<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ディパーテッド/THE DEPARTED '06(米)

c0008209_2111160.jpg前夜「無間道」3部作を一気に見直してから観賞に臨みました。
ハードルを思いっきり下げて期待せずに観たせいか、予想ほどひどくなかったです。

そりゃ、トニー&アンディ、ショーン&エディソンとは比べ物にはならないけど、
デカプーもマット・デイモンもがんばってたし上手かった。(特にデカプーは見直したぞ!)
なによりマーク・ウォルバーグが光ってた!
「無間道」とは関係ない作品として観ればけっこうよくできた娯楽アクション映画かも。
でも「無間道」のリメイクじゃなかったらわざわざ観ないというのも本音。


オリジナルよりよかったのは精神科医の人物像と存在感。
何度も書いてるけど、ケリー・チャンは「無間道」シリーズにおいて最大のマイナス点だとわたしは思っているのだ。いかにも「お飾り」だし「浮いてる」し、
人物設定も精神分析のシーンもリアリティなさすぎで、
まるで「新春スターかくし芸大会」のドラマみたい・・・
特に「3」では、ケリー出演シーンになると急激にダレて退屈極まりなく、
ほんとにあそこを大幅に削ってタイトに凝縮してほしい感じ。

ところが、本作の精神科医はきっちりキャラ設定してあり、
オリジナルにおける小説家マリー役と融合したのも◎。
演じた女優も、地味だけどハリウッド女優っぽくないとこが逆によかった。
特に感心したのは、デカプーと初めてメイクラヴするシーンの彼女の下着。
ショーツは黒なのにブラはコットンのスポーツブラっぽい白。
普段着で家にいたら、突然男がやってきて、突発的にデキてしまうという設定に説得力があっていい。これが日本のドラマだと上下ペアの勝負下着風で、準備万端だったように見えてしまうのだが・・・こういうどうでもいい部分にリアリティを出せるのはさすがかも?

ただし、言うまでもないがオリジナルに比べると哀愁も色気も皆無。
音楽や効果音はやかましすぎるし、バイオレンスシーンも身もフタもない感じ。
オリジナルに敬意を表するつもりなのか、取引相手を中国マフィアにしたり
チャイナタウンで追跡したりしてるけど、スパイスにもなってない感じ。

それと、ジャック・ニコルソン、なにあれ?
口を開けば「ファッ○」だの「フェ○しろ」だの、
キレて暴れるだけでボスの風格まったくなし。
愛嬌と人情味と凄みのバランスが絶妙のエリック・ツァンの偉大さを再確認した。

アレック・ボールドウィン、なんで彼だけあんなに汗だく?(シャツの汗すごい)
太ってるから?まあ、何に出てても憎めないし好きだからいいんですけど・・・

いや~、それにしても前夜にオリジナルを見直してつくづく心酔したわ~
トニーのやさぐれた色気、捨てられた仔犬のような表情、
レオン・ライの怜悧さ、チェン・ダオミンの渋い凄み。
なにより作品全体に漂う哀愁と美学!
「無間道」シリーズよ永遠なれ・・・・

'07 1 28 劇場 ★★★☆☆
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、
   ジャック・ニコルソン、マーク・ウォルバーグ
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-29 22:02 | 映画レビュー

新しい水着

c0008209_2033352.jpg
スポーツショップの前を通りかかったらセール中。
新しい水着を買いました。

服だったらきっと選ばない色ですが、
ちょいとエルメスもしくはレスポ風の
デザインが気に入ったのです。
この写真ではわかりにくいけど
パンツが濃いオリーブグリーンというのも◎!

ちなみに、今まで着ていた水着より
ワンサイズ小さくなりました♪

******************



ところで、どうして誰も言い出さないのか不思議なこと。
浅田真央って長州小力に似てませんか?

