<   2006年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

オリエント急行殺人事件/MURDER ON THE ORIENT EXPRESS '74(英)

c0008209_21171345.jpg
原作はアガサ・クリスティによる推理小説の古典的名作。
昔、TVの洋画劇場で観たような気もするが、
正直言うとあまり印象に残っていなかった。
今回じっくり観てなにより豪華キャストにびっくり!
リアルタイムでは彼らの黄金期を知らないが、
映画ファンなら誰しも名前を知っている大御所揃いで
「スター」のゴージャスなオーラを実感できて楽しめる。



公爵夫人、執事、秘書、宗教活動に身を捧げる独身女性、元軍人etc・・・
役者陣がまるで絵に描いたようにそれぞれの役にぴったり。
あまりにもハマリすぎていて逆に何かのパロディを観ているような感覚になる。


ローレン・バコールがめちゃ渋くてかっこいい!
日本ってこういうタイプの女優が少ないなぁ・・・
ヴァネッサ・レッドグレープも知的で美しくてよかった。
彼女とショーン・コネリーは自立した大人のカップルって感じで好印象。
バーグマンはすごく意外な役どころで、すっかり「おばさん」になっていたので
途中まで彼女だと気づかなかったほど。(役作りなんだろうけど)

ジャクリーン・ビセットとマイケル・ヨークの2ショットが見もの!
背景にバラの花を散りばめて紗をかけた感じで、
まるでわたしが子供の頃の一条ゆかりの漫画みたい。

マイケル・ヨークは美しい妻にぞっこんの若い伯爵で、
もう1秒たりとも妻から目を離せない、妻のためなら命だって投げ出すという風情が
なんか一種独特のちょっと危ない色気をムンムン漂わせているのだ。
(わたし的には好みじゃないが)

車掌役のジャン=ピエール・カッセルってヴァンサン・カッセルのお父さんなのだとか。
ポワロ役のアルバート・フィニーは大げさすぎる演技が鼻についていただけなかった。

製作から30年以上経っているが、よくできた映画は
時代が変わっても色褪せないなぁと再認識させられた。
感動するとか心に残るとかいう種類の作品ではないが、
きっと何年後かに観直しても楽しめるすごくお得感のある映画だと思う。

'06 7 WOWOW ★★★★☆
監督:シドニー・ルメット
出演:アルバート・フィニー、ローレン・バコール、イングリッド・バーグマン
   ショーン・コネリー、ヴァネッサ・レッドグレープ、ジャクリーン・ビセット
   マイケル・ヨーク、アンソニー・パーキンス、ジョン・ギールグッド
   リチャード・ウィドマーク、ウェンディ:ヒラー、ジャン=ピエール・カッセル
   レイチェル・ロバーツ、コリン・ブレイクリー
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-29 21:27 | 映画レビュー

シーフードソテー

c0008209_203687.jpg

たまにはワインも解禁しなきゃ、と久々にシャルドネを開けることに。
そうと決まればおいしいシーフードが食べたい!

大好物の海老をメインに、帆立貝柱、サーモン、
そしてミニアスパラをソテーしました。

海老はいつものブラックタイガーよりサイズも値段も3倍くらいのを奮発!

EXバージンオリーブオイルで海老を炒めて取り出し、
電子レンジで茹でておいたアスパラを投入。
帆立とサーモンは刺身なので軽く火が通る程度にバターでソテー。

塩、ブラックペッパー、レモン汁だけでシンプルにいただきます。
ちなみに、我が家で今使ってるのは南フランスの天日塩。
ほんのりと甘味があって素材を引き立ててくれます。

冷えたシャルドネとのコンビネーションが至福の味わい・・・・
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-27 20:46 | 食べる・飲む

妙に気になるCM

いちいち事を荒立てる(おおげさだけど)のもなぁと目をつむっていたのだが、
前から妙に気になってイラつくCMがある。

ひとつはタッキーが出ている健康飲料のCM。
明るくモダンなオフィスらしき設定の場所で
女性たちが商品名を連呼しながら踊り、
タッキーが「最近、キレイなひとが増えましたね」とつぶやく。

女性たちの踊りがはっきり言って変!
バリ舞踊を連想するような妙ちきりんなポーズで、
衣装と振り付けのイメージが統一感ゼロ!
笑わせたいのか?と一瞬思うのだがそうでもなさそう。


