カテゴリ:夫婦の日常・おでかけ( 65 )

初ドライブ

c0008209_1992767.jpg
快晴の3日、淡路島まで淡路牛を食べに行ってきました。

淡路PAにある大観覧車のてっぺんから見た明石海峡大橋。
左下に見えるのはタコフェリー。
帰りはこれに乗りたがったダーリンですが、
明石までしか運行してないので涙を呑みました・・・

c0008209_1994811.jpg
数年前、旅取材で鳴門へ行った帰りに寄った店。
ここの石焼ステーキが美味しかったのをふと思い出したのです。
牛刺しもとろけそうな食感・・・

c0008209_1910165.jpg
主役はもちろん石焼の淡路牛ステーキ。

c0008209_1937522.jpg
お目汚しですが、新年のごあいさつ。
[PR]

by gloria-x | 2008-01-06 19:24 | 夫婦の日常・おでかけ

家風の違い

家風の違いというと大げさだけど、
わたしとダーリンの育った家は対照的といってもいい。

ダーリンは両親と弟の4人家族。
全員穏やかな性格で、物静かで、
激しく自己主張したり声を荒げたりなんてあり得ない。
男の子が2人いる家の主婦なんて
想像しただけでイライラしてキーッとなりそうだけど、
ダーリンのお母さんにそんな様子は皆無。
お父さんもいつもニコニコしていて、
機嫌が悪い顔を見たことがないとダーリンも言う。

なにより驚いたのは、
ダーリンが両親に
一度も叩かれたことがないってこと!


親は子供を叩いたり怒鳴ったりするのが当たり前と思っていた
わたしには想像もつかない世界だ。
(こう書くと、すごい家庭に育ったみたいで恥ずかしいけど・・・)

わたしの家は両親、娘3人に末っ子長男。
全員自己主張が強く、よく喋る。
おっとり控えめに構えてたんじゃ生き残れないって感じで
一触即発の気配が漂っていた。
ひとの話をさえぎって自分の意見をかぶせるなんて当たり前。
今でも家族が集まって食事するとイタリア系ファミリーみたいである。

両家の違いについて、最近あらためて実感することがあった。

先日ダーリンのお母さんが入院し、
お義父さんとわたしたち夫婦で病院へ行った時のこと。

ダーリンと両親のやりとりは
まるで小津安二郎映画。


とにかく全員セリフが少ない!
会話の間の取り方が長い!
そして、少ない言葉のやりとりで意思疎通ができている(らしい)

会話はないけど両親は嬉しそうだし、ダーリンもリラックスしている。
すごく不思議な光景。

実はわたしの両親も今年相次いで入院したのだが、
我が家の場合、病室にどれだけ大量の言葉が飛び交ったか・・・

子供時代をふりかえると、わたしはいつも戦々恐々としていた気がする。
自分の家なのに、ゆったり寛ぐって感覚はなかったなぁ・・・
とにかくしんどくて、早く大人になって自由になりたかった。
ダーリンと暮らすようになって、
少しずつ彼の影響でのんびりリラックスできるようになったけど、
育った環境って人格形成にすごい影響を与えるなぁと
あらためてつくづく思ったのであった。
[PR]

by Gloria-x | 2007-11-25 16:27 | 夫婦の日常・おでかけ

夜のドライブ

金曜日、仕事から帰ったところにダーリンから電話。
「もう帰るから、ちょっとドライブしよ」
シャワー浴びて、夕食の用意するつもりだったけど
「いいねー♪」
ってことで、神戸まで夜のドライブ。
c0008209_12215839.jpg

ふらりドライブの定番、ハーバーランドへ。
夜遅くに車で軽く行って食事できて(ファミレスではなく)
のんびりできるスポットって
大阪には意外とないんですよねぇー、なんで?

