ホリデイ/The Holiday '06(米)

c0008209_21193673.jpg
軽いラブコメの衣装をまといつつ、
中身は実に緻密にしっかり作られた質のいい映画である。
脚本、俳優陣の演技、映像、音楽、セット、編集、
すべてのクオリティが高く、一分の隙もない。

だから、一見喉越しよく、軽く後味がよく、ハッピーな気分になれるけれど、
それだけで終わらず、しっかりしたディナーを堪能したような充実感が残る。

実力派俳優4人が「どうだ!」とばかりに演技合戦を繰り広げるのではなく、
誰もが出すぎず引きすぎず、
サラッと実力を見せている、そのバランスが絶妙。


「こういう映画好きだなぁ」とつくづく思いながら、その「好き」さが
恋愛適齢期に似ているなと思ったら、同じ監督だった。

c0008209_21203920.jpg
L.Aで映画の予告編製作会社を経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)と
ロンドンの出版社でライターをしているアイリス(ケイト・ウィンスレット)が
お互いの家を交換してクリスマス休暇を見知らぬ土地で過ごす。
2人共、恋に破れて傷つき、自分を取り巻く環境をガラっと変えたかったのだ。
そして2人は未知の土地で新しい恋と出会う。
c0008209_2121998.jpg
キャメロン・ディアスってほんとにキュートだわー!
どの映画を観ても思うけど、一瞬ごとに変化する生き生きした表情は
目が離せなくなるほど魅力的で、つくづく「動いてなんぼ」の女優だなぁと思う。
そしてあのスタイルのよさ!
ドレスにハイヒールという「ON」の着こなしのパーフェクトさは言うまでもないが、
わたしはキャメロンの「OFF」スタイルが好き。
家でゴロゴロしてる時のジャージ姿とか、
寝起きのキャミ&短パンとか、スウェット上下にルーズソックスとか、
わたしなら宅急便が来ても居留守を使わざるをえないけど、
キャメロンならそのままメイクラヴに直行できるんだからうらやましい限り・・・・

ケイト・ウィンスレットは今までシリアス演技しか観たことなかったけど
コメディもイケるところはさすがの実力派だ。
けっこう太りやすい体質だと思うけど(親近感たっぷり)
今回はすっきりめで、なおかつ肉感的でもあり、
嫌味のない大人の色気が漂ってすごく美人だった。

2人のヒロインが自然体で、
同性が共感できるキャラクターになっているのが勝因だろう。

自然体といっても、わざとらしい女がよく使う
「わたしってサバサバしすぎてて、いつも男友達に
お前って色気ないなーって言われるんですよー」という種類の
同性から反感買いまくりの「演出した自然体」ではない。
ほんと、この監督&脚本うまいわー!
c0008209_2315186.jpg
ジュード・ロウやっぱりいいわ~(*^-^*)
正確にはタイプじゃないけど、あの顔、あの表情から目が離せなくなる。
彼と恋愛したいとは思わないけど、男友達として身近にいてほしい存在っつーか・・・
(妄想突っ走りすぎ?)

ジャック・ブラックもすごくよかった。
アクの強さが濃すぎずちょうどいい塩梅だったというか、
それでいて独特の持ち味はしっかり出してチャーミングだった。

L.Aのアマンダの家のインテリアセンスが最高!あんな家に住みたい・・・

'07 3 28 劇場 ★★★★★
監督:ナンシー・メイヤーズ
出演:キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット
   ジュード・ロウ、ジャック・ブラック
[PR]

by Gloria-x | 2007-03-28 21:44 | 映画レビュー