<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

あるスキャンダルの覚え書き/Notes on a Scandal '06(英)

c0008209_20395686.jpg
孤独な老教師が魅力的な人妻教師との間に結んだ
嫉妬と支配と憎悪の関係。

飼い猫を溺愛し、クリーニング屋へ行くくらいしか週末の予定がなく、
孤独のあまり辛辣な視線で他人を観察して毎晩欠かさず日記を書く。
ジュディ・デンチ扮する老教師は新任の美人教師と親しくなるや、
急速に関係を深めようとし、束縛するため相手の弱味さえ利用する。

こういう粘着質の女って確かにいる!
わたしも今までの人生で、ここまでシリアスではないが
じわじわと執着と束縛の気配を感じたことがある。
わたしは人一倍、ひとりの気ままさを愛する自由人(水星人+)で、
「寂しい」と思うことがほとんどないという性質なので、
少しでも束縛や執着の気配を感じるともうダメ。
真夏に湿った毛布でくるまれたようにうっとうしく息苦しく、
とっとと逃げ出してしまうのだ。


さらに、精神的縛りだけでなく、ジュディ・デンチのように
レズっ気を含んだ肉体的接触を求められるなんて言語道断!
腕を組んだり、手をつないだり、じゃれて触ったり、
話すときに近すぎる人も苦手・・・
男ならいいがいくら仲良しでも女のボディタッチは生理的にNGだ。

ババア呼ばわりされるジュディ・デンチはさすがの貫禄。
しかし、彼女の佇まいがあまりにも凛としているため、
辛口な視点で周囲の人間を批評する生活を、
自嘲もこめながらも淡々と楽しんでいるようにさえ見えて、
あまり悲哀が感じられなかったのがやや残念。
ジュディなら、もっと凄みのある孤独や業を演じられたはずなのに・・・

ケイト・ブランシェットはフワフワと生活感のない人妻教師。
元は自分の教師だった歳の離れた夫と略奪婚し、
ティーンエイジャーの娘とダウン症の息子を育てている。
親から相続したという家には離れに自分専用のアトリエがあり、
息子に手がかかるとはいえ、家族での食卓にはワインを開ける。

この役であらためてケイトの美しさを実感。
個人的には「バンディッツ」の奔放な赤毛美女が好みだが、
いろんなタイプの女を演じ、どの役も実像に近いのでは?と
思わせるのはさすがだ。

しかし、ケイト扮するシーバの抱える問題とやらがどうも曖昧。
夫は大学で教えるかたわら小説を書くという職業柄、
ちょっと浮世離れした風情があり、
演じるのがビル・ナイだからか、歳は取っていてもまだまだ魅力的。
なので、彼女が実生活に悩みや不満を抱えているというのがピンとこない。

さらに、ケイトが関係を持つ15歳の少年がイマイチ。
最初の登場シーンで、サッカーのゴールを決め、
シャツを脱いで走り回る姿は、
一瞬デビュー当初のデカプリオみたいで「おっ!」と期待したが、
アップになるとあまり品のない顔立ちだし、華がない。
ケイトみたいな女が衝動的にせよ肉体関係を(しかも何度も!)
持つ相手としては説得力がなさすぎなのだ。

あと、これを言っちゃうと映画そのものが成り立たないんだけど、
ケイトみたいなタイプの30代女性がジュディほど年上の職場の先輩と
あそこまで親しくなるかなー?と疑問を感じた。
欧米では日本ほど年齢を気にせず人付き合いをするらしいから
これは日本人ならではの違和感かも。

いろいろマイナス点ばかりあげつらったが、
2大女優の演技合戦は期待どおり見ごたえあり。
それより、わたしは
ビル・ナイ×ケイトの
迫真の夫婦喧嘩シーンが印象的でこちらに軍配を上げたい。


'07 6 27 劇場 ★★★☆☆
監督:リチャード・エアー
出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ
[PR]

by Gloria-x | 2007-06-29 20:40 | 映画レビュー

フラガール '06(日本)

c0008209_22211787.jpg誤解を恐れずに正直に書けば
予告編の方が「泣けそう度」高かったかも・・・。

閉鎖間近の炭鉱娘たちがフラダンサーとなって
起死回生をはかる実話モノという予備知識があるので、ジェイク・シマブクロのウクレレによる
心地いい感傷に満ちた主題曲と、凝縮された
ハイライトシーンだけで充分感動した感じ。



