<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

映画のことあれこれ

新しく知り合った人と話していて、
お互い「映画好き」ということがわかると
嬉しい反面、ちょっと困惑する。
その人の「映画好き」の度合いと好みがわからないからだ。

「どんな映画が好き?」と聞かれると悩む。
わたし自身、相手の答えを聞いて
「はは~ん、そういうタイプね」とカテゴライズしてしまうので
下手なことは言えないと構えてしまうのだ。

たとえば相手が「タイタニック」や「世界の中心で愛を叫ぶ」を
好きな映画の筆頭にあげたらかなりがっかりする。
(上記2作品をけなしているわけではありませんが)

わたしは王家衛作品が好きだが、これはけっこう冒険だ。
以前、相手がきょとんとした顔をするので
「香港映画で・・・」と説明すると
「へえ、ジャッキー・チェンとかも好き?」と聞かれ、激しく後悔した。

先日も「最近おもしろい映画観た?」と聞かれ
「親切なクムジャさん」と答えたら、
やっぱり相手がきょとんとしたので「韓国映画で・・・」と説明したら
韓流ファンと思われそうになったので必死で否定した。

なんだろう?この変な自意識過剰は・・・


ところで、大人になってやっと苦手なジャンルが明確になった。
ファンタジー、歴史スペクタクル、宮崎アニメである。
この3ジャンルはまったく感情移入できず、
退屈が高じて苦痛にさえなってくる。

あとひとつ、画面が暗い映画も苦手。
たとえ内容が悲惨でも画面が明るいと入り込めるのだが、
コメディタッチでも画面が暗いと観る気が失せてしまう。

先日、ダーリンの強いリクエストで
「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」を観たが
冒頭の1分くらいで嫌な予感がしたと思ったら
いくら待ってもず~っと画面は暗いまま。
レトロ感とアメコミの世界を表現した手法はそれなりに感心したが
俳優の顔もはっきり見えないぼや~っと薄暗い画面にうんざりし、
途中でベッドに退散した。

「ニキータ」と「アサシン」
「太陽がいっぱい」と「リプリー」
どちらもリメイクのほうは世間の評判は芳しくない。
でも、わたしはどっちもかなり好き。
俳優、演出、脚本などの力ももちろんだが、
どっちも画面がパーッと明るいのだ。

パリを舞台にした「ニキータ」に比べ
L.Aが舞台の「アサシン」はなにより空間の広さと
乾いた空気感が画面から伝わってきて生理的に気持ちよかった。

名作「太陽がいっぱい」はもちろん大好きだけど
「リプリー」は風光明媚な地中海沿岸の風景、
登場人物たちのファッションの色彩、
インテリアなど視覚に気持ちいい要素が充実していた。

わたしは閉所恐怖症気味なので
明るく広く開放感のある画面に惹かれるらしい。
カラっと乾いた感じの土地が舞台だとさらに◎!

わたしの「生理的に心地いい映画」は
「マッチスティック・メン」「サイドウェイ」
「トスカーナの休日」「トランスポーター」「恋愛適齢期」など。

王家衛作品は映画としては好きだけど、
高温多湿な香港で、しかも居住空間が狭苦しいので
観ながら「ああ・・・汗で服が肌に張りついてそう」
「ゴロゴロ寝転べないし、服や靴の収納どうしてるんだろ?」と
余計なことをいろいろ考えてしまう。(それも感情移入か)

「マッハ!!!!!!!」「レイン」「シクロ」も好きな映画だけど
観てるだけで体内不快指数が上がってしまう。

真の「映画好き」には呆れられるかもしれないけど
映画の好みと生理はけっこう連動していると思うのだ。
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-28 19:12 | 出来事・世間・雑感

Dog&Cat 

犬派か猫派かといえばわたしは断然犬派!
なのに皮肉なことに猫舌で猫手・・・

熱々の食べ物や飲物は、ほぼ必ず
舌や上あごの皮膚を火傷してしまうし、
レンジで温めた食器はミトンなしで持てない。
加えて暑がりなので、ラーメンや鍋焼きうどんなどは苦手だし、
ファミレスや焼肉屋では絶対バイトできない。

