<   2005年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

スリング・ブレイド/ Sling Blade '96(米)

c0008209_12233132.jpg
c0008209_1224610.jpg何回観ても泣けてしまう映画のひとつ。
ビリー・ボブ・ソーントンを初めて観たのが
この作品だったので、その後、他の映画で
観たときはルックスの落差に驚いた。

デ・ニーロは肉体改造してまでの役作りで有名だけど「努力」を感じる。
ビリー・ボブの場合は、骨格から顔の造りまで形状記憶合金のように
するっと無理なく変化させてる感じ。

知的障害者で殺人犯のカールと、貧しい母子家庭の少年フランクの心の交流。
フランクの母親は偏見がなく息子を愛するいい人間なのに、
とんでもない暴力男との関係を断ち切ることができない。
カールはフランクの不幸に自分の過去を重ね合わせ、
フランクの人生を救うためにある決断をする。

フランクの母親みたいに、いけないとわかりつつダメ男の呪縛から逃れられず
自分も周囲も不幸にしていく女って不思議。
酒癖悪い、暴力ふるう、金はくれず家に転がり込んで亭主面する・・・
「たまにやさしくしてくれるの」って言うけど、見るからにセックスも下手そうだし・・・
どういう精神構造があんな男を受け入れるんだろう?マゾヒストか?

全編抑えた演出で、暴力の気配と暗示だけで通したのが効果的だった。
フランク役のルーカス・ブラック(少年時代のリバー・フェニックスを彷彿とさせる)
がすごくいい。あんな息子欲しいな~
J.T.ウォルシュが作品の絶妙なスパイス役になっている。

'05 2 WOWOW ★★★★★
監督:ビリー・ボブ・ソーントン
出演:ビリー・ボブ・ソーントン、J.T.ウォルシュ、ルーカス・ブラック
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-27 13:03 | 映画レビュー

いつか、どこかで Where or When/ アニータ・シュリーヴ 新潮クレストブックス

パイロットの妻」が秀逸だった著者の作品だが期待はずれ。
著作の順としてはこちらが古いのが救いだと思う。

ニューイングランドの鄙びた町で保険業を営むチャールズと、
ペンシルバニアの農場主の妻で、大学で教える詩人でもあるショーン。
ショーンが出版した詩集の広告を偶然見つけたチャールズは
著者の写真を見て31年前の初恋の相手だと確信する。
ふたりは14歳の時、サマーキャンプで共に一週間を過ごし、
お互いに恋心を抱きながらも以来音信不通だった。

共に家庭を持つ中年男女が恋に落ちる。
別に珍しくもない話だけど、それはまあいいとして
結婚生活がうまくいっているといえない男女が出会えば
待ってましたとばかり飛びついて当然。
しかもそれが14歳の頃の初恋の相手だったら
「運命だ!」なんて思い込んで深みにハマってもなんの不思議もない。
そんな安っぽい不倫話をわざわざなんで書く?

結婚相手を愛しているのに、はからずも他の異性を愛してしまうというなら
まだ登場人物の葛藤や苦悩に深みもあるけれど、
夫や妻への愛が冷めた男女がお手軽な不倫道を突っ走って
恋愛初期にありがちな不安定な心理状態に陥ろうが
罪悪感や葛藤で苦しもうが、自分たちで勝手に盛り上がってるにすぎない。

主人公チャールズに最後までどうしても好感が持てなかった。
彼がショーンに書き送る手紙や、デートの演出は寒いしうっとうしい!
そんな男と恋に落ちるショーンにも必然的に感情移入できず・・・
特にチャールズの妻に対する仕打ちは最低で同情の余地もない。

'05 2  ★★★☆☆
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-26 01:03 | ブックレビュー

リハビリは続く 

今回の腰痛はいつになくしつこい。
整骨院の治療はまさに「リハビリ」という名にふさわしく、
ていねいに、しかも時間をたっぷりかけて施術してくれるので
「こんな低料金でそこまでしてもらっていいの?」と頭が下がるほど。
今までの整骨院は何だったんだ?って感じ。