「ピアノ売ってちょうだ~い」と財津一郎が歌い踊るCMがある。
こちらは明確にお笑い路線を打ち出していて、
プロのダンサーがそのコンセプトに沿って
妙な踊りを踊っているので観ていて違和感はない。
ところがタッキーのCMはコミカルなのか真剣なのかどっちつかず。

また、ラストショットでタッキーの背後から
いきなり一人の女性が現れてタッキーに頬を寄せるのだが、
この女性も「キレイ」と分類するにはビミョーだし、
びっくりするタッキーのリアクションも中途半端。

わたしは勝手にホラーっぽい演出と受け取ってるんだけどね。

*****************************

もうひとつは韓国のお酒のCM。

名前は知らないけど韓流スター(♂)がバーのカウンターで飲んでると、
少し離れた席にいた女がつぶやく。

「わたし、いつか竹炭になって世の中をキレイにしたい」とかなんとか・・・

はぁ~?なにこの寒いセリフ?

まるで往年の名作ドラマ「男女7人夏物語」で
賀来千賀子が演じたようなイタい女である。

この時代錯誤なセンス、どういう意図があるのだろうか?
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-26 16:54 | 出来事・世間・雑感

越境/パット・バーカー

英国ブッカー賞作家初の邦訳作品。

10歳の時、近所に住む老女を殺害したダニーは
裁判で責任能力があるとみなされ、刑務所で服役。
13年後、新しい名前と身分をもらって釈放される。
そして、事件直後ダニーの精神鑑定をした児童心理学者トムは
画家である妻ローレンとの離婚問題に悩んでいた。
ある朝、夫婦で散歩していたトムの目の前で若い男が
川に飛び込んで自殺をはかる。
トムが助けたその男はダニーだった。

重いテーマを扱った長編文学で、
エンターテイメント性がないにも関わらず
人物や情景描写が巧みで視覚的なためか、引き込まれてかなり一気に読破。

23歳に成長したダニーの、何をするかわからない危険をはらんだ言動と、
それとは対照的に時折見せる鋭い洞察力と知的な語彙。
人を心理的に操る天性の才能など、
ダニーのキャラクターは魅力的でリアリティがある。
一方、トムは30代半ばという設定で、そのつもりで読んでいるのに
なぜかどうしても50代半ばの男を想定してしまう。
これは原作者の意図なのか、翻訳のせいなのか、単にわたしだけの問題か?

ダニーの父親は軍隊を除隊後、人生の落伍者となり、
酒に溺れて家族に暴力をふるうようになる。
しかしダニーはトムに「きみは虐待されたんだね?」と
質問されると正直に「わからない」と答える。

「俺はほっておかれたことも、性的に虐待されたことも、飢えたことも、
拷問されたことも、朝昼晩独りだったことも、火傷させられたことも、
火を押しつけられたこともない」
「たぶん親父は息子を男らしく育てるために正しいことをしていると
本気で思っていたんだろう」
以前、児童虐待の専門書で読んだが
ダニーのような意識は虐待を受けて育った子供には珍しくないようだ。

ダニーは自分が起こした事件を虐待のせいにするつもりはないと明言する。
多くのミステリーが残虐な犯罪の要因として
犯人の虐待体験をやや安易に使う傾向にある中で、これは印象的だった。

英国で2人の少年が2歳の男の子を殺した有名な事件についての
ノンフィクションを読んだ時にも思ったが、
日本の司法制度は未成年の犯罪に対して甘すぎると思うので
英国のように殺人犯は未成年でも実名と顔写真を公開すべきだと思う。

'06 7 ★★★★☆
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-25 17:32 | ブックレビュー

定番中華調味料

c0008209_20144094.jpg

我が家の料理に欠かせない常備調味料たち。
左から豆板醤豆鼓醤辣椒醤
両端の2つは肉と野菜、魚介類と野菜を炒める料理などに使用。
辣椒醤はにんにくの香りがなんともいえず食欲をそそります。

