<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

キャッチャー・イン・ザ・ライThe Catcher in the Rye/J.D.サリンジャー、村上春樹訳 白水社

20年以上前に野崎孝訳で読んだアメリカ文学不朽の名作。
主人公の少年の一人称語りによる
脈絡のない話だということくらいしか記憶に残ってないくせに、
「よかった」「生涯ベストに入る本」ということだけは
なぜかしっかり刻み込まれていた。

読み直してみて、主人公ホールデンの高校生とは思えない世慣れぶりに驚いた。
N.Yで生まれ育った金持ちの息子ということを差し引いても、
レストランやバー、劇場でのふるまい、タクシーの運転手に対する態度、
お金の使い方、デートや女の子に対する考え方など
日本の感覚でいえば30代の遊び慣れた都会人という感覚だ。
これって当時('40年代)のアメリカでは珍しいことではかったのだろうか?

ホールデンは私立の名門校を続けて退学になり、
おそらく精神的に病んで人生をドロップアウトしかけている。
延々と続く彼の語りの主なテーマは自分の周囲の人間や彼らとの関係。
その理屈っぽさや妙なこだわりは、時にうっとうしく退屈するが、
それでもそのメッセージにはまったく古臭さを感じさせず、
時代を超えて青春文学の名作とされているのが納得。

素手での殴りあいはどうも好きになれない、
喧嘩相手の顔をまっすぐ見ることができず、
素手で殴るくらいなら相手を窓から突き落としたり、
斧で首をはねるほうが楽だ、と語る部分など、
現代の日本の子供にも通じるような気がした。

最終章、真冬のセントラルパークで
最愛の妹フィービーが回転木馬に乗るのを見守りながら、
突然とてつもなくハッピーな気分になったホールデンが
思わず大声で泣き出しそうになるシーンはとても美しい。
この何行かのためにすべてがあるといってもいいのでは?

さて、春樹訳。
読みながら気になった箇所は野崎訳と比較した。
やはり言葉は生き物であり、絶えず変化し続けるものだなぁと痛感。
春樹訳は「ばりばり寒い」「ていうか」「~みたいな」など
ここまで今っぽく訳していいのか?と一瞬心配になるほどだが、
それらの口語体が文脈の中で浮くこともなく、生き生きしたスパイスになっていた。

当時は斬新だとされた野崎訳は、今読み直すとどうしても古臭い印象は免れず、
特に18歳くらいの男の子の口調には思えない。
壁の落書きの「ファック・ユー」を「オマンコシヨウ」と訳しているところなど
今なら誤訳とされるのでは。
ただし、村上春樹が意識的にそうしたという「You」をいちいち
「君は」と訳しているのは不自然に感じて非常に気になった。

'05 11 ★★★★☆
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-30 22:24 | ブックレビュー

バースデードライブ 

c0008209_15225386.jpg
24日の結婚記念日に続き、
26日はわたしの誕生日。
近江八幡から琵琶湖岸を
通って長浜までドライブした。

湖岸道路から一本それた道は見事な紅葉のトンネル!
木々の間から湖が見えて絶好のドライブコースだった。

快晴で風がなく、
気温は14度くらい。
ああ、やっぱりこういう気候が
快適でベストだわ~

肉食のわたしたちにとって
近江八幡といえば近江牛。
老舗の肉屋直営のお店で
ランチすることに。



ダーリンは鉄板焼き、わたしは牛トロやたたきの握り、ローストビーフなどが入ったお弁当。
もちろん肉自体はおいしかったんだけど、量のわりに値段が高すぎ!
前夜、お祝いディナーに行ったレストランがすべてにおいて
大満足だったのでつい比べてすごく損した気分になり、
「これならフツーの焼肉の方が断然いいよねぇ」と
庶民派肉食動物のわたしたちは寝た子を起こされたように
タン塩、ユッケ、中落ちカルビなどが恋しくなる一方だった。