わたしは常日頃から「お腹すいた」「眠たい」「暑い」「寒い」など
生理に関することはすぐ口に出してしまうタイプ。
病気でしんどいとき、痛いときもすぐヒーヒー言う。
(大人になってから歯医者で大泣きしたことも)

なので、イチロー似先生にあちこち揉まれたり、
押されたり、伸ばされたりするたびに
わたしは「痛!いたたた~痛~い!」とギャーギャーわめいている。
先生は施術だけでなく言葉でわたしを宥めたり、笑わせたり大変だ。

今日は肩、背中、腰をじっくり揉み解すのがメインで、
あまりの気持ちよさに永遠に続けてほしかったほど。
痛い治療を覚悟してたのでありがたみもひとしおだ。
珍しくわたしがおとなしいので、先生も
「こんな気持ちいい治療があったなんて意外でしょ」と得意気。

今日のはスペシャルな「ごほうび」なのか?
それとも痛い治療に慣れてしまったカラダが
普通のマッサージを実際以上にありがたがっているのか?
どっちにしても早く健康なカラダに戻りたい!
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-25 18:26 | 出来事・世間・雑感

チョコレート

c0008209_12563221.jpg「チョコレートなしではいられない!」というほど
チョコレートが大好きな人は
いわゆる「スケベ」なんだそうだ。

そう前振りしておいて言うのもなんだけど
わたしはそんなにチョコレート好きじゃない。
(スケベじゃないとは言わないけどね)


目の前にあれば食べるし、食べればおいしいけど
欲しくてたまらないなんてことはなく、わざわざ自分で買うことはない。

純粋なチョコレートはまだいいけど、
チョコレートケーキとか、チョコレートアイスクリームはどっちかというと苦手。
濃厚すぎて、味が単一すぎて飽きてくるというか・・・

写真は今年ダーリンがもらってきたバレンタインチョコの一部。
夫がもらってきたチョコを妻が全部食べるという家庭が多いようだけど
うちはダーリンがチョコ好きなので、わたしはちょっとつまむ程度。

それよりわたしは生クリームの誘惑に弱い。
生クリーム×フルーツ、生クリーム×アイスクリーム、
生クリーム×パンケーキ、思い浮かべただけでうっとり・・・
たまにホイップクリームだけをボウル抱えてなめたくなるほど。

好きな男のタイプも断然「色白あっさり系」だし。
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-24 13:13 | 食べる・飲む

持病が出た・・・

昨夜から持病の腰痛が出た。
昨日は午後からスポーツクラブへ。
プールで水中プログラムのクラスを受けただけで
平日のスタジオプログラムに比べれば「屁」みたいな軽さである。

最近、めちゃ忙しいわけでもないし、思い煩うこともないし、
疲れや寝不足がたまっているわけでもない。それなのになぜ!?

今日中に仕上げなきゃいけないインタビュー原稿があったので
午前中に近所の初めて行く整骨院へ。
担当してくれた先生は、ものすご~くいい風に言うとイチロー似。
(ちなみにわたしはイチローは好きじゃない)

腰痛歴15年以上の経験から言うと、整骨院とは
生ぬる~い空気の中でダラ~っと脱力して治療を受ける場所。
なので今日も思いっきり油断して行った。

ところが!この整骨院は本格的&熱心。
立ったり座ったり、ベッドに寝ていろいろ体位を変えては
全身の歪みをくまなくチェック。
自分じゃ気づかない日常の姿勢のクセも指摘された。
それから1時間以上もかけて全身マッサージ。
背中や腰だけじゃなく、胃や腹部、脚まで念入りに。
しかも形だけのやわなマッサージじゃなく、時には
「痛っ!先生、それすっごく痛いです~」と思わず泣きを入れるほど。

しかし、その道のプロにカラダを委ねるというのは満足感高い。
マッサージ好きのわたしはかなり満足した。
膝下にテーピングしてもらって、明日またマッサージ。
今日はちょっと痛かったけど明日は快感に変わるかもね。
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-21 22:48 | 出来事・世間・雑感

無神経なひと 

喫煙者の無神経さについてにいなさんのところでも盛り上がったけど、
ほんと、スモーカーって無神経というか鈍感なひとが多い。

数人で同席して、自分ひとりが喫煙者だったら遠慮するのが常識では?
百歩譲って「吸ってもいいですか?」と聞くのがマナーでは?
さらに、他人が咳してたら気づいて消すのが人間として自然な行動では?

