カテゴリ:出来事・世間・雑感( 236 )

わたしの新生活

これがわたしの生きる道♪ なんてね(笑)

c0008209_2053723.jpg

ダーリンとわたしの数ヶ月ごとのささやかな贅沢。
日頃の疲れをリフレッシュしにココへ行ってきました。

温泉、岩盤浴、韓国式アカスリ、タイ王宮式アロママッサージに加え、
今回はフェイシャルトリートメントもプラス。
まさに癒しのフルコースをたっぷり満喫してきました~♪

*************************

この春、わたしは新しい仕事をスタートしました。
ライフスタイルも激変、忙しくも楽しく充実した毎日を送っています。

約1年前から計画・準備した転身。
ごく親しい人たちにしか話していないのですが
昔からわたしを知っている人なら
「ぴったり~!」とけっこう納得するかも?
注:バーのマダムじゃないよ(爆)

長年のライター業の後、
数年の寄り道&社会勉強を経て
これから何をするか、かなり真面目に考えました。
まず、職種云々より
今後どんな風に生きたいか、どんな人になりたいか
理想像をイメージすることから始めたのです。
そして、自分の中で条件検索するように選びました。

◆歳を重ねても続けられて、歳を取ることがマイナスにならない。
◆自分の個性や能力、今までに培った特技が生かせる。
◆服装、持ち物、話術や立ち居振る舞いなど、
 すべての面で自己プロデュースできる。
◆将来「只者じゃない」オーラのある老婦人になれる可能性大。

なにより優先したのは、お洒落して仕事できること♪

わたしにとって服装(メイク含む)はとても重要。
自分が納得いかない格好で働くなんてまっぴらごめん!

だけど、有閑マダムみたいに友人とのランチや
自己満足のためだけにお洒落するのも虚しい感じ・・・
仕事に効果を発揮してこそ、お洒落のしがいもあるというもの。

ファッション業界で働きたいなんて思ったこともないし
わたしなんかに働けるはずもない。
ところが、なぜか
「アパレル関係のお仕事ですか?」
「ブティックか何か経営されてるんですか?」
そう言われることが度々。
「えーっ!まったく違いますー!」と
のけぞって否定してたんだけど
ベクトルは違えど、もしかしたら服装への強い執着がそう思わせてたのかも?

とにかく、これからは自分の楽しさ、快適さを第一に仕事しようと思ったのです。

こんな風に書くとふざけてるみたいだけど
仕事って職種や肩書きに固執するよりも
案外こんな風にふわ~っと
送りたいライフスタイルをイメージして選んだほうがいいのでは?
(これはライターを辞めてからの数年で実感したこと)

とはいえ、まだまだペーペーの新人。
これからさらなる勉強の日々だし
なってみて初めて知った予想外の現実も諸々ありますが
思わぬ嬉しい特典は「先生」と呼ばれる職種なことかな。

「がんばる」「張り切る」は苦手だし
「こんなこと始めました!」と自己宣伝するのも性に合わないので
謎めいた書き方で恐縮ですが
「一人前」と言える自信がついたらカミングアウトするかも?
ま、ダメだったらダメでまたその時に考えればいいしね。

PUFFYじゃないけど、わたしはこんな感じの脱力スタンスでやっていきま~す(^_-)v
[PR]

by Gloria-x | 2012-04-17 00:07 | 出来事・世間・雑感

あけましておめでとうございます♪

今年もどうぞよろしくおねがいします

c0008209_22294756.jpg


あっという間にもう新しい年!
最近、5年前なんて「ついこの間」感覚なんですけどー。
年齢を重ねるにつれ、生物学的に時間の感覚が変化しているんですかね?