c0008209_15515592.jpgc0008209_15521540.jpg







近江八幡の町はヴォーリズ建築がいい感じで保存されている。

c0008209_1522068.jpg




古い街並みや建築を観ながらぶらぶらするうちに、
近江八幡と同じく取材で行った長浜の記憶が蘇り、
ぜひもう一度行きたいと思っていた美術館のことを思い出した。



c0008209_1624226.jpg長浜の「黒壁スクエア」は
石畳の街並みに残る古い町家や蔵を
ギャラリー、ショップ、カフェなどとして
再生した一画。
取材で行った時は夏の昼間だったせいか
「倉敷に似たありがちな観光地」
という程度の印象しかなかったのだが、
今回その印象がガラリと変わった。

街全体が美しくライトアップされ、
街角では吹奏楽バンドが
クリスマスメドレーを演奏している。
石畳の歩道に並べられたテーブルで
ワインを飲みつつ耳を傾ける人や
出店をひやかしながらそぞろ歩く人など
まるでヨーロッパの小さな町みたい!

c0008209_1737122.jpg

わたしがもう一度来たかったのは「黒壁美術館」。
江戸時代末期に建てられた
豪商の屋敷を再生したもので、
コレクションはガレやルネ・ラリックなど
アール・デコ、アール・ヌーボーのガラス器。

展示品もいいけど、建築そのものが魅力。
落ち着いた佇まいの和室や
モダンに改造した蔵を効果的に使った展示といい、
中庭の見事な美しさといい、
何時間でも居たくなる空間だ。




長浜はガラス工芸の街なので
アンティークや新しい作家モノなど数々のガラス工芸品が並んでいる。
ダーリンはミュージアムショップで何か買ってくれるというのだが、
わたしは女としては珍しく観光地でみやげものを買わないタイプ。
何を見ても別に欲しいと思わないのだ。
一方、彼は男のくせに行く先々で必ず何か買うタイプ。
今回もアロマエッセンス入りの石を買っていた。

c0008209_17405326.jpgc0008209_17413449.jpg











後で聞くところによると、黒壁スクエアは
この土日はクリスマスシーズンの
特別イベントデーだったとかで
歴史遺産の「安藤家」にも無料で入れた。


たまたま思いついて行ってすごくラッキーだった。
ダーリン曰く「街がグロリアの誕生日をお祝いしてくれてんで」
(お約束のノロケですいません・・・・(^_^;)

取材で行って、もう一度行きたい美術館は他に
徳島・鳴門の「大塚美術館」と愛知・知多の「世界のタイル美術館」
どちらも企業系で正統派ではないけど、一見の価値有りです。
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-27 15:45 | 夫婦の日常・おでかけ

HGオヤジ出現! 

今年もM-1グランプリの季節が近づいてきた。
どんなコンビが勝ち抜いてきてるのか知らないけど、
最近、わたしがおもしろいと思うのは「次長課長」の河本。

そういえば先日チラっとTVで見たけど、
河本ってものすごく歌がうまいのにびっくり!
歌がうまいとブサイクでも一瞬かっこよく見えるから不思議だ。
(「レギュラー」松本もルックスから想像できないほどうまいが、
彼の場合は一瞬たりともかっこよく見えない)
審査員の杉本彩が
「歌のうまさと恋愛感情表現のうまさは比例する気がする」と寸評していて、
その気持ちはわかるが、わたしの知る範囲でそれは錯覚だと思う。

今年大ブレイクのレイザーラモンは二次予選を通過したらしい。
HGこと住谷、実は知性と良識ある好青年というのは有名だが
わたしもけっこう好き。ピンになればいいのに。

ところで、先日わたしは不思議なものを見た。
仕事帰りの地下鉄の中、50代のサラリーマンが居眠りしていた。
ドブネズミ色のくたびれたスーツに小太りの体型、
どこにでもいる冴えないオヤジだ。