それは置いといて、
性格も絶対に犬だと思う。
単純で、人なつっこく、喜怒哀楽がすぐ顔に出る。

しかし、ダーリンは間違いなく猫だ!
マイペースすぎるほどマイペースで
気がむかないとテコでも動かない。
ひっそり控えめでおとなしいくせに
辛抱強く獲物を狙って手に入れる。

世間では、夫婦で出かける際、
妻の身支度が遅くて夫がイライラするのが常識では?
ところが我が家は逆。

わたしは慌しく身支度するのがキライなので
出かける時間から逆算して着々と準備を整える。
その間、彼が何をしているかというと
温かいベッドでいつまでもヌクヌク、ゴロゴロしている。

最初、わたしは猫なで声で彼を起こし、
そろそろ支度するようにうながす。
しかし奴はいつまでもゴロニャ~ンと余裕をかましている。

そのうちわたしは激しくイライラしてくる。
散歩に行きたくてリードをくわえて走り回る犬の心境だ。

わたしの声がキキーッというヒステリックな声に代わっても
まだ奴はどこ吹く風でグズグズしているので
わたしは瞬間的に憎しみが沸騰し
「こいつ一回殺す!」と本気で思う。

わたしが血圧を上げるだけ上げ、
「もう行くのやめる!」とコートを脱ぎ捨て、
ソファに寝転がって本など読み始める頃
(興奮してるのでまったく頭に入らないが)
奴は涼しい顔で支度を整えて
ニコニコ顔で「用意できたよ、行こか」とぬかす。

不思議なのは、ギャーギャー言われ、
あげくに「シバく!殺す!」とまで罵られても
売り言葉に買い言葉にならないどころか
ニコニコしていられるダーリンの心理メカニズムだ。

まあ、真逆なタイプだからこそ
今まで仲良くやってこれたんだろうけど、
わたしは完全に手玉に取られてるな・・・・
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-27 01:23 | 夫婦の日常・おでかけ

メリークリスマス 

c0008209_213716100.jpg

午後、散歩がてらダーリンと高島屋までデリカ料理とケーキの買出しに。

昔は特別な日って感じで外でディナーしたり
家でやる場合もキャンドル灯したりしてたけど、
実際クリスマスって年末のいちばん慌しい時期なので
我が家でも年々「フツーの日」に降格。

今年も彼は仕事だろうと決めてかかってたら
昨夜遅く帰ってきて「明日は休み」と言うので
じゃあ土曜の夜だし、せめてケーキくらい食べようってことに・・・

一応、クリスマスメドレーのCDを流し、ワインを開けて乾杯。

前から食べたかった「GRAMERCY NEWYORK」のケーキ。
ダーリンは酒はからきしだけど
甘いものはいっしょに楽しめるからいい。
調子に乗って2人で5個も買ってしまった・・・・(-.-;)


みなさんもそれぞれ心穏やかなクリスマスを過ごされますように。
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-24 21:53 | 夫婦の日常・おでかけ

ミラノ生まれ 

c0008209_23175425.jpg

ミラノにお住まいのippopotamooさんのブログには
毎日のように「今すぐ食べたい!」と目がくぎづけになる料理が紹介されている。

イタリアの食材を使った家庭料理やパン、お菓子は
食材選びや調理のプロセスも楽しんで
ていねいに料理されていることが伝わってくる。

ippopotamooさんのオリジナルメニュー
「鶏胸肉と松の実の炒め物」
さっそく真似して作ってみた。
とても簡単でびっくりするほどおいしい!
松の実の香ばしさと、バルサミコ&醤油の味のバランスが絶妙だ。

オリジナルのおうちごはんってついつい
自分の慣れた食材、調味料、調理法になりがちだけど
こうやって誰かのレシピを教わってみると
レパートリーがグンと広がって嬉しい。