子供の頃の「未来予想図」では
とっくに人生の現役を降りて、煩悩や欲から解放されている年齢なのに
現代の日本ではまだまだリングから降りられない気配・・・

実年齢より若く見られるのはありがたいけど
一方でな~んか人生長くなっちゃって
いくつになっても若さをキープし続けたり
新しいことに挑戦し続けなきゃって
気分に駆り立てられるのは
正直ちょっと因果だなぁとも思ったり・・・(;^_^A

「がんばる」「張り切る」「一生懸命」などが大の苦手なので
テンション低めのスタートですが

昨年はいつになく真剣&冷静に
自分の人生を検討&分析して新しいことを始めました。

どうなるかは神のみぞ知るですが
今年は新展開といきたいところです。

みなさまそれぞれにとってもよい一年になりますように!
今年もどうぞよろしくおねがいします。
[PR]

by Gloria-x | 2012-01-01 23:04 | 出来事・世間・雑感

大叔母を偲んで

c0008209_1383861.jpg

11月6日、大叔母(母の叔父の妻)が亡くなりました。
89歳でした。

近しい人々からは畏敬とほんの少しの揶揄をこめて
「マッカーサー」と呼ばれていた女性。

長年、親戚や近所の様々な事に采配をふるい
誰も彼女には逆らえなかったそう。
ニコリともせず、ズバッと核心を突く発言をするのです。

と言っても、女王様キャラで君臨するタイプではなく
人一倍働き者で面倒見がよく優しい人でした。

小柄で色黒で彫りが深く、インド人やジプシーにも見えた大叔母。
わたしのイメージはシチリアのゴッドマザー。
(もしくは「ポーの一族」の老ハンナ!)
黒いショールを被って座っていて、
誰かが相談にきたり、何か起きると鶴の一声で事を納める。
そして、誰も彼女には逆らえない。

大叔母には幼い頃からほんとうに可愛がってもらいました。

毎年、夏休みやお正月には訪れた懐かしい家。
母親と相性が悪く、自分の家では心から寛げなかったわたしにとって
大叔母の家はまさに天国でした!

思う存分本を読みふけったり、絵を描いたり
一人きりで近所の神社の森や池を探検したり・・・
好きなように過ごしても誰にも小言を言われないなんて!

昼寝の時には大叔母が横に添い寝して
「晩ごはん何が食べたい?何が好き?」

家でそんな風に甘やかされたり、
甘く優しい口調で話しかけられたことのないわたしは
天真爛漫に「ハンバーグ!」などと言えるはずもなく
慣れない待遇に逆に緊張して困ったほどでした(笑)

夜になると、会社勤めや大学生のお姉ちゃんやお兄ちゃんが
お土産を買ってきてくれたり、一緒に遊んでくれたり・・・
今になって考えると、夏休み中ずっと親戚の子供がいるなんて
うっとうしいこと極まりない!わたしだったら耐えられないのに。

「この家の子供だったらなぁ」と何度夢想したことか。
あの家はわたしにとって一種の避難所でもあったようです。

先月、妹がアメリカから一時帰国した際、
大叔母に会いに行ったのですが
なぜ一緒に行かなかったのか心から悔やまれます。

大叔母なら100歳くらいまで生きていそうな気がして
いつでも会えるわ、なんて思ってしまったのです。

棺の中の大叔母は記憶よりも色が白く
シワも少なくてほんとうに綺麗な顔立ちでした。

天国でもきっと采配をふるいながら
後から来るわたしたちを待っていてくれるのでしょう。
心から冥福を祈ります。



[PR]

by Gloria-x | 2011-11-10 14:15 | 出来事・世間・雑感

ファミリーウィーク♪

N.Yから妹が7年ぶりに帰国!

アメリカ在住20年強の妹が一時帰国しました。
我が家は三姉妹+弟、妹は次女です。
メールではしょっちゅう喋ってるけど会うのは7年ぶり!

c0008209_113248100.jpg

妹がメトロポリタン美術館のアートグッズを買ってきてくれました。
N.Y名所を描いた飛び出す絵本と来年のカレンダー。おしゃれ~♪
c0008209_1133159.jpg


妹の帰国感想ミニエピソード
その1・成田エクスプレスの窓口で妹は「すみません」と日本語で声をかけてるのに
    駅員さんは妹に「Hello!」と応対してくれたそう。

その2・大阪に帰ってくると、人々のごくフツーの会話が
     漫才か新喜劇のように異常におもしろすぎるらしい。
     これよく聞くけど、生粋の大阪人にはわからない感覚なのよねー?
     そして、特に子供が大阪弁を喋ってるのが可愛くておもしろいんだって。

