合言葉はジェシカ!

先日、TVで衝撃的なモノを観た。
7歳で体重200kgというアメリカ人の少女である!

彼女の名はジェシカ。
赤ん坊の頃から異常な食欲で、
その上、揃って肥満体の両親がどんどん食べさせたため
なんと7歳で200kg!
体重を支えられない脚の骨が曲がり、一人では歩くこともできない。
医師からは何度も生命の危機を警告されている。
これって、意図的ではないにせよ、
親による一種の虐待にあたるのでは?と思った。

最初にジェシカの顔正面アップを観たとき、
画像を横方向に引き伸ばしているのかと錯覚した。
極端に歪んだ映像みたいなのに、
なぜか顔は「デブ顔」じゃないのでさらに異様。

わたしの言う「デブ顔」とは顔のパーツが肉に埋もれて表情が乏しい顔で、
朝青龍、ホンジャマカ石塚、中島啓江などがそう。(勝手に決め付けて失礼!)
でも、世間にはデブなのにデブ顔じゃない人もいる。
たとえばパパイア鈴木、森久美子もそう。
もちろん顔にも肉はついてるけど、
パーツの埋没にまで及んでないのが不思議。

昔、このタイプの女性を知っていた。
摂取カロリーを燃焼できない代謝異常だとかで
100kg近い肥満体なのに
ジョディ・フォスター似のすっきり顔だったのだ!

ジェシカもデブ顔じゃなかった。
過激にワイドな顔面の中心に、
くっきりパッチリしたパーツがちんまり存在している。
痩せたら可愛いはずだ。

ジェシカ自身の姿はもちろん、その食べっぷりに唖然・・・
2時間起きにものすごい量の食事を摂る。
しかもフライドチキン、ピザ、フライドポテト、肉、
こってり甘いアメリカのスイーツと高カロリー・高脂肪食で
一日の摂取カロリーは1万キロカロリー。

彼女の食事シーンを観ているだけで
気分が悪くなって完全に食欲が失せた。
この映像はどんなダイエット推奨番組よりも効果的だ。

そして、わたしとダーリンは誓い合った。
欲望のおもむくまま食べ過ぎたり、運動をサボりそうになったら
ジェシカのことを思い出して自分に警報を鳴らそう、
「合言葉はジェシカ!」だと。

*****************

今年に入って酒量が激減したことは先日も書いた。
実は去年までほぼ毎晩ワイン一本空ける生活で、
さすがにこれじゃ飲みすぎだと不安になり、
無理して週に一日休肝日を捻出していたが、
本音は毎晩飲みたかった。

ところが、最近さほどお酒を飲みたいと思わないのだ。
カラダが欲さない感じ。
以前は無理やりセーブしてたのに、ほんと不思議。
我慢しているわけじゃないから精神的にもラク!

そして、思わぬ副産物が!
夕食時にワインを飲まないと、食べる量も減ってきたのだ。


今まではイタリア人かスペイン人のように
ダラダラとワインを飲みながら長い夕食を摂っていた。
飲むと口がいやしくなって、料理がなくなってからも、
冷蔵庫を漁ってチーズを切ったり、
つい食べ過ぎてしまうのが常だった。

ところが、ワインを飲まないと
適量で満腹中枢が満足して食事を終えることができることを発見。

まあ、酒量激減も食べる量が減ったのも
ひとえに年齢のせいと言えなくもないけど・・・
ともあれ、あのままじゃ老人性アルコール依存症になるかも?と
うっすら恐れていたので善しとしよう。
[PR]

by gloria-x | 2008-03-10 21:58 | おしゃれ・美容・運動