ところが、彼はなんと頭にHGと同じ黒い帽子を被っていたのだ!
本革か合皮かは不明だが、鋲も散りばめられている。

これがもっと年末の終電とかだったら
「ああ、忘年会の余興でがんばってHGのモノマネやって、
(たぶんすべったと思うけど)自分的には盛り上がって、
帽子被ったまま酔っ払って寝ちゃったのね、おつかれさん」と思えるが、
まだ11月のしかも夜7時前の地下鉄。

まだ革ジャンでも着てるなら理解できるけど
なぜフツーのサラリーマンルックにHG帽子?
いったい彼は何者?どういう理由であんな帽子を?
わたしが知らないだけでHGブームはここまで来てるのか?

彼がぐっすり眠っていただけに表情から何も読み取れないのが残念だった・・・・
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-25 13:29 | 出来事・世間・雑感

帰ってきたもてない男 -女性嫌悪を超えて/小谷野敦 ちくま新書

かなり理屈っぽくて辟易する箇所も多いが、
著者の本はけっこうおもしろいのでよく読む。
このひとの2大アイデンティティは「東大大学院卒」と
「もてない(恋愛経験がほとんどない)」につきるようだ。
前作に続き本書でも、現代社会で恋愛することがいかに困難かを延々と論じている。

自由恋愛が解禁になったおかげで、異性から選ばれない男女が出現してしまった。
恋愛できるできないは個人の能力であり、
努力したからといって誰もが一流のバイオリニストになれないように、
がんばっても恋愛できない男女はいる、という説は確かに説得力はある。
彼の持論を読んでいると、偶然の出会いから恋愛結婚した
自分のプロセスがまるで奇跡みたいに思えてきていい気分に浸れるのも事実。

それにしても、彼の理想の相手の条件を読んでいると
(まず最初に「一流または1.5流大学卒または大学院卒」と具体的に学校名を列記。
東大、京大、一橋、東京外大、東京藝大、慶応、上智、早稲田(学部による)、
ICU、お茶の水女子大、日本女子大、東京女子大らしい)

本人がいちばんよくわかっている事実だけど、
「そりゃ恋愛なんかできるわけないよ」と言わずもがなのことを言いたくなってくる。

あと、小泉首相にセックスパートナーがいるのか否か、
独身の文化人、学者などの実名を挙げて彼らはセックスしてるか否かを
真剣に気にしているあたり、呆れるほど
「素」のモテない男ぶりを全開にしていて笑える。

'05 11 ★★★☆☆
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-23 20:24 | ブックレビュー

北風と太陽 

ふだんダーリンは8時頃起きて朝食を食べ
シャワーを浴びて家を出るので
わたしは朝食の用意をして彼を起こす。

先日、今日は8時に出るというので
目覚まし時計を聞いてから
隣で眠る彼をつついて起こすだけはしてあげたけど、
わたしは半分眠ったまま
「バナナとヨーグルト食べて行ってね」と言った。

しばらくすると、バナナスタンドから一本もぎとりながら
「バナナの収穫祭♪」とつぶやく声に続き、
「バナナン、バナナン、バナナ~♪」と機嫌のいい歌声が・・・
思わずベッドの中で笑ってしまった。

彼と結婚してよかったとしみじみ思うのはこんな瞬間だ。

結婚して何年かの間、
わたしは朝食なんか用意しなかったし、
彼が家を出るときも当然のようにグーグー寝ていた。
彼はそのことに関して一度も不平不満や要望を言うことはなかった。

ところが、なぜかある日突然、わたしはまったく自主的に
朝早く起きて彼のために朝食を用意するようになったのだ。
特にきっかけとなる出来事もなく。

「そういえば、昔はわたしグーグー寝てて、
ダーリンは一人で起きてひっそりと出社してたよねぇ」
「うん、あの頃は寂しかった」
「ええ~?じゃあ朝ごはん作ってとか言えばよかったのに」
「いいねん、無理にしてほしくないし、
いつかやってくれるようになると思ってたから」

す、すごい!じゃあ、もしかしてわたしは「自主的に」と思ってるけど
実は彼の思いが少しずつ岩を侵食するようにわたしを動かし、
願いが成就した結果なのか?