デジカメのCMで髪を肩にたらして
にっこりするアップ顔、そっくりなんだけど・・・
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-26 20:45 | おしゃれ・美容・運動

マリー・アントワネット/Marie Antoinette'06(米)

c0008209_2081968.jpg
キルスティン・ダンスト、これは当たり役で儲け役だ。
このキャスティングを耳にしたとき、きっとマリー・アントワネットの
ワガママで享楽的な面を強調しているのだろうと思った。
あの顔に「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」
なんて実にぴったりのセリフだと思ったが、
フタを開ければキュートで人間味あふれる、
実に魅力的な人物に描かれていて好感が持てた。
オペラ観賞で拍手するシーンとかね。
ここは後半悲劇的に再現され、「危険な関係」のグレン・クローズを思い出させる。

漫画「ベルサイユのバラ」は小学校高学年~中学生の頃に大ブーム(確か)
わたしは当時「ポーの一族」「トーマの心臓」にハマりまくっていたので
「ベルバラ」ももちろん読んだが、それほど深い思い入れはなかった。
後年、宝塚の「ベルバラ」もブームになったが、
ヅカにはまったく興味がなくこちらも思い入れなし。
なので、わたしにとってマリー・アントワネットといえば
キルスティン・ダンストの生き生きした姿が鮮明に刻まれるだろう。

c0008209_20315365.jpg
ビジュアル面は女性なら絶対うっとりだし楽しいはず。
色とりどりのスイーツ、靴の見せ方はポップでコマーシャル的で
やリすぎになる手前、「もうちょっと見たい」という分量が絶妙。

靴のデザインは残念ながら今のトレンドとは違うけれど、
バックル付きで甲を深くカバーし、太めヒールのパンプスが流行った頃、
香港のNINEWESTで買った靴にそっくりのが出てきて嬉しくなった。
個人的にそそられたのはピンクの靴(たぶん美容師レオナールのだと思う)
c0008209_20512835.jpg
洋の東西を問わず時代モノを観ると
「こんな時代に生まれなくてよかった~」と思うんだけど
ベルサイユ宮殿のしきたりには驚愕!
朝の身支度もそうだけど、出産時にあんな大勢のギャラリーがいるなんて・・・
(日本の宮家も似たようなものだったらしけど)

意外だったのはルイ16世とマリー・アントワネットの関係の描き方。
もっと冷え切った感じなのかと思っていたら
恋愛感情やセクシャルな空気はないけれど、
お互いを大切に思っているのが伝わってきて温かみがあってよかった。

ソフィア・コッポラの斬新な演出について、
もっと軽薄でまとまりがない作品かと危惧していたけれど、
時系列に沿ったわかりやすい撮り方だし、
登場人物の感情の流れもていねいに描写していて見やすかった。
彼女の監督作の中ではいちばん好き。

'07 1 24 劇場 ★★★★★
監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン
   ジュディ・ディビス、アーシア・アルジェント
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-24 20:05 | 映画レビュー

母退院しました 

土曜日、母が無事退院しました。

脳、血液をはじめ様々な検査結果はすべてシロ。

とはいえ、まだ安静にしてなきゃいけないのに、
起き出して家の片付けなどしているらしい。

母曰く「何もせず寝てることにすごく罪悪感を感じるの」

なんとなくわかる気がする・・・

自営業の妻として、家業、家事、子育てでフル回転の人だったからなぁ~

家族でいちばんグータラとされているなわたしでさえ
一人暮らしを始めてからも
昼間はTVをつけることに激しいうしろめたさを感じたし、
今でも昼寝というものができない体質。

父も弟も家事的に手のかからない男たちだし、
「家の中なんかどうなっても誰にも迷惑かけないんだから、
気にせず、見ないフリして寝てなさいよ」
と言っといたけど、気になるので今週中に様子見に行くつもりです。

母はもとより、わたしや家族のご心配までしてくださったみなさま、
ほんとうにありがとうございました。
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-22 21:18 | 出来事・世間・雑感

未来の理想図 

母と同じ病室に80代のおばあさんがいる。

彼女のところに、毎日だんな様がやってくる。

老人になると70歳も80歳も同じに見えるものだが、どう見てもだんな様の方が若い。

おばあさんは入院中ということもあり、どこから見ても「老婆」だが、
だんな様は背筋もシャンとして若々しく、顔も彫り深く男前である。
親しくなった母によると、

なんと!だんな様は15歳年下なのだとか。

だんな様はとてもかいがいしく、愛情あふれる態度で奥さんの世話をし、
おばあさんはそうされるのが当然という感じで、しかも嬉しそう。

おばあさん曰く「わたしは若い頃、ちょっとやんちゃだったんですよ」とのこと。

夫婦の間に子供はなく、結婚して30何年だとか。
ということは、おばあさんは50いくつかで30代の男をゲットしたことになる。

かっこいい~!