モザイクが出来て初めて行った時、
サンフランシスコの埠頭にあるモールを思い出したけど、
夜は子供や家族連れがいなくて、静かでさらにいい感じ。

c0008209_12221818.jpg
スペイン料理を食べました。
タパス三種(ハモンセラーノ、海老とじゃがいものなんとか、ラタトゥイユ)

c0008209_1222364.jpg
パエリヤ・バレンシアーナ エスカルゴも入ってました。

c0008209_1222475.jpg
仔羊のピンチョス 羊大好き!やわらかくて美味しかった!

c0008209_12225797.jpg
タコのガーリック焼き 大好物でダーリンもご満悦♪

c0008209_12231329.jpg
食後は海に面したデッキでテイクアウトのコーヒーを飲みながらリラックス。
雨上がりの空気が澄んで、夜風が心地いい・・・

あーあ、大阪港や南港はどうしてハーバーランドになれないんでしょうか?
[PR]

by Gloria-x | 2007-10-28 12:28 | 夫婦の日常・おでかけ

人は歳と共にワガママになるのか?

何年ぶりかにクラブへ行った。
(キレイなおネエちゃんがいるほうの「クラブ」ではない)
ダーリンの知人がプロデュースしたイベントに夫婦で出かけたのだ。

「えー、もうクラブなんかしんどい、行きたくないー」と
最初は渋っていたわたしだが、それなりにおしゃれして行ってみると、
久々の夜遊び感覚が蘇ってきてまんざらでもない気分。

ドラッグクイーンコンテストやSMショーなど
いろんなパフォーマンス満載でなかなか楽しく、
女装のオカマちゃん、フェティッシュファッションの女の子など
お客さんも多種多様で人を見てるだけでもおもしろかった。

でも、さすがに歳ですな・・・立ちっぱなしはこたえます。
大の嫌煙家なのでタバコの煙&熱気ムンムンの空気にも耐えられず
イベントは朝まで続くらしいが、約2時間で退散。

昔はあんな空間で朝まで遊んでたのが信じられない。
ほんのさわりで夜遊びに満腹してしまうのは
若い頃、貪欲に遊んだから?


腹ペコだったので2人で遅い晩御飯することに。
時間も遅いし、疲れてるし、落ち着きたかったので、
深く考えずに何度か行ったことのある創作和食の店へ入ったのだが、
個室に通されて飲み物を注文してから激しく後悔!

実は、わたしは「閉所恐怖症」のケがあって
狭く、密閉された空間が苦手で
多少寒くてもできればオープンエアの席を選ぶタイプ。

「個室」流行りの近年、何度か使った店なのだけれど
その時はさほど気にならなかった狭い空間が
入った瞬間息苦しくて耐えられなくなり、
スタッフに部屋チェンジを所望。

わたしは飲食店で「あっちの席に移りたい」と言うことが多い。
どうせお金払って食事するんだから、
違和感のある空間で我慢したくないのだ。
ダーリンはわたしがなぜそんなにこだわるのか解せなかったようだが
最近は慣れてきたみたいである。

そこはいわゆる大手外食産業が手がける
コンセプトとハコだけ今風というお手軽な店。

こういうこと書くと、嫌味な女だなーと自分でも思うんだけど、
人並み以上の食道楽で、外食の機会には妥協せず
ちゃんとした店を厳選しておいしいモノを食べるので
舌がどんどん肥えまくってきたのか、
ほんの数年前まで「おいしくはないが、値段の割にはそう悪くない」
という位置づけで許容範囲だったこの手の店が
自分の中でことごとくNGになっているのに驚く。
これも大人になったということだろうか・・・・

さらに、自分でもちょっと極端だと思うんだけど
わたしは一回の外食が「ハズレ」だと、
ものすごーく損した気分になり、そこに行ったことを激しく悔やむのだ。
この傾向はここ数年顕著になった気がする。

これって人生における食事回数(しかも外食回数)の
残り少なさを察知するから?


