<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

超簡単!春のアンティパスト

c0008209_1811090.jpg

雑誌の料理記事風にキャッチコピーをつけてみました。
調理時間わずか15分!
冷やしたソーヴィニヨンブランの爽やかな風味に合う春の前菜2品です。

ミニアスパラを茹でてマヨネーズを適量かけ、
サーモンのお刺身といっしょに盛り付ける。
上からエクストラバージンオリーブオイルを少量垂らし、
ブラックペッパーをたっぷり挽く。

c0008209_1831681.jpg

半分に切ったプチトマトをココット皿に入れ、
パルメザンチーズを振りかけてオーブントースターで焼く。
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-31 18:10 | 食べる・飲む

アンナとロッテ/De Tweeling '02(オランダ・ルクセンブルグ)

c0008209_23101440.jpg両親の死により別々の親戚に引き取られた双子の姉妹。

ロッテはオランダの裕福な家で可愛がられ、
何不自由のないお嬢様生活。
アンナはドイツの貧しく無教養な農家で労働力にされ、
学校にも通わせてもらえず伯父や伯母から虐待の日々。
成長した二人はやがて念願の再会を果たすが・・・

まるで昔の少女漫画みたいな極端な設定!
わたしがアンナだったら運命を呪って自殺してるかも・・・


冒頭、すっかり老境に入った二人がスパホテルで再会するシーン。
ロッテはどこから見てもリッチなマダムで、年齢のわりに若く美しいし
ゴージャスな場所でサービスを受ける態度も物慣れて堂々としている。
ところがアンナは「えっ!?これが双子?同い年?」と驚くほど
人生の苦労がにじみ出た老婆。
「ああ~、やっぱり女って生活レベルで容貌にこんなに差がつくのね」と
やるせない思いに打たれる。

ナチス台頭から第二次大戦の終わりという時代に翻弄される
二人の人生を時間軸に沿って交互に見せる展開はていねいかつ無駄がなく、
なじみのない国の映画にもかかわらず一気に引き込まれる。

ピアノ、ヨット、音楽院に通う婚約者と、絵に描いたような
ハイソな生活を無邪気に享受するロッテに比べ、
学校に通いたいと渇望しつつ、メイドとして他人に仕え、
天涯孤独の人生を送るアンナのほうにどうしても感情移入して観てしまう。

アンナは自分の不幸を根に持ったり、ロッテを逆恨みしたりしないのに
ロッテはユダヤの婚約者をアウシュビッツで亡くしたことを
まるでドイツ人のアンナの責任のように過剰反応しすぎ!
百歩譲って自分が収容所で苦労したならまだ理解できるけど・・・
(しかもとっとと婚約者の弟とくっついたくせに!)

ほんと、タイムマシーンでスタート地点に戻って
ロッテを農家に行かせてやりたくなるよ・・・

二人の波乱万丈なドラマを観終えた後、
マダムのロッテと、老婆のアンナ、どっちが魅力的に見えるかは言うまでもない。

'06 3 WOWOW ★★★★★
監督:ベン・ソムボハールト
出演:エレン・フォーヘル、テクラ・ルーテン
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-29 23:20 | 映画レビュー

気が強い女

トリノオリンピック女子フィギュアスケートを
ダーリンと観ていたときのこと。

荒川静香を見て「うわ~気が強そう~」とわたし。
「でも、俺は好きやな」とダーリン。

そう、彼はとにかく気が強そうな女が好きなのである。

初めて彼と知り合ったときわたしはこう思った。
「きっと清楚でおとなしくてお嬢様っぽくて、
休日にはケーキやクッキー焼くような彼女がいるんだろうな」
(イメージ的には「白い巨塔」で矢田亜希子が演じたようなキャラを想像)


彼自身の見た目からは清楚で大人しい女が似合いそうなのだが、
本人はそんなタイプはうっとうしくてイヤだという。
つくづく人って見た目で判断しちゃダメだなぁと思う。

いっしょにTVを観ていて、彼の好みに驚くことはしょっちゅうだ。

気が強そうというだけじゃなく、派手で(ケバいに近い)
ちょっと一筋縄ではいかなさそうな、
わたしから見れば「フツーの男は敬遠しそう」なタイプ
が好きみたい。

また、キャパの広さにもびっくりする。
一例を挙げれば矢口真里(元モー娘。)、岩下志麻、やすよ&ともこのともこ(姉)、
ケイト・ウィンスレットってどうよ?

