<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

北京ヴァイオリン '02(中国)

c0008209_1426062.jpg「えーっ!そんな結末あり?」
すべてをひっくり返すありえないラストに呆然・・・
名作なのか駄作なのか?

中国の田舎から北京に出てきた貧しい父子。
息子を一流のヴァイオリン奏者にすることが
父の夢であり、生きる目的である。
息子は稀有な才能の持ち主だが、
コネがないせいでコンクールは5位止まり、
音楽学校にも入学できない。

「世界中が泣いた」というキャッチコピーに
寡黙で厳格な父と純粋な息子の
シリアスで文学的な作品かと覚悟していたら、
軽妙なタッチで展開も早くて観やすい。
息子のためなら恥をかくことも怖れず、
どこまでも厚かましく捨て身でぶつかっていく父のキャラクターが
よくも悪くもケタ外れでこの映画の肝だ。

息子役の少年がなかなか魅力的である。
切れ長の涼しい目にあっさりした顔だち。それだけなら平凡なのだが、
ひょろっとした体型と、演奏時の表情に色気があっていい。

物語はベタすぎる展開でけっこう雑で散漫なのだが、
父子に加え、最初のヴァイオリン教師や
少年が想いを寄せるリリというちょっといかがわしい女など
主要キャストが魅力的なので惹きこまれてしまう。

特にリリ役の陳紅(チェン・ホン)がいい。
ちょっと藤原紀香に似ているなーと思ったのだが、
従来の中国映画のヒロインに抱いていた先入観を見事に覆す
伸び伸びしたナイスバディで、
重さや湿り気皆無な存在感が気持ちよかった。

ああ、それなのに・・・
結末だけはどうしても納得いかない。
さらば我が愛~覇王別姫を撮った監督とは思えない。
ラストの演奏シーンがクライマックスで感動的なだけに
あのシーンを国際コンクールの舞台にしてほしかったと思うのは
わたしだけではないだろう。

'07 5 DVD ★★★☆☆
監督:陳凱歌(チェン・カイコー)
出演:唐韻(タン・ユン)、劉佩奇(リウ・ペイチー)、陳紅( チェン・ホン)
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-31 14:28 | 映画レビュー

回遊魚的人生

手術前後休んでいた水泳を2ケ月以上ぶりに再開。
1~2週間のブランクなら「早く復帰したい!」と
カラダがウズウズするんだけど、
2ケ月も休んでしまうと運動しない楽な生活にカラダが馴染んでしまい、
それはそれですっごい焦りと恐怖・・・

「ほんとにまた泳げるんだろうか・・・?」
「絶対死にそうにしんどいだろうなー」などと軽く憂鬱になりつつ、
しかし、ここで軌道修正しないとカラダがエライことになるので
自分にムチ打ってプールへ・・・・

ところが、いざ水に入ってみれば
あれだけ心配していたのも嘘みたい。
「あれー?わたしってこんなにスイスイ軽く泳げたっけ?」
と自分でも意外なほど。
リハビリだから適度に、とセーブしつつ
軽ーく700m泳いでしまった。

運動後は気分もスッキリだし、ワインもさらに美味しい!

でも、ふと思った・・・
「わたしってハマチみたい」


ハマチなどの回遊魚って止まると死ぬらしい。
常に運動し、ダイエットを意識し続けなきゃエライことになる
わたしの人生もまるで回遊魚だ・・・

世間には「運動なんか大嫌い」と公言し、
実際まーったく運動とは無縁の生活を送る人がいっぱいいる。
しかも、そういう人たちって食生活も無頓着なのだ。
食べたいモノをたべ、飲みたいモノを飲み、カラダは動かさず、
それでいて太ったりしないってどういうこと!?

運動はキライじゃない。(昔は大嫌いだった)
だけど、運動しなくても、好きなように飲み食いしても太らないなら
絶対そっちの方がいいに決まってる。

ああ、生まれ変わったら回遊魚じゃない人種になりたい!
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-27 20:31 | おしゃれ・美容・運動

初恋 '06(日本)

c0008209_2345673.jpg
三億円事件の実行犯は女子高生だった・・・
日本犯罪史上最大のミステリー
「府中三億円強奪事件」の隠された真実と、
そこに至る青春群像を描いた物語。

1968年に起きた三億円事件のことはおぼろげに記憶に残っているが、
わたし自身のリアルタイムの記憶というより、
その後、何十年にも渡り繰り返し報道されたり、フィクションの題材として取り上げられたものを見聞きして得た情報だろう。

