早朝火事! 

今朝6時頃、トイレに行ってから
キッチンで冷たいお茶を飲んでいたら、なんとなく煙臭い。
うちは一年中麦茶をわかしているのだが、
しょっちゅう噴きこぼしてしまうので、
そのせいかなぁと思いつつ再びベッドへ。

しかし、なんとなく気になる、と思ったら
けたたましい消防車のサイレンが・・・

ベランダに出てみると、うちのマンションの下に
次々と消防車が集合し、消防士が走り回っている。
14階建てで我が家は13階だが、
見回してもどこからも煙は出ていない。

ダーリンと「下の方の階かなぁ」などと言いつつ
まだ暗いし寒いので再びベッドへ。

するとインターフォンが鳴った。

「消防署です。上の階から火が出たので
消火の水が落ちてくるかもしれません。開けていただけますか?」


ええ~っ!上だったの?
玄関を開けると消防士さんが3人ドヤドヤと上がってきた。
まさに寝込みを襲われる、という感じ。

火元は我が家の斜め上らしい。
お隣はすでにかなり水が漏れてきているといい、
消防士さんはうちにも防水シートを運びこんできた。

「今洩れてなくても、時間がたってから洩れる可能性もありますから」
「かなりの量の水ですからねぇ」
「お隣は照明器具に水がたまってきてますし・・・」などとビビらせる。

その後もマンションのオーナーや管理人さん、
消防署の違う部署の人なんかが次々やってくる。

ということで、本日わたしは仕事を休んで待機中・・・・
幸い、今のところ水の気配もないんだけど、
急にドッとしたたり落ちてくるかもしれないし、気が気がじゃない。

それはそうと、ちゃんとパジャマの上下を着ていてよかった、と
変なことに安心するわたし。
ふだんはTシャツだけ、とか、パジャマの上だけ、とか
とんでもない格好で寝てるのだ。
真夏だと全裸だったりするし・・・・

いつ何が起こるかわからないし、これからはもう少しちゃんとしよう。
[PR]

by Gloria-x | 2006-01-26 11:51 | 出来事・世間・雑感