今後、我が家の定番メニューになることは確定。
ippopotamooさん、ありがとう!
これからも頼りにしてます(笑)
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-22 23:45 | 食べる・飲む

東京DOLL/石田衣良 講談社

MG(マスター・オブ・ザ・ゲーム)と呼ばれる天才ゲームクリエイターは、
自作ゲームシリーズのヒットのおかげで億万長者になった。
シリーズ4作目の企画に悩む彼は深夜のコンビニで
背中に天使の羽のタトゥーを入れた少女ヨリを見つけ、
自作のイメージモデルにスカウトする。

キャラクターがステレオタイプすぎる。
MGもヨリも「こんなセリフを言うはず」「こういう行動を取るはず」という
お手本通りの言動をするので読んでるこっちが気恥ずかしいほど。

使い切れない金を持ったMGがヨリに高級ブランド服を買い与え、
彼女がそれを着てコンクリートに寝そべり、服がホコリまみれになるのを見て
「なんのブランドか忘れたがいい気味だ」と
思う箇所は単純に不愉快だし嫌味。
高級ブランドを貶めることで逆に主人公の安さが露呈した印象だ。
(そのわりにブランドについてはものすごく詳しい記述が続くのもなんだか・・・)


完璧なプロポーションと美貌を持つヨリは全裸になることに抵抗感が少ない。
「ヨリは自分の身体に自信があるんだな」というMGに対し、
ヨリは「違うよ。女の子の身体はみんなキレイじゃない」と答える。
このいいコちゃん的発言、めちゃムカつく!
加えてMGが思う
~ほとんどの女性はありもしない理想像と自分を比較して
意味のないコンプレックスを持っているほうが多かった~
これにも言いたいことは山ほどあるが、
まあ、この薄っぺらなおとぎ話だからこう書くしかないか、とあきらめの境地。

石田衣良、好きな作家なのにがっかりだった。

'05 12 ★★☆☆☆
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-21 22:37 | ブックレビュー

宴会シーズンたけなわ 

c0008209_20262214.jpg

12月も半ばに入り、宴会シーズンたけなわですねぇ・・・
わたしも木、金、土と3夜連続の宴会。

木曜日は会社のメンバーで南米料理、
金曜日は我が家でホームパーティー、
土曜日は会社の同期で鶏料理で忘年会。
さらに今週もう1本忘年会の予定。
ま、酒飲みには当然の年末ですな・・・

金曜日はダーリンの会社のメンバーを招いてのホームパーティー。
最初は「え~っ!この暮れの気ぜわしい時にムリ!年明けにして!」と即却下。
女性なら共感してくれると思うけど、家に人を招くとなると
掃除して、メニュー考えて買出しに行って、
当日は料理作ったあと、自分も小奇麗にして
ホスト側としていろいろ気を遣わなきゃいけないとヘトヘト・・・

しかも全員初対面のメンツなので
雰囲気も好みもわからないしプレッシャー大きすぎ!

しかし、ダーリンの「北風と太陽」の太陽作戦でわたしも懐柔され
「どうせなら今年中にやっとくか」という心境に。
その前の週末からダーリンは家中ピカピカにしてくれたし、
当日は買出しのために仕事休んでくれたし、
まあ、年末の大掃除がこれで済んだと思えばラッキーかも。

当日のゲストは20~30代の男性5人。
タイプはバラバラだけど、全員おしゃれで話題豊富なイケメン揃い。
飲み方も引き際もスマートで思った以上に楽しい夜だった。

c0008209_20424119.jpg


我が家には直径30cmのパエリア専用鍋「パエジェーラ」があり、
ホームパーティーの時にはよく登場するメニュー。
ちなみに、パエジェーラ以外の調理器具で作ったものは
厳密にはパエリアとは呼ばないらしい。

パエリアは何年ぶりかだったので
正直うまくできるかどうか不安で
昔のレシピを引っ張り出して恐々作ったけど結果は大成功!
しかも、今までにないコツを掴んだというか
完全に自分のモノにした手ごたえを感じた。
やっぱり料理って回数をこなすことに意味があるのねぇ・・・

