大人になった実感 

年齢だけは大人すぎるほど大人なのに、
なぜかいつまでたってもその実感がない。
なんとなく「半人前」みたいな気がする。

わたし自身もそうだし、夫婦単位でも同じ。

そんなふたりが決まって
「わたしたち、大人になったねぇ・・・」と
しみじみ言い合う場所がある。

それは焼肉屋。

ここ2~3年、食べる量が目に見えて減ってきたのだ。

結婚したての頃、ダーリンはまだ20代半ばだったし
わたしも30代に入ったばかりだったので
そりゃあもう恐ろしい量を食べました。

「よくあんな量食べてたよねぇ」
「考えただけでクラクラするなぁ」
今の3倍、いや4倍くらい食べていたのではないだろうか。

子供の頃、家族で焼肉屋に行っても
親はそんなにたくさん食べなかった。
「あれって子供に食べさせてやろうと我慢してると思ってた」
「そうそう、親ってえらいなぁと思ってた」

周囲の大人たちが歳を取るにつれ
「肉はそんなに食べられない」と言うのを聞くたび、
自分にもそんな日が来るなんて想像もできなかった。

焼肉大好きなわたしたちは
東に稀少部位の肉を出す店があると聞けばチェックし、
西に肉屋直営の隠れた名店があると聞けば行く。

昔は焼肉屋に関しては店の雰囲気などどうでもよかったが、
最近はそれも重要視するようになってきた。

「いい肉を少しだけ、落ち着いた雰囲気でゆっくり味わいたい」

そんな境地に落ち着いたわたしたち、
「大人になるってこういうことかぁ」「すごいねぇ」
バカみたいにしみじみしているのである。
[PR]

by Gloria-x | 2006-02-14 15:57 | 夫婦の日常・おでかけ