アンナとロッテ/De Tweeling '02(オランダ・ルクセンブルグ)

c0008209_23101440.jpg両親の死により別々の親戚に引き取られた双子の姉妹。

ロッテはオランダの裕福な家で可愛がられ、
何不自由のないお嬢様生活。
アンナはドイツの貧しく無教養な農家で労働力にされ、
学校にも通わせてもらえず伯父や伯母から虐待の日々。
成長した二人はやがて念願の再会を果たすが・・・

まるで昔の少女漫画みたいな極端な設定!
わたしがアンナだったら運命を呪って自殺してるかも・・・


冒頭、すっかり老境に入った二人がスパホテルで再会するシーン。
ロッテはどこから見てもリッチなマダムで、年齢のわりに若く美しいし
ゴージャスな場所でサービスを受ける態度も物慣れて堂々としている。
ところがアンナは「えっ!?これが双子?同い年?」と驚くほど
人生の苦労がにじみ出た老婆。
「ああ~、やっぱり女って生活レベルで容貌にこんなに差がつくのね」と
やるせない思いに打たれる。

ナチス台頭から第二次大戦の終わりという時代に翻弄される
二人の人生を時間軸に沿って交互に見せる展開はていねいかつ無駄がなく、
なじみのない国の映画にもかかわらず一気に引き込まれる。

ピアノ、ヨット、音楽院に通う婚約者と、絵に描いたような
ハイソな生活を無邪気に享受するロッテに比べ、
学校に通いたいと渇望しつつ、メイドとして他人に仕え、
天涯孤独の人生を送るアンナのほうにどうしても感情移入して観てしまう。

アンナは自分の不幸を根に持ったり、ロッテを逆恨みしたりしないのに
ロッテはユダヤの婚約者をアウシュビッツで亡くしたことを
まるでドイツ人のアンナの責任のように過剰反応しすぎ!
百歩譲って自分が収容所で苦労したならまだ理解できるけど・・・
(しかもとっとと婚約者の弟とくっついたくせに!)

ほんと、タイムマシーンでスタート地点に戻って
ロッテを農家に行かせてやりたくなるよ・・・

二人の波乱万丈なドラマを観終えた後、
マダムのロッテと、老婆のアンナ、どっちが魅力的に見えるかは言うまでもない。

'06 3 WOWOW ★★★★★
監督:ベン・ソムボハールト
出演:エレン・フォーヘル、テクラ・ルーテン
[PR]

by Gloria-x | 2006-03-29 23:20 | 映画レビュー