ローストビーフは火が通り過ぎて失敗・・・(T_T)
でも、みなさん「おいしい、おいしい」と平らげてくれて感謝。
「僕、レアよりウェルダンの方が好きなんでおいしいっすよ」
とまで気を遣ってくれた人もいた。

実はここ2~3年、我が家はいろいろ動乱期で
人寄せできるような状態じゃなかったのだが、
やっぱりたまに人を招くのは
家にも自分たちにも新鮮な「気」を招き入れていいものだと実感した。

とは言うものの、やっぱり外での宴会の方が気楽でいいけどね(^_^;
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-18 21:04 | 夫婦の日常・おでかけ

やさしい嘘/Depuis qu'Otar est parti... '03(仏・ベルギー)

c0008209_20505089.jpg
旧ソ連・グルジアに住む三世代の母娘。
年老いたエカは娘のマリーナよりも
パリに出稼ぎに行っている息子オタールの方がお気に入り。
口を開けばマリーナには辛辣な言葉を浴びせ、
息子のことは手放しでほめて愛情表現を惜しまない。
エカの楽しみはオタールからの手紙と電話で、
二人の仲裁役である孫娘のアダは
いつも祖母のために手紙を読んでやっていた。


ある日、オタールの事故死の報せが届く。
マリーナとアダはエタに真実を告げず、
オタールに代わって手紙を書き続ける。
やがて、エタは息子に会うためにパリに行くと言い出し・・・

わたしの母は三姉妹の後に末っ子の弟を産み、
「男の子を産んで初めて子供ってこんなに可愛いのかと実感した」
というようなことをしみじみ語っていたが(娘によく言うよなぁと呆れるが)
母親にとって息子ってスペシャルな存在のようだ。

エカに嘘をつき続けることに罪悪感を覚えたアダが
「ママは母親の愛情を欲しいんでしょ。叔父さんが死んだら
おばあちゃんの中で彼は聖人になってしまって
とてもかなわないから嘘をつき続けるのよ」と母を批難する。

エカとマリーナ、マリーナとアダ、
母娘間の確執はわたしにはおなじみの感覚だが、
マリーナのように弟に嫉妬したりライバル心を燃やす心境は皆無。
姉妹間の権力争いに忙しくて弟のことなんか気にならなかったのだ。
でも、男女一人ずつのきょうだいで母親が息子ばかり可愛がったら
そうなっていたかもしれない。

一人で冬の遊園地に出かけ、観覧車から景色を見下ろしながら
おいしそうにタバコを吸うエカの表情がいい。
タイトルの「やさしい嘘」のほんとうの意味がわかるラストも絶品。

母マリーナはちょっとジャンヌ・モローや岡田茉莉子似の
強気で華のあるいい女なのに、娘のアダは
アンガールズ・山根の女版みたいな地味で色気のないタイプなのがおもしろい。
グルジアの街の風景もすごく趣がある。

'05 12 WOWOW ★★★★☆
監督:ジュリー・ベルトゥチェリ
出演:エステール・ゴランタン、ニノ・ホマスリゼ、ディナーラ・ドルカーロワ
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-14 20:59 | 映画レビュー

ひとくちちょうだい

食い意地が張ってるわたしは
ケーキやアイスクリーム、定食モノなど
ダーリンと違う種類のを食べているとき、
必ず「ひとくちちょうだい」と言ってしまう。
とりあえず他の種類も味わっておきたいのだ。

もちろん彼は少しも嫌な顔をせず
「好きなだけ食べ」と差し出してくれる。
「あと全部食べてもいいよ」と言うこともしょっちゅうだ。

ギブ&テイクは常識なので
わたしも「はい」と自分のを差し出すが
なぜか彼はわたしの分に手をつけようとしない。

つきあい始めの頃は遠慮してるのかと思ったが
どうやらそういう習慣がないかららしい。

二人でひとつの料理などをシェアするときなど、
彼は必ずわたしにたくさん食べさせてくれる。

4人きょうだいで熾烈な争いの元に育ったわたしは
恥ずかしながら食欲以前の問題で
がっついてしまうところがあり、
彼のそういう無欲な姿勢に必要以上に感動してしまう。

