<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

月の輝く夜に/MOONSTRUCK '87(米)

c0008209_19453036.jpg公開当時、この作品で初めてニコラス・ケイジを見て
毛むくじゃらのルックスと
鼻づまり気味のこもった声に
「な、なに?この野獣みたいな男は?」と仰天した。
その後いろんな映画を観て、
好きな俳優の一人になったが、
もともと「濃いタイプ」が苦手なので、
最初の衝撃はとにかくすごかった。




片手を事故で失い、そのせいで婚約者に逃げられ、
心に負った傷を兄への恨みにすり替えて孤独に生きるパン職人・ロニー。
彼の兄と結婚が決まったロレッタ(シェール)は
式への出席を頼みに行って初対面のロニーとデキてしまう。

初めて観たときは「なんでこんな屈折しまくりのムサい男と・・・」と
納得いかなかったのだが、何年ぶりかに観なおして
ロニーに対する見方が180度変わったことに気づいた。

まずはロニーの部屋。
男の一人暮らしなのに、すごくすっきり片付いて居心地よさそうな部屋なのだ。
きちんとメイクされたベッドは清潔そうで、
なりゆきでベッドインしたロレッタが朝まで熟睡してしまうのも納得。
部屋を見れば住む人のことがわかるものだが、
ロニーが実はまともな男だということがわかる部屋だ。

オペラ好きというのも意外性があっていいし、
タキシード姿もビシっとキマッてる。
ロレッタへの愛情表現もストレートで真摯、それに
母性本能くすぐる犬みたいに熱い目・・・・
「めちゃいい男やん!」わたしはすっかりロレッタに感情移入していた。

母親役のオリンピア・デュカキスが渋い!
歳をとってもハイヒールをはいて一人でレストランに行き、マティーニを頼む。
店で知り合った男と食事を共にし、意気投合して送ってもらうけど
さらりと誘いを断るのもかっこいい。
ロレッタの伯父夫婦や酒屋の夫婦など、
老いても歯の浮くようなラブラブな会話を交わしているのがすごくよかった。

そういえば、熱いイタリア系家族の話なのに、
デュカキスとシェール母娘は喜怒哀楽をまったく顔に出さず、
一見鉄か氷のようなタイプなのもおもしろい。

'06 2 WOWOW(再見)★★★★☆
監督:ノーマン・ジュイソン
出演・シェール、ニコラス・ケイジ、オリンピア・デュカキス
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-27 20:01 | 映画レビュー

プーシキン美術館展

c0008209_23355711.jpg

国立国際美術館で「プーシキン美術館展」を観てきた。
2人のロシア人コレクターが成したフランス近代美術のコレクション。

図録の表紙にもなっているアンリ・マティスの「金魚」は
ピンク、グリーン、黒の配色といい、
モチーフといいわたしの好みド真ん中!
マティスはいつ観てもほわ~んとしあわせな気分になれるから大好き。

ジョルジュ・マンザーナ=ピサロの「孔雀と裸婦」
アンリ=エドモン・クロスの「自宅の周辺」も印象的だった。

美術鑑賞自体も好きだけど、わたしは美術館という空間が好き。
広くて静かな空間を一人で歩いていると
心が落ち着いて頭がすっきりし、前向きな気持ちになれる。

原則的に美術館へは一人で行くことにしているが、
いつも不思議に思うことがある。
2人以上で来ている人たちって
どうして自由行動ぜす律儀に一緒に同じ絵を鑑賞するんだろ?

それに、コインロッカーがあるのに
コートやバッグやその他の荷物抱えて観賞してる人も不思議。
その姿を見てるこっちが疲れてくる。

美術館の後、スターバックスで休憩。
ところで、平日のオフィス街のスタバって、
窓際のソファはビジネスマンのお昼寝スペースになってるのね・・・
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-25 00:03 | 美術・芸術・音楽

なりたい顔 

「ビューティーコロシアム」という番組を観るたび
幼い頃からの悲願
「くっきり、ぱっちりした二重まぶたになりたい」に火が付く。

※話はそれるが、先週の「フランケン」には思わずもらい泣きした。
心から「ほんとによかったね」と言ってあげたい。

両親共にはっきりした二重まぶたで、
特に父親は欧米人っぽい彫りの深い顔(ジェレミー・アイアンズ似)なのに
わたしは呪われた一重まぶたに生まれたのだ(劣性遺伝?)

