敬愛なるベートーヴェン/Copying Beethoven '06(英・ハンガリー)

c0008209_21515227.jpg
1824年ウィーン、「第九」初演4日前にして
まだ合唱パートが完成せず途方にくれるベートーヴェンのもとに、
音楽学校で最も優秀な生徒、アンナ・ホルツが写譜師として派遣されてくる。
音楽家でありながら難聴という不幸な運命を背負い、
傲慢で気難しいイメージのベートーヴェンの晩年を
アンナという架空の女性コピスト(写譜師)の目を通して描いた作品。

もっと重厚&難解かつ芸術的な作品かと思いきや、
意外に軽快でエンターテイメント性ありで観やすかった。
ベートーヴェンとアンナ・ホルツの関係が現代的で感情移入しやすいのも◎


自他共に認める偏屈なマエストロを尊敬してやまないアンナ・ホルツ。
しかし、彼の才能を敬愛しても、
野蛮で無礼なふるまいに対しては遠慮なく手厳しいコメントをする。
アンナ・ホルツのこのスタンスが男女間を超越した感覚で好印象なのだ。

c0008209_2152639.jpg
アンナのアシストで見事「第九」の初演を成功させたベートーヴェンが
「君は初めて僕の心を開いてくれた」(正確な表現は忘れたが)と
心情を吐露するシーンが見物!

写譜するアンナに向かって
ベートーヴェンが突然言う。
「Wash Me」(洗ってくれ)

真剣に仕事していたアンナは当然「はぁ?」

観ている方も「洗って」とは比喩的表現で
「僕の魂を洗い清めてくれ」とかいう意味だろうと思いきや、
ベートーヴェンは服を脱ぎ捨て、
いつも水浴している盥の側の椅子に座る。
そして、アンナはスタスタと彼に近寄り、
桶で水を汲んで頭から浴びせるのだ!
アンナに水をかけられ「よしよし」してもらった
ベートーヴェンは恍惚とした表情・・・

えー!?洗ってってそのまんまやん(爆)
これって2人のプレイ?


しばらく笑いが尾を引いて止まらなかった。

「不滅の恋 ベートーヴェン」でゲイリー・オールドマンが演じた
ナルシスティックでエキセントリックなベートーヴェンに比べ、
エド・ハリスのベートーヴェンは粗野で奇人的とはいえ、人間味も感じられるし、
見ようによってはセクシーで(あくまでもエド・ハリスが演じてるという前提で)
なかなか好感が持てた。
ダイアン・クルーガーも同性に支持されそうで◎

'08 5 WOWOW ★★★★☆
監督:アニエスカ・ホランド
出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー
[PR]

by gloria-x | 2008-05-27 21:59 | 映画レビュー