北風と太陽 

ふだんダーリンは8時頃起きて朝食を食べ
シャワーを浴びて家を出るので
わたしは朝食の用意をして彼を起こす。

先日、今日は8時に出るというので
目覚まし時計を聞いてから
隣で眠る彼をつついて起こすだけはしてあげたけど、
わたしは半分眠ったまま
「バナナとヨーグルト食べて行ってね」と言った。

しばらくすると、バナナスタンドから一本もぎとりながら
「バナナの収穫祭♪」とつぶやく声に続き、
「バナナン、バナナン、バナナ~♪」と機嫌のいい歌声が・・・
思わずベッドの中で笑ってしまった。

彼と結婚してよかったとしみじみ思うのはこんな瞬間だ。

結婚して何年かの間、
わたしは朝食なんか用意しなかったし、
彼が家を出るときも当然のようにグーグー寝ていた。
彼はそのことに関して一度も不平不満や要望を言うことはなかった。

ところが、なぜかある日突然、わたしはまったく自主的に
朝早く起きて彼のために朝食を用意するようになったのだ。
特にきっかけとなる出来事もなく。

「そういえば、昔はわたしグーグー寝てて、
ダーリンは一人で起きてひっそりと出社してたよねぇ」
「うん、あの頃は寂しかった」
「ええ~?じゃあ朝ごはん作ってとか言えばよかったのに」
「いいねん、無理にしてほしくないし、
いつかやってくれるようになると思ってたから」

す、すごい!じゃあ、もしかしてわたしは「自主的に」と思ってるけど
実は彼の思いが少しずつ岩を侵食するようにわたしを動かし、
願いが成就した結果なのか?

ダーリンはすべてにおいて「北風と太陽」の太陽。
わたしは典型的な北風タイプなので死んでもマネできない。

あさっては結婚記念日。
彼とめぐりあえたしあわせに感謝しよう。
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-22 00:07 | 夫婦の日常・おでかけ