カテゴリ:おしゃれ・美容・運動( 71 )

似合うもの、似合わないもの

流行に乗るか否かは別として、
絶対に身につけないアイテム、色、デザインってありますよね。

わたしの場合、タートルネックでノースリーブというデザイン。
夏、こういうアイテムをサラッと着られる女性に憧れるんだけどなー。
まず、タートルネックがダメ!
暑がり&閉所恐怖症なので冬でも着ません。
閉所恐怖症が関係あるのか?と疑問でしょうが、
大いにあると思うのです。なんせ息苦しい・・・
なので、シャツ系も一番上のボタンまで留めることは皆無。

暑がりだったらノースリーブは歓迎なのでは?と思うでしょうが
これは二の腕が太いのでさらけ出す勇気がありません・・・
レストランの室内など、ごくごく限られた場面では
たまに上に着ているものを脱いでノースリーブになるけど
かなり緊張感を強いられてます。

柄で言えばチェック、ボーダーは着ないなぁ・・・
特にカントリーっぽいチェックの綿シャツとか絶対着ない。
グレンチェックのかっちりしたツイードジャケットみたいなのも無縁です。
ボーダーについては以前も書いたけど、
デブなのにわざわざよけいデブに見える
ボーダーを着る人のなんと多いことよ・・・気が知れない。

ロングスカートも縁が無いですな。
特に厚手のデニム地でくるぶしスレスレ丈みたいな。
これにソックス、スニーカー、帽子で帆布のバッグ、みたいな
ファッション(エコ活動に熱心そう)って絶対できないなー。
逆にふわふわしたギャザーやフレアーのロングスカートも似合わないし。
わたしの場合スカートはタイトかナチュラルラインで膝丈です。

ワンシーズン限りで消えるかと思いきや、最近もけっこう定着している感のある
レギンス(昔はスパッツと呼んだ)もNG.
これは便利そうなので昨シーズントライしようとしたけど、
わたしの脚はふくらはぎが太く筋肉質で、
そのくせ足首はけっこう締まっているという欠点を
かえって強調してまーったく似合わないんですよねぇ・・・

色で言えば、くすんだトーンの色は着ませんね。
中間色でもトーンはクリアなものを選びます。

あるタイプ(髪をお団子にしてぶかっとしたワンピース×
デニムかレギンス、靴はぺたんこ)の若いコが
くすんだブルーグリーン、芥子色、コーラルピンクetcをよく身につけてるけど、
服そのものがチープに見えるし、肌までくすんで見えると思うんだけどなー。

あーそれから死んでも絶対にやらないのが
サンダルやミュール、オープントゥのパンプスにナチュラルストッキング!
これ、目撃しただけで生理的に気持ち悪いです。

好き勝手に言いたいこと書いたけど、お許しあれ。
わたしもファッションに関しては
思い出しても鳥肌たつほどさんざん赤っ恥かいてきました・・・

そういえばファッション傾向も変ったなぁ。
20代の頃はパンツ派でスカートはほとんど持ってなかった。
今はワンピースを愛用することが多いけど、
20代のわたしが現在のわたしを見たら驚くだろうなー。

そうそう、着ないものばかりあげつらったけど、
わたしはっきり言ってファー、レザーはめちゃ似あいます

で、最後に見果てぬ夢。
生まれ変わったら、
鶴のように細い首、長い手足を持つ薄っぺらな体型で、
夏でも汗をかかず、ジャケットやひざ掛けが必須で、
食が細く、太る悩みどころか、痩せすぎないよう気をつける体質で、
寝不足や二日酔いの際は
顔やまぶたがむくむのではなく、落ち窪んでしまうタイプの
植物的な女性になりたい・・・・・