一軒目のクラブはキタの茶屋町にあり、
和食屋もその近辺だったので完全なテリトリー外で落ち着かない。

たとえば東京の人なら銀座派とか青山派とか渋谷派とかあるんでしょうね、
大阪人にはミナミ派とキタ派があって、わたしは根っからのミナミ派。
いちばん落ち着くのは鰻谷~南船場近辺。
なんか流れている空気が違う気がする。
キタは田舎モノが多いというか、垢抜けてない感じ。

ミナミへ戻って心斎橋のヴィトンの前に降りたったとたん
「あーやっぱりミナミは落ち着くなぁ」と2人でうなずく。

この夜は自分自身についていろいろ新しい発見があった。
歳を重ねるということは、丸くなる一方、
どんどんワガママになることでもあるようだ。
それはたぶん、経験からくる回避行動と
残り少ない人生をできるだけムダにしたくないという本能ではないだろうか?


なーんてもっともらしく意味づけしてみました(;^_^A
[PR]

by Gloria-x | 2007-10-09 21:08 | 夫婦の日常・おでかけ

アウトレット&クルージング&焼肉&カラオケ

先月オープンした神戸・三田プレミアムアウトレットへ行ってきた。
緑の中、車が広大な敷地に近づいて、
グッチ、イヴ・サンローラン、セルジオ・ロッシ、
そしてスタバのロゴが見えてくると、
「わー、アメリカみたい。懐かしいー」と気分が高揚。

L.A郊外の高級住宅地パサディナをイメージしたらしく、
開放的な造りで雰囲気はまずまず。
でも・・・入ってみるとやっぱり日本。
何年か前、アメリカ最大級のアウトレット(当時)と言われた
ギルロイのアウトレットを体験しているわたしには、悪いけど
「こんな品揃え、こんな値段で
アウトレットを名乗るなんて100年早い!」

って感じ。
これならわたしの庭、大阪船場で買い物してる方がよっぽどいいわ。
(わたくし、しょせん庶民派なんですの)

こんなこと言うのはおこがましいけど、
飽きられるのも早いような気がするなー。

それと、こんなこと書くと、またまた
通りすがりのバッシングコメント攻撃受けそうで怖いんだけど、
我慢するのも精神衛生に悪いんで書いちゃおーっと。
(バッシングコメントは速攻消去しますので悪しからず)

More
[PR]

by Gloria-x | 2007-08-26 15:31 | 夫婦の日常・おでかけ

秘密の暗号

わたしとダーリンの間には2人にしか通じない
暗号や符丁やジェスチャーが山のようにある。

それらはほんのちょっとしたきっかけで生まれる。
バカバカしすぎて、具体的には恥ずかしくて書けないほどだが、
わたしたちはほぼ毎日そういうものを生み出して遊んでいるのだ。

それらにも流行り廃りがあって、
お互いにお気に入りの時期には日に何度も使ってキャッキャと大笑いする。
そして、いつの間にか次のお気に入りと世代交代するが、
何年かたって忘れた頃に、どちらかがふと思い出して使うと
「懐かしいー!」ってことでブーム再来になる。

トム・クルーズ主演の「MiⅢ」で、
イーサン・ハントと妻の間にも2人にしか通じない符丁があった。
たしか「新婚旅行で行った湖の名前は?」だったと思うが、
覚えにくいややこしい名前で、妻は間違えていたほど。
やがて突然妻が拉致され、悪者からハントに電話がかかってくる。
受話器の向こうで「助けて」と言う声が聞こえるが、
本物の妻か罠かわからない。
その時に2人は例の符丁を交わすのである。

それを観ていたダーリンが
「俺らももしもの時のために決めとこう!」と張り切った。

「初めてキスした場所は?」
「初めてドライブした場所は?」とか言うのだが、
お互いの記憶が食い違ってたりするし、
いかにもありきたりなので却下。

2人でさんざんブレストした結果、
斬新で、オリジナリティにあふれ、しかも
わたしたち2人にしか絶対にわからない符丁が生まれたのである。
(当然ここには書けないけど)

