カテゴリ:美術・芸術・音楽( 20 )

磯江毅=グスタボ・イソエ特別展

物は見ようとしたときにはじめて見えてくる 

c0008209_2063155.jpg

奈良県立美術館にて
マドリード・リアリズムの異才、磯江毅特別展を鑑賞。

c0008209_2071336.jpg

これが写真じゃないなんて!

c0008209_2084040.jpg

久しぶりの美術鑑賞。

冬の美術館は大好き。

心が安らかになり、満たされるような気がします。
[PR]

by Gloria-x | 2011-12-19 20:25 | 美術・芸術・音楽

南佳孝3枚

大人の時間と空間を酔わせてくれる音楽

c0008209_1937488.jpg

c0008209_1937314.jpgc0008209_1937529.jpg











晩秋の土曜の夜
夫とあるオーケストラの演奏会に出かけた。

夫が習うトランペット関係の楽団の定期公演で
コンサートホールは初めて訪れる街にあった。

演奏会は思いのほかよかったけれど、同時に思いのほか長く
終盤、わたしは空腹を覚えながら
この後どこへ何を食べに行こうかと、いくつかの候補を思い描いていた。

意外なことにアンコールが3曲もあり!
1曲ごとに指揮者も楽団も舞台袖に退場するものだから
空腹は耐えがたいものになっていた。

空腹になるとわたしは
凶暴といっていいほど機嫌が悪くなる

今からミナミまで帰って食事しようとしたら
落ち着く間もなくラストオーダー・・・
ああ、そんなの耐えられない!

その時、嵐の海で見つけた灯台の光のように
頭にお気に入りのレストランが浮かんだ。

深夜までゆっくりと食事を楽しむことができる
正真正銘、大人のレストランである。

コンサートホールを出るなり携帯電話で予約をする。
テーブルが確保できたことで
気も狂わんばかりの空腹がやっとなだめられた。

夜の空気に温かく灯る橙色の照明と
躾けの行き届いたスタッフに迎えられてテーブルに着くと
殺気立っていた神経がするするとほぐれていく。

美味しい料理と酒、夫と見詰め合って交わす会話で
さらに身も心もほどけていく・・・

その時、わたしの耳に流れてきたのが
ポルトガル語の「スローなブギにしてくれ」

そういえば、さっきからほどよい音量で流れる
南佳孝の声が心地よいと思っていたのだ。

居心地のよい空間、愛する人と過ごす時間、
美味しい料理と酒、そしてこの音楽!
あまりの調和に酩酊しそうな瞬間だった。



※今回はちょいと気取って江國香織風に書いてみようと思いつつ
  「ダーリン」ではなく「夫」などと書き出したのに
  空腹のくだりでさっそく実態バレバレ。情けない・・・・(-_-;


********************************

というわけで
さっそくAmazonで探して入手しました。

ボクのこころ ~MELI COR ACAO~
ボサノヴァ生誕50周年、リオデジャネイロ録音のセルフカヴァーアルバム。

「モンローウォーク」「スローなブギにしてくれ」「プールサイド」は言わずもがな
「Scotch and Rain」は懐かしさにクラクラ・・・
20代初め、この曲とE・スコラ監督の映画にインスパイアされた小説を書いたっけ・・・


camp
海辺で火を囲み、気心知れた仲間たちと飲み、語りあう・・・
そんなコンセプトで作られた最高にナチュラルなアルバム。

「I can see clearly now」
「What's going on」
「A whiter shade of pale」が特に心地いい!

