親切なクムジャさん '05(韓)

c0008209_22531985.jpg
好き嫌い、後味の悪さは別として、
とてつもない力を持った作品。
「オールドボーイ」も映画が始まるや否や、
ジェットコースターに乗せられたみたいに
なすがままだったが、そのパワーは健在。
パク・チャヌク恐るべし。
今後もチェックし続けたい監督だ。


クムジャは20歳の時に6歳の少年を誘拐、殺害した罪で13年の刑期を言い渡される。
世間が何より驚いたのはその残忍な手口と、クムジャの清純な美貌だった。
刑務所に入ったクムジャは天使のような笑みを絶やさず、
他の受刑者に対して優しく献身的に尽くすことから
「親切なクムジャさん」と呼ばれる。
しかし、クムジャの光り輝く笑顔の裏には周到な計画が隠されていたのだった。
やがて出所したクムジャは13年間かけて準備した復讐を開始する。

クムジャを演じるイ・ヨンエはちょっと相田翔子風味の
清純そうで男受けする美人だが、本性ははかりしれないような、
じんわり迫ってくるような恐ろしさや不気味さの表現が絶品。
刑務所内のボス格受刑者、通称「魔女」の新入りいじめのエグさには唖然!
香港映画「トニー・レオンのミッドナイトエキスプレス」といい勝負だ。

韓国映画を観るといつも、登場人物の喜怒哀楽表現の
異常なほどのテンションの高さに馴染めないものを感じるが、
こういう題材にはそういう民族性がぴったりな気がする。
クムジャの復讐がもうほんとに想像を絶する残酷さで、
お隣の国とはいえ根本的に違う人種だなぁ~としみじみ痛感する。

わたしは韓国男性の顔の造作もどっちかというと苦手。
特に本作の牧師役の男優の顔はその典型だ。
いつも不思議なんだけど、韓国映画界って女優陣は美女揃いなのに
男優はイマイチなのは女性の美容整形があたりまえというお国柄だから?
ともあれ、見逃すのは惜しい映画だと思う。

'05 11 16 劇場 ★★★★☆
監督:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ、チェ・ミンシク
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-17 23:05 | 映画レビュー