プールの彼 

「あ、今日もいる♪」
泳ぐ彼の姿を確認すると心の中で「YES!」と叫び、彼の泳ぐコースへIN!

わたしが密かに「マイ・ラッキー・ガイ」と呼ぶ彼は
30代前半くらいの白人男性。
いつも延々(たぶん軽く2キロくらい)ゆっくり静かに泳いでいる。

初めて彼とコースをシェアした日、
泳ぐスピード、ペースなどなにもかもが相性ぴったりで
とてもリラックスして気持ちよく泳げ、
初めて500mエンドレスを達成できた。

それからも彼といっしょに泳ぐと
不思議なほど楽に気持ちよく、しかも長く続けて泳ぐことができる。
それで「マイ・ラッキー・ガイ」なのだ。


しかも、彼はどことなくダーリンに似ている。
キャップを被った頭の形、きれいに整えられた襟足、
肩から腕にかけての肌の色と筋肉の質感、清潔そうで福福しい耳、
(いや~我ながらしっかり観察してるにゃ~(^_^;)

長身でがっしりした体型なのに、
なぜか嵩高くなく邪魔にならないひっそりした佇まいも同じ。
彼と泳ぐとリラックスできるのはダーリンに似て安心できるからかも。

清潔感あふれる髪形と知的な風貌はビジネスマン風だけど、
平日の午後にプールに来てるなんて何者だろう?

しか~し!今日はせっかく彼と2人で気分よく泳いでいたところに
貧相な体型のオヤジが乱入!
しかもそのオヤジ、クロールなのにバタフライかと思うほど激しい水しぶきをあげる。
足が水を叩く音がプール中に反響するくらい。
その上、まるでわたしたちの間を引き裂くように
彼のすぐ後を追ってせわしなく泳ぐのだ。
わたしは興ざめして早々に隣のコースに移りましたよ。

でもさ~、わたしは勝手に「相性ぴったり」なんて悦に入ってるけど、
向こうは内心「コイツが来ると泳ぎにくいんだよな」と思ってたりして・・・(-.-;)

ま、片思いでも心の励みになる存在がいるっちゅーのはよろしいですな。
[PR]

by Gloria-x | 2006-09-20 20:20 | おしゃれ・美容・運動