あれ?前にも書いたっけ?
[PR]

by gloria-x | 2008-05-30 20:42 | おしゃれ・美容・運動

香りの功罪

c0008209_17333971.jpg
最近のお気に入り、LUSHのパワーマスクです。
ペパーミントの清涼感が気持ちいい洗顔スクラブ。
ここは店内どころか、店の半径何百mに甘~い香りが漂っている。
アメリカのショッピングモールを思い出させるような独特の香りだ。

その香りの強烈さ&ロゴやパッケージデザインの印象から
ケミカルな香料たっぷりの製品と思い込んでいたら、
実はすべて天然成分で、エコにも積極的な企業らしい。

わたしが長年愛用しているTHE BODYSHOPも
天然成分、動物実験をしない、エコに積極的とよく似た企業精神。
こちらのほうがデザイン的に洗練されていて好みだが、
LUSHもそそられるアイテム満載。

それはさておき、香りというのは人それぞれ好みがあるし、
使い方や量を間違えるととんでもない迷惑になる。


この間まで会社にいた派遣のコがその悪い例だった。
20代前半、背が高くスレンダーな美人で
手入れの行き届いた長い髪と爪を持つ、
いかにも今どきの派手系なコだったが

頭が痛くなるほど強烈な
匂いをまき散らしていたのである。


ある日から、オフィス内で空気が動くにつれ
強烈なニオイが立ち込めるので「なんじゃこりゃ?」と不審に思った。
人が使う香水の匂いとは思わず、
わたしは会社がエアコン通風孔から
妙なアロマオイルでも噴霧しているのかと思っていたのだ。

ところが、ニオイの発生源が判明。
彼女が移動するのに合わせて匂っていたのである。

フルーツ系の甘ったるい香り+ケミカルなキツさで、
彼女が近くのデスクに座ろうものなら
周囲の人間はガツンと脳天直撃されて
頭痛&呼吸困難に襲われるほど・・・

「彼氏とか友達は平気なのかなー?」
「鼻が慣れてバカになってるとか?」
「誰かさりげなく何の香水使ってるのか聞いてみてよ」
「香水っていうか、トイレの芳香剤じゃない?」
などとみんなで噂していたのだが、
(いやー女って辛辣ですねー(;^_^A)
直接注意するのも憚られるし、かなり困りモノだったのである。

すると、ニオイだけでなく勤務態度も問題ありだったらしく、
派遣契約を打ち切られたようで「やれやれ・・・」とみんな一安心。

他人のフリ見て我がフリ直せ

わたしが常に肝に銘じている言葉だが、
以来、会社の女性陣は自分の香りに対して気を遣うようになっている。

とはいえ、香りに無頓着すぎて
体臭や生活臭プンプンというのもどうかと思うけどねぇ・・・
(実際、そういう人もいるのですよ)
[PR]

by gloria-x | 2008-04-27 19:35 | おしゃれ・美容・運動

今年のサングラス

c0008209_19535716.jpg
春めいてくると新しいサングラスが欲しくなる。
今年のはこれ、コーチです。
いわゆる「女優サングラス」ってやつですね。
わたしは小ぶりなサングラスがあまり似合わないので、
大きめがトレンドという最近の傾向は嬉しい♪

c0008209_1954936.jpg
サイドに手描き風ロゴが入ってます。
眉毛まで隠れるので、スッピンで近所をウロチョロする時に活躍してくれそう。

最初、アナ・スイのがいいかなーと思い、1万8000円くらいだったので
頂き物の商品券1万5000円分に少し足して買おうかなと思った。

そしたら、このコーチを発見!
ダーリンもこっちの方が断然似合うと言う。
でも、いきなり1万円アップの2万8900円!
クレジットカードのポイント交換の商品券が届いてから買おうかなーと迷っていると、
ダーリンがこう言って背中を押してくれた。

「こういうのは出会いやから、
気に入った時に買わないと後悔するよ」



そうなんですよねー。
これって買い物の鉄則ですよねー。

で、買いました。
自分で言うのもナンだけど、すっごく似合う!
ちょっと只者じゃないオーラが出てるわ・・・・(自画自賛ですみません)
[PR]

by gloria-x | 2008-03-19 20:12 | おしゃれ・美容・運動

合言葉はジェシカ!