真ん中の豆鼓醤以前にも紹介しましたが、
これを使ったヘビーローテーションメニューがこれ。

c0008209_20151857.jpg


我が家では勝手に「ナムル」と呼んでますが、
正式には韓国料理のナムルとは違うわたしのオリジナルレシピ。

茹でた豆もやしを、胡麻油、豆鼓醤、塩で和えるだけ。
ローカロリーで食物繊維とビタミン豊富で
酒の肴にもごはんのおかずにもぴったり!
ほぼ毎日食卓に登場しています。

こちらも絶対ハズせない存在。半練りタイプのスープの素、味覇

c0008209_20293442.jpg


炒め料理全般、炒飯はもちろん冬場はスープに大活躍です。
ちょっと入れるだけで奥深い本格派の味が出るのが魅力。
我が家では1kg缶を買っています。
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-23 20:36 | 食べる・飲む

1500m達成! 

ついにクロールで1500m達成!

今週は一回しかプールに行けず運動不足が気になってたので
いつもよりちょっとがんばるつもりでスタート。

一週間ぶりに泳ぐのがすごく気持ちよくて
無理せずあっという間に1500m泳げちゃったって感じ。

水泳って自分の体調はもちろん、プールの環境に左右される。
空いていてコースを独占できる日は精神的にも楽に泳げるし、
コースをシェアする人との「泳ぎの相性」みたいなものもあるみたい。

男性に多いんだけど、派手に水しぶきあげて
早いスピードで延々泳がれたりすると
こっちのリズムが狂うし、心理的プレッシャーで泳ぎにくい。

ところで、バタフライって申し訳ないけど「はた迷惑」ですねぇ・・・

理想的なのは脱力系でゆっくり静かに泳ぐ人。
さらに、たまにはコースの端で休憩する人。

自分はどうなのか気になるけど、少なくとも迷惑はかけてないと思うんだけどな。

********************************

荒川静香がファッションショーのモデルに挑戦した話題をTVでやってた。
みんな口を揃えて「美しいですね~」「妖艶ですね~」。

わたしの感想は「わ~、末成由美にそっくり!」

※関西以外の方にはわかりにくいかも、
 吉本興業のベテラン女優さんです。
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-21 17:53 | おしゃれ・美容・運動

モディリアーニ・真実の愛/MODIGLIANI '04(米・独・仏・伊・英・ルーマニア)


c0008209_2151178.jpg悲劇の天才画家モディリアーニと妻ジャンヌの激しく哀しい愛の日々と、
ライバルであるピカソとの確執をテーマに
監督独自の解釈で描いた作品。

126分と長いので正直ちょっとダレるが
モディリアーニの絵は知っていても彼の人生についてはまったく知識がなかったので興味深く観賞できた。

コンペに向けて、モディリアーニをはじめ、
ピカソ、ユトリロ、スーチン、キスリングが
それぞれ取り憑かれたかのように
作品を仕上げていくシーンは見ごたえ満点!
ここをクライマックスにしてもっとタイトにテンポよく編集すればよかったのに・・・

わたしはピカソが大好きなので、この映画での彼の描かれ方は正直不満。
「金や名声は手に入れていてもモディリアーニの才能に嫉妬する俗っぽい男」で
ピカソの魅力である自由奔放でやんちゃなオーラがまったく出ていないのだ。
(ただし演じた役者は存在感があってよかった)
しかも、長編のわりに2人の確執の描き方が浅いのも気になる。

史実とフィクションのフュージョンがおもしろかった。
コクトーはいかにもコクトー的風貌で思わずニヤっとしてしまうし、
ユトリロ、ルノアール、キスリングやガートルード・スタインなど
おなじみの画家や20世紀初頭のパリを彩る有名人全員集合風で楽しめる。

しかし、モディリアーニとジャンヌの壮絶な愛とやらには感情移入できない。
生まれた子供をジャンヌの両親に押し付けておきながら、
ジャンヌの父親が子供を施設に預けたのを知って狂ったように怒るのは理不尽だし、
ジャンヌの最期も女として気持ちはわかるが、人の親としては無責任すぎ。

彼らが現代の日本に生まれていたとしたら
パチンコ屋の駐車場で子供を熱中死させるヤンキー夫婦では?

