<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ハルカ・エイティ/姫野カオルコ

直木賞受賞を逃したのがほんとに残念な力作。

80歳を超えてもナンパされ、
粋に恋愛を楽しんでいたという著者の伯母をモデルに、
戦前、戦後から現代までの日本を
ハルカという女性の目を通して描いた「女一代記」。
というと、NHKの朝ドラみたいな優等生的物語を想像しそうだが、
まったくそんなことはない。

見合いで結婚したハルカの夫・大介は
当時の日本人としては大変珍しい感覚の持ち主である。
別の男との失恋で泣いている妻を
「世の中には貞淑でいるしか仕方がないから貞淑な女の方が多いが、
貞淑でいられないほどきれいな女にしか男は言い寄らない。
ハルカは美人だ。こんな美人、男はほっておかない」と慰め、
妻がナンパされたり、男ともだちとデートして帰ってくると
帰宅した妻から「女」のフェロモンを感じて夫婦のスパイスとして喜ぶのだ。

ハルカの舅姑の人柄もまた素晴らしい。
舅・佐エ門は妻ミヤのことを第三者の前で「大東亜一の妻や」ときっぱりと言う。
彼女の実の父は妻のことを愚妻だとしか言わない。
それは謙遜というより照れ隠しの表れで、
日本男児の慣習であることもわかっているが、
神や仏の前で夫婦の契りを誓った人間を愚者だというのは
少しも男らしくないとハルカは考えている。

このあたりの感覚が共感を呼ぶ。

第二次世界大戦当時の庶民の暮らしや空襲について、
わたし自身の両親から当時まだ幼い子供として経験した
ことを何度か聞かされたときのように身近な描写で書かれていて
それがいっそうリアルに戦争の怖さや愚かさを実感させる。

『どうせ死ぬ。みんな死ぬ。みんないっしょに。この時代、
多くのふつうの人が日常的にそう思っていた』

『世界にたったひとつしかない命も、一幕のコントのようにぽんと
オワリになるもの、それが太平洋戦争にかぎらず戦争という状態であり、
そんな状態を聖戦だと集団催眠にかかることが
またすべての戦争という状態なのである』

ハルカの妹・時子が著者の実母のモデルだが、
時子は異常なほどの潔癖症で、
『物事はすべて悪いことを予想しておいたほうが仇にならずにすむ』
という極度のネガティブ志向。
著者が今までエッセイなどの中で繰り返し書いていた
実家や両親の話、世間基準から見ればかなり奇妙で、
暗く冷たく不幸な子供時代のことが納得できた。

『子といえ、親といえ、DNA仲間である前に、
人間のひとりひとりは個人なのである。
人間と人間のかかわりあいは、個性と個性のかかわりあいである。』


実にそのとおりだと思う。そのことが理解できず、
というより、そんな真理の存在にすら気づかず、
「血のつながり」や「家族」という名の下に
すべて許されるはず、わかりあえるはず、
と妄信する人間が悲惨な事件を起こすような気がする。

'06 6 ★★★★★
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-30 17:35 | ブックレビュー

まつげパーマとマスカラコーティング 

ものすごく久しぶりにまつげパーマをかけた。
以前は1~2ケ月に一回やってたのだけど、
こういうのって何かのきっかけで間が空くと
「ま、いいか」が続く。
どうしても必要ってわけじゃないからね。
わたしもなんと2年くらい行ってなかった。

会社でホットペッパーを見てたら
「まつげパーマ&マスカラコーティング」というのを見つけた。

「マスカラコーティング」とは初耳だが、
洗顔しても2~3週間キープできるマスカラらしい。
こりゃぁいい!と即クーポンをゲット。

わたしはすっごい汗っかきで、
夏場は一日何度もシャワーを浴びるし、
外出先でのメイク直しも必須。
最近はプールに通っているのでスッピンでウロウロすることも多い。
なので、目まわりだけでも手を加えなくていいなら
どれだけ楽になることか・・・

初回限定半額サービスで、セットで3150円。
我が家から自転車圏内なので
さっそく予約を入れて行ってきた。

おお!完全に忘れてましたよ、このパッチリまつげの感覚!
スッピンでも顔がボヤけてないのがいい♪


わたしはまつげ自体は濃くて長いのだが、
奥二重なので生え際が引っ込んでるのが大の不満。
ビューラーでカールしてもなんかイマイチだし、
マスカラ塗ると上下のまつげがくっついたりしてうっとうしいの・・・