でも、当のスモーカーはこんなこと絶対気づいてないんだよね。
(気づいたうえでやってるとしたら最低!)

自分はマナーを大事にする喫煙者だとアピールしたいのか
他の人は誰も吸わない場で「吸ってもいいですか?」と聞く喫煙者がいる。
でもさ~、「あ、どうぞ」と答えなきゃカドが立つからOKするだけであって
非喫煙者は内心間違いなく「ちっ、ヤダな」と思ってるはず。

それに「あ、どうぞ」と言ったからといって1本くらいはガマンするけど
同席してる間中、吸い続けてくれていいよって意味じゃないし。

他人のタバコのせいで髪や服に臭いニオイがつくのはイヤだし、
それよりわたしは喉が弱いし、頭痛持ちなので切実にタバコは迷惑!
いつだったか、カメラマンの車に同乗したとき彼が吸おうとしたので
けっこう勇気がいったけどやんわりと断った。
車のような密室で吸われるとほんとに辛いので・・・
もちろんカメラマン氏はすんなり承諾してくれた。
喫煙者に対しては最初の1本で勝負をかけなきゃいけないようだ。

でも、非喫煙者ばかりが気を使ったりガマンしたりってすごく理不尽。
喫煙者はもっと常識とか他人の気持ちに敏感になれよ!と心から思う。
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-19 12:00 | 出来事・世間・雑感

ボーン・スプレマシー/ The Bourne Supremacy '04(米)

c0008209_11101256.jpg「もうジミーちゃんとは言わせない!」とFMのDJが言っていた。
マット・デイモンが大人っぽく、たくましくなり、
前作「ボーン・アイデンティティー」を越えるおもしろさとのこと。

たしかにおもしろかったけど、こうやってレビュー書こうとすると
な~んにも残ってない。前作もそうだったのでレビューも書いていない。

マット・デイモンが「好きでも嫌いでもない」という位置づけであることと
(でも頭の形、特に後頭部のがっしりした首筋、肩へとつながるラインはいい!)
マット扮するボーンが寡黙すぎるというのが大きい気がする。
カーチェイスも迫力満点だし、室内での格闘シーン、
地下鉄や船を使って追っ手を振り切るシーンなんかも
スリリングでテンポもいいんだけど、
彼が淡々と(って感じに見える)どんな難局もかわしていくもんだから
今までいろんな映画で観たなぁって感じでハラハラ感が低くなってしまうのだ。

アメリカ人が主役のアメリカ映画で、舞台がヨーロッパというのは
エキゾチック効果満点でよろしいな~とか
ジョアン・アレンは「コンテンダー」などの時より女っぽくなったなとか
ジュリア・スタイルズの髪を見て「わたしもメッシュ入れようかな~」
などと思いながら観てました。

'05 2 16 劇場★★★☆☆
監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン、ジョアン・アレン、ジュリア・スタイルズ
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-19 11:15 | 映画レビュー

久々の朝帰り 

昨夜は某ホテルで三重県観光連盟
マスコミ関係者を招待して年一度開催するパーティーへ。
会場では松坂牛、伊勢海老、ふぐ、牡蠣や新鮮な魚介、
地酒や地ビールがふんだんに供される。

各スポンサー提供による抽選会があり、強運なわたしは毎年必ず当選している。
松坂牛2kg、有機みかん5kg、そして今年も当たりました!
オーガニック農場の手作りハムやソーセージの詰め合わせ。
(企業のノベルティグッズなどじゃなく毎回食べ物が当たるというのがなんとも・・・)

