<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ママの遺したラヴソング/A LOVESONG FOR BOBBY LONG '04(米)

c0008209_17555832.jpgあー退屈だった!
あまりのつまらなさに、
逆にムラムラとレビュー書きたくなるほどの駄作。
まず、この気恥ずかしい邦題どうにかしてー。

原作小説に惚れ込んだ女性監督が4年もかけて
スカーレット・ヨハンソンと共に実現した企画とか。

なるほど、だから臆面もなく思い入れたっぷりでトゥーマッチなのか。

ほとんど一緒に暮らしていなかった母親の訃報を受け取った少女が
故郷のニューオリンズへ行くと、母の遺した家には見知らぬ男が2人。
元文学教授と彼を慕う作家志望の青年。
2人は共にアル中で、退廃的な生活を送っている。
キレイで色っぽいが、心を閉ざしふて腐れた態度の少女は
不本意ながら男2人と奇妙な共同生活を始め、
3人はいがみあいながら少しずつ心を通わせていく。
しかし、2人の男と亡くなった母の間には大きな秘密が・・・

このベタでクサい設定!
まるで'70年代の少女漫画!


映画が始まって1分経たずで退屈して、観るのをやめようと思ったが
少女の母親と男たちの間の秘密に関して、
思わせぶりで意味ありげなセリフが延々続く。
あまりにも引っ張るもんだから、どんなご大層な秘密なのかと
つい気になって最後まで観たが(ダルいので1.3倍速モードで)

はあ~?それが秘密?
それって観客全員が
最初から知ってたことでしょー。


元教授が自暴自棄に体を痛めつける様は芝居がかってるし、
若い頃のミッキー・ロークそっくりの作家志望男の
やるせない目つきはワンパターン演技だし、
少女の反抗的な態度は男たちに媚び媚びだし、
3人を微笑ましく見守る、田舎町の酒場にたむろする人々といい、
まさにコテコテの人情長屋モノ。

元教授がいちいちアメリカ文学を引用するのもしゃら臭いし、
作家志望の男が「なかなか書けない理由」もわざとらしい。
南部の田舎で負け犬たちが傷を舐めあうみたいに
仲良しごっこしてるだけのダルい話。

ああ、あれを思い出すなーメゾン・ド・ヒミコ花よりもなほ
観てるほうが恥ずかしくなるようなセリフやシーンの数々・・・
そう、欧米的情緒というより日本的なウェット感なのだ。

でも、こういうのが好きな人には「心温まる良作」かも。
映像はキレイだし、南部のけだるいムードもよく出ている。
(それがまたウザいけど)

ああ、思いっきり書いてスッキリしたー。

'08 4 27 WOWOW ★☆☆☆☆
監督:シェイニー・ゲイベル
出演:スカーレット・ヨハンソン、ジョン・トラボルタ、
   ガブリエル・マック、デボラ・カーラ・アンガー
[PR]

by gloria-x | 2008-04-29 18:34 | 映画レビュー

香りの功罪

c0008209_17333971.jpg
最近のお気に入り、LUSHのパワーマスクです。
ペパーミントの清涼感が気持ちいい洗顔スクラブ。
ここは店内どころか、店の半径何百mに甘~い香りが漂っている。
アメリカのショッピングモールを思い出させるような独特の香りだ。

その香りの強烈さ&ロゴやパッケージデザインの印象から
ケミカルな香料たっぷりの製品と思い込んでいたら、
実はすべて天然成分で、エコにも積極的な企業らしい。

わたしが長年愛用しているTHE BODYSHOPも
天然成分、動物実験をしない、エコに積極的とよく似た企業精神。
こちらのほうがデザイン的に洗練されていて好みだが、
LUSHもそそられるアイテム満載。

それはさておき、香りというのは人それぞれ好みがあるし、
使い方や量を間違えるととんでもない迷惑になる。


この間まで会社にいた派遣のコがその悪い例だった。
20代前半、背が高くスレンダーな美人で
手入れの行き届いた長い髪と爪を持つ、
いかにも今どきの派手系なコだったが