とは言うものの、
松雪泰子と蒼井優のソロダンスシーンは文句なしに見ごたえ満点!
特に松雪泰子はこの作品で女優として一皮も二皮もむけて
貫禄さえ感じる存在感だった。
彼女の役のモデルとなった女性が80歳代になった今も現地で
ダンサーの育成に励んでいるという事実が嬉しい驚きだ。

富司純子を映画で観るのは初めて。
娘を先に知っているからよけいそう思うのか、美人だなーと思う。
骨格美人とでもいうのだろうか、原型の造りが美しい。
こういうタイプは歳を取って肉が落ち、肌の張りがなくなっても得だなぁ・・・

ラスト近く、豊川悦司がスローモーションで炭鉱に下りていくシーンで
「うわ、死ぬんだ、きっと」と思ったが、ハズれてよかった。

ストーリー展開については定石通りだし、やや情緒過多。
なので、タイトにうまくまとまった予告編に比べ
凡庸な印象が否めないのだろうか。

予告編の方が泣けそうといえば
東京タワー オカンとボクと時々オトンもそうだった。
たぶん、これはわたし個人の嗜好によるもので、
「泣かそう」演出のさじ加減への反応が人より辛口なのだろう。

'07 6 WOWOW ★★★☆☆
監督:李相日
出演:松雪泰子、蒼井優、山崎静代、豊川悦司、富司純子
[PR]

by Gloria-x | 2007-06-25 23:08 | 映画レビュー

人の記憶

ゾディアック観賞後、
カフェのテラスでお茶しつつダーリンが言った。
「ビルっていう刑事役の俳優、トップガンで
トム・クルーズの相棒役やってた人では?」

「トップガン」なんて20年も前の映画だし、その相棒役も記憶にない。
ビル刑事はけっこう存在感のある役だが、わたしは名前も知らなかった。

アンソニー・エドワーズ。
調べてみたらほんとに「トップガン」で相棒グース役だった。

ダーリンはわたしの影響で映画をよく観るようになったくらいなので
俳優や監督の名前にそれほど詳しいわけではないが、
たまに驚くような記憶を披露することがある。
彼の場合、
俳優を顔ではなく声で覚えているらしい。

ビル刑事については
「Rの発音に特徴があったから印象に残ってた」のだとか。

といっても、彼は英語が喋れるわけでもないので
最初の頃、彼が「この人、○○で○○役だった」とか言うと
わたしは半信半疑の「疑」寄りで聞いていたのだが、
ことごとく正解なので最近はその能力を尊敬すらしている。

わたしは完全に視覚的人間だと思う。
洋画の場合、情けないが字幕も含めて
理解度は視覚85%、聴覚15%くらいか・・・
ダーリンみたいに役者個々の声まで聴き分けたり、
何十年も声を覚えていたりなんて想像もできない。

彼とは食の好みに始まり、酒が呑める呑めない、
文系か理数系かなど、様々な面でほんとに「異種」だが
五感の発達度もまったく違うようで、おもしろいなーと思う。


ところで、先日書いたように
最近わたしは古い手紙類を大量に処分した。
脱線するが「昔はこんなによく手紙を書いたのか」と感心するくらい
長文の手紙が大量に出てきて驚いた。
メールもなかったし、長電話すると親に怒られるので
みんなせっせと手紙を書いたのね・・・・

いちいち読み直したりはしないが、
一応誰から来たどんな手紙かはチェックし、
大事なものは一部残しておくため仕分けした。

その際、まったく誰なのか思い出せない人物が何人かいたのだ。
年賀状一枚きりではなく、何通かは封書で手紙ももらっていて
仕事上のつきあいだけでもなさそうだ。
しかも、けっこう親しかったような内容が書かれている。

それなのに、顔はおろか、
いつの時代にどこで知り合った人なのかさえ思い出せないのである。

安物の再現ドラマか夢の中みたいに
顔のない人物像を思い浮かべてみるが、
体型や髪型、服装もわからないので
ますますぼんやりするばかり・・・

しかし、相手の手紙があるということは
わたしもその人に手紙を出していたのだろう。
その人はわたしの手紙を保存しているのだろうか?
それより、わたしのことを覚えているのだろうか?

