<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

枝豆の冷たいポタージュ

c0008209_16454733.jpg

人間の体質には「熱体質」「寒体質」があるらしい。
わたしもダーリンも体温が高く、暑さに弱く、汗っかきな「熱体質」
一方、あまり汗をかかず、冷房に弱い冷え性な人は「寒体質」

大量に汗をかく=体内に水分が多い、と思い込んでいたら逆で、
水分が少ないから体温が上昇しやすく、冷却するために汗をかくとか。
「熱体質」の人は夏場、枝豆、西瓜、トマト、なす、などを多く摂るといいらしい。
よかった!全部大好きなものばかり。

ふだんはフツーに塩茹でした枝豆ですが、
たまには目先を変えて冷たいポタージュスープにしてみました。

「剥き枝豆」という便利な冷凍食品を見つけて
突然思いつきで作ってみたので、材料も工程も手探り状態でスタート・・・

剥き枝豆は軽く茹でて水を加えてミキサーでペースト状に。
鍋に移し、牛乳、ブイヨンを加えて火を通し(濃すぎるようなら水を加える)
塩で味を整え、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

枝豆独特の風味がスープにすることでコクが出て、
冷たくマイルドな口当たりなので
食欲のない夏の朝にもぴったりです。

ダーリンが予想以上に気に入ってくれてわたしも大満足♪
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-29 17:07 | 食べる・飲む

天使と悪魔 

先日、何年越しかの悲願(おおげさ!)だった模様替えに着手。

我が家は3LDK。
寝室はいっしょで、各自個室がある。
わたしは長年フリーランスで自宅がオフィスだったのだが
会社勤めするようになって仕事部屋が不要になった。

そこで、仕事部屋にしていた7.5畳の洋室を衣装部屋に。
洋室には収容力たっぷりの造り付けクローゼットがあるが
それだけで洋服やバッグ全部が収納しきれるわけがなく、
寝室にも衣類の一部を置かざるを得なかったのだ・・・

千○会で天井×横幅2・5mの不織布カバー付きクローゼットを購入し、
洋室の壁面いっぱいに設置。
組立てはダーリンで、例のごとく、
手術中のドクターとナースのようにわたしが助手を務めた。

これで寝室に置いていた衣類も衣装部屋に移動。
寝室はベッドだけのすっきり空間になった。
理想はホテルみたいにシンプルな寝室なのだ。


さて、ここからが表題の「天使と悪魔」

模様替えで大型ゴミがたくさん出た。
家具や家電などの大型ゴミは大阪市に電話で予約して
回収日の朝9時までにマンションのゴミ集積所に出しておく。

ゴミは前夜に出してはいけないのがマンションのルール。

回収日の前夜、帰宅したダーリンが言った。
「もう大型ゴミいっぱい出してる人おったで」
「ええ~?じゃあうちも出す?」
「いや、それはあかんやろ」

そう、ダーリンは人一倍正義感・道徳心が強く
規則を破るとか、ズルするとかは絶対しない人。

わたしはつい「誰も見てないし」とか「今回だけ」と
ズルしようとして彼に叱られるのである。

しかし、今回はさすがのダーリンも
朝早くから台車で何往復もすることを想像して心がグラついたのか
「誰かが出してたってことは、生ゴミ以外は夜出していいのかな・・・」
「そうやん、いいんちゃう?」ここぞとばかり尻馬に乗るわたし。

「ま、いいか、あと数時間の話やし、出してしまうか」
「出そう、出そう!朝ゆっくり寝れるし」さっそく立ち上がるわたし。

しかし彼はソファに座ったまま
真面目くさった深刻顔で逡巡している様子。

そのとき、わたしには見えた。
ダーリンの頭の周りで、彼の心の中の天使と悪魔が戦っているのが。

悪「いいじゃん、いいじゃん、みんなもやってるし、今から出しちゃえよ」
天「誰かがやってるからってルール違反していいの?」
悪「朝ゆっくり寝たいだろ?」
天「こそこそ深夜に出すより、正々堂々と朝出したほうが気持ちいいよ」