頭が痛くなるほど強烈な
匂いをまき散らしていたのである。


ある日から、オフィス内で空気が動くにつれ
強烈なニオイが立ち込めるので「なんじゃこりゃ?」と不審に思った。
人が使う香水の匂いとは思わず、
わたしは会社がエアコン通風孔から
妙なアロマオイルでも噴霧しているのかと思っていたのだ。

ところが、ニオイの発生源が判明。
彼女が移動するのに合わせて匂っていたのである。

フルーツ系の甘ったるい香り+ケミカルなキツさで、
彼女が近くのデスクに座ろうものなら
周囲の人間はガツンと脳天直撃されて
頭痛&呼吸困難に襲われるほど・・・

「彼氏とか友達は平気なのかなー?」
「鼻が慣れてバカになってるとか?」
「誰かさりげなく何の香水使ってるのか聞いてみてよ」
「香水っていうか、トイレの芳香剤じゃない?」
などとみんなで噂していたのだが、
(いやー女って辛辣ですねー(;^_^A)
直接注意するのも憚られるし、かなり困りモノだったのである。

すると、ニオイだけでなく勤務態度も問題ありだったらしく、
派遣契約を打ち切られたようで「やれやれ・・・」とみんな一安心。

他人のフリ見て我がフリ直せ

わたしが常に肝に銘じている言葉だが、
以来、会社の女性陣は自分の香りに対して気を遣うようになっている。

とはいえ、香りに無頓着すぎて
体臭や生活臭プンプンというのもどうかと思うけどねぇ・・・
(実際、そういう人もいるのですよ)
[PR]

by gloria-x | 2008-04-27 19:35 | おしゃれ・美容・運動

王妃の紋章/CURSE OF THE GOLDEN FLOWER '07(中国)

c0008209_0194051.jpg
期待以上の快作!てんこ盛りのエンターテイメント大作だ。
こってり中華料理フルコースを堪能した後のように満腹&放心状態になるが、
それがなんともいえず心地いい。何度でも観たい一本である。

巨費を投じた豪華絢爛のセット、衣装、ワイヤーアクション、
「さすが中国、人口多いわ」と唖然とするエキストラの数。
なにもかもがスケールデカすぎで笑っちゃうほど。
過剰もふっ切れると快感になるといういい見本だ。

ファーストシーン、女官たちが一斉に起床して身支度をする。
まるで軍隊のように一糸乱れぬその動きに
団体行動が苦手なわたしはクラクラ・・・・
子の刻、丑の刻、と2時間おきに楽器を鳴らし、
なにやら口上を述べて宮殿を行列する家来たち。
その都度、王妃に運ばれる毒入りの煎じ薬。
王妃の衣装、装飾品、化粧は見てるだけで肩が凝りそうで、
健康な人間でも具合悪くなりそう。
ひゃーこんな時代に生まれなくてよかったーって感じ。


そこで繰り広げられるのは、妙に三面記事的なドロドロしたお家騒動。
小難しい歴史的背景や、ややこしい時代考証を省いて
ただただ王家とそれを取り巻く少人数の愛憎劇に徹しているので
すんなり物語に入り込め、ぐいぐい引き込まれる。

役者陣がうまいのと、豪奢な舞台のせいで
クサいほど芝居がかったコテコテ演出がちょうどいい塩梅。
300スリーハンドレッドでは
退屈でドン引き状態だった苦手な甲冑戦闘シーンもよかった。
むしろ戦闘後の清掃シーンに「ここまで見せるか!」と思わず唸ったけど。

c0008209_0195675.jpg
出ました!情念の女、コン・リー。
好きか嫌いか問われれば、好きじゃないけど観たい女優だ。
いつもそうだけど今回もすごい貫禄です。
百恵ちゃんどころか美空ひばりさえ彷彿とさせるオーラで、
コン・リー以外にこの役、いやこの映画は成り立たなかっただろう。
でもこの人、不幸眉なんだよねー。
量が多くて黒々した髪も情が深そう・・・
私生活はどうだか知らないけど、絶対ハッピーになれない女って気がする。

