シティ・オブ・ゴッド/CIDADE DE DEUS '02(ブラジル)

c0008209_15433458.jpgブラジル・リオデジャネイロ近郊、皮肉にも「神の街」と呼ばれる
無法地帯のスラムで犯罪と共に育った少年たちの壮絶な人生。

実話ベースらしいけど、やっとおむつが外れたような子供でさえ
銃を振り回してバンバン撃ちまくるシーンには目が点。
演技とはいえ子役に悪影響は?とつい要らぬ心配をした。

c0008209_1633451.jpgリトル・ダイスが生まれて初めて銃を持ち、
心の底から楽しそうに人を殺すシーンに絶句・・・
環境、遺伝、育ち、そんなものを鼻で笑うような
「生まれながらにして圧倒的な悪人」って
ほんとにいるんだなと再認識する。
そしてこういう悪人は絶対に更生不可能。

なぜなら彼らにとって暴力や犯罪は呼吸するように自然なことだから。
そして犯罪が日常茶飯事という環境で育った子供たちがそれを踏襲する。
けっして観て楽しい映画じゃないけど、演出、テンポ、カメラワークがいいのと
お国柄なのかカラリと乾いた明るさが救いで引き込まれてしまった。
(とはいえ、後半はいくらなんでもやりすぎ感強し)

ラスト30分、カメラマンを目指すブスカペが偶然から得たチャンスを活かし、
最後の抗争現場に立ち会って夢中でシャッターを切りながら
ついに本物のジャーナリストになっていく瞬間はエキサイティング。
これがあったからこそ最後まで観ることができたのだと思う。

'05 2 ビデオ ★★★★☆
監督:フェルナンド・メイレレス
出演:アレクサンドル・ロドリゲス、レアンドロ・フィルミノ・ダ・オラ
[PR]

by Gloria-x | 2005-02-04 16:18 | 映画レビュー