中学生から必死でアイテープを貼り、アイプチを塗り続けたおかげで
なんとか奥二重になったが、それがどうした、
今すぐ整形して二重にしたい気持ちに変わりはない。
(お金と時間に余裕があれば実現するつもり)

このご時世、わたしの周囲にも整形体験者は何人かいて
「行くなら紹介したげる」「ついてってあげる」と
みんなあっけらかんとカミングアウトしてくれる。

昔はタブーのイメージがあった整形だが
今は、よりしあわせに生きるためのポジティブな選択肢だと思う。
(歯列矯正やコンタクトレンズと変わらないのでは)

先日TVで某アンケートの「なりたい顔ベストテン」の話題を観た。

1位:伊藤美咲
2位:蛯原友里(エビちゃん)

   はまだわかるとして(わたしはどっちも好みじゃないけど)
3位:倖田來未   って・・・・

好き嫌いは別として、彼女の顔って
巷の女性が「なりたい」にカテゴライズする顔かしら?(失礼)
倖田來未が「伊藤美咲やエビちゃんみたいな顔になりたい」って言うならわかるけど・・・・

ところで、わたしがなりたい顔は

山田優、土屋アンナ。

世間の人気は高いが、わたしにゃどこがいいのかさっぱりわからんのが

松嶋菜々子、黒木瞳。

さて、みなさんのなりたい顔は?
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-20 22:04 | おしゃれ・美容・運動

バーボン、はちみつ、オリーブオイル

c0008209_18311948.jpg

デビュー作から愛読しているパトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズ。
主人公ケイ・スカーペッタが作る料理には心惹かれるものが多い。
作品に登場するレシピを集めた料理本も買ったが、
小説の途中で出てくる調理法を試してみたくなることも。

「豚肉をオリーブオイル、バーボン、はちみつでマリネして
冷蔵庫で一晩寝かせてから焼く」


この一行にすごくそそられて試してみたくなった。
たぶん肉のかたまりをオーブンで焼くのだろうけど、わたし流にアレンジ。

とんかつ用の豚肉をジップロックに入れ、塩、コショー、
エクストラバージンオリーブオイル、フォアローゼス、はちみつを適量。
そして、小口切りの唐辛子もプラス。

一口大に切った豚肉を炒め、いったん取り出してから
たまねぎ、パプリカを炒めて火が通ったら豚肉を戻す。

やわらかくなった肉に
バーボンの香りとハチミツの甘味が沁み、
表面はカリっと香ばしくて◎!
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-18 18:53 | 食べる・飲む

みなさん、さようなら/Les Invasions Barbares('03カナダ・仏)

c0008209_23364279.jpgお金で幸福は買えないというが、わたしは買えると思う。
少なくとも、お金で不幸や悲しみ、
憎しみを軽減させることはできる。
2003年のアカデミー賞外国語映画賞を獲った
この作品を観てつくづくそう思った。


モントリオールに住む大学教授が末期がんで余命わずかと診断され、
ロンドンで証券ディーラーをしている息子が帰郷する。
父は女癖が悪く、さんざん家族を泣かせてきて母親とも長く別居状態。
そんな父親を反面教師として人生を歩んできた息子だが、
彼は父親にしあわせな最期を迎えさせてやろうと手を尽くす。

病室をホテル並みに改造したり、
世界中から父の旧友を呼び寄せたり、
息子のリッチぶりには驚くが、
彼の婚約者も、父の旧友たちも仕事や私生活はないのだろうか?
それとも、父親が死ぬ日までみんなで昔話をしたり、
知的議論や下ネタに花を咲かせる期間の報酬も息子が払っていたのだろうか?