あの夏・・・In Summer
AORの名曲やボサノヴァのスタンダードをカヴァーした
リオデジャネイロ録音アルバム。

「HEARTS」
「JUST THE WAY YOU ARE」
「MAS QUE NADA」
などなど軽やかで気持ちいい~♪
[PR]

by Gloria-x | 2011-12-09 21:05 | 美術・芸術・音楽

マン・レイ展

マン・レイ大好き!20年以上前から何度も観ています。

c0008209_1195958.jpg
やっと涼しくなって美術館にも足を運べる季節になった\(^0^)/

ダラダラしつこく夏日⇒急激に冬という変化で
昨日も真冬並みの寒さだったけれど
風さえ強くなければ、冷たい空気の中を歩くのは大好き!
胸一杯に空気を吸い込むと、嬉しくて顔がほころんでしまいます。


c0008209_11102930.jpg
国立国際美術館
わたしの好きな美術館のひとつ。
オブジェみたいな外観もいいし、開放感のある館内はとても気持ちいい。
大阪市立美術館のような古い建物も好きだけど
こういうモダン建築も好きです。

美術鑑賞ってけっこう体力を消耗するもの。
常設展も観たかったので、途中ケーキとコーヒーで休憩。
甘いモノとカフェインが体中に染みわたる~って感じ・・・
初めてレストランを利用したけど、居心地いい空間でした。
(平日でガラ空きだったからかもしれないけど)

c0008209_11104024.jpg

モダンアートの先駆者、マン・レイの生涯を
ニューヨーク、パリ、ロサンゼルス、パリと4つの時代に分けて年代別に展示。


マン・レイの作品展は今までに何度か観ているので
過去に鑑賞した時代の思い出がよみがえり
新鮮さより懐かしさを感じる。
マン・レイ亡き後、未亡人のジュリエットが彼との思い出を語る短編映画と
篠山紀信が撮影したアトリエのスチール写真は
今回初めてだったので見ごたえがあった。

帰りは中ノ島~北浜まで川沿いに歩く。
やっぱり大阪ってパリみたい!(いつも言うが行ったことないけど(;^_^A)
[PR]

by gloria-x | 2010-10-28 13:26 | 美術・芸術・音楽

キターッ!!!! part2

上品でセンスいい!と思ったらパッケージデザインはC・ラクロワですって!

c0008209_1114820.jpg

前回から1年と9ヶ月
SEX AND THE CITY2 The MovieDVDが到着!

ベビーブルーにゴールドをあしらったパッケージが好み!

わ~い!週末にゆっくりワインでも飲みながら楽しむのだ~(^_-)v
ドラマもまた見直したくなってきた(前回も同じこと書いたけど)


c0008209_11141863.jpg
予約特典のオリジナルチャーム。
個人的にはバッグや携帯にジャラジャラつけるのは好きじゃないけど
ファンにはやっぱり嬉しいオマケ♪
全部じゃなく好きなパーツだけキーホルダーにつけよっかな(;^_^A
[PR]

by gloria-x | 2010-10-27 12:00 | 美術・芸術・音楽

ブロードウェイミュージカル♪

アメリカ在住の妹がブロードウェイデビュー!
c0008209_17353420.jpg
2年後に公開のミュージカル「Allegiance」の翻訳を手がけることになり、
出演者・原作者と共に発表朗読会&パーティーに出席したとのこと。

↑イラストの顔は怖そうだけど、妹が送ってきた
ツーショット写真見ると主役は甘いマスクのイケメン♪

第二次世界大戦時、カリフォルニアの日系人収容所が舞台で
「スタートレック」のジョージ・タケイ、
「ジョイ・ラック・クラブ」のタムリン・トミタ、
「ミス・サイゴン」の主演女優さん
などが主要キャストとか。
(彼女の役名がグロリアなのだ)

三姉妹で「すごいね!」などメールでやりとり、
「一人で黙々とセリフと格闘しているところ」だそう。
ただ翻訳するだけじゃなく、歌詞もあるし、
セリフを限られた文字数に的確に収めるのも大変そうだ。

もしわたしで役に立つのなら、と
「日本語で困ったら遠慮なく聞いてね」と送ったら
「マジで助けて~」とのこと。

アメリカ暮らし20年の妹曰く、ほんとかどうか
「もう日系人化して日本語がおかしくなってきている」のだそう・・・


わたしは長年、日本語の文章で食べてきた身。
雑誌の記事のほか、広告コピーも書いていたので
短い文字数にピタッと要素を盛り込むなんて
朝メシ前のエキスパートですので(笑)

ということで妹の助っ人をすることに。

さっそく妹が訳したセリフがドドッと送られてきた。
ふむふむ、おもしろそう。
どんな作品として完成するのか今から楽しみ!

