フリーダムランド/FREEDOMLAND '06(米)

c0008209_11335140.jpgジュリアン・ムーアの捨て身演技に唖然・・・
フォーガットンでも子供がいなくなったと取り乱していたが、今回は錯乱、いや半狂乱状態。

映画そのものは人種問題と子供の失踪事件をむりやり一本の映画にした印象でまとまりがなく結末もすっきりしない。
しかし、ジュリアン・ムーアの演技だけはある意味ちょっと観る価値ありかも・・・
フライトプランのジョディ・フォスターがまだ冷静で可愛く思えるほどなのだ。

深夜、一人の女性が両手から血を流し、徒歩で救急病院にたどり着く。
ニュージャージーの黒人ゲットー地区で車を奪われたと話す女(ジュリアン・ムーア)に
刑事(サミュエル・L・ジャクソン)が事情聴取すると、女は奪われた車に4歳の息子が乗っていたと言い出す。

冒頭からジュリアン・ムーア演じる母親にイライラさせられっぱなし。
子供を心配するあまり半狂乱になるわりには、捜査のため状況を詳しく聞こうとすると突然自分の殻に引きこもって口を閉ざすわ、自分の過去をベラベラ喋りだすわ・・・
もう一目瞭然でこの母親が怪しい!
ジュリアン・ムーアはこの役で何がしたかったのだろうと首をひねるほどの熱演、
いや怪演なのだが、ちょっと引っ張りすぎでしつこい。

結局、安易な気持ちや衝動で子供を作って世の中に不幸の連鎖を広げるなという、
常日頃わたしが強く思っていることがテーマですな。

サミュエル・L・ジャクソンもムーアに押されっぱなしという印象。
彼がかけていた前開きのメガネに注目♪
たまに日本人で彼に似ている人(B系とかじゃなくフツーのおじさん)っていますよね(笑)


ジュリアン・ムーアの幻想にのみ登場する息子役の少年がかなり可愛い。

’07 8 DVD ★★★☆☆
監督:ジョー・ロス
出演:ジュリアン・ムーア、サミュエル・L・ジャクソン
[PR]

by Gloria-x | 2007-09-02 12:07 | 映画レビュー