どんな風に記憶されているのかちょっと気になる。

それより、
わたしがいろんな人に書き送った手紙類、
みんなもとっくに処分していてほしい・・・

[PR]

by Gloria-x | 2007-06-24 16:41 | 出来事・世間・雑感

ゾディアック/ZODIAC '07(米)

c0008209_1659578.jpg
アメリカで'60年代末から'70年代半ばにかけて世間を震撼させた
連続殺人犯「ゾディアック」に関する実話モノ。

デヴィッド・フィンチャーだし、2時間45分だし、
必要以上に映像や編集に凝りすぎて、暗くてしんどいだろうなーと
覚悟していたら(そこまでしてなぜ観る?)
意外や意外、とてもおもしろくて得した気分。
変に映像に凝りすぎず、時系列に忠実に描いたのが正解だったと思う。

最初の事件は1969年。
車やファッション、音楽などに50年代の面影が色濃く残っている。
そこから少しずつ時が流れ、70年代に突入。
80年代を経て最終的に1991年まで進行するのだが、
登場人物の髪型や服装、新聞社オフィス内のインテリア、
街の風景や車など時代変化の描写のさりげなさが見事!
実写ニュースフィルムや当時の風俗を見せるなどという
ありがちなわかりやすい手法を使わないところがいい。
実際にわたしたちが生きていて、
ある日ふと時代の変化を実感するような自然さなのだ。

ジェイク・ギレンホールは好きでも嫌いでもない。
顔の濃さが犬のシェパードみたいだなーと思う。
そういえばお姉ちゃんのマギーはセントバーナード似だ!

ロバート・ダウニー・Jrがいい味を出していて
ディパーテッドにおけるマーク・ウォルバーグみたいに存在感があった。

マーク・ラファロはルックス的に苦手なタイプで、
今までの出演作における役どころもすべて個人的にNGだが
今回の刑事役でちょっと印象がよくなったかも・・・・

知ってる女優なのに誰かわからなくて
「時東みみたい」と思ったらクロエ・セヴィニーだった。

他にも、名前は思い出せないけどあの映画のあの役だ、と知ってる顔揃い。
キャスティングのその微妙さ加減も作品に真実味を与えていたように思う。

'07 6 20 劇場 ★★★★★
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ
   ロバート・ダウニー・Jr、クロエ・セヴィニー
[PR]

by Gloria-x | 2007-06-21 17:00 | 映画レビュー

冷奴バリエーション

c0008209_2295944.jpg

夏は冷奴ですな。

おろし生姜とかつおぶし、青紫蘇、梅肉、
和芥子とすり胡麻、豆板醤、ピータンなどなど、
その日によっていろんなバリエーションで食べます。

今日は生食用のタラコと刻んだ青紫蘇(自家製)を混ぜて
香りづけ程度に胡麻油をたらし、松の実をあしらいました。


わたしは白ワインのアテにしたけど、冷酒に合いそうです。
[PR]

by Gloria-x | 2007-06-15 21:43 | 食べる・飲む

捨てる快感中毒

わたしは子供の頃からなんでも取っておく性質だった。
それが歳を重ねるごとにどんどん捨てるように・・・

先週は食器棚を整理して
使っていない食器やグラスを処分してすっきり!

今日は以前から気になっていた古い手紙類に着手。

手紙や年賀状ってなんとなく捨てられなかったけど、
毎年どんどんたまるし、あらためて見直すことなど皆無。

映画「三年身ごもる」
主役中島知子の母親を演じたのが木内みどり。
彼女が手紙でも写真でもどんどん捨てるという役どころだった。
娘はそれを寂しく感じているが、母はサバサバと
「だって、そんなの、また見ることあるのー?」。

映画そのものは期待ハズレだったが
このセリフが心に残った。

古い手紙や年賀状なんて
見直すことがあるだろうか?


昔は「歳を取ったら懐かしく見直すだろう」と思っていたけれど
子供の頃「歳を取ったら」と思っていた年代になった現在、
忙しくてそんなことやってる暇なんかない。
ということは、現時点で漠然と「歳を取ったら」と
思う年齢になったところできっと同じだろう。
古い手紙を読み直すより、
新しい本を読んだり映画を観るほうがよっぽど有意義だ。