その3・日本に着いたとたん、肌がしっとり潤うのを実感したとか。
     日本の水も質がよくて帰国の間中、髪も肌もコンディション最高だったそう。 
     「だから日本女性はいつまでも若いのだな」ですって。

その4・東京でも大阪でも、街を歩く外国人がしきりに視線を送ってくるらしい。
     やっぱり100%日本人ではないオーラを出してるんでしょうか。

その5・あたりまえだけど、日本人オンリーの大群に違和感を覚えたのだとか。
     N.Yへ帰りJFKに降り立った瞬間ホッとして、すっかり「アメリカ人」に戻ったそうです。

**************************

日本到着後、次女はまず三女が住む神奈川県・逗子で週末を過ごし
三女といっしょに大阪の実家へ。
去年結婚した弟夫婦も集まって久しぶりに家族全員で食事会♪

翌日はわたしたち夫婦&妹2人で最近お気に入りの焼肉店でディナー♪

三姉妹、昔は取っ組み合いのケンカで服が破れる激しいバトルや
2対1に分裂して(誰が1になるかはその時々)
長期間無視などという陰湿なケンカもしょっちゅうあったけど
大人になってからは大の仲良し姉妹♪
久しぶりに会ったのでノンストップで喋りっぱなし!
ダーリン、いつも以上にせっせと肉を焼き、姉妹のお皿に取り分けてくれてました。
「他人が見たら三姉妹ってわかるかなぁ?」と三女
「すぐわかるよー」とダーリン(笑)

翌々日はわたしと次女で弟夫婦の新居にお邪魔しました♪
弟夫婦は仕事やプライベートで海外体験豊富なので
弟の妻Kちゃんと妹も共通の話題が多く、とっても楽しい夜でした!

そして翌週末は両親、わたし、次女の4人で淡路島へ家族旅行♪
家族内でロングラン必至の笑いネタ満載の珍道中になりました。

c0008209_1243965.jpg

プライベートテラスに専用露天風呂!贅沢~♪

c0008209_12461353.jpg

鳴門うずしおクルーズ。いつどこで乗っても船はいいな~♪

とっても楽しいファミリーウィークでした!
今度はいつ会えるかなー?それまで家族全員元気で暮らしましょう!
N.Yにも行きたいな~♪
[PR]

by Gloria-x | 2011-10-22 13:53 | 出来事・世間・雑感

気になる日本語

個人的に「寒っ!」はOK、「暑っ!」はわたしの場合「あっつ!(怒)」

ここ数日、ニュース番組で「日本語表現」に関する話題を目にした。
「若い人を中心に日本語がどんどん乱れている⇒嘆かわしい」
という論調が定番なのだけれど、こういう話題において

わたしは国語学者金田一秀穂先生の
柔軟なスタンスにいつも共感している。


今や乱れ言葉の代表とされている「ら抜き」言葉に対しても先生は肯定派なのだ。
わたしも常々「ら抜き」のどこが悪いの?と思っていたので
わが意を得たりの気分だった。

だって「見られる」「行かれる」って敬語表現とまぎらわしいし
口語的ではないし、全然なめらかではないと思いません?

「食べれる」はわたしは気楽な会話では使うけれど
「食べられる」のほうがいいという意識はある。

江國香織さんのエッセイにこういう一篇があった。
翻訳ミステリーの文庫本を読み始めてすぐ
強盗が食料品店に「押しこんだ」という表現が引っかかった。
しかも「押しこんだ」は刑事同士の会話になって何度も出てくるという。
江國さんは「押しこむ?押し入るの間違いでは?」と
気になって気になってそれ以上読み進められなかったという。
わたしも「押し入る」だと思う。(どちらも間違いではないらしい)

間違いではないけれど、個人的な感覚で引っかかる表現というのがある。
わたしは江國香織作品に度々出てくる
「思うさま」という表現に違和感を覚える。
わたしとしては「思う存分」もしくは「思いっきり」(口語として)だ。


あと、林真理子作品の電話のシーンに出てくる
「もし、もし」も毎回引っかかる。
「もしもし」のほうがスムーズだと思うけどなぁ・・・


ま、作家は作家でオリジナルな表現、
自分だけの言い回しというのを求めて日々苦労されているのだろうけど。
[PR]

by Gloria-x | 2011-09-18 14:38 | 出来事・世間・雑感

金だけにすれば?

