頭文字D / INITIAL D THE MOVIE '05(香港)

c0008209_15361483.jpgしまった~!
わたしとしたことが信じられない大失敗!
なんと日本語バージョンで観てしまったのだ~(T_T)
それには↓のような理由があるのだが・・・

わたしの影響で香港映画好きになったダーリンが
公開当時から観たがっていた作品。

大学生の時に教習所に通わず一発で免許を取ったほどの車好きの彼は
この作品の映画化情報もわたしより先に仕入れていた。

なので、わたしは伝説の走り屋の正体が「藤原とうふ店」の息子で、
父親譲りのすごいドライビングテクニックの持ち主である、などなど
前知識がインプットされていたのだが、これが仇となった・・・

本編が始まり、エディソンとショーンの会話を聴いてすぐに
「えっ、日本語?」と違和感を覚えた。
他の映画だったら即DVDを停めて、当然メニュー画面を探している。
ところが、舞台が日本で香港人キャストも日本人役と知っていたために
わざと吹き替えで製作されたのかと思いこんでしまったのだ。

でも、やっぱり妙なんですよねぇ~
モロ「洋画の吹き替え」的な日本語だし・・・
で、ラストまで観終わってから「もしかして」と思い、
メニュー画面をチェックすると、ちゃんとあるじゃないですか!
「広東語バージョン/日本語字幕付き」が!
でも、なんで素直にディスク再生して流れてくるのが日本語バージョンなの?
騙されて損した気分・・・

前置きが長くなった。ストーリー自体はさておき、
おなじみの豪華香港人キャスト勢ぞろいでとっても楽しめた。
久々に小春の顔も見れたし♪

エディソン・チャンの顔、やっぱり大好き!
いつもはけっこうイケイケでやんちゃな役どころだけど、
今回は控えめで大人な役で、それが新鮮でよかった~(*^-^*)

そしてアンソニー・ウォン!いい味出してるわ~
さすが大御所ですな。元伝説の走り屋で女房に逃げられた豆腐屋の親父、
彼を主役にした番外編が観たい。

主人公役のジェイ・チョウ、初めて見たけど
V6井ノ原快彦系のあの手の顔は苦手だな・・・
今回は感情表現の乏しい表情がかえって
ポーカーフェイスの走り屋役にぴったりだったけどね。

'06 5 DVD ★★★☆☆
監督:アンドリュー・ラウ
出演:ジェイ・チョウ、エディソン・チャン、ショーン・ユー
   アンソニー・ウォン、チャップマン・トゥ、鈴木杏
[PR]

by Gloria-x | 2006-05-17 15:44 | 映画レビュー