先日、TVで衝撃的なモノを観た。
7歳で体重200kgというアメリカ人の少女である!

彼女の名はジェシカ。
赤ん坊の頃から異常な食欲で、
その上、揃って肥満体の両親がどんどん食べさせたため
なんと7歳で200kg!
体重を支えられない脚の骨が曲がり、一人では歩くこともできない。
医師からは何度も生命の危機を警告されている。
これって、意図的ではないにせよ、
親による一種の虐待にあたるのでは?と思った。

最初にジェシカの顔正面アップを観たとき、
画像を横方向に引き伸ばしているのかと錯覚した。
極端に歪んだ映像みたいなのに、
なぜか顔は「デブ顔」じゃないのでさらに異様。

わたしの言う「デブ顔」とは顔のパーツが肉に埋もれて表情が乏しい顔で、
朝青龍、ホンジャマカ石塚、中島啓江などがそう。(勝手に決め付けて失礼!)
でも、世間にはデブなのにデブ顔じゃない人もいる。
たとえばパパイア鈴木、森久美子もそう。
もちろん顔にも肉はついてるけど、
パーツの埋没にまで及んでないのが不思議。

昔、このタイプの女性を知っていた。
摂取カロリーを燃焼できない代謝異常だとかで
100kg近い肥満体なのに
ジョディ・フォスター似のすっきり顔だったのだ!

ジェシカもデブ顔じゃなかった。
過激にワイドな顔面の中心に、
くっきりパッチリしたパーツがちんまり存在している。
痩せたら可愛いはずだ。

ジェシカ自身の姿はもちろん、その食べっぷりに唖然・・・
2時間起きにものすごい量の食事を摂る。
しかもフライドチキン、ピザ、フライドポテト、肉、
こってり甘いアメリカのスイーツと高カロリー・高脂肪食で
一日の摂取カロリーは1万キロカロリー。

彼女の食事シーンを観ているだけで
気分が悪くなって完全に食欲が失せた。
この映像はどんなダイエット推奨番組よりも効果的だ。

そして、わたしとダーリンは誓い合った。
欲望のおもむくまま食べ過ぎたり、運動をサボりそうになったら
ジェシカのことを思い出して自分に警報を鳴らそう、
「合言葉はジェシカ!」だと。

*****************

今年に入って酒量が激減したことは先日も書いた。
実は去年までほぼ毎晩ワイン一本空ける生活で、
さすがにこれじゃ飲みすぎだと不安になり、
無理して週に一日休肝日を捻出していたが、
本音は毎晩飲みたかった。

ところが、最近さほどお酒を飲みたいと思わないのだ。
カラダが欲さない感じ。
以前は無理やりセーブしてたのに、ほんと不思議。
我慢しているわけじゃないから精神的にもラク!

そして、思わぬ副産物が!
夕食時にワインを飲まないと、食べる量も減ってきたのだ。


今まではイタリア人かスペイン人のように
ダラダラとワインを飲みながら長い夕食を摂っていた。
飲むと口がいやしくなって、料理がなくなってからも、
冷蔵庫を漁ってチーズを切ったり、
つい食べ過ぎてしまうのが常だった。

ところが、ワインを飲まないと
適量で満腹中枢が満足して食事を終えることができることを発見。

まあ、酒量激減も食べる量が減ったのも
ひとえに年齢のせいと言えなくもないけど・・・
ともあれ、あのままじゃ老人性アルコール依存症になるかも?と
うっすら恐れていたので善しとしよう。
[PR]

by gloria-x | 2008-03-10 21:58 | おしゃれ・美容・運動

計算か偶然か

会社の近くで見かけた60歳代の女性。
小柄で白髪8割、化粧っ気なし。
エコバッグだけをぶらさげているところからして
近所にお住まいで買い物に出かける途中とおぼしき様子。

彼女の装いにハッと目が留まった。
濃い紫のカーディガンに水色のタートルネックセーター、
スカートはニット素材で茄子紺みたいな色。
タイツがスカートと同じトーンのやや濃い紺で、
さらに濃い紺色のドライヴィングシューズ。

寒色系のグラデーションが同じトーンでまとまっていて
ものすごく新鮮でキレイ!