これからも「ひとくちちょうだい」はやめられそうもない。
そして一生痩せられそうにもない・・・・(-.-;)
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-13 20:43 | 夫婦の日常・おでかけ

タイムスリップ・ドライブ 

金曜日、わたしもダーリンも仕事が休みだったので
午後からふらっとドライブ。

先週、駐車中のセルシオに追突されたとかで
保険会社が手配した代車がフーガのニューモデル。
ダーリンは搭載されている最新式カーナビで遊びたかったらしい。

しかしなんですなぁ、
カーナビって便利かもしれないがあの音声がけっこうイラつく。
竹中直人とか佐藤浩市の声バージョンとかあればいいのに・・・・

それに、目的地を設定すると
当然のようにしつこく高速道路を使わせようとするのも呆れる。
わたしたちは「どこでカーナビが諦めるか」と
メカに挑戦するようにルート変更し続けて遊んだ。

わたしは夜は街中を走るのが好き。
郊外や田舎道は昼間はいいけど
根っからの都会っ子なので、夜は寂しくなってどうもいけない。
いろんな建物やネオン、他の車のライトなどが
流れていく風景をぼんやり眺めているのが気持ちいい。

夜、昔住んでいた街へ行ってみた。
周囲の環境は激変していて
飲食店や大型ショッピングモール、コンビニなどが
出現して風景がすっかり見慣れないものになっている。

わたしが一人暮らしをしていた部屋は
「マンション」という名がついているのがキツい冗談みたいな建物。
客観的に見るといかにもワケありな人が入居しそうな雰囲気で
「よくこんなとこに住んでたなぁ」とびっくり。

わたしたちの結婚生活はここからスタートしたのだが
ボロいけど広かったので自分たちでいろいろ手を加えて、
それがけっこう楽しかった。

次に引っ越したのは日当たり・風通しのいい建物。
そのあたりの地主の大家さんがいい人で
手入れが行き届いて住みやすかった。
数年ぶりに行ってもキレイで建物全体にいい「気」が漂っている。

車を降りて二人で建物の周囲をぐるっと回ってみた。
すると、今まで忘れていたその頃の出来事や
いろんな思い出が芋づる式といっていいほどによみがえり、
「おもしろいねぇ!」「楽しいなぁ!」の連発。
結婚している方にはけっこうおすすめですよ、これ。

「また何年後かに来ようね」とダーリン。
おじいちゃんとおばあちゃんになった頃にはどうなってるだろう?

ところで、場所と記憶の結びつきって不思議で奥深い。
関係ないけど、犯罪者を現場に連れて行って
犯行を再現させたりするわけに納得だ。
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-10 12:09 | 夫婦の日常・おでかけ

東京タワー オカンとボクと、時々オトン/リリー・フランキー 扶桑社

評判どおり見事に泣かされた。
寝る前にベッドで読んでいたものだから
鼻が詰まって苦しいのなんの・・・・

前半~中盤までは
「泣く、泣くって世間では言ってるけどそうかなぁ?」と
タカをくくっていたのだが、
「なすびの味噌汁」の箇所でウルっときたと思ったら
そこからラストまで涙がとまらなかった。

全編を通じて使われている九州弁がとてもいい。
リリーさんの母親に対する愛情の深さとこまやかさにはただただ感服。
そして、彼の文章を通じて生き生きと伝わってくる
「オカン」の人柄がとてつもなく魅力的だ。

現実に身内にいればかなり困った人だったであろう
「オトン」のキャラクターも味があり、
リリーさんが温かい視線で描いていることに好感がもてる。

リリーさんのことはファンだけど、一女性として
実の母親とここまで濃密な関係を築いてきた男性って
恋愛相手としてはかなり難かしいだろうなぁと
大きなお世話なことまで心配してしまった。

'05 12 ★★★★☆
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-08 21:51 | ブックレビュー