オリンピックもプロ野球も甲子園も
スポーツ中継というものにまったく興味がない。
そして知識もない。

どれだけ無知かというと・・・

今、世間をにぎわせている
なでしこジャパンのことを

そういう名前の女子サッカーチームだと思っていた
(ガンバ大阪みたいな)

あと、ここ数日水泳の話題をよく目にするので
「あれ?今ってオリンピック?」と思ったほど・・・



そんなわたしだけど、夜ニュース番組を観てると
自動的にいろいろ目に入ってくる。
で、ちょっと思ったことがある。

銀メダルを獲った女子選手が言ってた
「銀で喜んでちゃいけないんですけど」

同じく銀メダルを獲った男子選手が言ってた
「悔しいですね」

なにそれ?
せっかく銀メダル獲ってそのネガティブな表情&発言は!!!
可愛げないというか、物喜びしなさすぎというか

それならいっそメダルは金だけにすれば?!
[PR]

by gloria-x | 2011-08-02 11:15 | 出来事・世間・雑感

わかっちゃいるけど・・・

明けても暮れても、朝から晩まで国をあげて節電、節電!

わかっちゃいるけど辛いです。

うちの会社も6月末から突然

「尻馬に乗る感じ」で節電を実施しだした。

とりあえず世の流れに乗っとけ+経費削減という実質的メリット

という「うわべだけ感」がプンプン臭う・・・

オフィスの設定温度は26度

はい、わかってます。

首都圏に比べれば贅沢だってこと。

でもね、OA機器や人間が熱を発する都会のビルで仕事するとなると

26度ってほんとにクソ暑いんですよねー!

息苦しいし、頭はボーッとするし、汗ばんで不快だし・・・・

わたし、寒さを我慢するための節電なら大賛成です!

オフィス、駅、電車、デパートetc・・・

指がかじかんで吐く息が白くても平気です!


たくさん着込めばいいし、毛布やひざ掛けや使い捨てカイロもある。

それでも寒けりゃ体を動かせばいい。

逆に暖房ガンガンより頭がすっきり冴えて仕事もはかどるよ♪

でも、はっきり言います!

暑さは我慢じゃ乗り切れない!

TVのニュースでは、社員が汗だくでPCに向かう冷房完全オフの企業や

スーツを脱ぎ捨てTシャツ・短パン・サンダルで出社する企業を紹介してる。

だけど、将来的&長期的に電力消費量削減が日本の重要課題なら

こんな付け焼刃的&パフォーマンス的なことじゃダメですよね。

じゃあどうするんだ?って言われても困るんだけど・・・

たとえば「冷房は手放せないけどエレベーター使うの控えます」とか

「冷房オフはOKだけど暖房はつけさせて」とか

「照明を暗くするからエレベーター使わせて」とか

人それぞれの総保有ポイント制みたいな感じで節電してもいいのでは?


※あ、これに対して真面目なバッシングのコメントとかはやめてくださいね。
  暑さに異常に弱い体質ゆえのボヤきですので・・・m(_ _"m
[PR]

by gloria-x | 2011-07-01 22:45 | 出来事・世間・雑感

3Dが我が家にやってきた♪

地デジ化まであと1ヶ月、駆け込みでやっとTVを買い替えました!

c0008209_15281967.jpg

ついにムダに厚みのある重量100kg以上のブラウン管TVとサヨナラできた!

panasonic ビエラの46インチです。
ブルーレイレコーダーもセットで購入。
あと、映画のジャンル別に音声をグレードアップして
360度方向から音を体感できるとかいうサウンドシステムも。

ダーリンはさっそく「トロン」「バイオハザード」
そして海底の生物モノのブルーレイを買ってきて
3Dメガネをかけて嬉々として楽しんでおります。

3Dねー、わたしは特に興味ないんだけど
(映画のジャンル的にさほど惹かれないから)
「マッハ!」や「孫文の義士団」など格闘モノが3Dになったらいいかも~♪

うちのダーリンはハイテク機器などに強いタイプなので
男子ならそれが当たり前だと思っていたけれど
PC苦手、TVやビデオの配線もできないとかいう
メカ音痴な男性もいるんですよね・・・
もしそんな夫だったら困るわー!
[PR]

by gloria-x | 2011-06-21 16:58 | 出来事・世間・雑感

成熟した男・気の弱い女などいない

先日TVで秋野暢子さんが言ってた。
c0008209_22123683.jpg


この世に成熟した男なんかいない。
気の弱い女がいないのと同じ。


名言だ!