当時わたしはまだ幼かったが、
大阪万博を控えて国が急速に発展していくパワーと、
一方で大学紛争など若者の間に充満していた暗く鬱屈したエネルギーの
入り混じったこの時代の日本の空気は確かに肌で覚えている。
その頃を振り返ると、三億円事件、浅間山荘事件、よど号ハイジャック事件
などが年代もバラバラに蘇ってくる。
わたし自身の子供時代の記憶も含め、
時代の印象はグレーで重くうっとうしい。

子供のくせに先に待ち受けている未来に「なんかしんどそう・・・」と
ぼんやりとした疲弊感を抱いていたことも覚えている。

学生運動については大人になった今もよくわからないが、子供心にも
「なんで若者っていつも怒って暴れるのだろう?」と不思議に思っていた。
そして「わたしも「若者」と呼ばれる年齢になったらこんなことをするのだろうか?なんかイヤだなー」と漠然と、しかしピンとこないまま考えていた。

映画は当時の空気を見事に再現していると思う。
(当時、若者だったり大人だった人から見ればどうかわからないけど)
しかし80年代に若者だったわたしから見れば
世間から「不良」と呼ばれていた当時の若者たちの姿はとても不思議。

ジャズ喫茶に入り浸り、ドラッグ(ヒロポンとかいうもの?)をやる一方で
酒も飲まずコーヒーだけで朝まで青臭い政治論や芸術論を熱く語り合う。
真面目なんだか不良なんだかどっち?って感じ・・・
わたしより5歳若いダーリンなど、この時代については完全に門外漢で、
「えー!ジャズ聴いたら不良やったん?」と失笑する始末・・・

不思議だったのは水商売の女の部屋で一夜を過ごした若者たちが
女が寝ている間にこっそり出て行くと、気づいた女が二階の窓から
「ちょっと!」と呼び止めるところ。
てっきり「お金くらい置いていきな!」と怒るのかと思いきや
おこづかいを放り投げてあげるのだ。
うーん、当時の風俗や倫理観がわからん・・・

c0008209_2342359.jpg

日本犯罪史上最大の未解決事件といわれているが、
正直言って「えー?こんなに簡単にやられちゃったの?
当時の危機管理意識って恐ろしく低かったんだなぁ」と呆れるほど驚いた。
今なら個人預金を降ろした銀行帰りの主婦だってもっと厳戒態勢だろう。
それがいいことなのかどうかは別として・・・

前半はあまりにもテンポが緩やかだなので正直ちょっとダルいが、
当時のラジオニュースのアナウンスが流れるシーンになると
「ああ、こんなにもゆっくり喋ってたのかー」と気づく。
ラジオだけでなく、人々の会話や感情の動きも今よりもっとゆっくりで、
その分、深さや重みがあったような気がする。
そして、映画はわざとそのテンポに合わせて作られていることがわかる。
主演の宮崎あおい以外はほとんど知らない顔だったが
それがかえってリアルさの一助になり、味わい深く見ごたえがあった。
資料を見ると最近の日本映画やドラマで活躍している人気俳優たちらしいが、
「今のタレントが時代モノやってます」という浮いた感じがなかったのは感心。
また「大人」と呼ばれる役柄に有名な役者を起用せず(藤村俊二以外)、
それどころか顔もはっきりと映さないという演出には唸った。


'07 5 DVD ★★★★☆
監督:塙幸成
出演:宮崎あおい、小出恵介。宮崎将、藤村俊二
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-25 23:16 | 映画レビュー

自給自足な食卓

c0008209_2129169.jpg
我が家のベランダで採れたハーブを使ったサラダ。
ルッコラ、クレソン、スウィートバジル、ダークオパールバジル、
それにスーパーで買ったトマト。
味付けはEXバージンオリーブオイルと先日紹介したハーブソルト

c0008209_21482965.jpg
お気に入りのレストランの人気メニューをマネした一品。
生ハム、茹でた新じゃがいも、ルッコラのサラダ。
味付けは↑のサラダと同じ。
簡単で見た目よし、ワインにめちゃくちゃ合います!

c0008209_21284588.jpg

朝、ベランダに出て水をやるついでにパパッとちぎってサラダに。
なんてヘルシーなライフスタイルなの?と自画自賛・・・(^_^;

