香りの功罪

c0008209_17333971.jpg
最近のお気に入り、LUSHのパワーマスクです。
ペパーミントの清涼感が気持ちいい洗顔スクラブ。
ここは店内どころか、店の半径何百mに甘~い香りが漂っている。
アメリカのショッピングモールを思い出させるような独特の香りだ。

その香りの強烈さ&ロゴやパッケージデザインの印象から
ケミカルな香料たっぷりの製品と思い込んでいたら、
実はすべて天然成分で、エコにも積極的な企業らしい。

わたしが長年愛用しているTHE BODYSHOPも
天然成分、動物実験をしない、エコに積極的とよく似た企業精神。
こちらのほうがデザイン的に洗練されていて好みだが、
LUSHもそそられるアイテム満載。

それはさておき、香りというのは人それぞれ好みがあるし、
使い方や量を間違えるととんでもない迷惑になる。


この間まで会社にいた派遣のコがその悪い例だった。
20代前半、背が高くスレンダーな美人で
手入れの行き届いた長い髪と爪を持つ、
いかにも今どきの派手系なコだったが

頭が痛くなるほど強烈な
匂いをまき散らしていたのである。


ある日から、オフィス内で空気が動くにつれ
強烈なニオイが立ち込めるので「なんじゃこりゃ?」と不審に思った。
人が使う香水の匂いとは思わず、
わたしは会社がエアコン通風孔から
妙なアロマオイルでも噴霧しているのかと思っていたのだ。

ところが、ニオイの発生源が判明。
彼女が移動するのに合わせて匂っていたのである。

フルーツ系の甘ったるい香り+ケミカルなキツさで、
彼女が近くのデスクに座ろうものなら
周囲の人間はガツンと脳天直撃されて
頭痛&呼吸困難に襲われるほど・・・

「彼氏とか友達は平気なのかなー?」
「鼻が慣れてバカになってるとか?」
「誰かさりげなく何の香水使ってるのか聞いてみてよ」
「香水っていうか、トイレの芳香剤じゃない?」
などとみんなで噂していたのだが、
(いやー女って辛辣ですねー(;^_^A)
直接注意するのも憚られるし、かなり困りモノだったのである。

すると、ニオイだけでなく勤務態度も問題ありだったらしく、
派遣契約を打ち切られたようで「やれやれ・・・」とみんな一安心。

他人のフリ見て我がフリ直せ

わたしが常に肝に銘じている言葉だが、
以来、会社の女性陣は自分の香りに対して気を遣うようになっている。

とはいえ、香りに無頓着すぎて
体臭や生活臭プンプンというのもどうかと思うけどねぇ・・・
(実際、そういう人もいるのですよ)
[PR]

by gloria-x | 2008-04-27 19:35 | おしゃれ・美容・運動