家庭/Domicile conjugal '70(仏・伊)

c0008209_23421870.jpg
「大人は判ってくれない」に始まる
アントワーヌ・ドワネルシリーズ第4作。

結婚しても夫婦というより恋人同士、
子供が生まれてもあいかわらず生活感がなく、
夫が浮気して別居することになっても、
まったく深刻さのない夫婦の
フワフワした日常を断片的にスケッチしたような作品。


ゴージャスじゃないけどおしゃれなアパルトマンや
夫アントワーヌの会社のインテリア、70年代ファッション、
アントワーヌの浮気相手である日本人キョーコのヘアメイクなど
映像的には見どころ満載!

アパルトマンの中庭で仏版「吉本新喜劇」みたいな住人たちの寸劇があったり、
主人公夫婦がどうしたいのかつかみ所のない展開だし、
アントワーヌがしょっちゅう金を貸してやる友人との関係など、
随所に理解不能な箇所はあるが、珍品といった趣で楽しめる。
最後に出てくるキョーコの日本語の書置きがナイスだ。

キョーコを演じた松本弘子という女性が気になって調べてみたら、
東洋人初のパリコレモデルだとか!
'03年朝日新聞の訃報によると
~フランス人と結婚しモデル引退後もパリを拠点に
仏「ヴォーグ」誌の日本担当編集者などを務め、
日仏のファッションの交流に力を尽くした~

'05 11 5 WOWOW ★★★★☆
監督:フランソワ・トリュフォー
出演:ジャン・ピエール・レオ、クロード・ジャド、松本弘子
[PR]

by Gloria-x | 2005-11-05 23:52 | 映画レビュー