービー」と色白優男の「ミルーク」、
対照的な2人に求愛されても白黒つけないミス・カフェオーレ。

色白優男の「ミルーク」がダーリンにそっくり!

見た目もだけど、天然でマイペースな中身も似てる。

ゴービーが素手で丸太を真っ二つにするのに対し、
ミルークは彫刻刀でスワンの像を作る。

スポーツカーで颯爽と現れるゴービーに対し、
ミルークは白馬にまたがって登場。

外国人と流暢に話すゴービーに対し、
ミルークは猫ちゃんとおしゃべり。

ゴービーがベースボールでかっこいいところを見せると、
ミルークはミートボールを食べさせてくれる(笑)

コーヒーはブラックだし、カフェオーレも好きだけど
マッチョ男が苦手で優男がタイプなわたしは断然「ミルーク」派!
[PR]

by gloria-x | 2008-08-20 17:05 | 出来事・世間・雑感

人名・地名フェチ

わたしは人名・地名フェチである。
誰かと親しくなると、必ず兄弟姉妹の名前を尋ねる。
しかもどんな字を書くかまで。
もちろん家族の話題になった時にさりげなくだが、
とにかく人の名前に興味津々なのだ。

人名ほどではないが地名も好き。
仕事中、暇なときはよく郵便局でもらった「郵便番号簿」を眺めている。
これがとにかくおもしろい!何時間でも飽きない。

日本全国の中でダントツにおもしろいのが北海道と京都である。

北海道はアイヌ語由来であろうカタカナ地名が多い。
アザラップ、パシクル湖畔、カルルス町、アトサヌプリ、ルルラン、シラルトロ、
ウェンベツ、サッテベツ、トライベツ
etc・・・
トライベツなんてN.Yのトライベッカみたい。

石狩郡のスウェーデンヒルズというのは振興の地名だろう。
だが、足寄郡のル-クシュポールという北欧的な地名はアイヌ語由来?振興?

山形県米沢市アルカディア、静岡県伊豆の国市エメラルドタウンってどうよ?
まるで「オズの魔法使い」に出てくる街みたいですな。

京都は由緒正しそうというか、歴史と伝統の香りでむせかえりそう・・・
抜粋しだすとキリがない。
地名もだけど、京都市内の独特の住所表記方法もおもしろい。
たとえば〒604-0836は単純に中京区船屋町でOKなのだが、
そこに住む人に住所を聞くと
「東洞院通押小路下るor東洞院通御池上るor
押小路通東洞院西入or押小路通東洞院東入」
すべてアリなのだ。
なので雑誌記事のショップのアドレスなどを頼りに店を探すのが一苦労・・・

ところで、わたしは漢字で表記できるものをひらがなで書くことに
なにかしら媚を含んだ気持ちの悪さを覚える
人間である。
なので、ひらがな表記の政令都市名もなんとなく好きじゃない。
以下の市にお住まいの方々には申し訳ないが、
青森県むつ市、茨城県かすみがうら市、つくば市、つくばみらい市、ひたちなか市、
埼玉県さいたま市、東京都あきるの市、香川県さぬき市、兵庫県南あわじ市、
鹿児島県南さつま市、いちき串木野市
、etc・・・

なんでわざわざひらがな?って思ってしまうのだ。
他にも栃木県さくら市、群馬県みどり市、千葉県いずみ市などあるが
こっちは銀行のC.Iみたいで比較的まし。
余談だけど横浜のみなとみらいっていうのもむず痒くなる感じ・・・
いっそミナトミライってカタカナにすればシャープなのになぁ。

などと考えてたらすごい地名を発見!
山形県酒田市こあらだって!まさかコアラじゃないよね?

栃木県壬生町おもちゃのまち
福島県会津若松市ほたるの森
ってジブリみたいで・・・・(-_-;

あと、わたしは青魚が苦手なので福井県鯖江市には住みたくないなぁ。
新潟県胎内市というのもなんか生々しくて敬遠させてほしい感じ・・・

とても好奇心をそそられる地名でいえば
宮城県の薔薇島、男装の麗人、もしくはおネエ系の住民が?
同じく宮城県の狼の巣福島県の夜の森って文学的でかっこいい。
長崎県長崎市女の都なんて、フェリーニの映画みたい!(めのと、と読むのが残念)

ほんとに興味はつきないのである。
無人島に一冊持って行くなら郵便番号簿かもしれんなぁ・・・・
[PR]

by gloria-x | 2008-08-13 19:49 | 出来事・世間・雑感

悲しき習性

長年、コピーライター、ライターをやっていたゆえの習性がある。
TVCM、雑誌や新聞広告、カタログなどのコピー文に
心の中でチェックを入れて修正してしまうのだ。

広告コピーだけでなく、小説を読んでいても
「てにをは」の間違いや句読点の箇所を直しながら読んでしまう。
それも、ほとんど無意識にやっているのだから恐ろしい。

広告コピーは日本語として多少おかしくても、
コンセプトやら狙いやら斬新さとやらのせい、と無理やり納得できなくもない。
しかし、小説などの「読み物」だと、間違い箇所の違和感が
靴に入った小石のように気持ち悪く、気になって仕方ない。

立派な作家さんでも、信じられないような初歩的なミスをしていることがある。
本人の推敲不足もあるだろうけど、それを見過ごした担当編集者にも呆れる。

「そういうお前は何様だ!?」と言われそうだが、
あくまでもわたし一人の心の中でひっそりと添削しているのだから許されるだろう。

************************
ところで、最近気になって仕方がないCMがある。
エ〇ラ焼肉のタレのCMだ。

若い男の子たちが海辺でバーベキューしていると、
小さな女の子を連れた若いママがやってきて平然と言う。

「すみません、タレ貸してもらえませんか?」

どあつかましい!貸したら返してくれるんかい?