'06 7 WOWOW ★★★★☆
監督:ミック・ディヴィス
出演:アンディ・ガルシア、エルザ・ジルベルスタイン、オミッド・ジャリリ
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-19 22:08 | 映画レビュー

魔女の息子/伏見憲明

同性愛者であることをカミングアウトし、
ゲイ・ライターの第一人者として活躍する著者の文藝賞受賞作。

物語の構成、キャラクター造型もうまく、
以前読んだ自伝エッセイ風の著作より
文章や表現が格段に洗練されていた。

ゲイの出会い&性欲発散の場「ハッテン旅館」ってすごい!
「アイズ・ワイド・シャット」の秘密の館と言うと美化しすぎだが、
誰もが素性や社会的背景を一切かなぐり捨てて
単なる一個の肉体として欲望を発散できる場所があるというのは、
異性との出会いがなく、恋愛の機会に乏しい
ストレート男女が置かれている現状よりも
ある意味突き抜けていていいのかもなぁ~と思ったり・・・。

'06 6 ★★★☆☆
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-18 12:05 | ブックレビュー

神戸牛と人気スウィーツ

「久々にあの肉が食べたい~」
というわたしの要望で兵庫県氷上郡までドライブ。
神戸高見牛というブランド牛を育てている
牧場直営のステーキハウスに行ってきました。
c0008209_20283524.jpg

刺身。柚子胡椒をちょこっとつけて・・・
口に入れると噛まなくても溶ける悦楽の味わい。
c0008209_20274325.jpg

ステーキ丼。食欲に負けて写真が寄りすぎ~
ジューシーで甘い肉とタレの絶妙のコンビネーション!
最近、わたしもダーリンも炭水化物を控える食生活に慣れたので
丼モノのボリュームに圧倒されました。

c0008209_202974.jpg

お店は山荘風の造りで、庭にポニーがいます。

c0008209_2029376.jpg

バニラ・DE・ブリオッシュ。
中国道、西宮名塩のサービスエリアでしか食べられない名物。
以前、TVで観てどうしても食べたかったのです。

ブリオッシュ生地のパンにメープルシロップを塗り、
バニラアイスクリームをはさんで軽く焼いているとか。
外はふんわり温かく、中はひんやり。
甘さと二種類の食感が絶品!
中国道走るたびに立ち寄ってしまいそう・・・

西宮名塩SAに寄る機会があればぜひお試しあれ♪
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-15 20:50 | 食べる・飲む

ウルトラヴァイオレット/ULTRA VIOLET '06(米)

c0008209_211168.jpgミラ・ジョヴォヴィッチはあいかわらず美しくかっこいい。
陶器のような肌は、あれだけ死闘を繰り広げても
テカらない、くずれない、そしてもちろん
汗ひとつかかないクールビューティー。憧れるわ~!
彼女のプロモーションビデオとして観れば納得。
ただしSF映画としては・・・(ネタバレします)

アメコミ風イラスト&ロゴのオープニングタイトルが
けっこう期待感を抱かせてくれるし、
ミラが1年かけてじっくりトレーニングしたという
剣を使ったアクションシーンにも魅了される。

背後で発射される銃を音で判断し、
瞬時に身をかわして自分をスルーさせ、正面の敵を倒すとか、
顔に吐きかけられたツバを手のひらで寸止めとか、
敵のドレッドヘアを引っ張って振り回して倒すとか、
悪の枢機卿が鼻につけてるフィルターみたいなもの(感染をふせぐため?)etc・・・
笑えるシーンもちりばめられている。

でも、なんか物足りないというか中途半端・・・
なぜなら、映画の前半でミラ扮するヴァイオレットが
無敵だってことがわかってしまうから。
何十人の敵が一斉にかかってきてもあっさり倒してしまう
シーンの連続で、ハラハラドキドキ感がないのだ。

SF映画に登場する発明の中には「おっ!」と感心するものがあるが
今回は「ダイヤをちりばめたブレスレット風クレジットカード」
「街角の公衆電話からコピーできる使い捨て携帯電話」が目を引いた。
でも、ヴァイオレットってウィルスに感染した超人間で
地下組織の中で人間と戦いながら生き延びているのに
クレジットカードを持ってるっておかしくない?

'06 7 12 劇場 ★★★☆☆
監督:カート・ウィマー
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ニック・チンランド
[PR]

by Gloria-x | 2006-07-13 21:05 | 映画レビュー