60歳~70歳代の方でも、現役・元に関わらず
広告業界やアパレル関係のひとはすぐわかる。
たとえスッピンでも発する空気が違うのだ。
でも、彼女にそんなニオイはない。

デザイン的にはごくフツーのアイテムだし、
いわゆる「おでかけ」的な装いではない。
雰囲気的には「そこらにあったものを着てきただけ」って感じ。
しかし、この色合わせはただ者じゃない!

この装い、計算?それとも偶然?

計算だとしたら自然体すぎるし、
偶然だとしたら奇跡の組み合わせだ。
紫がこの秋冬の流行色なのも気になるポイント。

もしかすると、
高度な偶然というものかも・・・


高度な偶然とは、元々センスがいいため、
何も考えず家にある服を合わせただけで、
まるで計算したようにセンスのいい
コーディネートに仕上がってしまうというもの。
(と、わたしは考えている)

ああ、やっぱりおしゃれなひとを見るのは楽しい!

誰が見ても「おしゃれしてます」ではなく、
見る目のない人にはわからず、
一見どうってことないように見える人の
おしゃれ魂やセンスに気づくのが嬉しい。

わたしもいくつになっても
「おしゃれなひと」と言われるようになろうっと!
[PR]

by Gloria-x | 2007-11-27 21:24 | おしゃれ・美容・運動

デパートのサービスに思う

c0008209_1826894.jpg
何気なく観ていたTVでIKKOさんがメイクのワンポイントテクを語っていた。
偶然にも、わたしが知りたいと思っていた技術だったので、
すかさずおすすめコスメの品番をメモ。

翌日、梅田に所用があったので阪急百貨店に寄った。
めざすコスメブランドのショップでその品番を所望すると、
「申し訳ありません。ただいま品切れ状態でして、
次に入荷するのが早くても12月末なんです・・・」とのこと。
「やっぱり・・・」と落胆するわたし。

TVを観た翌日にショップに行くミーハーだということはバレバレなので、
正直に話すと、お姉さんはにっこり笑って
「昨夜の放送直後から電話の問い合わせもすごかったんですよー」
恐るべしIKKOさんの影響力!

目当てのモノはゲットできなかったが
せっかくなので鏡の前に座ってお姉さんにメイクしてもらった。
たまにはこうやってプロにメイクしてもらうもんですな、
自分では絶対選ばない色のアイシャドウを塗ってもらうと
意外に似合うことを発見。
自分流でうまくできなかったことや疑問だったポイントも
わかりやすく教えてもらった。

その後、ずーっと「これぞ」と思うモノに出会わず
探し続けていた地下鉄カード入れと印鑑ケースもゲット。
「こういう感じのモノを探してるんですけど・・・」と
売り場の人に話すと、いろいろと探してくれたのだ。
数年前に香港で作った水晶の印鑑、
やっとぴったりのケースにめぐりあうことができてハッピー♪

わたしはふだん、家の近所ということで
デパートとえば高島屋を利用しているのだけど、
阪急の方が品揃えもサービスも格段にいいことを再確認。
ネイルサロンの場所を尋ねただけで、
その場でサロンに電話して予約を取ってくれたのだ!
コスメショップの場所を聞いた時も
「ご案内いたします」と先導してくれたし・・・

正直言って、今までデパートってそんなに好きじゃなかった。
ちょっと見ているだけなのに「何かお探しでしょうか?」と
寄ってこられるのもうっとうしくて、
いつもそそくさと目当てのモノを買っていた。
個人的には海外のデパートやアウトレットみたいな
ほったらかし、放し飼い感が好みなのである。