実際、このマンションに引っ越してきた時に
廊下のクロゼットにとりあえずしまった
「古い手紙類」と書かれた段ボールは
この10年手を触れたこともない。

存在すら忘れていたようなモノって
イコールなくても困らないモノだろう。


そう思ってシュレッダーでじゃんじゃん処分。
いちいち見直したりすると手が止まるので
流れ作業でどんどん切り刻んでいく。

あーすっきり!
なんかカラダの贅肉すら落ちたような軽い気分だ。

しばらくこの「捨てる快感」が
クセになりそうである。

[PR]

by Gloria-x | 2007-06-13 21:52 | 出来事・世間・雑感

ハンニバル・ライジング/HANNIBAL RISING '07(英・仏・伊・チェコ)

c0008209_18333871.jpg
ハンニバル・レクターの少年時代を描いたシリーズ最新作。
ギャスパー・ウリエル、端正で冷酷そうな顔立ちは
頬に傷跡のように走る独特のくぼみが特徴的で、
いかにも生血をすすりそうでこの役にぴったり。
この彼が長じて丸顔のアンソニー・ホプキンスになるというのは
ちょっとムリがある気がするけど・・・

「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」は大好物なので、
あらためて「頬の肉って特別に美味しい部位なのねー」と実感。
だけど、妹ミーシャの頬ならわかるけど、
ハンニバルに殺されるおっさんたちの頬なんて
毛穴が開いて肌のキメが荒くて脂ぎってまずそうなんだけど・・・

c0008209_1834716.jpg
コン・リーっていつ見ても「業が深そうで薄幸そう」って思う。
眉の形かなー?とにかく相変わらずの重厚感だ。
こんな女に惚れてしまったら、
生きるの死ぬの波乱万丈でほんとしんどそう・・・
知らぬ間にとんでもない悲劇を背負わされて
絶対に気楽でハッピーな人生は送れないって感じ。

世間の評判はあまりよろしくない前作ハンニバルだが
イタリア、美術館、オペラ、美食というモチーフが発する空気、
そしてジャンカルロ・ジャンニーニの存在でわたしは
シリーズ中いちばん好き。
それに比べると残念ながらこの作品は小粒で物足りなかった。

'07 6 DVD ★★★☆☆
監督:ピーター・ウェーバー
出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンズ
[PR]

by Gloria-x | 2007-06-10 18:44 | 映画レビュー

冷める瞬間

朝食を食べながら、ダーリンが尋ねた。
「グロリアは俺の寝顔見て冷めたことない?」

「えー?ないよー!」
わたしはダーリンフェチなので
彼のどんなに間抜けな寝顔を見ても
「可愛ーい♪」とキスの雨を降らせたくなるのみ。
そう答えるとダーリンはぬけぬけとニンマリ・・・

「なんで?」と聞くと
彼が行きつけのラウンジのママ(わたしと同い年で荒川静香似らしい)が
「一気に冷めるのは男の寝顔見た時」と言ったとか。

「あー、わかるわかる、寝顔見て一気に冷めた相手もいたもん」とわたし。
それはその男のことをほんとに好きじゃないからね、と腑に落ちる。

「ダーリンはわたしの寝顔見て冷めることある?」と聞くと
「ないよ。グロリアはいつも可愛い顔で寝てるもん」
「ほんとー?大好き!」(抱きついてキス)

ほんとすいません、
朝からこんな会話してるバカップルなんです・・・(-.-;)


では、どんな瞬間に冷めるのかとダーリンに問うと
「嘘をつかれたとき」
嘘にもいろいろあるが、ダーリン曰く
「相手を傷つけないためにつく嘘はいいけど、
自分の保身のために嘘つかれたら瞬間に冷める」
とのこと。
けっこう深い答えなので、心に刻み込んでおく。

で、自分はどんな瞬間に冷めるか考えてみた。

わたしは男のセコさが垣間見えた瞬間がいちばん冷めるかもしれない。

女や他者とのつきあいに関してはもちろん、
己自身への出費にも金の出し惜しみをしている姿を見るとサーッと冷める。

あと、服装とか持ち物とか、
身の回り関連にほんとにお金も気も使っていない男も冷める。

車とか、旅行とか、趣味とか、
何かひとつ突出してお金をかけるものがあって、
そのために他を節約しているならまだしも、
セコい男って衣食住全般にセコいから
「安い」ことがすべての基準になっていて
身の回りのモノひとつ買うにも思い切りが悪く、
出し惜しみして結局安物買いの銭失いになったり・・・