まつげパーマをかけるとしっかり立ち上がってるし
上下のまつげもきっちりセパレートで潔い感じ。
これからはできるだけ習慣にしようっと。

ほんとは一刻も早く完璧なくっきり二重に整形したいんだけどね・・・・
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-28 19:22 | おしゃれ・美容・運動

ガスパチョ

c0008209_19131227.jpg
今年もガスパチョの季節がやってきた。

湯むきしたトマト、セロリ、きゅうり、
パン粉少々、エキストラヴァージンオリーブオイル、
クミン、塩をミキサーでガーッと混ぜるだけ。
分量はテキトー(もう体が覚えてるので)

簡単でおいしくて栄養があるので
夏場はしょっちゅう作ります。

ビタミンが体のすみずみに行き渡る~って感じ!
こんなにおいしいのに、写真映えしないのが難・・・
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-27 19:26 | 食べる・飲む

愛の神・エロス/eros '04(米・伊・仏・中)

c0008209_193033100.jpgウォン・カーウァイ、スティーブン・ソダーバーグ、
ミケランジェロ・アントニオーニ、
3人の監督によるオムニバス。

ちゃんとした映画ファンからのお叱り覚悟で
「カーウァイ作品以外は観なくていい、
いや観ないほうがいい」と断言したい。

カーウァイ作品が一本目なので、あと二作を観ることで
せっかくの陶酔が薄れてしまうから。
なので★5もカーウァイ作品のみの評価。

「The Hand」
監督:ウォン・カーウァイ、出演:コン・リー、チャン・チェン

'60年代の香港。美しく驕慢な高級娼婦とウブな仕立て屋見習い。
家に呼びつけられ、壁一枚隔てた場所で同衾の声を聴かされたかと思えば
若い男の正常な肉体反応を見透かされて羞恥と困惑の淵に追い詰められる。
そしていきなり犯されるのだ。しかも手で!
驚愕、苦痛、そして快楽から哀切へと変化するチャン・チェンの表情がいい。
やがて男はペーペーの見習いから一人前の職人に成長し、
対照的に女は坂を転がり落ちるように落ちぶれていく。
そこから始まる男の愛が哀しくも美しい。
コン・リーはさすがの貫禄。この短かさで女の一生を見事に演じ
作品に厚みを与えている。
雨の路地裏、安ホテル、美しいチャイナドレス、一歩間違えば悪趣味なインテリア、 
気怠く官能的な音楽、からみあう視線と少ないセリフ etc・・・
カーウァイファンの大好物がぎゅっと凝縮された濃密な極上の一品。

「Equebulium」
監督:スティーヴン・ソダーバーグ、出演:ロバート・ダウニーJr.、アラン・アーキン

ソダーバーグは巨匠アントニオーニとカーウァイとの競作で
肩に力が入りすぎちゃった、って感じ?
心理学的に意味ありげな小道具をちりばめてはいるけれど、
共通テーマは「エロス」なのに「どこがエロス?」って内容だし・・・
ソダーバーグ、はっきり言ってわたしはダメだ。
「オーシャンズ11」が超駄作だったし、
「エリン・ブロコヴィッチ」はよかったけど、あれは結局は実話の力だったのかも。

「The Dengerous Thread of Things」
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ

アントニオーニ、イタリア映画の巨匠ということは知っているけど、
難解で退屈で意味不明な純文学映画とでも言いましょうか・・・
(昔、マルコヴィッチとソフィー・マルソー主演の超退屈な作品を観たことを思い出した。
あれもわけわからんかった)
しかも「エロス」の表現が古臭くてピントがズレてる。
自然の風景だけは皮肉なほど美しいけど、
登場人物たちの関係や置かれた状況も説明不足すぎてイラつく。
ラスト、砂浜での全裸女の新体操か前衛舞踊みたいな踊りには失笑した。
巨匠だし、90歳超の老齢だし、彼の企画だからってこんなんでいいの?