c0008209_0201210.jpg
チョウ・ユンファがこれまた濃い!
息子が3人もいて、そろそろ後継者に王座を譲る頃合なのに、
老いて(というほど歳取ってないが)枯淡の境地になんぞ死んでも行くものか、
ってギラギラ。そのくせ悟りきったような福々しい笑みを浮かべたりして、
チョイ悪どころか極悪オヤジなのだ。
ラストに放つセリフなど、残酷さもここまで徹底すると脱帽。
このあたりの感覚は日本人にはない気がする。

c0008209_2312768.jpg

長男役のリウ・イエ、この作品で初めて知ったけど、
ちょいと気弱そうな優男でわたしのストライクゾーンど真ん中♪
この役は破滅型の色気があってよかったー。
自害を図って怪我した後、弱ったままで儀式に出席する姿なんか
ぐったり傾いた首の角度にぞくぞくした♪(トップ写真右端)

次男役のジェイ・チョウは頭文字Dの時
「なんかイノッチみたい」とまったく興味がわかなかったが
今回はぐんと大人になって逞しくて見違えた。
でも、わたしにとっては「いい人なんだけどねー」的な存在だな。
三兄弟で彼だけ明らかに顔の系統が違うのはなぜ?

王家の主治医の娘で、長男とデキている女官役の女優に注目。
華奢なのに巨乳、元モー娘。の加護ちゃんみたいなロリ顔で
個人的には大嫌いなタイプの女なんだけど、
いかにも男好きするタイプで、どんぴしゃの適役!

'08 4 24 劇場 ★★★★★
監督:チャン・イーモウ
出演:チョウ・ユンファ、コン・リー、リウ・イエ、ジェイ・チョウ
[PR]

by gloria-x | 2008-04-24 00:21 | 映画レビュー

スルース/Sleuth '07(米)

c0008209_2123376.jpg
マイケル・ケインとジュード・ロウ、新旧「アルフィー」の演技対決である。

初老の推理作家と、妻の愛人である若い俳優が
お互いのプライドを賭けて巧妙な心理戦を繰り広げる密室サスペンス。

予備知識なしで観たのだが、もとは舞台劇で、
'72年の映画化オリジナル版はローレンス・オリビエとマイケル・ケイン共演。
旧版では若い愛人役をマイケル・ケインが演じたらしい。

c0008209_2125877.jpg
ジュード・ロウ、今回は魅力全開!ただし、男としてというより役者としての、である。
役者冥利につきる役なんだろうなぁ・・・
喜怒哀楽、すべてのシーンを嬉々として演じてる感が伝わってきた。

マイケル・ケインもさすが大御所。
顔と首が一体化しすぎてガマ親分みたいだったけど
一瞬で人格さえ激変したような見事な演技には思わず唸った。

てことで、観ていてストーリーに引き込まれるというより、
俳優2人の熱いバトルにばかり気をとられるのは
映画としていかがなものか?という複雑な思いもあり。
ま、もとは舞台劇だから仕方ないのか・・・

古城をモダンアートの美術館さながらに改築した豪邸は
リモコン操作で照明が変化し、壁が開いて別の部屋が現れ、
オブジェみたいなエレベーターがありと見ごたえあり。
地下要塞みたいでインテリアは正直あまり趣味じゃないけど、
妻の衣裳部屋はうらやましかった!

ところで、この設定をもっとエンターテイメント的にした映画があったような・・・
舞台は山荘で、作家役はやっぱりマイケル・ケインだったような・・・
と、観ている間ずっと思っていて、調べたら「デストラップ」でした。

'08 4 16 劇場 ★★★☆☆
監督:ケネス・ブラナー
出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ
[PR]

by gloria-x | 2008-04-17 21:03 | 映画レビュー

家族の集い

c0008209_21321963.jpg
去年から神奈川県逗子に住んでいる妹が帰阪したので、
両親も招いて我が家で集合!

