ブリー/BULLY '01(米)

フロリダの高校生たちが一人のいじめっこを殺害するまでを描いた実話の映画化。

裕福な家庭で放任され、ドラッグもセックスも日常茶飯時のティーンエイジャーたちの
荒廃しきった生活実態には開いた口がふさがらないというか気分が悪くなる。
親が真面目に働いて人並み以上の生活水準をキープし、
子供をまともに育てたつもりでも子供は親の思惑などおかまいなし。
「チアーズ」を観た時も、アメリカの富裕層の子供たちって高校生というより
いっぱしの大人みたいだな~とかなり違和感を抱いたけど、
車は乗り回す、ドラッグとセックスはやりたい放題、
未婚の母になっても子供は親に押し付けて遊びまくり。
日本も五十歩百歩みたいだし、あれこれ心配する必要がないだけでも
子供なんか持たなくてよかった~と心底胸を撫で下ろす。

ニック・スタール演じるボビーは殺されても納得なほど極悪でイヤな奴なのだが
巧妙にみんなを巻き込んで、自分は手を下さずボビー殺害計画を固めていく
リサ(レイチェル・マイナー)が怖い。
うかつに手を出すととんでもないことになるタイプの女だ。

アメリカの高校生たちの現状はさておき、若手俳優たちの大胆なヌード披露と
過激なセックスシーン演技に驚き。
特にレイチェル・マイナーは「SATC」でキャリーのおっかけをする処女女子大生役が
けっこう印象に残っていたのでその女優魂に感心した。
ビジュー・フィリップス(苗字でピンとくるようにママス&パパスの二世らしい)は
昔の榎本加奈子みたい。
マイケル・ピットの顔は苦手・・・
なんか松田龍平に通じるようなぶよ~んと締まりのない感じがダメ。

'04 10 17 ビデオ 5段階評価★★★
監督:ラリー・クラーク
出演:ニック・スタール、ブラッド・レンフロ、マイケル・ピット、レイチェル・マイナー、
    ビジュー・フィリップス
[PR]

by Gloria-x | 2004-12-07 21:32 | 映画レビュー