とツッコミたくなる。
ここは「タレ、少し分けていただけませんか?」だろうが!
[PR]

by gloria-x | 2008-08-11 20:33 | 出来事・世間・雑感

こわれゆく世界の中で/BREAKING AND ENTERING '06(英・米)

c0008209_2372824.jpgもっと理屈っぽくかったるい映画かと思いきや、
意外に見ごたえあり集中してしまった。

ジュード・ロウは建築家。ロンドンの麻薬、売春など犯罪多発地域の都市再開発を手がけている。
正式に結婚していないが、ロビン・ライト・ペンと10年以上いっしょに暮らしている。
ロビンには13歳の連れ子がいて、情緒不安定というか神経過敏というか、眠らず食べず、一日中バク転や側転を続け、しょっちゅう興奮して奇声を発したりする。

この娘がすごいインパクトで、観てるこっちまで神経参りそう。
娘のせいでロビンは仕事のキャリアを中断、
カウンセリングを受けるなど精神的に参ってジュードとの関係にも暗雲が・・・。
そこへ登場するのがサラエボ難民のジュリエット・ビノシュ。
夫はサラエボで殺され、息子と2人で命からがら逃げてきた。
ロビンを深く愛しながら、手のかかる娘と3人の生活に疲れきったジュードは
魔が差したようにビノシュとの関係にハマってしまう・・・
c0008209_1215583.jpg
ジュード・ロウ、ロビン・ライト・ペンはいうまでもなく、
すべての役者が適材適所でいい仕事していて安心して観られる。
脚本・監督の質が高く、絵空事になりそうな物語なのに不思議と感情移入できる。

ビノシュは嫌いな女優の一人である。
デビュー当時から地味で華のない顔のくせになぜか「いい女」役なのが解せなかったが、
今回の役はべスト・オブ・ハマリ役だと思う。
人生の苦労と生活感がにじみ出たやつれた顔、崩れかけた体型がリアル!
いい女役さえやらなきゃ意外にいい女優かもしれない。

初めてジュードとベッドを共にする際、質素な下着を恥らうシーンが心に残った。

'08 8 WOWOW ★★★★☆
監督:アンソニー・ミンゲラ
出演:ジュード・ロウ、ロビン・ライト・ペン、ジュリエット・ビノシュ
[PR]

by gloria-x | 2008-08-06 23:08 | 映画レビュー

最後のウィネベーゴ/コニー・ウィリス

c0008209_2051240.jpg原題:The Last of the Winnebagos
伝染病によって犬が絶滅した近未来のアメリカ。
主人公のカメラマンという職業も精密なメカの開発によって滅びようとしている。
愛犬を失った哀しみを抱えて生きる孤独な男が出会ったささやかな奇跡・・・。

犬の真実が写真に出ないのは
顔に表情筋がないせいだ、と主人公は語る。
しかし、同じく表情筋のない猫の真実、
「気どり、ずるがしこさ、軽蔑」などの感情は
鮮やかに表に出る。

そして彼は気づく。ということは、
たぶん写真に写らないのは愛情だ。
愛は、犬が浮かべることのできる唯一の表情だから、と。


著者の名前は初めて知ったが、アメリカSF界の女王らしい。
SFといえばブラッドベリ、シオドア・スタージョン、クーンツなどを読んだ程度で
あまり馴染みがないが、この人の作風はSFというより
ロアルド・ダールスタンリー・エリンに近いような印象。

女性が完全に月経から解放された近未来世界をユーモラスに描いた「女王様でも」
一見まったくSFとは思えないシェイクスピア風の恋愛喜劇「タイムアウト」が秀逸!
大森望の訳文も◎

'08 8 ★★★★☆
[PR]

by gloria-x | 2008-08-04 20:27 | ブックレビュー

B.Bパウダー

c0008209_20554754.jpg
先日紹介したB.Bクリームのパウダーパクトを購入。
B.Bクリームは無香料ゆえの無機質なニオイが正直ちょっと気になるんだけど
パウダーの方はなんとなく漢方っぽい香り。
好き嫌いはあると思うけど、わたしは懐かしい感覚でけっこう好き。

パウダー自体の使用感、仕上がりはもちろん◎だけど
クリームほど瞠目すべき点はなし。しかし、

ここが気に入った!↓

c0008209_2056288.jpg
パフがパウダーに直接触れないためのフィルター(?)が
ペラペラのフィルムではなく、しっかりした開閉式蓋になっているのだ。

これって画期的!
どんなに高いブランドコスメでもペラペラのプラフィルムなので
女性なら誰でも経験あると思うけど、
外出先で化粧直しする際、ハラリ~と落ちてしまったり、
いつの間にかなくなったり、けっこうやっかいで不便な存在なのである。

この開閉式の蓋を考案した人はエライ!
これだけでもこのパウダーのリピーターになろうってものだ。

実はわたし、使用感&仕上がりでは
コンビニコスメ「化粧惑星」のパウダーがお気に入りなのですが・・・
[PR]

by gloria-x | 2008-08-02 21:12 | おしゃれ・美容・運動