わたしも妹も酒呑みなのは父の遺伝子です。
母は完全な下戸。
母に似なくてよかったー(;^_^A

父のお土産はC.Aモンダヴィと仏・ブルゴーニュのシャルドネ。
父のために用意したのは大分の麦焼酎。

大いに食べて飲んで喋る我が家族、
今回はアメリカ在住の妹と、末っ子長男の弟が欠席ですが
それでも集まるとイタリア系ファミリー並みの賑やかさ!

料理はわたしが腕をふるいました。
最近開発したメニューがみんなに好評だったので満足♪

c0008209_19512256.jpg
左から母、父、妹、わたし、ダーリン。

c0008209_19515812.jpg
我が家のリビングルームです。
このソファがわたしのいちばんのお気に入りスペース♪
[PR]

by gloria-x | 2008-04-15 21:34 | 出来事・世間・雑感

バンテージ・ポイント/VANTAGE POINT '08(米)

c0008209_13424721.jpg
まさにジェットコースター映画!
後にな~んにも残らないけど、よけいなこと考えず
映画に身を委ねて100%楽しめる。

スペイン・サラマンカで開催された国際サミットの演壇で
アメリカ大統領が狙撃された。
シークレットサービス、TVプロデューサー、アメリカ人観光客、
テロリストなど、異なった8つの視点から犯行を見つめることで
真実が浮かび上がる・・・・

予告編とキャストから想像したのは、
もうちょっと社会的メッセージ性や、推理サスペンス色のある作品だったが、
そんな余分な要素を思い切りよくバッサリ省いて
完全な娯楽映画に徹したのが◎!

c0008209_14382568.jpg
デニス・クエイドがんばってます!
肩怒らせて、眉間にシワ寄せてゴルゴ13ばりの強面!(一枚目の写真参照)

大統領の身代わりで撃たれた過去を持ち、
周囲から復帰は早すぎたのでは?と懸念されてるシークレットサービス。
本人も薬で緊張を抑えるなど、ちょっと心配な感じなのが
事件が起こるや本領発揮。
年齢をものともせずがんばる姿はハリソン・フォードの後継者か?
カーチェイスシーンがすごい迫力&見ごたえで、
アメリカのハイウェイじゃなく、スペインの趣のある街並みなのが魅力。
クラッシュ必至の連続なのにあまりに「無事」すぎて笑っちゃうほど。

c0008209_1343351.jpg
TVプロデューサー役のシガニー・ウィーバーがいい。
瞬時の判断力と的確な指令、出番は少ないが
確実に映画のクオリティアップにつながっている。
それにしてもシガニーのこの顔、オランウータンか野坂昭如みたい・・・
そういえば昔、ゴリラと共演してたっけね。

c0008209_13431775.jpg
アメリカ人観光客役のフォレスト・ウィテカー、素人なのに
「なんでそこまでがんばる?」と言いたくなるすごい活躍!
シガニーがオランウータンならフォレストはゴリラですな・・・

サミット会場の広場で現地の男に親しげに話しかけられたと思ったら、
突然母子連れの少女が持っていたソフトクリームが服にべったり!
以前、バルセロナで白昼強盗に襲われたわたしとしては
男と母子がグルなのでは?と疑ってしまい
「ちょっとちょっと、財布スラれてないかい?」と要らぬ心配をした。

とにかく楽しめてすっきり爽快!

'08 4 8 劇場 ★★★★☆
監督:ピート・トラヴィス
出演:デニス・クエイド、フォレスト・ウィテカー
   ウィリアム・ハート、シガニー・ウィーバー
[PR]

by gloria-x | 2008-04-10 13:48 | 映画レビュー

ノーカントリー/NO COUNTRY FOR OLD MEN '07(米)

c0008209_22241459.jpg
いやーすごかった!堪能した!
冒頭からがっちりわしづかみにされたまま、
ラストまで一瞬たりとも気を抜けない。

コーエン兄弟作品の中ではダントツに好きな
「ファーゴ」を初めて観たときの衝撃と吸引力を再び味わった。

ピーンと張り詰めた緊張感を最後までキープして
そこらのホラー映画なんか比じゃないほど怖がらせるくせに、
なぜか乾いた静寂に妙な心地よさが漂う。

ハビエル・バルデム、骨太で濃厚で、期待以上の存在感だった。
あの髪型!あのギョロ目!無表情!
そして意表をつくあの武器
ライフルや散弾銃が子供だましに感じるほどの怖さだ。
彼の「黒くてデカい」姿が画面に現れただけで心拍数が上がる上がる・・・