その後、同業者たちと隠れ家的創作和食の店で二次会。
去年退社してフリーになったN氏、
コピーライターのTクンとMクン、ライターのHさんとわたし。
全員フリーランスなので水曜夜だというのにさらに朝までカラオケに突入した。

カラオケはけっこう久しぶりだったので
久々カラオケの常で最初は感覚を取り戻せず
ポルノグラフィティ、ユーミン、MISIAなどいつもの持ち歌を歌っていたが、
突如調子づいたわたしは無性にコテコテ演歌が歌いたくなった。
そこで石川さゆり「天城越え」に初挑戦。
いや~、これ気持ちいいっす!すっごいストレス解消になる!
後は本能の命ずるままにジャンル、年代不問で朝5時まで歌いまくってすっきり!
あ~やっぱりカラオケは定期的に行かなきゃな~

c0008209_20282374.jpg同行者のみなさま、
毎年わたし一人いい思いをして恐縮です・・・
ちなみに昨夜の賞品です。
ハーブソーセージ、カマンベール入りウィンナーなど
どれもこれもうまそ~♪ワインにもビールにも合いそう♪

伊賀の里モクモク手作りファーム
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-17 20:45 | 出来事・世間・雑感

マイ・グランパパ ピカソGrand-pere / マリーナ・ピカソ    小学館

ピカソと最初の妻・オルガの間の息子ポール、
その娘・マリーナが祖父ピカソについて書いたノンフィクション。

甘いムードのタイトルから受ける印象を大きく裏切って残酷で辛い物語である。
「読者はアンチ・ピカソの陣営にはからずも与してしまうかもしれない」
と翻訳者も危惧しているように、わたしもピカソの大ファンだが、
彼の人間性に疑問を覚えずにはいられなかった。

最初の息子であるポールを幼い頃から「お前は無能だ」と徹底して貶め、
息子が大人になってからは専属のお抱え運転手として、
妻とふたりの子供を養うことも難しいわずかな週給で縛りつけていたピカソ。
しかも給料をもらいにピカソの家を訪れるたびに
ポールと幼い兄妹は想像を超える屈辱を味わわされる。
それはピカソが帝王として君臨するための、天才ゆえの人間的欠落であり、
当時ピカソの妻だったジャクリーヌの策略だったとはいえ、
ポールと彼の子供、パブリートとマリーナの子供時代は悲惨すぎる。

ピカソ一族に名をつらねることに過大な期待を抱いてポールと結婚し、
ことごとく裏切られて精神を病んだミエンヌも不幸な女性だが、
ふたりの子供が最大の犠牲者だ。
彼らはたまたまピカソの孫として生まれたせいで残酷な運命に翻弄されるが、
少なくとも両親が健全な家庭を築いていればここまで不幸ではなかったはず。

ピカソという偉大な天才のケースだから特殊とはいえ、
親という存在が、限りない可能性を秘めた健康で純粋な子供の人生を
あっけなく壊すことができるという真実に怒りを覚える。

'05 2 ★★★★☆
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-16 00:07 | ブックレビュー

新作完成! 

やっと小説が完成した~!
去年の11月頃から取り掛かったものの、
年末・年始でダラダラしたり、
1月はひどい風邪が長引いてほとんど手つかず・・・

目標の2月初め完成をとっくに過ぎても
遅々として進まなかった筆が(実際はキーボードが)
今日になって急に何かが降りてきたかのように進み、
一気に後半を書き上げてしまった。
この感覚ってモノを書く人なら誰でも知ってると思うけどほんとに不思議・・・
あとは推敲して仕上げだ。

今年もまたどこかの賞に応募するつもり。
新作は前作の恋愛小説とはがらりと違う作風です。
新境地開拓か?(やけにポジティブシンキングなわたし)
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-15 00:55 | 出来事・世間・雑感