とにかくこれっぽっちも共感の入り込む隙のない世界である。
アルトマンの群像劇のようにクセのある面々の個性を強調するわけでなく、
さもフツーの人々のように、淡々と描いているだけによけい違和感があった。

昔から女癖が悪く、根っから女好きという設定の父親役の俳優が
どうみてもそんなキャラに見えないのも違和感の要因かも。
死期間近な病人にも見えないし・・・(どっかの新興宗教の教祖みたい)

マストロヤンニなんかが演じていたら色気も哀愁も漂って
別世界の話だとしてもそれなりに楽しめたかもしれないのだが。

'06 2 WOWOW ★★★☆☆
監督:ドゥニ・アルカン
出演:レミ・ジラール、ステファン・ルソー
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-15 23:38 | 映画レビュー

大人になった実感 

年齢だけは大人すぎるほど大人なのに、
なぜかいつまでたってもその実感がない。
なんとなく「半人前」みたいな気がする。

わたし自身もそうだし、夫婦単位でも同じ。

そんなふたりが決まって
「わたしたち、大人になったねぇ・・・」と
しみじみ言い合う場所がある。

それは焼肉屋。

ここ2~3年、食べる量が目に見えて減ってきたのだ。

結婚したての頃、ダーリンはまだ20代半ばだったし
わたしも30代に入ったばかりだったので
そりゃあもう恐ろしい量を食べました。

「よくあんな量食べてたよねぇ」
「考えただけでクラクラするなぁ」
今の3倍、いや4倍くらい食べていたのではないだろうか。

子供の頃、家族で焼肉屋に行っても
親はそんなにたくさん食べなかった。
「あれって子供に食べさせてやろうと我慢してると思ってた」
「そうそう、親ってえらいなぁと思ってた」

周囲の大人たちが歳を取るにつれ
「肉はそんなに食べられない」と言うのを聞くたび、
自分にもそんな日が来るなんて想像もできなかった。

焼肉大好きなわたしたちは
東に稀少部位の肉を出す店があると聞けばチェックし、
西に肉屋直営の隠れた名店があると聞けば行く。

昔は焼肉屋に関しては店の雰囲気などどうでもよかったが、
最近はそれも重要視するようになってきた。

「いい肉を少しだけ、落ち着いた雰囲気でゆっくり味わいたい」

そんな境地に落ち着いたわたしたち、
「大人になるってこういうことかぁ」「すごいねぇ」
バカみたいにしみじみしているのである。
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-14 15:57 | 夫婦の日常・おでかけ

シネマ坊主2/松本人志

毒舌家の代表と言える著者だが、
「誰もがいいと言うものをわざとクサしてやれ、という姿勢には
飽き飽きしているからやらない」と言い切るのはとても説得力がある。

「ロスト・イン・トランスレーション」について
日本人をバカにする映画を作るのはいいけど、バカにする視点が嫌い。
と書いている箇所が印象に残った。
わたしもこの映画を観たとき、
コッポラは「日本が好き」みたいな風を装ってるけど、
実は思いっきり見下してるよな~とモヤモヤした気持ち悪さが残ったのだが、
その正体が彼の文章を読んでわかった。

松ちゃんが他人をいじって笑いにする際、
その人の核の部分は傷つけないのがルールだという。
たとえば「HEY!HEY!HEY!」でゲストミュージシャンをいじる場合、
音楽の部分を否定して笑いを取らないのが鉄則。
そういう意味でソフィア・コッポラは
日本をいじるツボを完全に間違えているという。


近いうちに自分で映画を撮ると予告しているように
観客としてだけではなく、作る側の視点から観て
批評しているのもなるほどと思わせる点が多かった。
わたしなど「こんな疑問は素人すぎるかなぁ」と
ひっこめてしまうようなことでも
堂々と「ここが納得いかない」と書いていて気持ちいい&安心。

前作は松ちゃんがしょっぱなから「ライフ・イズ・ビューティフル」
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に満点をつけていたことにショックを受け
「うわぁ感性違うかも・・・」と危惧したが、
本作はわりと共感する部分の方が多かった。
たとえば・・・・

「ミリオンダラー・ベイビー」
主人公と娘の間に過去何があったのか思わせぶりなまま終わるのは卑怯。

「ミスティック・リバー」
ショーン・ペンが出ているのに、ケビン・ベーコンの役名がショーンなのは
まぎらわしい。必然性がないなら変えるべき。

「キル・ビル」
主人公が日本にきていきなり沖縄に行くのはどう考えても変。

「アレックス」
主人公があんな格好で深夜の地下道を通れば危険な目にあって当たり前。
時間軸をバラバラにして斬新に見せる手法はもう手垢まみれ。などなど・・・

「やるなあ、ノエ(監督)のおっさん」
「そろそろロビン(ウィリアムス)師匠を」
「ピノキオのおっさん、まだ入ってないんか?おばはんは?」
「トム・クルーズの”がんばってまっせ”みたいな感じがムカつく」
などなど、素の口調が笑える。