でも、うまく利用するとデパートってけっこういいかも・・・
デパートも生き残りを賭けて様々な工夫を凝らしているというが、
昨日はまさにそれを実感した。
[PR]

by Gloria-x | 2007-11-08 18:26 | おしゃれ・美容・運動

回遊魚的人生

手術前後休んでいた水泳を2ケ月以上ぶりに再開。
1~2週間のブランクなら「早く復帰したい!」と
カラダがウズウズするんだけど、
2ケ月も休んでしまうと運動しない楽な生活にカラダが馴染んでしまい、
それはそれですっごい焦りと恐怖・・・

「ほんとにまた泳げるんだろうか・・・?」
「絶対死にそうにしんどいだろうなー」などと軽く憂鬱になりつつ、
しかし、ここで軌道修正しないとカラダがエライことになるので
自分にムチ打ってプールへ・・・・

ところが、いざ水に入ってみれば
あれだけ心配していたのも嘘みたい。
「あれー?わたしってこんなにスイスイ軽く泳げたっけ?」
と自分でも意外なほど。
リハビリだから適度に、とセーブしつつ
軽ーく700m泳いでしまった。

運動後は気分もスッキリだし、ワインもさらに美味しい!

でも、ふと思った・・・
「わたしってハマチみたい」


ハマチなどの回遊魚って止まると死ぬらしい。
常に運動し、ダイエットを意識し続けなきゃエライことになる
わたしの人生もまるで回遊魚だ・・・

世間には「運動なんか大嫌い」と公言し、
実際まーったく運動とは無縁の生活を送る人がいっぱいいる。
しかも、そういう人たちって食生活も無頓着なのだ。
食べたいモノをたべ、飲みたいモノを飲み、カラダは動かさず、
それでいて太ったりしないってどういうこと!?

運動はキライじゃない。(昔は大嫌いだった)
だけど、運動しなくても、好きなように飲み食いしても太らないなら
絶対そっちの方がいいに決まってる。

ああ、生まれ変わったら回遊魚じゃない人種になりたい!
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-27 20:31 | おしゃれ・美容・運動

わたしは眉美人?

何ヶ月か前、今日で会社を辞めるという20代のコが
急にわたしのところへやってきてこう言った。

「グロリアさん、前からずっと聞きたかったんですけど、
眉のメイク、何を使ってどうやってるんですか?」

彼女とはあいさつ程度しか接したことがなかったので驚いていると、
「すごく自然でキレイな眉だなぁといつも思ってたもんで・・・」

自然と言いつつ、何を使ってどうやっているか?とは
一見矛盾したコメントだが、
眉そのものはもとより、メイク技術もほめられているということ。
ほめられて伸びるタイプのわたし、嬉しかったのは言うまでもない。

今までの人生「肌がすごくキレイ!いったい何をしてるの?」とは
イヤというほど聞かれてきたが
(自慢たらしくてすみません・・・でもほんとのことなんですの、ホホホ(^_^;)
最近、それに加えて眉をほめられることが多い。
それがわたしには驚きなのだ。

というのも、眉はわたしにとって長年コンプレックスのひとつだから。

小学校6年の時、わたしは自分のボサボサ眉が気になり、
手鏡を見つつハサミでカットすることに。
右を切れば左が長すぎ、左を切れば今度は右が・・・
そして、気がつくと、切りすぎて眉が無くなっていたのだ!