「あいのり」などの素人参加番組を観ていても
わたしとはまったく女の好みが違う。
また、同じ「気が強そう」でも、神田うの、松嶋菜々子、工藤静香などはNGらしい。

「気が強そうな女にビシビシ言われる、って図式が好きなの?」と聞くと
「いや、一見気が強そうな女の人のツボを見つけて
ポキリと骨抜きにするのが好きやねん
」とニコニコしながら答えるダーリン。

彼曰く、いかにも気が強そうな女ほど
真っ直ぐでわかりやすく、純粋で可愛いのだとか。


ということは、わたしも彼にポキリと骨抜きにされたってことか・・・(-.-;)
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-27 20:53 | 夫婦の日常・おでかけ

約束/石田衣良

「泣ける」小説や映画がブームの昨今、
さすが石田衣良、巧いなぁと感心。
感心はしたけど感動はしなかった・・・

'06 3 ★★☆☆☆
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-26 14:07 | ブックレビュー

フェティッシュ/西澤保彦

おもしろかった!
いっさいの予備知識なく、
装丁とタイトルに惹かれて初めて読んだ作家だが、
こういう出会いで当たりだと嬉しい。

無関係に見える数件の女性の変死事件が
一人の美少年をめぐる犯罪に収束していく構成が見事。
皮肉っぽいユーモアを含んだ文体がいい。

'06 3 ★★★★☆
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-26 14:02 | ブックレビュー

黒焦げ美人/岩井志麻子

大正初年の岡山で実際に起こった猟奇殺人事件の小説化。

家族を養うために15歳から妾業に就いている美人の姉と、
彼女の周囲に集まってくる男たち。
その人間関係と事件を女学校に通う妹の目から描く。

姉、美貌で冷酷非情な音楽教師、彼を慕う美少年、
彼らに軽んじられる朴訥な男、そして主人公。
恋情の一方通行と、力関係の複雑な心理交差が読みごたえあり。

'06 2 ★★★★☆
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-26 13:44 | ブックレビュー

スープカレー

c0008209_17343444.jpg北海道で生まれ、全国的にブームだというので
気になっていたスープカレーを食べてみた。

「ブームになるほど?」っていうのが正直なところ・・・

期待が大きすぎたのか?
他の店で食べたらまた違うのか?


↑わたしはポーク、ダーリンはチキンをチョイス。
  野菜がゴロゴロ入ってるのが特長らしい。ごはんは五穀米。


とにかく、ダーリンと一致した感想は
キライな言い回しだが
「フツーにおいしいけどリピーターになるほどじゃないね」
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-24 17:46 | 食べる・飲む

妙にリアルで嫌な夢 

わたしは昼寝が苦手だし、その習慣もない。
たまに慣れない昼寝をすると、あまり楽しくない夢を見るし
寝覚めもすっきりしなくて気持ち悪い。

昼寝もそうだけど、二度寝もダメだ。

今朝、仕事が休みなので、
ダーリンを送り出してから2時間ほど二度寝したら
やっぱりイヤ~な夢を見た。

なぜかまだ実家にいるという設定。
二階から降りると、縁側の靴脱ぎ石の上に
最近買ったばかりの黒いパンプスが脱ぎ捨ててある。
しかも泥まみれ!

「妹の仕業だ!」わたしは頭に血が上り、
足音も荒く二階に駆け上がる。
すると、朝帰りしたらしい妹が
わたしの服を着たままベッドでだらしなく寝ている。

さっそく妹に文句を言うわたし。
そして口喧嘩が始まる。
それを聞きつけて父親がやってきて喧嘩をやめろと怒る。

母親も「ケチケチせず服や靴くらい貸してやりなさい!」と
あろうことか、わたしを批難する。

なんて理不尽な!
「ああ~!もうこんな家イヤ!一刻も早く出て行きたい!」と
心の底からうんざりするわたし・・・・

目が覚めたとき、最悪な気分だったけど
「ああ、もうあの家に住んでないんだ」とホッとした。

実際、こういうことは実家時代には日常茶飯事だったので、
よっぽど深く心に刻み付けられているんだなぁ・・・・
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-22 16:48 | 出来事・世間・雑感