笑いをこらえきれず、声色を使って天使と悪魔を演じるわたし。
ダーリンは図星をさされて赤面し、
「やっぱり朝起きて出そう!」ときっぱり。

彼の耳元でささやいていた悪魔はわたし?
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-26 22:51 | 夫婦の日常・おでかけ

男の卵料理

c0008209_2248610.jpg

会社の一人暮らしのコが自炊してるというので
「どんな料理つくるの?」と聞くと
「雑で手抜きな男の料理です」と教えてくれたのが
ごはんのおかずによし、酒のアテによしというこれ。

①フライパンに胡麻油を熱し、卵を割り入れる。
②天かすを適量投入し、箸でかきまぜる。
③火が通りすぎない半熟状態で火を止めて器に盛る。
④韓国海苔で包んで食べる。

雑で手抜きなんてとんでもない。
胡麻油の香りと卵のふわふわ感に
天かすがいいアクセントになっておいしい!
韓国海苔で包むというのもナイスアイデア。

すっかり我が家の定番メニューになりました。
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-24 23:00 | 食べる・飲む

楽園の眠り/馳星周

TVで子供の虐待死の報道を目にしない日はないといってもいいほど。

それを観るたび心底不思議に思うのだが、
どうしてそんなに気安く子供を作るのだろう?
避妊の知識がないわけでも、中絶が禁止されているわけでもないのに
どうして一歩立ち止まって考えないのだろう?ほんとうに謎だ。


妻に逃げられ、その苛立ちを5歳の息子への虐待に向ける刑事。
託児所から逃げ出した彼の息子が
深夜の街で出会ったのは一人の女子高生。
彼女もまた、父親が暴力で支配する家庭から脱走した被害者だった。
幼児虐待、援助交際、出会い系サイト、
時代のキーワード満載のスリリングな長編。

~なぜ子供を作ろうと思う前に自分を省みなかったのだろう。
子供を作ったその先に待ち受けているものに
思いを馳せることができなかったのだろう。
自分に父親の資格があるかどうか考えてみたこともなかった。
ただ子供がほしかった。
結婚の証が、自分が一人前になったのだという証がほしかった。
子供は無条件に可愛いのだろうと思い込んできた。
子供にも人格があることなど考えもしなかった。
ほしかったのは愛くるしい動く人形だったのだ。~

チラッとでも子供がほしいと思う気持ちがある人は
全員こういうことを真剣に熟考して、
子供がいる生活を細部まで入念に
シミュレーションしてから作るべきだと思う。

刑事の追跡を素人とは思えない機転でかわす女子高生に肩入れして、
永遠に逃げ切ってほしいと思いつつ読んでしまう。
刑事が出会い系サイトで知り合う人妻のキャラがうっとうしい!
男にすれば暗くてちょっと危ない色気があるのかもしれないが
隠花植物のツルがからみつくように、
気がついたときにはがんじがらめにされてるようなタイプだ。

お約束どおり救いのない結末は大人たちには自業自得。

'06 8 ★★★☆☆
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-22 20:17 | ブックレビュー

運動神経

小学校時代の通信簿、体育はたいてい5段階の2、たまに3。

跳び箱は跳べないし、鉄棒は前回りすら怖くてできない。
走るのは遅いし、もちろんハードル、高飛び、マット運動も苦手。
球技や団体競技もキライだし、とにかく体育全般が鬼門だった。

体育の授業がある日は憂鬱で、
年に一度の運動会は雨で中止になればいいと思っていた。

もともとインドア志向で、
親に「外で遊びなさい」と強制されるのがイヤでイヤで・・・
仕方なく近所のコたちとゴム跳びやドッジボールをするのだが
何やっても不器用だし、嫌々参加してるから楽しくない。

で、ず~っと自分は運動神経が鈍いのだと思いこんでいた。

ところが、先日、プールで常連のベテランさんに
「運動神経いいんですねぇ」と言われてびっくり!

