キンキーブーツ/Kinky Boots '05(米・英)

c0008209_18195716.jpg実話に基づくストーリーというのがいい。
社長の父親が突然亡くなり、優柔不断な若社長が
倒産寸前の老舗靴工場の起死回生をかけて
ドラッグクイーン専用のブーツ製作に挑む。

パイソン柄部分使いの真っ赤なエナメルブーツ、
豹柄ブーツなど、工場で作られるブーツたちはもちろん、
ミラノの靴ショーで展示され、
ランウェイを闊歩する華奢なミュールやサンダル・・・
靴フェチのわたしは観ているだけでいい気分!

ロンドンのゲイクラブの花形クイーンで、キンキーブーツデザイナーとして
靴工場を助けるローラ役のキウェテル・イジョフォーがすばらしい!
時には妖艶に、そしてキュートに、
温かな人間味あふれる魅力的なキャラクターで、
男優が演じるドラッグクイーン役につきもののクドさがなくとっても自然。
「ラヴ・アクチュアリー」「フォーブラザーズ 狼たちの誓い」にも
出てたらしいが、まったく気づかなかった。


c0008209_1820863.jpg最初の試作品のブーツを手にして思わず
「こんなヒールまっぴら!」と吐き捨てるローラ。
そりゃそうでしょー、
わたしも製作工程観ながら
「えー?こんな色気のないデザイン?」
って訝しく思ったもん。

それなのに、若社長の良き理解者である元女子社員が試し履きしたとき、
惚れ惚れした表情をするから変だなーと思ったのだ。
あれはブーツに惚れ惚れじゃなく、やる気を出した若社長の情熱にだったのね・・・

若社長役のジョエル・エドガートンは地味で記憶に残らない顔。
よく見るとちょっとサイコ野郎的な表情もあり、
わたしははっきり言って他の役者でも(の方が)よかったかも・・・

「フルモンティ」「ブラス!」「リトルダンサー」に通じる作風で、
ポジティブで優しい気分になれる。

’07 11 WOWOW ★★★★★
監督:ジュリアン・ジャロルド
出演:ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー
   サラ=ジェーン・ポッツ
[PR]

by Gloria-x | 2007-11-29 18:21 | 映画レビュー