スーパーサイズ・ミー/SUPERSIZE ME'04(米)

c0008209_21202832.jpg30日間、マクドナルドのメニューだけで(水も!)
生活したら人間のカラダはどう変化するかを
自らを実験台にしたドキュメンタリー。

運動を再開し、やっと真剣にダイエットを始めた
このタイミングで観たのはすごくよかったし、
作品的にも予想以上の出来だった。

マイケル・ムーア作品を彷彿とさせる手法で、
編集のテンポもよく、見やすくわかりやすくておもしろい。
もともとマクドナルドはキライなのでほとんど食べないけど、
この作品を観て「一生食べたくないなぁ~」と本気で思った。

監督・主演のモーガン・スパーロックの顔がけっこう好き・・・
ムク犬ちゃんみたいでキュートだし、つきあったら楽しそう。
たとえばジョニー・デップなどは大好きだけど完全に別世界の人だが、
スパーロックの場合はなんとなく身近にいそうなリアル感がいい。
(この作品を観てこんな着眼点ってわたしぐらい?)

この後、彼の「30DAYS」シリーズも観たが、
テーマの選び方や取材方法などムーアより親近感がある。
「30日間最低賃金で暮らす」では、彼とフィアンセが実際に
最低賃金の肉体労働に就いてギリギリのお金で生活する。
これが予想以上にシビアで身につまされるシーンもあり、
「ああこういう風にお金によって家族関係まで壊れていくのだなぁ」
と考えさせられて見ごたえがあった。

フィアンセ(ベジタリアンのシェフ)が、トミー・フェブラリー風というか、
そこそこキレイなんだけど、オンナオンナしてないタイプなのもいい。
好感のもてるカップルだ。

'06 3 WOWOW ★★★★★
監督・出演:モーガン・スパーロック
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-20 21:21 | 映画レビュー

バースデー・デート 

3月16日はダーリンの誕生日。
「ステーキが食べたい」という彼のリクエストに応えて
バースデーディナーは肉料理とワインの店「yuzan」で。

この店、肉のおいしさは大阪一かも。
さらにイタリアン×コリアンのフュージョンで
肉や魚介のカルパッチョ、サラダや野菜料理など
前菜も充実しているのが魅力。
わたしはここの「韓国風牛肉のカルパッチョ」が大好物!

焼肉はよく食べるけど、ステーキってめったに食べないので
「鹿児島産黒毛和牛のTボーンステーキ」をオーダーした。

c0008209_12271450.jpg見事にサシが入った300g(携帯の画像なのが残念!)
目の前で焼いて取り分けてくれるのを
玄界灘の塩でいただく。
口に入れたとたん溶けそうな甘さ、
ボルドーワインとのハーモニーも絶妙で
言葉も出ないほど・・・・ああ、しあわせ~


c0008209_12361598.jpgちなみに車で出かけたのでダーリンの
飲物はミネラルウォーター。
こういう時、お酒を飲まない夫は便利(笑)
締めに石焼ピビンバを2人でシェアし、
ダーリンは冷麺のミニサイズもペロリ!

食後、堀江のカフェでお茶してからカラオケへ。
わたしは最近ごぶさたで新曲もノーチェックなのに
ダーリンはレミオロメンや中島美嘉を唄ってた。
いったい、いつの間に覚えた?

ダーリンはハスキーボイスでバービーボーイズの♂に似た声(古!)
そこで「ダンシングオールナイト唄ってみて」(めちゃ古!)とリクエストしてみた。
「え~?そんな古い歌知らんわ~」
ところが唄い出してみると
「ぎゃ~!もんたよしのりが唄ってるみたい(爆)」

「ある年代以上のメンツではウケるから、練習してレパートリーに入れとき」
と勧めるとけっこうその気になっていた。

結局3時間ノンストップで唄って、ちょっとはカロリー消費できたかも?
さ、しばらくは「粗食」だ~!
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-18 13:13 | 夫婦の日常・おでかけ