王妃の紋章/CURSE OF THE GOLDEN FLOWER '07(中国)

c0008209_0194051.jpg
期待以上の快作!てんこ盛りのエンターテイメント大作だ。
こってり中華料理フルコースを堪能した後のように満腹&放心状態になるが、
それがなんともいえず心地いい。何度でも観たい一本である。

巨費を投じた豪華絢爛のセット、衣装、ワイヤーアクション、
「さすが中国、人口多いわ」と唖然とするエキストラの数。
なにもかもがスケールデカすぎで笑っちゃうほど。
過剰もふっ切れると快感になるといういい見本だ。

ファーストシーン、女官たちが一斉に起床して身支度をする。
まるで軍隊のように一糸乱れぬその動きに
団体行動が苦手なわたしはクラクラ・・・・
子の刻、丑の刻、と2時間おきに楽器を鳴らし、
なにやら口上を述べて宮殿を行列する家来たち。
その都度、王妃に運ばれる毒入りの煎じ薬。
王妃の衣装、装飾品、化粧は見てるだけで肩が凝りそうで、
健康な人間でも具合悪くなりそう。
ひゃーこんな時代に生まれなくてよかったーって感じ。


そこで繰り広げられるのは、妙に三面記事的なドロドロしたお家騒動。
小難しい歴史的背景や、ややこしい時代考証を省いて
ただただ王家とそれを取り巻く少人数の愛憎劇に徹しているので
すんなり物語に入り込め、ぐいぐい引き込まれる。

役者陣がうまいのと、豪奢な舞台のせいで
クサいほど芝居がかったコテコテ演出がちょうどいい塩梅。
300スリーハンドレッドでは
退屈でドン引き状態だった苦手な甲冑戦闘シーンもよかった。
むしろ戦闘後の清掃シーンに「ここまで見せるか!」と思わず唸ったけど。

c0008209_0195675.jpg
出ました!情念の女、コン・リー。
好きか嫌いか問われれば、好きじゃないけど観たい女優だ。
いつもそうだけど今回もすごい貫禄です。
百恵ちゃんどころか美空ひばりさえ彷彿とさせるオーラで、
コン・リー以外にこの役、いやこの映画は成り立たなかっただろう。
でもこの人、不幸眉なんだよねー。
量が多くて黒々した髪も情が深そう・・・
私生活はどうだか知らないけど、絶対ハッピーになれない女って気がする。

c0008209_0201210.jpg
チョウ・ユンファがこれまた濃い!
息子が3人もいて、そろそろ後継者に王座を譲る頃合なのに、
老いて(というほど歳取ってないが)枯淡の境地になんぞ死んでも行くものか、
ってギラギラ。そのくせ悟りきったような福々しい笑みを浮かべたりして、
チョイ悪どころか極悪オヤジなのだ。
ラストに放つセリフなど、残酷さもここまで徹底すると脱帽。
このあたりの感覚は日本人にはない気がする。

c0008209_2312768.jpg

長男役のリウ・イエ、この作品で初めて知ったけど、
ちょいと気弱そうな優男でわたしのストライクゾーンど真ん中♪
この役は破滅型の色気があってよかったー。
自害を図って怪我した後、弱ったままで儀式に出席する姿なんか
ぐったり傾いた首の角度にぞくぞくした♪(トップ写真右端)

次男役のジェイ・チョウは頭文字Dの時
「なんかイノッチみたい」とまったく興味がわかなかったが
今回はぐんと大人になって逞しくて見違えた。
でも、わたしにとっては「いい人なんだけどねー」的な存在だな。
三兄弟で彼だけ明らかに顔の系統が違うのはなぜ?

王家の主治医の娘で、長男とデキている女官役の女優に注目。
華奢なのに巨乳、元モー娘。の加護ちゃんみたいなロリ顔で
個人的には大嫌いなタイプの女なんだけど、
いかにも男好きするタイプで、どんぴしゃの適役!

'08 4 24 劇場 ★★★★★
監督:チャン・イーモウ
出演:チョウ・ユンファ、コン・リー、リウ・イエ、ジェイ・チョウ
[PR]

by gloria-x | 2008-04-24 00:21 | 映画レビュー