とんでもない、子供の頃から運動オンチだと答えると、
自己流で3月から泳ぎ始め、今は毎回1キロ以上泳ぐなんて
運動オンチなわけがないというのだ。

その人は毎年何かの大会に参加するそうで、わたしのタイムを計ってくれた。
スピードのことは全然気にしてないので自信がなかったが、
女性のタイムとしては平均以上とのこと。
(肝心のタイムを忘れてしまったので再度計るつもり)

ええっ!?そうなの?って目からウロコ。

大人になってスポーツクラブ通いを始め、
どうせ三日坊主と思ったら予想外にハマり、
運動が生活の一部になって早や15年以上。
実は運動好きだったことには気づいたけど
運動神経もそんなに鈍くなかったのか・・・・

それじゃ長年のコンプレックスはなんだったの?

一方、ダーリンは子供の頃から運動が得意。
足が速く、跳び箱、鉄棒、走り高跳び、
何をやっても人並み以上だったとか。

こういうコいたよね。
なんでも軽くこなせるのが当たり前。
できるから楽しいし、楽しんでやるからさらに上手くなる・・・

それなのに、大人になってからのダーリンは
スポクラに入会してもシューズやグッズ揃えて幽霊会員、
自主トレ始めても三日坊主なのはなぜ?
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-19 22:23 | おしゃれ・美容・運動

男は敵、女はもっと敵/山本幸久

うまい!スカスカの軽い小説と思って手にとったら嬉しい誤算だった。
男性作家なのに女性キャラクターに違和感がないし、
主役が交代しつつ登場人物が相互にからんで
話が展開する短編形式の構成もよく、笑いのセンスも◎。

誰もが思わず振り返る美人で、しかも仕事ができる
フリーの映画宣伝ウーマン・高坂藍子。
大手広告代理店部長の西村と不倫をしていたが、
西村の煮え切らない態度に見切りをつけ、
彼へのあてつけとして、冴えない男の見本のような
デザイナーの湯川に自分からプロポーズする。

湯川を選んだのは、容姿、年収、学歴、趣味など
すべての面で西村より劣っていたからだ。
しかも湯川はセックスも下手だった。
「僕でいいんですか?」と心底驚いた湯川だが、
内心は「35歳の女性が必死の形相で結婚してくれと嘆願するので
よほど切羽詰ってるのだと可哀相になってOKした」という。

美人のヒロインに嫌味がなく、同性が感情移入できるキャラなのがポイント。
その上、不倫相手の西村の妻、湯川の再婚相手となるデザイナーなど
タイプの違う女性たちのどれもリアリティがあって好感がもてる。

ハナエ・モリの花柄ハンカチ、一澤帆布のバッグなど小道具の使い方も上手。

'06 8 ★★★★☆
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-18 17:11 | ブックレビュー

ユナイテッド93/UNITED 93 '05(米)

c0008209_18322934.jpg

2001年9月11日の米同時多発テロ当日、
ハイジャックされた4機の旅客機のうち、
唯一目的地に到達しなかったユナイテッド93便の
機内で起きたであろう物語を再現した作品。

あの日、夜11時台のTVニュースで
世界貿易センタービルに航空機が激突した映像を観た瞬間、
「ああ、第三次世界大戦だ。もう世界は終わりだ・・・・」と絶望的な気持ちになった。
同時に不思議な既視感というか、
パニック映画のワンシーンを観ているような気がして
現実に起こったことだとは信じられない感覚もあった。

映画化を知ったとき、正直言って早すぎると思った。
わずか5年前の事件は「歴史」と呼ぶにはあまりにも生々しい。
悲劇の結末を知っているだけに、そこへ突き進む過程を追う
鑑賞中は強い緊張感を強いられたし、もちろん後味もよくない。
それでも、絶対に観る価値はある。