秋野さんは続けてこう言う。

成熟した風を装っている男や
気が弱いフリをしてる女はいるけど。


ほんとにその通り!

男っていくつになってもボクちゃんですよねー。
わたしは男性のそういうところが好きなのだけど
(ていうか成熟したフリなんかされたらドン引き~(-_-;)
男性に幻想を抱いてるひとは大変だろうな・・・

************************

話は変わるけど
秋野暢子、万田久子、夏木マリ
生まれ変わったらああいうタイプの大人の女性になりたいわー。

c0008209_2251133.jpgc0008209_2253946.jpg







特に夏木マリは小学生の時から憧れの存在!

あと、ピーター、大楠道代、江波杏子・・・
どうやら自分と対極的な「非肉感的なキツネ顔」に惹かれるみたい。

c0008209_22594394.jpg

c0008209_2343296.jpg

c0008209_2305718.jpg










あ、でも、今いちばん「あんな顔に生まれたかったなー」と思うのは
トリンドル玲奈なんですけど~(;^_^A

c0008209_21593066.jpg

[PR]

by gloria-x | 2011-05-28 21:18 | 出来事・世間・雑感

酒呑み万歳!

お酒が呑める体質に生まれて、ほんとに、ほんとに、ほんとによかった~♪

c0008209_18361944.jpg


先週の「アメトーク!」「お酒飲めない芸人」を観て、あらためて

酒呑みに生まれたことを深く感謝した。

大人になったら、お酒を飲めるのが当たり前だと思っていたので
飲めない人の心情や感覚はわからないのだが
飲めない芸人たちの証言を聞いていると

本音は「できれば飲める体質に生まれたかった」 みたい。

わたしの実家は

父はお酒大好き
母は下戸中の下戸(下戸選手権に出したいほど!)
三姉妹は全員父に似て大酒呑み
末っ子長男の弟は母に似て下戸


(弟の妻も下戸で、これは二人にとって幸せなことだと思う)

父を筆頭にわたし(長女)と三女には共通する癖がある。それは

酒呑みは人を酒呑みか否かで分類・判断する ことかも。

誰かと知り合い、、すごく気が合って親しくなれそうと喜んでいたら
相手が飲めないとわかり、その瞬間
尋常じゃないくらいガックリと落胆してしまうのである。

「お酒飲めない」人にもレベルがあって
1・弱いけど少しは飲めるし酒の場は好き
2・まったく飲めないけど酒の場は好きでつきあえる
3・意外と飲めるが、酒好きじゃないし酒が世の中になくても困らない
4・まったく飲めないし酒呑みも酒の場も嫌い


この4タイプに分かれるのではないだろうか?
酒呑みの立場から言うと
1は問題なく仲良くなれる♪
4は正直つきあいにくい。
そして、3よりは2の方が歓迎。

何を隠そうダーリンは3である。
正体を知った時はかなりショックだった・・・(-_-;
でも、人間どんなことにも慣れるもので
お互いを受け入れて、無理強いや非難しなければうまくやっていけるのである。

物足りない感は否めないが、
現実面で考えれば、大酒呑みな夫よりよかったと思う。

「アメトーク!」で共感したのは以下2点

*下戸と食事すると、酒呑みがチビチビ楽しみたい肴を
 すごいスピードでバクバク食べてしまうのでイラッとする(笑)

*下戸と飲むと、単価がべらぼうに高い甘いカクテルなどを
  ジュース感覚で何倍もおかわりするのでイラッとする(笑)



ま、何はともあれやっぱり本音は
お酒が呑める人生って素晴らしい♪ ですな。
[PR]

by gloria-x | 2011-04-24 21:51 | 出来事・世間・雑感