2人はとっても仲が良くて、ず~っと楽しそうにおしゃべりしている。
しかも目と目を見つめあい、微笑みあって。
ほんとうに愛し合っているのが伝わってきて、こっちまでしあわせな気分になる。

いいなぁ~♪
わたしもダーリンとあんな風になろうっと!


わたしが風疹で40度の熱を出して1週間寝込んだとき、
つきっきりで氷枕や氷嚢を代え、
お湯で絞ったタオルで身体を拭いてくれ、
白粥を炊いてスプーンで食べさせてくれたダーリンのことだから、
きっとなれると思うけどね。
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-20 00:11 | 出来事・世間・雑感

春財布で招福祈願

c0008209_19405097.jpg

人間の趣味嗜好って変わるものですねぇ・・・

若い頃、ブランド物にはまったく興味がなかったわたし。
まあ、自分で買う甲斐性もなかったし、
プレゼントしてくれるような経済力のある男ともつきあってなかったし・・・(-.-;)

30代に入ってから、やっと
「年齢的にそろそろブランド物を持ってもいいか」と思うように。
(自画自賛だけど、この感覚ってヨーロッパっぽくない?)

でも、ヴィトンとシャネルだけはどーしても好きになれなかった。(シャネルは今も)

おととしスポーツクラブでロッカー荒らしにあい、
フェンディの財布を盗られて
急遽買ったのはサマンサ・タバサ・・・(^_^;

そろそろ財布を買い替えなきゃな~と思ったときに
なぜか候補の真っ先に浮かんだのがヴィトンの長財布。

服は流行もあり消耗品感覚なのでそんなに高い物は買わないが、
時計、財布、バッグ、サングラスなどはある程度の物を持つ主義。


去年の秋くらいからコーチ、プラダ、ブルガリなどを下見したが
どれもピンとこないというか、すぐ飽きそうというか・・・

財布ってすごく酷使するのでけっこう傷みが早いし、
人目に触れる回数も多い。

となると、丈夫なヴィトンがいいのでは?と思ったのだ。

どのシリーズにするかヴィトン愛好者のMクンに指南を仰いだところ
「初めてのヴィトンなら、やっぱりモノグラムでしょ」とのこと。

で、11月のバースデーにダーリンに買ってもらいました。
春財布は「中身も張る」と縁起がいいので
新春まで使うのを待ってたのです。

白蛇の皮、えべっさんの福銭、香港の蓄財のお守りを入れてます。
それぞれが財布の中でケンカしなきゃいいけど・・・
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-17 20:12 | おしゃれ・美容・運動

驚愕!5000円のビール

c0008209_19562565.jpg

ワインを買いにいったらフランスワインのキャンペーン中。
「2本お買い上げのお客様にプレミアムビール1本プレゼント」
と書いてあったので、軽い気持ちでワインを赤白1本ずつ購入。

店員さんがレジ係の人に
「ビールはレジ通さないでね、通したらエライことになるから」と言うので
「このビール高いんですか?」と聞くと・・・

なんと!中壜1本5000円!

限定生産のプレミアムビールらしい。
ワインはヴァン・ド・ペイクラスの1000円以下なのに、
おまけのビールは5倍以上なんて!

うひひ♪いつ飲もうかなぁ~
年末の蟹が半分冷凍庫にあるので、
第二弾蟹三昧の夜に開けようっと♪楽しみ~
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-15 20:04 | 食べる・飲む

お礼&ご報告 

母の入院の件で温かいコメントやメールををくださったみなさま、
ほんとにありがとうございました。


昨日、仕事帰りに病院に寄ったらけっこう元気そうでした。
心配だった脳の検査結果が「問題なし」と出たので
本人も気が楽になった様子。

母 「MRI担当の先生、ちょっとハっとするくらい男前よ」
私 「え~っ!?どんなタイプ?」
母 「若くて、とにかくキレイな顔。すごく優しいし・・・」
私 「ふ~ん、医者で、しかも男前なんて怖いものなしやん・・・モテモテちゃう?
   でも、ルックスはいいのにダサいとかじゃない?」