さらに、先週は目の前にいる人物が味方か悪者かを
さりげなく知らせるサインまで作った。

「よーし、これでいつグロリアが悪い人にさらわれても大丈夫!」とダーリン。

いい歳して、しかも結婚15年も経って
真剣にこんなことやって遊んでいる夫婦ってわたしたちくらいなのか?
いや、外ではビシッとかっこいい大人っぽい夫婦も
家では似たようなものだと思うんだけど、どうなんだろう?
[PR]

by Gloria-x | 2007-07-06 23:10 | 夫婦の日常・おでかけ

冷める瞬間

朝食を食べながら、ダーリンが尋ねた。
「グロリアは俺の寝顔見て冷めたことない?」

「えー?ないよー!」
わたしはダーリンフェチなので
彼のどんなに間抜けな寝顔を見ても
「可愛ーい♪」とキスの雨を降らせたくなるのみ。
そう答えるとダーリンはぬけぬけとニンマリ・・・

「なんで?」と聞くと
彼が行きつけのラウンジのママ(わたしと同い年で荒川静香似らしい)が
「一気に冷めるのは男の寝顔見た時」と言ったとか。

「あー、わかるわかる、寝顔見て一気に冷めた相手もいたもん」とわたし。
それはその男のことをほんとに好きじゃないからね、と腑に落ちる。

「ダーリンはわたしの寝顔見て冷めることある?」と聞くと
「ないよ。グロリアはいつも可愛い顔で寝てるもん」
「ほんとー?大好き!」(抱きついてキス)

ほんとすいません、
朝からこんな会話してるバカップルなんです・・・(-.-;)


では、どんな瞬間に冷めるのかとダーリンに問うと
「嘘をつかれたとき」
嘘にもいろいろあるが、ダーリン曰く
「相手を傷つけないためにつく嘘はいいけど、
自分の保身のために嘘つかれたら瞬間に冷める」
とのこと。
けっこう深い答えなので、心に刻み込んでおく。

で、自分はどんな瞬間に冷めるか考えてみた。

わたしは男のセコさが垣間見えた瞬間がいちばん冷めるかもしれない。

女や他者とのつきあいに関してはもちろん、
己自身への出費にも金の出し惜しみをしている姿を見るとサーッと冷める。

あと、服装とか持ち物とか、
身の回り関連にほんとにお金も気も使っていない男も冷める。

車とか、旅行とか、趣味とか、
何かひとつ突出してお金をかけるものがあって、
そのために他を節約しているならまだしも、
セコい男って衣食住全般にセコいから
「安い」ことがすべての基準になっていて
身の回りのモノひとつ買うにも思い切りが悪く、
出し惜しみして結局安物買いの銭失いになったり・・・

今までの人生、親しさの度合いは様々だが
何人かのセコい男に遭遇したけど、
セコい男って精神そのものが貧乏臭い気がして
こっちまで貧乏臭さが伝染しそうでイヤだ。

こんなわたしも極端かもしれないけど、
とにかくわたしの場合「セコさ」がチラっとでも見えた瞬間に
その相手の人格を全否定してしまうのは確かなようである。
[PR]

by Gloria-x | 2007-06-08 23:03 | 夫婦の日常・おでかけ

バレンタインデー

c0008209_14133236.jpg

ここ数年、バレンタインにはケーキを買って2人で食べます。
チョコレートはダーリンが各方面から義理でいっぱいもらってくるしね。

仕事が休みなので、レディスデーで映画観て、
高島屋に寄って買い物しようと思ってたのですが・・・

おとといの天気予報で
「水曜は嵐のバレンタインデーになる」と聞いて急遽予定変更。
昨日の会社帰りに「グラマシー・ニューヨーク」で買ってきて、
一日早いバレンタインデーにしました。
ついでに今日は一歩も家から出なくていいように食材の買い物もクリア。

ほんと、大阪は今すごいことになってます。
風がゴーゴー、雨は横殴りで
13階の窓から見える街は真っ白に煙ってます。
あ~今日仕事休みでよかった~

チョコレートケーキは苦手なわたしですが、
これは中がチョコレートムースなので
舌触りがなめらかで、甘さもクドくなくておいしい♪

ラッピングもシンプルで大人っぽくて好きです。

c0008209_14154280.jpg

[PR]

by Gloria-x | 2007-02-14 14:20 | 夫婦の日常・おでかけ

究極的に怠惰なお正月 

c0008209_1443266.jpg

あけましておめでとうございます。

今日はお昼12時に起床。
日頃の遅寝・早起きの反動か、
自分でも呆れるくらいぐっすり寝ました。

シャワー浴びて、スッピンのまま
漫才観ながらピザとワインでダラダラ・・・・
こんなにグータラで日本の伝統を無視した
正月を過ごしている夫婦って珍しいのでは・・・?

