トランスアメリカ大阪バージョン

自宅最寄の地下鉄駅。
ホームへの階段を下りるカップルの
女性の方の後ろ姿に目が釘付けに・・・

ヒップのデカさが尋常じゃないのだ。
最初はただのデブかと思ったけど、
見れば見るほど明らかに詰め物丸わかりの不自然なライン。
スカートの下に続く脚は太いけど棒みたいだし、
全体的にやけにゴツい!

「ああ、女装のオカマちゃんか」と納得したものの
日曜の昼間に出没するって珍しい。

チラっと見ると
ファンデーションが白浮きした大きな顔は
志茂田影樹氏に似たゴツい顔立ち。
身長も高く、肩幅もがっしりで手足もデカい。

前髪を下ろした肩までのストレートヘア、
女性らしい可愛らしさ、上品さをアピールした
ベーシックなアイテムの組み合わせで
ファッション的にはまさに
トランスアメリカのフェリシティ・ハフマンそっくり。

男性の方は、北野大教授に似た感じの
バーコード頭、メガネ、日曜日のパパさんファッションで
どこにでもいるフツーのお父さんって感じ。
2人とも推定50代半ば。

たまたま同じ車両の斜め前の席だったので
見るともなく見ていたら、
2人はほんとに仲よく楽しそうに談笑している。
志茂田氏似は身振り手振り表情豊かに喋り、
北野教授似はそれを愛しそうに見つめて聞いている。

地下鉄に乗ってきた誰もが
一瞬ギョッとしたような顔で彼女を見るが、
2人共まったくそんな視線に気づかないような感じ。
きっとものすごく苦労してそういう術を身につけたのだろう。

何より、北野教授似が志茂田氏似に注がれる
他人の好奇の視線を全然恥じている様子がないのが感動的だった。

ほんとにしあわせそうな2人を見ていると
最初の奇異な感覚がどんどん薄れていき、
素直に好感が持てて、
人を見た目ですぐ判断する自分を戒める気持ちになった。

でも、喉元すぎれば・・・で
他人のファッションチェック、見た目チェックは
一生治らないと思うけどね・・・(;^_^A
[PR]

by Gloria-x | 2007-09-30 21:40 | 出来事・世間・雑感