特典インタビューでカーウァイ監督が
「わたしにはアントニオーニのようなイタリア人的な発想はとてもできない」
と語っていて、一応、賛辞をこめたコメントなんだけど、
2人の作品があらゆる意味で対照的すぎて、
この発言がマジな皮肉のように感じられるのはわたしだけ?

'06 6 DVD ★★★★★(ウォン・カーウァイ作品のみの評価)

      
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-25 19:45 | 映画レビュー

ダニー・ザ・ドッグ/DANNY THE DOG '04(米・仏)

c0008209_17421639.jpg子供の頃にさらわれて、
地下室で首輪をつけられて犬のように飼われ、
人を殺すことだけを仕込まれてきたダニー。
ある日、盲目のピアノ調律師サムと出会ったダニーは
少しずつ人間らしい感情を取り戻しはじめるが・・・

ジェット・リーのアクションを観てるだけで快感!
40歳くらいのはずだけど、小柄で童顔な東洋人なので
イノセントなダニー役にぴったり。
特に、傷ついた仔犬みたいな哀しい表情が最高だ。

モーガン・フリーマン演じる調律師と義理の娘は
「こんな人間いるわけないし、いたら逆に心配」な偏見のない完璧な善人で、
そこがちょっと気になるが、現代のおとぎ話として観れば、
この善悪はっきりさはいっそ気持ちいい。
アクションとドラマの配分、メリハリ加減も◎

そうそう、ダニーの飼い主に「死闘ショー」の企画を持ち込む男が
なんかゴッホの自画像の実写版ですごく奇妙な顔・・・

'06 6 DVD ★★★★☆
監督:ルイ・レテリエ
出演:ジェット・リー、モーガン・フリーマン
   ボブ・ホスキンス
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-23 17:49 | 映画レビュー

宝の持ち腐れ男子 

仕事帰りにスーパーで買い物し、レジの列に並ぶ。
わたしの前には作業着に安全靴の若い男性。
レジが混んでいるので、暇つぶしにふと視線を上げると、

長瀬クン(TOKIO)にそっくりじゃあ~りませんか!

当然、わたしの目は彼の横顔にくぎづけ。
あまりあからさまだと怪しまれるので、
レジの進み具合を気にするフリをしつつ観察する。

髪型は「白線流し」の頃みたいな長くも短くもない黒髪。
そしてダサい銀縁のメガネをかけている。
私服じゃなくてもイケてないのは一目瞭然。
だけど背も高いしガタイもいいし、
顔はすごく端正で、見れば見るほど長瀬クン似。

彼の挙動を見ていると自分の魅力を生かすどころか、
男前だということにすら気づいてない感じ。
それって立ち方や表情に如実に現れるもんね。
きっと恋人もいないか、いてもたいした恋愛してないはず
何様発言で申し訳ないが、
年齢と共に他人のそういうことがどんどん見えてくるのさ。

あ~もったいない・・・

でも、わたしはこういう「宝の持ち腐れ」感を漂わせた男子が好き。

「ギルバート・グレイプ」のジョニー・デップとか
「愛の神・エロス」のチャン・チェンとか
オダジョーや長瀬クンもそういう役どころが多いよね・・・

たいした顔でもないのに「ブイブイ言わせてる」オーラを発する
あつかましい男は世間にゴロゴロいるが、
ルックスはいいのに効果的に使ってないどころか
自分の魅力に無自覚な男子を見ると
ダイヤモンドの原石とか鉱脈を発見したような気分になるの。

あ、でもせいぜい25歳くらいまでね。
20代後半になってもまだ
腐りかけた宝を後生大事に持ってるなんて素質がないってこと。
30過ぎた「持ち腐れ男子」なんて目も当てられないワ・・・

男に貢いだりする心境はまったくわからないけど、
もし大富豪だったらそういう原石男子を磨いて
自分の好みの男に育てるのが趣味になるかもなぁ~

きゃ~怖!貧乏でよかった・・(^_^;
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-21 16:54 | 出来事・世間・雑感

豆のサラダ

c0008209_052690.jpg

最近、豆のサラダにハマってます。
ガルバンゾー(ひよこ豆)とレッドキドニー(赤いんげん豆)の水煮に
今回合わせたのはブロッコリー、レタス、きゅうり、合鴨スモーク。