お正月はかえって気ぜわしく疲れるという話をよく聞きます。
結婚してるとお互いの実家訪問とかね。
我が家も何年かはお互いの実家訪問してました。
でも、本音を言えば相手の実家にいる時間って苦痛でしょ?
なのでいつの間にかやめましたねぇ・・・
年末に揃って両方の実家に蟹を届けて挨拶するだけ。

正月は2人で思いっきり自堕落に過ごします。
どこそこへ行かなきゃとか、何かしなきゃとか
そういう縛りがいっさいない日も人間には必要ですもん。

お節料理やお雑煮も作りません(わたしは餅が嫌いだし・・・)
デパ地下もスーパーも開いてるので特別な買出しもなし。
大晦日はカレーを作って好きな時に食べられるようにしておき、
ダーリンが茹でてくれた蟹とワインで年越し。

そして元旦は映画&外食というのが我が家の習慣。

この習慣もいつか変わるかもしれないけど、
短い人生、できるだけ無理せず気楽に過ごしたいもんです。

あ、将来は「お正月はハワイで」が習慣になればいいなぁ~(^.^)

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-02 14:52 | 夫婦の日常・おでかけ

お買い物三昧♪ 

c0008209_1838439.jpg

クリスマス前の日曜、賑わう街へ2人でお買い物に出かけた。

まずはわたしのバースデープレゼントを買ってもらうためにヴィトンへ。
大阪の御堂筋沿いはシャネル、エルメス、ディオール、ショーメetc・・・
ブランドショップが軒を並べ、華やかな眺めである。(無縁だけど)

ヴィトンの店内に足を踏み入れたわたしは軽くめまいがした。
クリスマスプレゼントの買い物やら下見をする
カップルでごった返してるのはわかる。

しか~し!なんと子供連れのファミリーが多いのにびっくり!
ショーケース前をベビーバギーが陣取り、
幼児が嬌声をあげて店内を走り回り、
中には退屈して床に寝転んでグズるガキまで!
一瞬、イズミヤかイトーヨーカドーにいるのかと思ったね。
フランス人が見たら腰抜かすよ、きっと。

ほんとに日本って「お子様」「ご家族様」の天下なのねぇ・・・
ヨーロッパみたいにガキが入っていい場所と入れない場所を
もっと厳しく区別すべきでは?


わたしたちの応対をしてくれた男性は
「他にご覧になられたいものがありましたらおっしゃってくださいね」と
とっても感じよくて、めったに行かない高級店なので
もっとゆっくり見て回りたかったけど、
あまりの騒がしさにそそくさと撤退した。

あとは東急ハンズ、フランフラン、CDショップなどで細々した買い物。
ダーリンは男にしては珍しく、
インテリアショップや雑貨屋を見て回るのが好きなので
いっしょに買い物に行くと楽しい。
むしろ、わたし以上にじっくり時間をかけるので
わたしの方が飽きてしまうほどである。

↑の写真はフランフランでダーリンが見つけた入浴剤。(なんと1個1800円!)
彼はフレグランスとかインセンスとかアロマオイルとか
とにかく「香り」モノが大好きでこういう売り場に行くと長い長い・・・
正直、わたしは「バスロマン」で充分だと思うんだけど(中身おっさんなので・・・)
まあ、本日の会計係はダーリンなのでいいんですけどね。

c0008209_18441184.jpg


CDも買ってもらっちゃった♪
大好きなノラ・ジョーンズ、気になってたイル・ディーヴォとジェイク・シマブクロ。
ジェイクのウクレレは聴いてると涙が出そうになる・・・
特にこのアルバム「Skyline」2曲目の「Hana」は最高!
[PR]

by Gloria-x | 2006-12-20 18:48 | 夫婦の日常・おでかけ