Allegiance(アリージエンス)サイト
http://www.allegiancemusical.com/index.html
[PR]

by gloria-x | 2010-05-23 17:39 | 美術・芸術・音楽

エッシャー展

c0008209_1132754.jpg
奈良県立美術館へ「M・C・エッシャー展」を観にいきました。

快晴のゴールデンウィーク中とあって
近鉄奈良駅に降り立つと、人、人、人・・・(-_-;

わたしもダーリンも人混み、行列が大嫌い。
旅行、行楽地、各種催しはたいてい平日の閑散期に行くので
久しぶりに見た「絵に描いたようなG・W風景」に眩暈が・・・
c0008209_114024.jpg
「入場制限とか何時間待ちとかだったら諦めようね」
と相談して臨んだらさほど混んでなくてホッ。

もともと好きな画家なうえに、
先日、WOWOWでドキュメントを観たので
予備知識があってさらに見ごたえがありました。
c0008209_11142077.jpg

「『メタモルフォーゼⅡ』なんか
廊下に飾ったら映えるね♪」

などと話しあいつつ、思ったより充実した展示内容に満足。
図録が完売していて残念!
ダーリンが作品集2冊とポスター3点お買い上げ。

最初、額装されたA3サイズくらいのを買うというので
「ここで見てるより家に帰ると大きく感じるよー」
「額だけ後で買ったほうが安いって」
となだめすかして諦めさせました。やれやれ・・(笑)
c0008209_11144658.jpg


左『滝 Waterfall』
右『上昇と下降 Ascending and Descending』
下『昼と夜 Day and Night』
[PR]

by gloria-x | 2010-05-06 14:30 | 美術・芸術・音楽

5つ星デザイナーの饗宴 国際招待ポスター展

c0008209_17144944.jpg
グラフィックアート、世界の最前線から。第2回 国際招待ポスター展

国際的に活躍する21カ国、39名のデザイナーの最新作100点を展示。

大阪市立近代美術館・心斎橋展示室。
ここ、穴場です。
まずロケーションが便利。
今日は通院と買い物のついでにふと思い立って寄ったのだけど、
平日午後ということもありガラ空き。
これぞまさに理想的な鑑賞環境!

そういえば、美術館に行ったの、ものすごく久しぶり。
観たい催しは数多くあれど、遠方まではるばる出かけて
しかも混み混みの美術館って、ほんとイヤだもの・・・


フリーマン・ラウ(香港)の4枚組ポスターに最も惹かれた。↓
モダンインテリアの広~いリビングの壁に
4枚並べて飾ったらかっこいいだろうなぁ・・・と夢想。

c0008209_17455416.jpg

[PR]

by gloria-x | 2010-02-08 17:36 | 美術・芸術・音楽

ぐっさんをとことん堪能

c0008209_13585751.jpg
ぐっさん(山口智充)のライブ
「GUSSAN HAPPY ENTERTAINMENT SHOW」に行ってきました。

楽しかった~♪大満足!

実物のぐっさん、華があってめちゃかっこよかった!
出てきただけでHAPPYで陽気なオーラがまぶしいほど。


おなじみのモノマネもたっぷり満喫できたし
歌もやっぱり上手い。
特にトレーニングもしていないというミラクルなガタイも◎!
背はもっと高いと思ってたら173cmとは意外だけど、
自称「カラダはAV男優」が納得(笑)

TVではいつも「もっと観たいのにー」状態だったけど
「もうお腹いっぱい~」と嬉しい悲鳴状態♪


ただ、今回初の試みだったというオールスタンディング。
待ち時間合わせて3時間半立ちっぱなしは
中年夫婦にはさすがに辛い・・・(T_T)

今度はディナーショー形式でやってくれないかしらん。

[PR]

by gloria-x | 2009-09-23 14:30 | 美術・芸術・音楽

キターッ!!!

