タイムスリップ・ドライブ 

金曜日、わたしもダーリンも仕事が休みだったので
午後からふらっとドライブ。

先週、駐車中のセルシオに追突されたとかで
保険会社が手配した代車がフーガのニューモデル。
ダーリンは搭載されている最新式カーナビで遊びたかったらしい。

しかしなんですなぁ、
カーナビって便利かもしれないがあの音声がけっこうイラつく。
竹中直人とか佐藤浩市の声バージョンとかあればいいのに・・・・

それに、目的地を設定すると
当然のようにしつこく高速道路を使わせようとするのも呆れる。
わたしたちは「どこでカーナビが諦めるか」と
メカに挑戦するようにルート変更し続けて遊んだ。

わたしは夜は街中を走るのが好き。
郊外や田舎道は昼間はいいけど
根っからの都会っ子なので、夜は寂しくなってどうもいけない。
いろんな建物やネオン、他の車のライトなどが
流れていく風景をぼんやり眺めているのが気持ちいい。

夜、昔住んでいた街へ行ってみた。
周囲の環境は激変していて
飲食店や大型ショッピングモール、コンビニなどが
出現して風景がすっかり見慣れないものになっている。

わたしが一人暮らしをしていた部屋は
「マンション」という名がついているのがキツい冗談みたいな建物。
客観的に見るといかにもワケありな人が入居しそうな雰囲気で
「よくこんなとこに住んでたなぁ」とびっくり。

わたしたちの結婚生活はここからスタートしたのだが
ボロいけど広かったので自分たちでいろいろ手を加えて、
それがけっこう楽しかった。

次に引っ越したのは日当たり・風通しのいい建物。
そのあたりの地主の大家さんがいい人で
手入れが行き届いて住みやすかった。
数年ぶりに行ってもキレイで建物全体にいい「気」が漂っている。

車を降りて二人で建物の周囲をぐるっと回ってみた。
すると、今まで忘れていたその頃の出来事や
いろんな思い出が芋づる式といっていいほどによみがえり、
「おもしろいねぇ!」「楽しいなぁ!」の連発。
結婚している方にはけっこうおすすめですよ、これ。

「また何年後かに来ようね」とダーリン。
おじいちゃんとおばあちゃんになった頃にはどうなってるだろう?

ところで、場所と記憶の結びつきって不思議で奥深い。
関係ないけど、犯罪者を現場に連れて行って
犯行を再現させたりするわけに納得だ。
[PR]

by Gloria-x | 2005-12-10 12:09 | 夫婦の日常・おでかけ