絶望の中で一致団結し、テロリストたちと戦って
飛行機を奪還しようと行動を起こす人々の姿が
「この世界にはまだ希望はある」と思わせてくれるのだ。

ほとんど無名な役者陣に加え、実際の空港管制官や軍関係者の出演、
ドキュメンタリータッチの映像がリアルで、
一瞬、機内カメラの映像を観ているのでは?という錯覚に陥るほど。
単純にテロリストを悪、乗客乗員を善と描き分けることなく、
必要以上に感情移入させない淡々とした演出が効いている。

監督:ポール・グリーングラス
'06 8 16 劇場 ★★★★★
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-16 19:06 | 映画レビュー

懐かしのCM映像  

冗談抜きで殺されそうに暑い・・・・と思ったら
大阪は今年いちばんの暑さだそうで38度!

朝からダルくてプールもやめよっかな~と思ったけど行って正解。
無理せず軽めにと思いつつ、1250m泳いですっきり!

夏バテ気味だし午後は昼寝でもしようと思ったけど、
わたし、昼寝ができないたちなんですよね・・・・(-.-;)
昼寝の習慣もないし、起きた後のボ~ッとした感じが気持ち悪くてキライ。
たとえ寝不足でも、夜ベッドで本格的にしか眠れない。

てことで、古いビデオを観ました。

********************************
シドニー・シェルダン原作「真夜中のエンジェル」
世界を股に掛ける女泥棒と詐欺師の話で
ルパン三世とか、昔の一条ゆかりの漫画みたいにおしゃれで軽いタッチ。
ヒロインの顔ははっきり言って好みじゃないが
トム・ベレンジャー、リーアム・ニーソンなど
意外に豪華キャストで何度観ても楽しめる。と、これはこれでいいとして・・・・

ふつう、TV録画したビデオを観るときってCMは早送りしますよね。
わたしも最初はいつも通りそうしてたのだけど、
あるとき、ふと手が止まった。

本編の間に入っているCMが古くて懐かしい!

これ、いったいいつ録画したんだろ?

小泉今日子出演のクノールカップスープ、キョンキョンが若い!
ダイアン・レイン出演の銀座ジュエリーマキ、ダイアン・レインも若い!
そしてCMソングは鈴木姉弟の「ロンリーチャップリン」!!!

故・安井かずみの夫(名前出てこない、加藤晴彦じゃないし・・・)と
ムッシュかまやつ、阿木曜子(?)出演のサントリーワイン、
山本陽子出演のコーミケチャップ、
「トロイ」みたいに仰々しい銀座IGINのドレス、
桂べかこ(まだ南光じゃない)&高橋恵子のラーメン・好きやねんetc・・・

メーカーは忘れたけど、
楠田枝里子のオリジナルトレーナープレゼントなんて今じゃ考えられないよね(笑)

出演者のファッションやメイクに時代を感じるのは当然として、
ナレーションの声の感じ、間合い、BGMの音質、演出などなど、
すべてにものすごく「時代」を感じる。
車、洋酒、化粧品など時代の先端をいく企業が
優秀なクリエイターを使っておしゃれに作っているCMほど
今観ると気恥ずかしくなるほど「ダサい」のだ。


いや~、懐かしいというか、おもしろいというか
ある意味本編以上に楽しんで見入ってしまいましたよ。

観終わったらどんどん消して重ね撮りしているような
番組&CMも何年後かにこういう楽しみ方ができるから
残しておくのもいいかもね。
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-15 17:34 | 出来事・世間・雑感

たまには和食

c0008209_20573393.jpg

紅南京の素揚げと豚肉の紫蘇巻き。

揚げ物ってほとんど食べないし、家で作るのも年に数回。
ところが、スーパーの野菜売り場で紅南京を見たとたん、
どうしても素揚げにして食べたくなったのです。

結果は大正解!ほんのりした甘味がすっごく美味。
衣をつけないからカロリー控えめだし、手間もかからない。
余力があれば夏の間にもう一度くらい
茄子やズッキーニなど夏野菜の素揚げで旬を楽しもうかな。