死神を映像化したらきっとこの映画のハビエルだろう。

c0008209_2225313.jpg
偶然見つけた大金をネコババしたために、
命を狙われ逃げ回るハメになる男、ジョシュ・ブローリン。
トレーラー暮らしの甲斐性無しなのに、
意外なしぶとさで追っ手の一歩先を行く姿に、
どうか逃げ切ってほしいと願ってしまう。
モーテルで金の入った鞄を隠す方法には感心。

彼の妻を演じるケリー・マクドナルドは
ゴスフォード・パークが印象的だった。
本人の責任じゃなく、いつの間にか
不運な人生を歩んでしまう薄幸な役が似合う。

c0008209_22252047.jpg
ヘビーな緊張が続く中、癒し的存在のトミー・リー・ジョーンズ。
こんな顔の日本人いましたよね、団しんや(?)
トボけた表情とマイペースな言動と裏腹に、地に足がしっかりついたというか、
人の道をわきまえてる感じ、それと共存するやるせない無常観がよかった。

あと、あまり好きな役者じゃないけどウディ・ハレルソンも
作品の空気感にピタッとハマったいい味出していたと思う。

'08 4 3 劇場 ★★★★★
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演:ハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ
   ジョシュ・ブローリン、ケリー・マクドナルド
[PR]

by gloria-x | 2008-04-04 22:25 | 映画レビュー

最近のヒット曲に思う

青山テルマの「そばにいるね」とか
ちょっと前のヒット曲、湘南乃風の「純恋歌」。

意識して聴かなくても、四六時中どこかでかかっているので
自然と歌詞も耳に入ってくる。

その歌詞が描く世界、物語を理解するにつれ、
好き嫌い、いい悪いではなく、
わたしは「はあ~」とある感慨に打たれる。

今の若いコの世界観って
なんて小さくて狭いんだろう、と。


重ねて言うが、いい悪いではない。

「純恋歌」の歌詞はこんな感じ。
親友の彼女が連れてきた女のコが作ったパスタが美味しかった。
家庭的な女が好みなので速効で恋に落ちた。
こんなに一途になったのは初めてだ、云々・・・

えー?こんな身近な範囲で「運命の恋」?
出会いからいきなり手作りパスタなんて所帯臭くていいわけ?

「そばにいるね」の男声ラップ部分はこんな感じ。
俺がもっとまともな仕事に就いて稼ぎがあったら
お前をもっとしあわせにできるのに云々・・・

そう思うならまともな仕事に就いてデカく稼げよ!
女も女で、こんなグダグダ言うショボい男やめたほうがいいって!

なんだかなぁ・・・
20歳前後でデキちゃった結婚して、
早々と生活に疲れていくカップルが目に浮かぶような・・・

とにかく夢がなさすぎ!
欲がないというか、小さくまとまりすぎ!


今の20代って、デートもワリカンが当たり前らしいし、
「車は必須」という価値観もすごく低いとか。
身の丈にあってて好感持てる面もあるけど、

ああ、やっぱりバブル崩壊後世代の現実が
ヒット曲にも如実に現れてるんだなぁと痛感。

架空の世界くらい、もっと非現実的な夢を見てもいいのになぁ・・・

何度も言うけど、いい悪いではない。
なんていうか、時代は変ったなぁとしみじみ思い、
そんな自分が歳を取ったことに愕然とするのである。
[PR]

by gloria-x | 2008-04-01 22:51 | 出来事・世間・雑感