ハプニング/Happening '08(米)

c0008209_1443586.jpg
それはN.Yセントラルパークから始まった。
突然、人々が異常行動を起こし、自ら命を絶つという現象が続発。
最初の兆候は言語の乱れ、次に方向感覚が狂い、そして命を絶つ。
テロか?政府の秘密実験か?

シャマラン作品だけに一種バクチ感覚で鑑賞したが、今回はまずまず。
「何これー?」的な肩すかしはなく、ハラハラドキドキ感も満足だが
後半~ラストはやや物足りない気も。
ネタバレになるので異常現象の原因については伏せるが、
今の地球、人類への警告としてはバリバリ正攻法という気がする。
わたし的には「サイン」みたいなとっぴょうしもない感覚ではなく、
早晩こういうことが起きても驚かないって感じ・・・。


c0008209_1444195.jpg
マーク・ウォルバーグ、今回は高校の科学教師という役どころ。
非常時の集団でリーダー的な役割を果たすが、ヒーローというわけでもなく
ちょっと優柔不断で妻からは「頼りない」と思われている。

途中、行動を共にすることになった少年たちとの会話が笑えた。
「なんで子供作らないの?」
「妻がちょっと待とうって」
「待つって何を?」
「僕が頼りないから・・・って何を言わすねん!」(関西弁はあくまで雰囲気です)
と情けない一人ノリ突っ込みするマーク。

妻役のズーイー・デシャネル、なんとなく同性の反感買いそうな女。
ダークなロングヘアが重い感じだし、コートドレスみたいな服もTPOに合ってない。
この妻の浮気疑惑が冒頭から一種の緊張感を漂わせていて、途中で夫に
「残業って言ったけど、実は職場の男性とデザートを食べたの」と告白するのだが、
この「デザートを食べた」ってぼかし表現?

いずれにしてもこの妻がおとなしく妻の座に納まるとは思えない。
いっしょにいてもマーク夫が不幸になるだけって気がするので
早く別れたほうがいいと思うな。

'08 7 29 劇場 ★★★★☆
監督:M・ナイト・シャマラン
主演:マーク・ウォルバーグ、ズーイー・デシャネル
    ジョン・レグイザモ、アシュリン・サンチェス
[PR]

by gloria-x | 2008-07-30 14:44 | 映画レビュー