でも、わたしがベランダガーデニングをしていると言うと
なぜかみんな一瞬意外そうな顔するのはなぜ?(笑)
自分で言うのもなんですが、
わたしは見た目を裏切るグリーンフィンガーの持ち主で、
リビングにも大きな観葉植物がいっぱい。
プランツ類は枯らしたことがありません。

c0008209_21291690.jpg

今はこの他に青紫蘇とグリーンマスタードも育てています。
サラダだけじゃなく、冷奴やそうめんの薬味も必要だし。

もともとハーブ類やベビーリーフは我が食卓のヘビーローテアイテム。
でも、けっこう高いし、今夜必要って時にスーパーになかったり・・・・
それなら自給自足したほうがいいもんねー。

キューリ、茄子、小松菜とかはベランダのテイストが違ってきそうなので、
そこまで足を踏み入れませんけどね(笑)
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-22 21:35 | 食べる・飲む

トランスアメリカ/TRANSAMERICA '05(米)

c0008209_16223180.jpg
c0008209_16224792.jpg







性同一性障害に悩むスタンリーは、長年の夢だった
女性への性転換手術を一週間後に控えて期待と興奮でいっぱいだった。
そこへ突然、衝撃的な電話がかかってくる。
自分の息子だと名乗る少年からで、
麻薬所持の罪で拘置所に入っているというのだ。
今はブリーと名乗り、女性として生活するスタンリーだが、
大昔、幼なじみの女の子と一度だけ寝たことがあった。
どうやらその時にできた息子らしい。
L.AからN.Yまで息子に会いにいくブリー(スタンリー)。
男娼として荒んだ生活をする息子トビーを救うため、
ブリーは自分の正体を隠してトビーの身元引受人になり、
彼を故郷ケンタッキーまで送るために大陸横断の旅に出る。

異色の父子(母子?)ロードムービー。
主演のフェリシティ・ハフマンがとてもいい。
本物の女性でありながら、女性に性転換を望む男性を演じるのは
大変難しかったと思うが、「女装した男性」にしか見えないのはすごい!


今までの映画に登場するトランスセクシャルといえば、
感情の起伏が激しく、甲高い声でハイテンションに喋り、
たまに地が出てドスの効いた男声が出てしまうといった
タイプのキャラクターが多かったが、
ブリーは終始抑えたトーンの落ち着いた調子で上品に話す。
また、一貫してやや時代遅れなほどの女性らしい仕草や
立ち居振る舞いを崩さない。
最初はやや滑稽に感じるそれらが、
物語が進行するにつれたいへん魅力的に感じてくる。

ブリーとトビーがオンボロ車で旅を始めてから
様々な人物が登場し、思わぬ展開を見せてどんどん引きこまれる。
その合間にブリーとトビーの過去や内面をはさみこむ構成も上手い。
特にブリーの実家に到着してからがおもしろい。

トビー役のケヴィン・ゼガーズは
デビュー当時のアラン・ドロン(古っ!もちろん当時は知りませぬ)を
思わせるような美少年で、鬱屈し悪ぶった中に
純粋な幼さをのぞかせる表情がいい。

ネイティブアメリカンの牧場主を演じるグレアム・グリーンの存在と
彼とのエピソードが光っていた。

一見、重いテーマだが、
登場人物のキャラクターも作品のタッチもカラリと乾いているのが
アメリカ大陸横断の風景やカントリーミュージックと
シンクロしていてとてもよかった。
思わぬ拾い物であった。


'07 5 DVD ★★★★★
監督:ダンカン・タッカー
出演:フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ
   グレアム・グリーン、バート・ヤング、
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-20 16:23 | 映画レビュー

塩3種

c0008209_135698.jpg

今、お気に入りの塩3種。

右はモンゴル産「蒙古の岩塩」。
ミルで挽いて使うつぶ塩で、普通に料理に使ったり食卓塩として大活躍です。

中央は大分県の湯布院長寿畑産「ハーブソルト」。つぶ塩にブラックペッパー、ホワイトペッパー、ローズマリー、タイム、
オレガノ、バジル、マジョラムなどのハーブをミックス。
現在いちばんのお気に入りがこれ。
少量で味と香りがしっかり立つのでサラダに毎日使っています。

左は沖縄の海水塩に唐辛子がミックスされた「一味塩」。
ピリ辛味で、鶏の手羽をオーブンで焼くときなど下味をつけるのに便利です。

わたしは焼き鳥もタレより塩派だし、
ステーキもシンプルに塩、コショー、ガーリックだけの味付けが好き。
この他、アルペンザルツやカリフォルニアの海洋塩なども常備して
用途によって使い分けています。
おすすめの塩があったらぜひ教えてくださいね!
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-16 14:15 | 食べる・飲む