ダーリンはすべてにおいて「北風と太陽」の太陽。
わたしは典型的な北風タイプなので死んでもマネできない。

あさっては結婚記念日。
彼とめぐりあえたしあわせに感謝しよう。
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-22 00:07 | 夫婦の日常・おでかけ

イン・ハー・シューズ/In Her shoes '05(米)

c0008209_1517799.jpgタイトルには「彼女の身になって」という意味があるとか。
靴フェチのわたしには見逃せない映画だ。
わたしが靴フェチになったのには理由がある。
足が大きいせいで、サイズが合えば「今買っておかねば!」と
危機感にかられ冷静な判断が効かなくなってしまうのである。

ここ数年、国内ではほとんど靴を買わないが
アメリカサイズで8か8・1/2なので日本サイズだと25cmか25.5cm。
最近でこそ大きなサイズも店頭に並ぶようになったみたいだが、
わたしが20代の頃、レディスシューズの上限は24.5cmだった。
ほんの申し訳程度に大きなサイズコーナーを設けている店もあったけど
値段が高い上におばさんくさいダサいデザインばかり。
なので、選択の余地なく無理やり24.5cmの靴に足を押し込み、
わたしは常に陸に上がった人魚姫か纏足美女の気分を味わっていたのである。

女ばかり誰かの家に集まって飲むなんて時、
誰かが玄関でわたしのパンプスを履いて
「わ~子供がお母さんの靴履いてるみたい!」などと無邪気に叫び、
内心「殺したろか!」と苦々しく思うこともよくある。
たいていそいつはサイズ22.5cmくらいなのだ。
ああ、生まれ変わったら23cmくらいで甲の低い足になりたい。

肝心の映画だが、もっと軽い内容かと思っていたら予想以上によかった!
笑えて、共感できて、少しホロっとさせられる、こういう映画はやっぱり理屈抜きに好き。
幼い頃に母親を亡くし、父の再婚相手とはソリが合わない姉妹が主人公。
姉はプリンストン大卒の弁護士で恋愛下手。
妹はゴージャスなルックスが自慢で昔からモテまくりだが、
28歳にもなって定職をもたずフラフラしている。
実は妹は難読症で、簡単な読み書き計算もできないという設定。

c0008209_15173641.jpg
キャメロン・ディアスが妹を実にリアルに魅力的に演じている。
キャメロンって顔そのものはそれほど美人じゃないけど、
華があるし表情豊かなのでキュートにもセクシーにも見える。
なによりあのボディが絶品!


ああ、あんなカラダだったら世の中怖いものなしだろうなぁ~、と
わたしなんかは思うけど、この映画の彼女は逆に
ルックスしか誇れるものがないことで人生をドロップアウトしかけている。

姉妹の祖母を演じるシャーリー・マクレーンがいい。
お金のある元気なリタイアメントで、まだ恋愛のチャンスもあるという
「愛と追憶の日々」の母親役に通じるところのある役どころだが
こんなおばあちゃんが欲しいなぁと羨ましかった。
姉役のトニ・コレットはいろんな役ができる実力派で好きな女優。
彼女は自分に思いをよせる同僚弁護士を最初冷たくあしらうんだけど、
弁護士でルックスよくて、おいしいレストランに詳しくてオーダーの達人なんて
わたしだったら即つきあうのに。

'05 11 16 劇場★★★★★
監督:カーティス・ハンソン
出演:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、
    シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイン
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-19 15:25 | 映画レビュー

親切なクムジャさん '05(韓)

c0008209_22531985.jpg
好き嫌い、後味の悪さは別として、
とてつもない力を持った作品。
「オールドボーイ」も映画が始まるや否や、
ジェットコースターに乗せられたみたいに
なすがままだったが、そのパワーは健在。
パク・チャヌク恐るべし。
今後もチェックし続けたい監督だ。