c0008209_2115258.jpg
待ちに待ったモノがついにキターッ!
去年の秋に先行予約していたのです。
SEX AND THE CITY The movieコレクターズエディション3枚組

Disc1:本編
Disc2:未公開映像を追加した本編エクステンディッド版
Disc3:サラ・J・パーカーと監督のインタビューや
SATCファッションのすべて、スタジオ収録の裏側などの特典映像
そして、64ページのブックレット

さっそく本編を再鑑賞。
ワインを飲みながら「SATC」を観るのはわたしにとって至福の時間

しあわせな時はもちろん、辛い時や落ち込んでいる時も
「SATC」にどれだけ助けられたことか・・・(おおげさじゃなく)
なのでオープニングのテーマ曲から脳内にアドレナリン大噴出!
何度観ても最高ー!

ほんと一生の宝物だわー♪
[PR]

by gloria-x | 2009-01-26 21:16 | 美術・芸術・音楽

竹内まりやの歌詞の「高飛車感覚」

徳永英明が女性アーティストの楽曲をカバーしたアルバム
VOCALIST 2を聴きながら料理していて、
竹内まりやオリジナル『シングル・アゲイン』に
しっとりと聞き惚れながら、ふと「ん?」と思った・・・

夫or恋人を他の女に奪われた女性が
その男性がまたシングルに戻ったことを風の噂で聞き、
忘れかけていた想いで胸がざわめく心情を綴った歌詞なのだが、
じっくり歌詞を聞くと、この歌の主人公の女性って
ずいぶん「上から目線」なのだ。

私と同じ痛みをあなたも感じてるなら
電話ぐらいくれてもいいのに


わたしが男ならこう返したくなる。
「いやいや、今さら電話してシングルアゲインどころか
泥沼アゲインなんかイヤやで俺」

手放した恋を今
あなたも悔やんでるなら
やっと本当のさよならできる


「え?さっき電話せぇ言うたんちゃうん?なんやねん思わせぶりしやがって」

よく聴くと竹内まりやの歌詞に登場する女性って
けっこう高飛車なのである。


わたしのカラオケ愛唱歌のひとつ、『駅』もそう。
2年前に別れた男性を駅で見かけ、
隣の車両からそっと観察する主人公。
心は一気に過去にタイムスリップし、様々な感情に心が乱れる。

今になってあなたの気持ち
初めてわかるの痛いほど
私だけ愛してたことも


「う~ん、君だけっちゅうこともなかったけど、
ま、そういうことにしとこか・・・(苦笑)」

ラッシュの人波にのまれ
消えてゆく後ろ姿が
やけに哀しく心に残る


「単に残業で疲れただけやねんけど、
俺も背中で哀愁出せるようになったんかな~」

かの有名な『けんかをやめて』に至っては「参りました!」と言うしかない。
タイプの違う男に二股かけて、うまくやれると過信していた主人公。
自分をめぐって2人の男が争うことに
心を痛めているように見せかけて、
実はどっぷりとヒロイン気分に浸っているとんでもない女の歌である。

けんかをやめて
ふたりを止めて
わたしのために争わないで、もうこれ以上


女性が100人いたら間違いなく100人から反感買うタイプ。
それを洗練されたメロディに乗せ、カモフラージュしてしまうところがすごい!

中島みゆきの世界とは真逆ですな。
あのユーミンでさえ、強気な女を装っていても
素顔は傷つきやすくて自信のない少女なのだもの。

竹内まりや自身は特に意識して
高飛車な女の歌を書いているつもりはないだろう。
きっと彼女自身の恋愛とか男性に対する
立ち位置の基本形がこうなのだと思う。


これってすごいことですよ。
たぶん竹内まりやって思春期から現在に至るまで、
恋愛という舞台では常に勝者の人生を送ってきたのだろうなぁ・・・
なんてことをつい考えてしまった。
やっぱり秋ですね。
[PR]

by gloria-x | 2008-10-26 19:30 | 美術・芸術・音楽