クィーン/The Queen '06(英・仏・伊)

c0008209_22244252.jpg
子供の頃「1000日のアン」という映画を観た。
ヘンリー8世がアン・ブリンという娘に惚れる。
王妃と離婚してアンを妻にしたいが、
当時の英国はカトリックで離婚は許されない。
そこでヘンリー8世は新たに英国国教会を作り、強引に再婚する。
しかしアンとの間に王子は生まれず、
彼女にも飽きてきた好色なヘンリー8世は
アンに姦通罪の濡れ衣を着せて断頭台へ送る。
歴史と伝統に裏打ちされた由緒正しきムードを漂わせているわりに
王室の実態はドロドロなんだなぁとインパクトが強い映画だった。

「1000日のアン」も観直したくなったし、
英国王室史上最も悪名高いリチャード3世をモチーフにした
歴史ミステリー小説、ジョセフィン・ティの「時の娘」も再読したくなった。
c0008209_22341810.jpg
さて本題。こちらはダイアナ元王妃が不慮の事故で死んだ週の
王室と英国をエリザベス女王を中心に描いている。

ダイアナ元王妃が亡くなった日、
わたしは友人たちとフリーマーケットに出店していて
会場に流れていたFMのニュースで事故の第一報を聞いた。
真夏のように暑い日で、うなじの日焼けがなかなか白く戻らず困った。
たぶんわたしはこの日を一生忘れないだろう。

しかし、世界中に熱狂的ファン持つダイアナについては
「なんか大味な感じの女だなー」とまったく興味がなかったので
突然の事故死は気の毒だと思うけれど、
花束やプレゼントを供えて号泣する人たちの心境はさっぱりわからない。
なので、この映画の中でエジンバラ公が苦々しげにつぶやく
「どうして会ったこともない人間の死にあんなに大騒ぎできるんだ?」に共感。

ヘレン・ミレンがよかったのは言うまでもない。
思い煩う日々、ふと出会った大鹿の
凛とした美しい姿に見惚れるシーンがよかった。
女王は孤高の鹿に自分を重ねたのだろうか。
エリザベス女王的にはこの映画がずいぶんイメージアップになったのでは?
ところで、私有地とはいえ高齢の女王がボディガードもなしに
自分で四駆を運転して川を渡ることに驚き!
日本の皇室では絶対に考えられないことだろう。
やっぱり狩猟民族、肉食民族なんだなーと妙に感心。

こじんまりした居間で皇太后、女王、エジンバラ公が
TVのニュースを観ながらダイアナについてあれこれ言いあう。
そこへチャールズが入ってきて加わり、エジンバラ公が
「ギャーギャーわめくからニュースが聞こえん」と出て行く。
この意外なお茶の間感覚!
ブレアの家も労働党の首相だからなのか、
そこらのサラリーマン家庭みたいに庶民的でびっくり。
「ラヴ・アクチュアリー」の首相を取り巻く環境も
妙にちゃちだったけど、イギリスって案外こうなのだろうか?

エジンバラ公を演じるジェームズ・クロムウェルはL.A生まれの米国人なのに
英国人以上に英国人っぽく、タータンやツイードが似合うこと!
女王である妻がいろいろ大変なのに、孫たちを連れて鹿撃ち三昧だったり、
「お茶が冷めてしまったじゃないか」とぶつくさ言ったり、気楽そうである。
夫婦でベッドに入って寝る前、
エジンバラ公が女王に「おやすみキャベツちゃん」と言うのだが、
毎日ファニーな呼び名を多用している
わたしとダーリンみたいで思わず笑ってしまった。

'07 5 9 劇場 ★★★☆☆
監督:ウティーブン・フリアーズ
出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェイムズ・クロムウェル
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-13 22:32 | 映画レビュー

わたしは眉美人?