母 「ううん、センスもいいと思う。白衣のポケットに入れてる携帯にも
   おしゃれなストラップ着けてたし」

私 「へえ~!見たいわ~」
母 「じゃ、この病院でMRI検査したら?」


こんな会話も交わせるほど快復してました。

とは言うものの、まだ原因不明の熱は下がらないし、
今朝、出勤前に病院に行った弟によると、
昨夜元気だった反動なのかぐったりしてたとか・・・
一進一退というところでしょうか。

妹と弟、N.Yにいる妹とは逐一CCメールで連絡しあっています。
耳の不自由な父との連絡もメールがメイン。

家族でこんなに密に連絡取り合うなんて始めてかも・・・・

母の容態はまだ心配ですが、家族の絆は強くなったかも。
それに、兄弟姉妹の存在が心強いと思いました。
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-13 21:00 | 出来事・世間・雑感

母が入院 

母が倒れて救急車で病院に運ばれ入院した。

昨夜、帰宅してワイン飲みながら寛いでいると実家から電話。
受話器を取って「もしもし」と言っても応答なし。

実は、わたしの父は耳が不自由で
補聴器をつけていてもほとんど相手の声が聴こえない。
それで「緊急事態だ!」とピンときた。

弟の携帯に電話すると、救急車に同乗して病院に着いたところらしい。

30代シングルの弟は報道関係の仕事ゆえ生活が不規則で、
大きな事件があると何日も帰れないことも多いらしいが
昨日はたまたま休日だったのが幸いした。
耳の不自由な父だけだったら救急車も呼べなかっただろうから・・・

年末年始にかけて、
友人・知人のご両親が亡くなったという報せを受けていたので
「うちにもついに来たか」とある種覚悟しながらも
現実感のないまま病院に駆けつける。

70歳の母は4度の出産以外に入院経験もなく、
大きな病気もしたことがないが、世間基準で考えれば珍しいかも・・・

病院に着くと、妹も駆けつけてきていて姉弟3人で医師の説明を聞く。
とりあえず入院させて検査の結果待ち。

今日はいったん実家へ行って父と一緒に病院へ行き、
入院手続きを済ませてから、入院に必要な物を買い揃えて再び病院へ。

去年の春に父が眼の手術で入院したときは
リニューアルしたばかりの日赤病院で
ホテル並みに整った設備で快適だったけど、
救急車で運ばれる時は病院を選べないらしく、
母が運ばれたのは古くてお世辞にも快適とは言えない病院である。

幸い我が家は今まで病人や入院にあまり縁がなかったけれど、
ふと、自分が急遽入院することになったら、とか
ダーリンが急に倒れたら、とか考えてしまう。

ぐったりとベッドに寝ている母を見て、
あらためて年老いたことに愕然としたり・・・

人間って、健康で日々を過ごしていると
ついついこれがずっと続くものだと思ってしまうけれど、
不意打ちのようにこういうことが起こるってことを
心の隅に置いて生きていかなきゃいけないのだろうなぁ・・・・
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-10 21:30 | 出来事・世間・雑感

もしかして聖人 SAINT MAYBE/アン・タイラー

アン・タイラーの小説は何度読んでもいい。
国や人種を超えて普遍的な「家族」のことがテーマなので
読んだ時の自分の年齢や状況で感じ方が変化するのも魅力だ。

とっつきやすい文体で、読み始めるとすぐに引きこまれ、
どこにでもいそうな登場人物のなにげない日常を描いているようで、
展開はある意味とてもスリリングで、メッセージは奥深い味わいがある。

ベドロウ家はTVのホームドラマの家族のように
自他共に認める理想的な家族だった。
高校フットボールチームのキャプテンで人気者だった長男ダニーが
2人の子持ちでバツイチのルーシーと電撃結婚するまでは・・・
ダニーとルーシーの間に「早産で」生まれた赤ん坊を見て
ダニーの弟で17歳のイアンはある疑惑を抱く。
イアンが発した一言がダニーの死につながり、
やがては家族やイアン自身の人生も狂わせていくのだが・・・

日本語に翻訳されているものは全部読んでいるが、これは特に好きな作品。
アメリカの普通の家族の話なのに、不思議なほど共感を覚える箇所が満載。
子供が成長し、親が歳を取ると共に変化していく「家族」。
時にやっかいで忌まわしかったり、大事に思えたりし、
一筋縄ではいなかい「家族」という存在に対する
複雑な感情の描写が見事である。

'07 1 ★★★★★(再読)
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-08 21:37 | ブックレビュー