夫婦について思うこと  

退院した母の体調が芳しくないので様子を見に行くことに。

「高島屋で買い物していくから、何か食べたいモノない?
お父さんにも聞いてあげて」と電話すると
「お父さんなんか!憎たらしいからどうでもいいわ」と吐き捨てるように母。
「えー、何それ?可哀相やん」
「全然可哀相じゃないわ!またゆっくり話すけど、
お父さんにはとことん愛想つきたというか、お母さんは完全に冷めたわ」

はあ~、またですか・・・って感じ。
大喧嘩するとか、口も利かないというわけじゃないけど
うちの両親は決して仲がいいとは言えない。
愛し合っている、心が通じ合っているとは思えない。

父A型、母B型の両親は「ここまで相性の悪い夫婦って・・・」と痛感するほど
すべてにおいて真逆で、歳を重ねるほどにその溝は深まるばかり・・・

そういえば、友人の中にも口を開けば夫の悪口や不満ばかりという人がいる。

また、子供のことは頻繁に話題に登場するのに、
夫のことはまったく出てこないという人も・・・・

高校生の娘とものすごく仲がいいというある人に
「だんな様とは出かけたりしないの?」と聞くと
そんなこと考えたこともなかったという風に一瞬間が空き、
「だって、だんなとなんか出かけても楽しくないもん」

はあ~、そうですか・・・・
好きで結婚したはずなのに、そんな風になっちゃうなんてなんか虚しいなー

わたしの母をはじめ、夫の悪口を言う妻たちの話を聞くといつも思う。
でも、お互い様じゃないの?

夫婦のどちらか一方が極悪非道で、
一方が完全な被害者ってケースはめったにないと思う。

それに、深刻な悪口じゃなくても(たとえ照れ隠しだとしても)
パートナーについてネガティブなことを言う人って品性が卑しいと思う。

夫婦関係ってもちろん相性が大きいけど、
異なる環境で生まれ育った他人同士がいっしょに暮らすんだから
お互いの日々の努力も必要なわけで、
自他共に認める「永遠のラブラブカップル」のわたしたちだって
亀裂ができそうになったり、問題が起きたときは
夜を徹して話し合って、傷が大きくなる前に修復したり、
理解を深めあったりを繰り返して絆を強くしてきたんだもの。

文句タラタラ言う人たちの話を聞いていると、
そのへんの努力をしてるのかなー?と首をかしげたくなることが多い。
そして、彼女たちの意見だけじゃなく、
夫サイドの意見も聞いてみたくなるのだ。

昨日、母の文句タラタラを聞きながら、ふと気づいたこと。
母はわたしたちが幼い頃から、繰り返し父や父の実家の悪口を吹き込んで、
わたしたちは知らず知らず母に洗脳されてきたような感もあるが、
そういえば父はわたしたちに母の陰口を言ったことがない、という事実。

母に対して、いい夫ではないのかもしれないけど、
「その一点だけでもお父さんって偉くない?」と母に言うと
なんだかとっても苦々しく不満そうだった・・・やれやれ・・・
[PR]

by Gloria-x | 2007-02-05 22:26 | 出来事・世間・雑感