クムジャは20歳の時に6歳の少年を誘拐、殺害した罪で13年の刑期を言い渡される。
世間が何より驚いたのはその残忍な手口と、クムジャの清純な美貌だった。
刑務所に入ったクムジャは天使のような笑みを絶やさず、
他の受刑者に対して優しく献身的に尽くすことから
「親切なクムジャさん」と呼ばれる。
しかし、クムジャの光り輝く笑顔の裏には周到な計画が隠されていたのだった。
やがて出所したクムジャは13年間かけて準備した復讐を開始する。

クムジャを演じるイ・ヨンエはちょっと相田翔子風味の
清純そうで男受けする美人だが、本性ははかりしれないような、
じんわり迫ってくるような恐ろしさや不気味さの表現が絶品。
刑務所内のボス格受刑者、通称「魔女」の新入りいじめのエグさには唖然!
香港映画「トニー・レオンのミッドナイトエキスプレス」といい勝負だ。

韓国映画を観るといつも、登場人物の喜怒哀楽表現の
異常なほどのテンションの高さに馴染めないものを感じるが、
こういう題材にはそういう民族性がぴったりな気がする。
クムジャの復讐がもうほんとに想像を絶する残酷さで、
お隣の国とはいえ根本的に違う人種だなぁ~としみじみ痛感する。

わたしは韓国男性の顔の造作もどっちかというと苦手。
特に本作の牧師役の男優の顔はその典型だ。
いつも不思議なんだけど、韓国映画界って女優陣は美女揃いなのに
男優はイマイチなのは女性の美容整形があたりまえというお国柄だから?
ともあれ、見逃すのは惜しい映画だと思う。

'05 11 16 劇場 ★★★★☆
監督:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ、チェ・ミンシク
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-17 23:05 | 映画レビュー

脈絡なくつぶやき&ボヤき

先日アップした「負け犬の遠吠え」関連で思ったこと。
わたしは30歳で結婚したので
ギリギリセーフで「負け犬」にならなかったけど
子供産んでないから「勝ち犬」でもない。
じゃあ、わたしみたいな女って何犬だろう?
「リタイア(棄権)犬」か?

ちなみに40代、シングル、子なしは「負け犬」どころか
「犬の腐乱死体」だそう・・・
(当事者が自虐的に言ってることなので安心・・・(-.-;)

         ◆

紀宮様ご成婚の報道で思ったこと。
沿道で車に向かって手を振っている人々ってわからない・・・
百歩譲って空港でヨン様を出迎えるおばさま達の
心理はまだ理解できなくもないが、
「皇室ウォッチャー」のファン心理ってほんとに不思議だ。

(これは皇室批判では全然ないのでくれぐれも誤解なきよう)

         ◆

↑みたいなエクスキューズをわざわざ書くことについて。

不思議だけど、こんなわたしのブログでも
通りすがりにいちゃもんつけていく人がたまにいる。
なぜかスポーツネタと子供ネタにひっかかる確率が高いようだ。

以前、オリンピックネタで
銀メダル取った選手が喜ぶどころか悔しさを隠しもしないのを観て
すごく違和感を覚えたので
「欲しくてもメダル取れない選手の方が多いのに
せっかく銀取って喜ばないならメダルは金だけにすればいいのでは?」
と書いたら、何を勘違いしたのか
「あなたは神聖なオリンピックを侮辱するのか!」みたいな
見当違いのメールをもらったことがある。

また、ダコタ・ファニングの演技力と可愛さについて書いたとき、
「女の子はあまり好きじゃないけど、あんな子ならいてもいいかも」
と書いたら、これまたどう読み違えたか
「子供嫌いを公言するなんて大人気ない」と批判された。
子供嫌いは当たってるけど公言してないぞ!
なぜってわざわざ要らぬ敵を作りたくないからさ。

名指しで自分のことを中傷されているならわかるけど、
たまたま目にした記事に自分と違う意見や
自分の趣味・信条に合わないことが書いてあったら
そのままスルーすればいいのにねぇ・・・

なんでわざわざ「モノ申す」みたいなことするんだろう?

