名前について 

去年、一度聞いたら忘れられない名前の人と知り合った。
姓名共に平凡といえば失礼だが、よくある名前。
ところが姓と名が「お揃い」なのである。
たとえば安井保子(やすいやすこ)のような感じ。

名刺交換した瞬間「あ、結婚でこんな名前になっちゃったのね」
と思ったが未婚でいらっしゃるという。
彼女のご両親、なんでわざわざそんな命名をされたのだろう?
しかも、たとえば「瑠璃沢るり子」とか「聖護院翔子」とか
個性の強~い名前ならともかく「安井」で「保子」・・・
学校でからかわれて可哀相とか考えなかったのだろうか。
残念ながら最初に聞きそびれてしまったので
名前のことは話題にできなかったが好奇心はつのるばかり・・・

わたしは自分の旧姓が大キライだった。
名前は好きなので、キレイな苗字の男と結婚して一発逆転したいとずっと思っていた。
「結城」という名前の男の子とつきあったときはちょっと候補に入れたものだ。
長年の願いがかなったのか、幸いダーリンの苗字は音も字面もキレイ。
おかげで名刺交換のときに「女優さんみたいな名前ですね」
と言われることもあり大満足である。
名前が好きだと名乗るのも嬉しいし、書くのも楽しい。

個人的に女の子の名前は「ま行」「や行」「ら行」が好きだ。
例外もあるけど「か行」「さ行」「た行」は頭がよさそうだけど色気が足りないイメージ。
(か・さ・た行の方、ごめんなさい!あくまでもわたしの主観です)

そういえば昔「勝田初子」(仮名)みたいな名の子がいた。
「かつたはつこ」って「かつ」「はつ」とトゲトゲした音が続く。
わたしが「勝田」で女の子が生まれたら「まやこ」とか「ゆりあ」とか
姓を補うやわらかい印象の名前をつけるのになぁ。
あと「浦野くらら」(仮名)みたいな名もあった。
これは「くらら」が可愛い名前なので優先されたんだろうけど
姓名通して発音しづらい。
人って命名に際して意外に姓名のバランスは気にしないのだろうか。

わたしは子供の頃から人の名前にものすごく関心があり、
友人には兄弟姉妹の名前を必ず聞いてしまう。
今でも暇なときは真剣にいろんな名前を考えてたりする。
子供はいらないけど、名前をつける楽しみを味わえないのだけが残念である。
[PR]

by Gloria-x | 2005-01-13 01:07 | 出来事・世間・雑感