翌日、仕方なく母の眉ペンシルで描いて登校すると、
スッピンの子供顔に描き眉はさすがに浮いていたようで
男子に「うわー!こいつの眉毛、変!描いてる!」と笑われる始末。
しかも、それ以来、眉がきちんと生え揃なくなったのである。

それからずっと、わたしはいかにして自然で美しい眉を作るかに
心血を注いできたといっても過言ではない。

実はわたしは眉にアートメイク(刺青)を施しているのだが、
もう5年ほど経つので薄れてきてしまい、
パウダー、ペンシル、その他で毎朝きちんと眉メイクしている。
毛抜きで不要な毛を抜くのは日課だし、
定期的に剃刀とハサミで形も整えている。

女性のメイクの中で時代をはっきりと映し、
イケてるか、ダサいかをくっきり分けるのは眉である。

電車の中などで「いったいこの人は何を考えてこんな眉をしてるのか?」と
思わず凝視してしまう女性を見ることがある。
完全な野放し状態、まるで荒野のようにワイルドな人や、
一筆書きのようにペンシルの一本線で描いている人、
そこまで極端でなくとも、ある時代で止まったままの人・・・

眉さえきちんと整えて、時代に沿った描き方をしていれば
とんでもないことにはならないと思う。

今日も会社で言われた
「グロリアさん、アートメイクしたところ紹介して」

美容の情報交換は女のコミュニケーションツール。
もちろん喜んで教えてあげた。
彼女によると、アートメイクしている女たちの中で
わたしの眉がいちばん自然で理想的な形と質感なのだとか。

そうほめられてもやっぱり自分では信じがたいけど、
長年の努力が実り、欠点転じて長所となったのだろうか?
[PR]

by Gloria-x | 2007-05-11 21:21 | おしゃれ・美容・運動

1000kmエンドレス達成! 

ついにクロールで1000kmエンドレス達成!\(^0^)/

去年3月に泳ぎ始めたとき、
憧れはマイペースでゆっくりエンドレスで泳ぐ上級者さんだった。
その頃のわたしは25mで死にそうに必死だったのだから・・・

子供の頃スイミングスクールに通ったおかげで泳げたものの、
スポクラでも真剣に泳いだことはなかったので
フォームも自己流だし、長距離泳ぐなんて夢のまた夢だった。

しかし、週2~3回きっちり通って黙々と泳ぎ、
図書館で借りたスイミングの教則本を参考にするうち、
少しずつ楽に泳げるようになり、続けて泳ぐ距離が伸びてきた。
快調な日には「1年目くらいには1000m続けて泳げるかも」と思い、
スランプに陥ってしんどい日は「そんなの絶対ムリ!」と思う。
カラダは正直だし、何事も山あり谷ありだと痛感した。

そして今日、ついに1kmエンドレス♪

先週からいろいろ忙しくて泳ぐのは一週間ぶり。
実は今日も午後から予定があり、サボる寸前だったのだが
自分の中で警告ブザーが鳴り響いた。
なので、やる気満々ではなく
「無理せずいけるとこまで行こう」的スタンスでプールに行ったら
空いていて上級者コースを一人占めできたのがラッキーだった。

1km続けて泳いでしまうと後は楽で、軽~く1500m泳いだ。
おかげでカラダも心もスッキリ軽々♪

最近気づいたのだが、
わたしが物事を上手く成し遂げたり、長続きさせるコツは
決して意気込まないことこれに尽きるようだ。
[PR]

by Gloria-x | 2007-02-22 21:23 | おしゃれ・美容・運動

新しい水着

c0008209_2033352.jpg
スポーツショップの前を通りかかったらセール中。
新しい水着を買いました。

服だったらきっと選ばない色ですが、
ちょいとエルメスもしくはレスポ風の
デザインが気に入ったのです。
この写真ではわかりにくいけど
パンツが濃いオリーブグリーンというのも◎!

ちなみに、今まで着ていた水着より
ワンサイズ小さくなりました♪

******************



ところで、どうして誰も言い出さないのか不思議なこと。
浅田真央って長州小力に似てませんか?

デジカメのCMで髪を肩にたらして
にっこりするアップ顔、そっくりなんだけど・・・
[PR]

by Gloria-x | 2007-01-26 20:45 | おしゃれ・美容・運動