世界が自分と同じ意見ばかりの方が気持ち悪くないかなぁ?
世の中モノ好きというか、
要らぬことにエネルギー消費する人が多いのに驚く。

HPやブログやってて避けたいのは「荒らし」。
友人、知人の中にも悪質な被害に合った方々を見聞きしているので
無視したり削除して下手に刺激して荒らされないように
事なかれ主義に徹していたけれど、
よく考えればHPやブログって
純粋な趣味、自分の楽しみでやってることであって
原稿料もらって書いてる仕事じゃないんだから
良識さえ守ってれば好きなこと書いていいはずだし

変に気を使ったりうっとうしい思いする必要ないよね。

水商売でも店に合わない客、迷惑かける客は
入店お断りや出入り禁止にできるのだ。
これから、いちゃもんはばっさり削除&無視しますので悪しからず。

(って書いていても、これに関していちゃもんつける人種っているからなぁ・・・)
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-15 23:56 | 出来事・世間・雑感

ザ・インタープリター/ The interpreter '05(米)

c0008209_21214727.jpg
国連で同時通訳として働くシルヴィア(ニコール・キッドマン)は、
生まれ故郷であるアフリカ・マトボ共和国の
大統領暗殺計画を偶然知ったことから命を狙われるはめに。
シークレット・サービスの捜査官ケラー(ショーン・ペン)は
彼女の過去を探るうちに彼女自身が陰謀に関わっているのでは
という疑いを深めていく。

このキャスティングにしてはすごく地味な作品。
アフリカの小国の内乱というのが馴染みがないし
政情や人間関係が小難しい印象で感情移入しにくい。
DVD特典の「ボツになった方の結末」を観たら
映画的にはそっちのほうがいいような気もしたけど
恥ずかしながらメッセージとして何が違うのかよくわからなかった(汗)

しかし、正直言ってあまり好きじゃないニコール・キッドマンだが
この作品では初めてまったく嫌なところがなかったという驚き。
というより純粋に今まででいちばん美人だと感じた。
職業柄、黒のスーツにシャツという地味な装い。
金髪を無造作にゴムで束ねてメガネをかけ、
しかも片目は常に髪で隠れているのだが、
低いトーンの声と抑え目の演技がとてもよかった。
女性性を前面に出した役より、こういう硬派な役柄の方がいいのでは?

ショーン・ペンの役は別に彼じゃなくてもよかったのでは?
観てる途中、もう少し若い頃のアル・パチーノなんかがやりそうな気がした。

'05 11 12 DVD ★★★☆☆
監督:シドニー・ポラック
出演:ショーン・ペン、ニコール・キッドマン
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-14 21:27 | 映画レビュー

熟睡の日々

最近、涼しくなったせいかぐっすり気持ちよ~く熟睡できる。
ベッドに入るのがどれだけ気持ちいいか♪
やっぱり晩秋から冬にかけてはいいなぁ~

そして夢の内容も密度が濃いような気がする。
目覚めたときにストーリーまではっきり覚えてなくても
「あ~楽しかった」という印象の夢が続いているのだ。

昨日見た夢はちょっと不思議だった。

知人(女性)が、片思いの男性への熱い想いを話している場面を
偶然見聞きしてしまうというもの。
そして、彼女の片思いの相手というのもわたしの知人(男性)なのだ。

夢の中で彼女は彼の名前を口に出さないが、
わたしには誰のことかすぐわかった。

「へえ~、○○さんってあの人のこと好きだったのかぁ・・・」と
妙に納得しているわたし。
これが正夢だったら占い師になれるかも?
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-13 22:21 | 出来事・世間・雑感