今までの人生、親しさの度合いは様々だが
何人かのセコい男に遭遇したけど、
セコい男って精神そのものが貧乏臭い気がして
こっちまで貧乏臭さが伝染しそうでイヤだ。

こんなわたしも極端かもしれないけど、
とにかくわたしの場合「セコさ」がチラっとでも見えた瞬間に
その相手の人格を全否定してしまうのは確かなようである。
[PR]

by Gloria-x | 2007-06-08 23:03 | 夫婦の日常・おでかけ

モダン・デザイン再訪 

c0008209_22855.jpg

サントリーミュージアムで
「20世紀の夢 モダンデザイン再訪 大阪コレクションズ」を観てきた。

フランス、ベルギーのアールヌーヴォー、英国のアーツ・アンド・クラフツ、
ドイツのバウハウス、ロシア構成主義、北欧のモダンetc・・・

平日の昼間、ガラ空きの美術館という空間が大好きだ。

芸術ではない大量生産品であっても家具や食器を観るのが好きなので、
芸術作品としての家具や食器を観るのはさらに嬉しい。

サントリーミュージアムは好きな美術館のひとつで、
特に5階展示室から4階展示室へ至る途中の
休憩スペースは世界中で好きな場所のベスト10に入るかも・・・。


100㎡くらいだろうか?
全面ガラス張りで海に面したフローリングのフロアの
両端にソファが4脚置かれただけの空間で、
海といっても美しい自然の風景ではなく、
コンテナが連なり、貨物船などが航行する工業的な眺めなのだが、
それすらも一幅の絵のようなのだ。

訪れる度にソファに座ってボーッと海を眺め、
「あー、これが自宅のリビングだったらなぁー」と思うのである。

サントリーミュージアムの企画はけっこう好きだが、
このフロアに行きたいとうのも足を運ぶひとつの理由かもしれない。

ところで、残念なのは
併設されているカフェ・レストランのお粗末さ・・・
サントリーがからんでるのになんでこんな体たらく?
海の見える絶好のロケーションなのに
それを全然生かしていない空間の無駄使いと貧相なメニュー・・・

そして、それを上回る天保山マーケット・プレイスの寂寥感・・・
南港のATC、WTCにそっくりな店舗構成で、
安っぽいお子ちゃま&ファミリー向けのショップばかりの
貧乏臭さ&うら寂しさ充満。

ちょっとお茶でも飲んで帰ろうと思っても
せっかく観たアートの余韻が吹っ飛んでしまうのでさっさと帰るに限る。

東京、横浜、神戸、香港、サンフランスコ・・・
ウオーターフロントってどこでもおしゃれで魅力的な場所なのに
なんで大阪だけダサくて貧乏臭いんだろう?

[PR]

by Gloria-x | 2007-06-06 22:13 | 美術・芸術・音楽

「恥ずかしい」の定義

驚異的な高視聴率だったという藤原紀香&陣内智則の結婚披露宴中継、
恥ずかしながらわたしも観てました・・・

藤原紀香のことは関西深夜ローカル「クイズ紳介くん」の
アシスタント時代から観ていて、昔から好感を持っていた。
陣内との交際で騒がれる少し前は、
賃貸不動産のCMを観るたび、正直ちょっと痛々しくて
「最近ちょっと影が薄い?」と密かに心配していた。
しかし、この結婚で株価急上昇、
芸能人としてのランクも登り詰めた感があり、
素直に「よかったね」と祝福&安心。

わたしは毎朝、朝食&メイクをしながら「なるとも!」を観ている。
陣内智則のことは正直言って、
「おもしろくないし、仕切りも下手だし、コメントも素人っぽいし、
なんでこんな奴が帯司会?」と毎朝苦々しく思っていた。
特に女優や女性全般に関するコメントが最悪で
いいも悪いも「キレイですよねー」「でも、キレイな人なのにねー」
と表面しか見ていない薄っぺらな発言で
「こいつ、絶対恋愛経験少ないな」と見透かしていたのだ。

ところが、人間不思議なもので
毎日毎日観ていると慣れてくるのか
最近はそう毛嫌いするほどでもなくなっていた。

そんな2人の交際発覚→婚約→結婚の流れは
当然ずっとチェックしていたので、当然披露宴中継もチェック。

前置きが長くなったが、
ここで書きたいのは披露宴の感想などではない。


披露宴後のインタビューで、陣内の
「そろそろいっしょにお風呂に入ってほしいですねー」の発言に
「まだいっしょに入ってないんですか?」とレポーター。
すると紀香は「恥ずかしくて・・・」と照れ笑い。
その姿は初々しくてよかったけど、

えーっ!?恥ずかしい?

わたしが紀香みたいなボディの持ち主だったらハダカで外を練り歩くのに!

人間の「恥ずかしい」と感じる感覚や定義って
ほんとに人それぞれなものだなぁ、としみじみ思ったのだった。
[PR]

by Gloria-x | 2007-06-01 23:50 | 出来事・世間・雑感