'06 1 ★★★★☆
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-12 10:48 | ブックレビュー

フライトプラン/FLIGHTPLAN '05(米)

c0008209_12325698.jpgベルリンで夫を亡くした航空設計士のカイルは
自分が設計したジャンボジェットに夫の棺を積み込み、
N.Yへ帰るため6歳の娘と共に搭乗した。
離陸3時間後、うたた寝から目覚めると娘ジュリアの姿がない。
そして、乗務員や周囲の乗客の誰も娘の姿を見ていないという。
娘はどこに消えたのか?


娘を探してパニック状態で機内を走り回るジョディ・フォスター。
乗務員や機長まで総動員で娘の捜索に駆り出し、
疑心暗鬼になったあげく、乗客の一人に
「昨夜娘の部屋をのぞいてたでしょ!」
「娘をどこにやったの!?」と誘拐犯の濡れ衣まで着せる始末。

子供を持つ人なら感情移入する部分もあるのかもしれないが、
我が子可愛さでヒステリックに取り乱し、
何百人の乗客に迷惑をかける姿は見苦しく、
「なに、この女。頭おかしいんじゃないの?」とうっとうしくなってくる。
まあ、この過剰な演技が後半に効いてくるのだが。

前半の謎めいた緊張感に比べ、結末はやや物足りないが
ラストまでダレずに楽しめる。
ただ、誘拐犯の濡れ衣を着せた乗客に
ジョディから一言の謝罪もないのがすっきりしない。
しょせん我が子大事なだけのエゴ母か、という印象を残してジ・エンドなんて・・・

機長役のショーン・ビーンはめちゃ好きな顔!

'06 2 9 ★★★★☆
監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン
    ピーター・サースガード、エリカ・クリステンセン
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-10 12:55 | 映画レビュー

バック・トゥ・1978 

公開生放送歌番組のステージの上。
会場を埋め尽くす観客に手を振るのは
山口百恵、沢田研二、西城秀樹など
歌謡曲華やかなりし頃のスターたち。

わたしは真っ赤な衣装で手にポンポンを持っている。
スクールメイツのメンバーなのだ。

生放送なのにボサっと突っ立っているわたしに
隣の女の子がステップを耳打ちしてくれる。

でも、なんかおかしい。
スターたちの衣装やメイク、ダンスの振り付けや音楽、
会場のお客さんのファッションもすべてが古臭いのだ。

わたしは隣のコに聞いた。
「ねえ、今何年?」
「えっ、1978年だけど」

え~っ!?28年も昔にタイムスリップしたの?


仰天して周囲を見回すとステージの向こうにもう一人の自分がいた。
しかし、それは1978年当時のわたしではない。

ロングソバージュヘアに太目に描いた眉、
シャネルの青みピンクの口紅。
そう、忘れもしないが
二度と思い出したくない80年代半ばのわたしだ!

ということは、わたしは2つの時代から
1978年にタイムスリップしてきたってこと?

「あ、あれ、わたしよ」
思わず隣の女の子に告白すると
彼女はこともなげに言った。
「ふう~ん、今の方が若く見えるよ」
「ほんと?ありがとう!」

昨夜の夢の話です。
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-08 00:21 | 出来事・世間・雑感

冷蔵庫のありあわせで

c0008209_22121592.jpg

忙しくて買い物に行けず、コレといった食材がない。
でも、ワインは飲みたい、
そして、当然ワインに合う料理が食べたい。
そんなときにありあわせでパパッと作りました。

「ベビーリーフ、カマンベール、オリーブのサラダ」
エクストラ・ヴァージンオリーブオイルを垂らして
クルトンを散らせます。
味付けはチーズとクルトンの塩味のみで充分。
クルトンは常備しておくととても便利。

c0008209_22125361.jpg


「きのことベーコンのペンネ、クリームソース」

エリンギ、しいたけ、ベーコンを炒め、
生クリームをからめたところに茹でたペンネを投入。
味付けは塩とブラックペッパーだけ。
超簡単でめちゃおいしいわたしのヒット作品です。
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-05 22:22 | 食べる・飲む