豚肉の紫蘇巻きは、
薄切りの豚肉と紫蘇の葉を交互に重ねてくるくる巻くだけ。
フライパンで焼いて塩、コショー、日本酒で味付け。
仕上げにさっと少しだけしょうゆ。

献立はこの2品に加えて冷奴、枝豆。
栄養バランスも満点の夏の和食です。
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-12 21:11 | 食べる・飲む

真夏のデート 

c0008209_2012626.jpg

水曜日、2人とも仕事が休みなのでドライブがてら南港へ。
巨額の赤字を抱えるWTC、ATCのある埋立地だ。
いまいちパッとしないスポットではあるが、来てみるとそう悪くない。

南港に来るたびにわたしとダーリンは同じ会話を交わす。
「なんで東京のお台場や神戸のハーバーランドみたいな
おしゃれスポットになれなかったのかねぇ?」
「諸悪の根源は駐車場や。こんな陸の孤島で
駐車料金取ろうっていう発想がスタート地点から間違ってるわ。
損して得取れという商売の鉄則を知らんのかなぁ・・・」


駐車料金をタダにするだけで、人はもっと気軽にやってくるし、
来れば飲食や買い物でお金を落とす。
同時にテナント料を安くして質のいいショップを誘致すれば
活性化すると共に、スポットとしてのグレードも上がる・・・

こんな話をしながら和食ダイニングでランチ。
海に面したカウンター席が気持ちよかったし、料理も予想以上に◎

ブランドショップをのぞくとセール中だったので
買い物好きなわたしたちは急にテンションが上がる。

わたしは通勤用にプラダスポーツのトートバッグと
イタリア物のカシュクールタイプのワンピース、XOXOのサングラス。
ダーリンは靴2足、バーバリーとGOTCHAのサングラス。
そしてペアでシルバーのリングを購入。

なんとなく海外のモールで買い物してる気分になり、
気を許すとさらにいろいろ買いそうなのでかろうじてわたしがストップをかける。

店を出て、2人でしみじみ「あ~買い物って楽しいねぇ~」
海外へバカンスに行くわけでもなし、これくらいの贅沢なんて可愛いものよね?


************************

いったん帰宅してシャワー浴びて着替え、
夜は予約しておいたミナミの洋食屋「K」へ。
いわゆる「予約の取れない」人気店だけあって満席大繁盛。

スモークサーモンのマリネ、あさりのバターソテー、
生ハム、じゃがいも、クレソンのサラダ、
海老フライ、山形牛のフィレステーキ、
そして締めにほんの一口ずつのカレーライスが絶妙!

珍しくダーリンもワインをけっこう飲んでくれたのでわたしはご満悦。
ああ~、やっぱりおいしいモノ食べるのって最高にしあわせ・・・

その後、共通で行きつけのバーへ久々に揃って顔を出す。
一時期、わたしは毎週のように通っていて、
飲み会の後も一人で飲み直すなど、ほとんどホームバーと化していたのだが
気がつけば1年以上ごぶさただった。
最近はダーリンの方がちょこちょこ通っていて
「マスターにグロリアさんまた来てって言われたで」とご伝言。

ドアを開けるとマスターはあいかわらず一人でギターを弾いていた。

カウンターに座ると、懐かしいというか、しっくりくるというか、
1年以上もごぶさたしていたとは思えない、
時間が止まっていたかのような不思議な感覚に包まれて、
思わず「うわ~、なんか落ち着くわ~」。

こういうバーがあるから、やっぱりお酒は一生やめられません・・・
[PR]

by Gloria-x | 2006-08-10 21:28 | 夫婦の日常・おでかけ