人名・地名フェチ

わたしは人名・地名フェチである。
誰かと親しくなると、必ず兄弟姉妹の名前を尋ねる。
しかもどんな字を書くかまで。
もちろん家族の話題になった時にさりげなくだが、
とにかく人の名前に興味津々なのだ。

人名ほどではないが地名も好き。
仕事中、暇なときはよく郵便局でもらった「郵便番号簿」を眺めている。
これがとにかくおもしろい!何時間でも飽きない。

日本全国の中でダントツにおもしろいのが北海道と京都である。

北海道はアイヌ語由来であろうカタカナ地名が多い。
アザラップ、パシクル湖畔、カルルス町、アトサヌプリ、ルルラン、シラルトロ、
ウェンベツ、サッテベツ、トライベツ
etc・・・
トライベツなんてN.Yのトライベッカみたい。

石狩郡のスウェーデンヒルズというのは振興の地名だろう。
だが、足寄郡のル-クシュポールという北欧的な地名はアイヌ語由来?振興?

山形県米沢市アルカディア、静岡県伊豆の国市エメラルドタウンってどうよ?
まるで「オズの魔法使い」に出てくる街みたいですな。

京都は由緒正しそうというか、歴史と伝統の香りでむせかえりそう・・・
抜粋しだすとキリがない。
地名もだけど、京都市内の独特の住所表記方法もおもしろい。
たとえば〒604-0836は単純に中京区船屋町でOKなのだが、
そこに住む人に住所を聞くと
「東洞院通押小路下るor東洞院通御池上るor
押小路通東洞院西入or押小路通東洞院東入」
すべてアリなのだ。
なので雑誌記事のショップのアドレスなどを頼りに店を探すのが一苦労・・・

ところで、わたしは漢字で表記できるものをひらがなで書くことに
なにかしら媚を含んだ気持ちの悪さを覚える
人間である。
なので、ひらがな表記の政令都市名もなんとなく好きじゃない。
以下の市にお住まいの方々には申し訳ないが、
青森県むつ市、茨城県かすみがうら市、つくば市、つくばみらい市、ひたちなか市、
埼玉県さいたま市、東京都あきるの市、香川県さぬき市、兵庫県南あわじ市、
鹿児島県南さつま市、いちき串木野市
、etc・・・

なんでわざわざひらがな?って思ってしまうのだ。
他にも栃木県さくら市、群馬県みどり市、千葉県いずみ市などあるが
こっちは銀行のC.Iみたいで比較的まし。
余談だけど横浜のみなとみらいっていうのもむず痒くなる感じ・・・
いっそミナトミライってカタカナにすればシャープなのになぁ。

などと考えてたらすごい地名を発見!
山形県酒田市こあらだって!まさかコアラじゃないよね?

栃木県壬生町おもちゃのまち
福島県会津若松市ほたるの森
ってジブリみたいで・・・・(-_-;

あと、わたしは青魚が苦手なので福井県鯖江市には住みたくないなぁ。
新潟県胎内市というのもなんか生々しくて敬遠させてほしい感じ・・・

とても好奇心をそそられる地名でいえば
宮城県の薔薇島、男装の麗人、もしくはおネエ系の住民が?
同じく宮城県の狼の巣福島県の夜の森って文学的でかっこいい。
長崎県長崎市女の都なんて、フェリーニの映画みたい!(めのと、と読むのが残念)

ほんとに興味はつきないのである。
無人島に一冊持って行くなら郵便番号簿かもしれんなぁ・・・・
[PR]

by gloria-x | 2008-08-13 19:49 | 出来事・世間・雑感