何ヶ月か前、今日で会社を辞めるという20代のコが
急にわたしのところへやってきてこう言った。

「グロリアさん、前からずっと聞きたかったんですけど、
眉のメイク、何を使ってどうやってるんですか?」

彼女とはあいさつ程度しか接したことがなかったので驚いていると、
「すごく自然でキレイな眉だなぁといつも思ってたもんで・・・」

自然と言いつつ、何を使ってどうやっているか?とは
一見矛盾したコメントだが、
眉そのものはもとより、メイク技術もほめられているということ。
ほめられて伸びるタイプのわたし、嬉しかったのは言うまでもない。

今までの人生「肌がすごくキレイ!いったい何をしてるの?」とは
イヤというほど聞かれてきたが
(自慢たらしくてすみません・・・でもほんとのことなんですの、ホホホ(^_^;)
最近、それに加えて眉をほめられることが多い。
それがわたしには驚きなのだ。

というのも、眉はわたしにとって長年コンプレックスのひとつだから。

小学校6年の時、わたしは自分のボサボサ眉が気になり、
手鏡を見つつハサミでカットすることに。
右を切れば左が長すぎ、左を切れば今度は右が・・・
そして、気がつくと、切りすぎて眉が無くなっていたのだ!

翌日、仕方なく母の眉ペンシルで描いて登校すると、
スッピンの子供顔に描き眉はさすがに浮いていたようで
男子に「うわー!こいつの眉毛、変!描いてる!」と笑われる始末。
しかも、それ以来、眉がきちんと生え揃なくなったのである。

それからずっと、わたしはいかにして自然で美しい眉を作るかに
心血を注いできたといっても過言ではない。

実はわたしは眉にアートメイク(刺青)を施しているのだが、
もう5年ほど経つので薄れてきてしまい、
パウダー、ペンシル、その他で毎朝きちんと眉メイクしている。
毛抜きで不要な毛を抜くのは日課だし、
定期的に剃刀とハサミで形も整えている。

女性のメイクの中で時代をはっきりと映し、
イケてるか、ダサいかをくっきり分けるのは眉である。

電車の中などで「いったいこの人は何を考えてこんな眉をしてるのか?」と
思わず凝視してしまう女性を見ることがある。
完全な野放し状態、まるで荒野のようにワイルドな人や、
一筆書きのようにペンシルの一本線で描いている人、
そこまで極端でなくとも、ある時代で止まったままの人・・・

眉さえきちんと整えて、時代に沿った描き方をしていれば
とんでもないことにはならないと思う。

今日も会社で言われた
「グロリアさん、アートメイクしたところ紹介して」

美容の情報交換は女のコミュニケーションツール。
もちろん喜んで教えてあげた。
彼女によると、アートメイクしている女たちの中で
わたしの眉がいちばん自然で理想的な形と質感なのだとか。

そうほめられてもやっぱり自分では信じがたいけど、
長年の努力が実り、欠点転じて長所となったのだろうか?
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-11 21:21 | おしゃれ・美容・運動

アンジェラ/ANGEL-A '05(仏)

c0008209_16171117.jpg
フランス映画を観るといつも「フランス人ってよく喋るなぁー」と感心する。
男も女もベラベラ、ベラベラ切れ目なく喋り続けていて、
しかも、自己主張が強くかなり理屈っぽい気がする。
若い頃、フランス映画にハマった時期があったが、
際限なく続くフランス語の響きが
神経を逆撫でするようになっていつしか距離を置くように・・・
思えば、その頃はわたし自身が自我が強く理屈っぽかったのだろう。

これもオープニングから冴えない小男の独白が延々続く。
ヤクザに多額の借金をしたアルジェリア系フランス人(?)が
「48時間以内に金を返さないと殺す」と脅される。

小男が自分の人生を悲観的に(そのくせ能弁に)喋り続けるので、
うっとうしくて観るのをやめようと思ったが
モノクロ映像のパリの風景につい見惚れてそのままに。

すると、しばらくしてアンジェラ登場!
そこからラストまで彼女に目が釘付けになってしまった。
c0008209_16173514.jpg
媚びないデカい女はかっこいい!
180cmの長身にブロンド、陶器のような白い肌、
ムダ肉のいっさいないボディライン、ムダなほど長い手脚、
クールビューティーの見本だ。
しかも、露出度の高い服装にケバい化粧なのに全然イヤらしくない。

この役はちょっとでも男に媚びる要素が入ると失敗だが、
リー・ラスムッセンはパーフェクトだ。
ガバッと大股開きでイスに座って下着モロ見せでも
どこか優美で愛嬌がある。
長い腕をヒラヒラさせる軽やかな歩き方や
男の視線をまったく意識しないキレのいい立ち居振る舞いに見惚れた。

この映画、リー・ラスムッセンと
パリの景色だけが取り得だと言い切っていいだろう。


'07 4 WOWOW ★★★☆☆
監督:リュック・ベッソン
出演:リー・ラスムッセン、ジャメル・ドゥブーズ
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-06 16:49 | 映画レビュー