冷蔵庫の在庫によって組み合わせは変幻自在。
セロリ、トマト、ツナ缶などもイケます。
野菜だけのサラダよりもボリューム感があって
栄養価が高く食物繊維も豊富なのでダイエットにも◎
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-20 00:18 | 食べる・飲む

トニー滝谷 '04(日本)

c0008209_2335396.jpg
村上春樹の原作がとても印象深かったので
映像化にも興味があった作品。

トニー滝谷の住居がいい、あんな家に住みたい。
明るすぎない自然光、涼しげに通り抜ける風、
大きな窓から見える木々の緑、
とても住みやすく心地よさそうな空間である。
しかもあの衣装部屋!
強烈に模様替え&不用品廃棄ココロを刺激された。

宮沢りえ、やっぱり美しいなぁ・・・
あの脚!膝下だけをあんなにアップにして観賞に耐え得るなんてすごすぎる。
彼女の横顔を見るたびいつも思うんだけど、
白人の血が流れているのに、鼻が高くないところがいいのかも。

共に一人二役だが、イッセー尾形は父親役の時のほうが魅力的。

'06 6 DVD ★★★★☆
監督:市川準
出演:イッセー尾形、宮沢りえ、
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-18 23:09 | 映画レビュー

国境の南、太陽の西/村上春樹

ひとりっこであることを自身のアイデンティテイとして
幼い頃から強烈に意識し続けてきた主人公。
小学5年生の時にやってきた転校生の島本さんは
幼い頃の病気で左脚をひきずる大人びた少女で、
彼女もまたひとりっこだった。

ふたりはいつしか深く心を通わせるようになるが、
いつの間にか音信不通になってしまう。
やがて、結婚して2人の娘を持ち、上品なジャズバーを
経営するようになった主人公の前に突然島本さんが現れる。

後からじわじわとくる一種の怪談である。
経済的にも家庭的にも恵まれ、成功した人生を送りながら
どちらかといえば禁欲的で俗っぽくならない主人公の一人称で
長い年月をかけて淡々と展開する物語。
その最後に、本人すらそうとは気づいていない精神の歪みと
彼が抱え続ける底知れない欠落感の大きさが恐ろしい。

大人になって主人公が再会する島本さんのキャラクターに
どことなく不自然な印象が拭えず、
好感が持てない女性であったことにラストで納得。

'06 6 ★★★★☆
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-18 10:38 | ブックレビュー

有機ワインと極上イタリアン

c0008209_16481668.jpg以前、インタビューしたシェフが独立して
自分の店をオープンしたらしく、
お知らせのハガキをいただいた。
「ぜひレセプションに来て下さい」と
手書きメッセージが添えられている。

今まで数多くの芸能人、文化人、一般人に
取材やインタビューで会ってきたが、
ベスト3に入ること必至のイケメンである。

俳優になってもいいほどのルックスなのに
まったくチャラチャラしてなくて料理命の職人肌。
もちろん料理の腕もいい。
誰に似てるって?
う~ん、身長、体型、顔、
全体の雰囲気を総合してオダジョーかしら・・・

諸般の都合でレセプションには行けなかったので、
日を改めて予約して食事に行った。
友人たちに「噂のイケメンシェフ」を見せたかったしね(笑)

オープンキッチンでカウンター中心のこじんまりしたお店で
温かい雰囲気で居心地がいい。
シェフは真摯に料理に徹し、時折会話に入ってくるのが絶妙のタイミング。
ホールとワイン担当の男性も気さくでいい感じ。

茄子や他の野菜をキッシュのようにオーブンで焼いた前菜、
鱧のショートパスタ、手長海老のタリアテッレ、
そして骨付き仔羊のローストが最高においしかった~!

他ではあまり見かけないワインが揃っていたので
好みを伝えて料理に合うものを赤白それぞれ選んでもらった。
白は有機ワイン、産地やブドウの品種や特徴もていねいに教えてもらったのに
「おいしかった」という記憶しか残ってないのが情けない・・・・

ラベルをもらってきたのでわたしの愛読書「世界の銘酒辞典」で調べてみようっと。

今のところ、これがわたしにとって最後のワイン。
明日も飲み会なんですけど、きっちり一週間禁酒達成しました~!\(^0^)/
[PR]

by Gloria-x | 2006-06-16 17:09 | 食べる・飲む